カナダのビザ

カナダに滞在するためには、必ず「何らかの滞在ステータス」が必要です。

たとえば、「学生」「就労」「観光」といった、カナダ滞在のための理由付けと言えばわかりやすいでしょうか。

そういう状況を「許可」するものを、一般的に「ビザ(VISA = 査証)と呼びます。

今回は、日本人がカナダ滞在する場合に必要なビザ(パーミット)についてまとめました。

 観光ビザ(ビジタービザ)

まず、「観光ビザ(ビジタービザ)」についてです。

その名のとおり、観光目的で入国する際に必要なビザです。

厳密には「カナダの地に外国人が足を踏み入れる許可証」で、カナダに入国するために必要なビザとなります。

ですが、日本人にとってカナダへの観光ビザは実質的には存在しません

実は、日本人がカナダに入国し、6ヶ月未満の間滞在するだけなら、ビザが免除されています(後述しますが「eTA」の申請は必要)。

(その人の国籍によっては入国するだけでもビザが必要な場合もある)

「観光」の許可なので、仕事をすることも、学校に通うこともは許されていませんが、実は6ヶ月未満なら学校に通うことができます

観光ビザの特徴

観光ビザの特徴をまとめたものがこちらです。

観光ビザの特徴
申請方法 申請の必要なし
(カナダ入国時に、パスポートにスタンプを押された場合)
有効期限 6ヶ月
申請料 無料
就学 可能
(6ヶ月未満)
就労 不可
延長 可能
(カナダ滞在中の資金の証明・$100 CADが必要)

パスポート以上ビザ未満「eTA」

上でも述べましたが、日本人には「観光ビザ」は不要です。

ですが、日観光ビザ免除国の国民が空路(飛行機)でカナダに入国する際には、ビザの代わりに「eTA」が必要になります。

「eTA」とは電子渡航認証で、事前にオンラインで申請する必要があります。

ちなみに、後述する「学生ビザ」「就労ビザ」が承認されていれば、eTA番号も同時に付与されるので、申請の必要はありません。

eTAの特徴
有効期限 5年間、あるいはパスポートの有効期限まで
申請料 $7CAD

つまり、入国前に申請もせず、ただパスポートを見せて日本からカナダへ入国した場合は「観光ビザ」というステータスを持っていることになります。

そして、この期間内なら学校に通う事も出来ます。つまり、半年以内の通学であればいわゆる「学生ビザ」は必要ないということになります。(ただし、期間内であってもCo-opプログラムなどは出来ません)

また、観光ビザの延長も可能です。

しかし、後になって観光のステータスから学生のステータスに切り替える場合、郵送による申請しか認められず、ビザが却下される可能性も上がります。

その為、カナダに長期滞在することをお考えであれば、安易に観光で滞在を延長するのはお勧め致しません。

カナダ滞在延長を考えている場合、働きながら学校に行けるプログラムもございますので、ぜひご相談ください。

 学生ビザ(就学ビザ)

学生ビザ (就学ビザ)は、カナダで6ヶ月以上勉強する場合に必要となります(6ヶ月未満の場合、観光ビザでも就学可能)。

カナダに入国もしくは滞在を延長する目的が「就学」なのであれば学生ビザが必要となります。

取得の為に、

「Letter of Acceptance(LOA)」:学校側があなたを受け入れる旨が書かれた証明書
「残高証明書」:滞在中の生活費が十分かどうか証明するため
が必要です。
(もちろんこの二つ以外にもパスポートや顔写真など通常ビザ申請に必要な物も必要です。)

申請が承認されればカナダ国内での就学が可能になります。
(ちゃんと学校に行かなければ国外退去命令の対象になりますのでご注意ください。)

また、専門学校、カレッジ、大学に6か月以上通う場合、週20時間までパートタイムで働くことが認められます。語学学校に通う場合は、どんなに通学期間が長くても、働くことは出来ません。

学生ビザの特徴

学生ビザの特徴をまとめたものがこちらです。

観光ビザの特徴
申請方法 オンラインまたは郵送
(カナダ国内から観光ビザ→学生ビザに切り替える場合は、郵送のみ)
有効期限 通学期間と同じ
(通常、通学期間+3か月の学生ビザが発行されます)
申請料 $150
就学 可能
就労 週20時間まで可能
(語学学校に通う場合は就労不可)
延長 可能

 Co-op(コープ)ビザ

coop

Co-op(コープ)ビザとは、指定校において、インターンシップ(有給)がその修了要件の一部となっているプログラムを履修する学生のみが申請できるビザです。

ビジネスマネジメントやホスピタリティ(ホテルやサービス業)、保育士などの専門学校のプログラムの中には、プログラムの一環として就労経験が必須となっているものがあります。つまり、「勉強した内容をさらに実践的にさせるために実務を経験する」、というコンセプトです。分かりやすく言えば、

  1. 【資格やディプロマなどを取るには実務経験が必要】
  2. 【しかし学生ビザでは働けない】
  3. 【それではその為に就労ビザを取れるようにしよう!】

という流れです。

BC州の場合は、Co-opの期間はプログラム期間全体の50%までと定められています。学生は通常の通学期間には週20時間まで、Co-opの期間にはフルタイムで働けます。

Co-op(コープ)ビザの特徴

Co-op(コープ)ビザの特徴をまとめたものがこちらです。

Co-op(コープ)ビザの特徴
申請方法 オンラインまたは郵送
有効期限 学生ビザの有効期限と同じ
申請料 無料
就学 可能
就労 コープ期間中は週40時間のフルタイム就労が可能
延長 可能

 Post-Graduation-Workpermit(ポスグラ)ビザ

Post Graduation Work Permit

Post-Graduation-Workpermit(ポスグラビザ) とは、公立の学校を卒業した場合、通学した期間と同じ期間(2年以上の通学の場合、3年間)の就労ビザが発行されるという制度です。
条件としては、

  • 「8か月以上のプログラム」
  • 「フルタイムの就学」
  • 「公立のカレッジまたは、大学、大学院」

となっており、最長3年間の就労ビザがでます。

しかも、この就労ビザは雇用主を限定しないオープンワークパーミットで、移民する時に非常に役に立ちます。(移民申請する際は、職歴、学歴とも非常に重要ですので、もし将来移民を考えている方は、このポスグラの対象になる学校に通うことを強くお勧めします)。

ただし、ポスグラの対象になる学校に入学するには、授業内容を理解できる「英語力」を持っていることを証明する必要がありますので、IELTSでの高得点か、Pathway(大学編入の為の英語コース)に通う必要があります。

また、いわゆる公立の大学は、カナダ人、移民とインターナショナルで学費が大きく異なります。しかし、奨学金分割払いにも対応している学校もありますので、ぜひご相談ください。

ポスグラビザの特徴

ポスグラビザの特徴をまとめたものがこちらです。

ポスグラビザの特徴
申請方法 オンラインまたは郵送
有効期限 卒業した学校の通学期間と同じで、8か月~最長3年間
申請料 $255
就学 可能
(6ヶ月未満)
就労 フルタイム就労可能
延長 不可

 ワーキングホリデービザ

whv

ワーキングホリデービザ とは、カナダで最長12ヶ月 働きながら休暇を過ごすことを本来の目的とする人を対象としています。

就学は半年以内なら可能であり、就労も可能です。人生で一度しか取れません。

参加資格要件は以下の通りです。

  • 日本の国籍を有する
  • 年齢が、申請書受理時点で、18歳以上30歳以下である (出発時の年齢ではありません)
  • 過去にこのプログラムを申請し、ワーキングホリデー就労許可通知書の発給を受けていない
  • 最低2,500カナダドル相当の資金を有している (およそ20万円)
  • 滞在期間中の障害、疾病をカバーする医療保険に加入すること (カナダに入国する際、医療保険の加入を証明するものを提示するよう、求められる場合があります)
  • 申請費+手数料の支払いができること
  • カナダ国内で仕事がまだ内定していないこと

ワーキングホリデービザの特徴

ワーキングホリデービザの特徴をまとめたものがこちらです。

ワーキングホリデービザの特徴
申請方法 オンラインまたは郵送
有効期限 1年間
申請料 $255
就学 可能
(6ヶ月未満)
就労 週40時間のフルタイム就労可能
延長 不可

 就労(ワーク)ビザ

youngprofesional

就労(ワーク)ビザを申請をするには、雇用主からジョブオファー(内定通知)を取得し、それについてサービスカナダからの承認を得る必要があります。

カナダの失業率は決して低くありません。そこへ外国人がどんどん就労ビザを得てしまったら、カナダ人の労働機会をますます圧迫してしまいます。その為に、まずは「その外国人がカナダで就労するのに適しているかどうか」、「その外国人を雇うことがカナダ人の雇用に悪影響を与えないか」について雇用主が審査されます。この作業がサービスカナダに対するLMIA(Labour Market Impact Assessment)の申請です。

審査基準として、

  • 賃金やポジション
  • オファーの正当性(なぜこの人を雇うべきか)
  • カナダ人や移民の雇用努力をしたかどうか
  • 雇用主が外国人を雇う条件を満たしているかどうか
  • 特にカナダ人・移民の雇用努力として、最低1ヶ月の求人広告を一般向けに出したかどうかが必須となっています。

※あくまで、雇用主がオファーしてくれて初めて申請できるビザなので、個人だけでは申請出来ません。しかも、最近は審査も厳しくなっている為、申請の際は、カナダ留学コンパスにご相談ください。

就労ビザの特徴

就労ビザの特徴をまとめたものがこちらです。

就労ビザの特徴
申請方法 郵送またはオンライン
有効期限 1年~2年
申請料 $155
就学 可能
(6ヶ月未満)
就労 週40時間のフルタイム就労可能
延長 可能
(再度LMIA申請が必要)

さいごに

ビザの手続きは難しそうで、却下されたり、入国を拒否されたり、怖くて心配になってしまいます。ですが、自分のカナダ滞在目的に合ったビザを選んで、きちんと申請条件を満たして申請すれば大丈夫です。カナダ留学コンパスではビザの種類や申請方法についてのアドバイスをしますので、迷ったらいつでもご相談ください。

passport and note

カテゴリ「カナダのビザ」の記事一覧

カナダ学生ビザ申請完全ガイド

カナダで6か月以上留学する際に必要な学生ビザ。申請は決して難しくありません。 今回は、学生ビザの申請が一人でもできるように、徹底ガイドしま… 続きを読む
visitor bofore working holiday

ワーホリビザの前に観光ビザでカナダに入国するのをオススメ

過去の記事で「ワーキングホリデービザ」についてご紹介しました。 ワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)は、31歳まで取ることができる、カナ… 続きを読む
US Border Office

カナダとアメリカ国境でのビザ切替えを徹底解説!

カナダ国内から就労ビザや学生ビザなどを申請して承認された時に、ビザの発給を受けるためにカナダをいったん出国して、再入国する必要がある場合が… 続きを読む
BCPNP ELSS

BCPNP ELSSについて

「海外に移住してみたい」と思っても、実際に移住するのは難しいものです。 ですが、カナダのブリティッシュ・コロンビア州には、ワーホリを足掛か… 続きを読む

配偶者ビザについて

日本人がカナダで滞在するには、何らかのビザ(滞在許可)が必要です。 カナダ移民を考えている方なら、就労ビザがほしいと思う方が多いでしょう。… 続きを読む
LMIA

LMIAについて

カナダで働くためには「就労ビザ」が必要です。 そしてその「就労ビザ」を取るための、最大の関門といってもよい、面倒くさい手続きを「LMIA」… 続きを読む
Post Grad

ポスグラビザ(Post Graduation Work Permit)について

カナダで一定の条件を満たした学校を卒業した後に取得できる「特別な就労ビザ」をご存じでしょうか? よく「ポスグラビザ」と呼ばれていますが、正… 続きを読む

就労ビザについて

「カナダで働きたい! 就職したい」と思っている方も多いと思いますが、カナダで働くためには「就労ビザ」が必要です。 「就労ビザ」というのは、… 続きを読む

バイオメトリクス(指紋認証)について

2018年12月31日から、カナダ滞在のための各種のビザ(許可)を取得する際に、新たな手続きがが必要になります。 それがバイオメトリクス(… 続きを読む

アメリカ入国時に必要なESTAの申請方法について

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月から義務化されました。これはビザ免除プログラム(VWP)の一部で、アメリカ行き… 続きを読む