カナダ渡航に必要な eTA とは?費用や申請手順を解説

2016年3月より「カナダ入国ビザが免除されている国」の人が、飛行機でカナダに入国する際、eTAの申請が義務付けられました。

末永

わかりやすく言うと、日本人が観光ビザでカナダに飛行機を使って入国する場合、あらかじめ eTA の申請が必要ということです。

この記事では、カナダの入国に必要な eTA について、そして申請方法について詳しく紹介します。

eTAとは?

まずは「eTA」がどういうものかについて紹介します。

簡単に言うと、カナダに入国する際に必要な手続きのことです。

末永

eTA が必要な人なのに手続きをしていないと、カナダに入国できませんよ。

「eTA」の読み方は?

この「eTA」は「Electronic Travel Authorization(電子渡航認証)」の略です。

イータ」と読めそうですが、正式にはそのまま「イー・ティー・エー」と読むようです。

以下の「Citizenship and Immigration Canada(移民・難民・市民権省)」による公式動画でも「イー・ティー・エー」と読んでいます。

eTA は書類ではない

日本国籍を持つ人が、空路(飛行機など)でカナダへ渡航する際は、前もって eTA の申請が必要です。

申請はネット上ででき、特に書類などが送られてくるわけではありません

次のようなEメールが送られてくることで「認可されていること」を確認できます。

eTAの認可メール

「Status(状況)」のところが「eTA approved(認可されている)」になっていれば問題ありません。

パスポートに自動でリンクされる

書類もないのに、どうやって「eTA」に認可されていることが確認できるのでしょうか?

実は、申請したときのデータが空港に送られ、入国の際にパスポートをスキャンするときに確認されます。

つまり、申請さえちゃんとして「認可メール」が確認できていれば、何もしなくても問題ありません。

eTA 申請が必要な人は?

では、eTAが必要なのはどういう人でしょうか?

前提として、飛行機でカナダに入国する人だけが対象となります。

飛行機

あまりないと思いますが、船で入国する人や、アメリカから車で入国する場合は eTA は不要です。

観光としてカナダに入国する人

まず、eTA が必要なのは、観光として飛行機でカナダに入国する人です。

日本はカナダの「ビザ免除国」の一つなので、観光目的でカナダに入国する時には観光ビザは不要です。

観光ビザの代わりの本人確認手段の一つとして、eTAの登録が必要になるというわけ。

学生ビザワーホリの場合、ビザの承認と同時にeTAも自動的に承認されるので、eTA単体の申請は不要です。

カナダを経由して別の国に行く人

注意したいのが、飛行機でカナダを経由して別の国に行く場合です。

たとえば、カナダで飛行機を乗り換えてアメリカに行く人も eTA が必要になりますよ。

末永

ちなみに、アメリカにはアメリカ版の eTA であるESTAがあります。

eTA 申請に必要なものは?

eTA の申請はインターネット上でできます。

そのため、必要なものは次の3つだけです。

eTA 申請に必要なもの

  • パスポート
  • メールアドレス
  • クレジットカード

個人情報としてパスポート番号とメールアドレスが、申請料金を払うためにクレジットカードが必要になります。

eTA の申請料金は?

eTA の申請にかかる費用は 7カナダドル です。

申請する際に、クレジットカード情報を入力すると決済し、申請完了となります(参考:カナダ留学でオススメのクレジットカード)。

だいたい申請してから72時間以内で、次のような「認可」のメールが届きます。

eTAの認可メール
末永

追加で書類の提出を求められる場合があるので、メールはきちんと確認しましょう。

eTA はいつ申請すればいいの?

では、eTAはいつ申請すればいいのでしょうか?

余裕をもって渡航の1か月前には eTA に申請する

eTAは書類ではないため、72時間以内には認可されます。

なので、3日前でよさそうですが、追加の書類が必要になることもあります。

そうなったときのことも考え、渡航の1か月前までには申請しておきましょう。

eTA の有効期限は5年間

eTA の有効期限は5年間です。

ただし、パスポートの有効期限がそれより前に切れる場合はeTAも失効します。

末永

たとえば eTA の有効期限が2027年だったとしても、パスポートが2026年に切れるとその瞬間に eTA も切れます

eTA の申請方法

では、eTA の申請方法を説明していきます。

eTAの申請ページに行く

eTAの申請ページに行く手順から紹介します。

申請前に用意するもの

申請には次の3つが必要なので用意しておきましょう。

必要なもの

  • パスポート
  • クレジットカード
  • メールアドレス

カナダ政府の公式サイトへ

カナダ政府の公式サイトにある「eTA」の申請ページに行きます。

「eTAを申請する」ボタンをクリック

eTA 公式申請ページ下部にある「eTAを申請する」をクリックし、申請ページに移ります。

なお、ページ中部には様々な言語の申請ガイドがあります。

日本語版のガイドもあるので、気になる方はこちらにも目を通しておきましょう。

末永

ちなみに、日本語なのはこのページだけです。次からは英語になります。

「Get final instructions to apply for an eTA」をクリック

ページが切り替わり「Important reminders – apply for an eTA」というページに行きます。

画面の下のほうにある「Get final instructions to apply for an eTA」というボタンをクリックしましょう。

【eTA 申請】1ページ目

では、申請に必要な情報を入力していきます。

フランスのパスポートを持っていないなら「No」を選択

最初の質問は「Do you have a passport issued by France(フランスのパスポートを持っているか?」です。

フランスのパスポートを持っていない場合は「No」を選択し「Continue」をクリックします。

「Continue to the eTA application form」をクリック

画面の下のほうにある「Continue to the eTA application form」というボタンをクリックしましょう。

するとページが切り替わります。

【eTA 申請】2ページ目

2ページ目では「Are you applying on behalf of someone?(ほかの人の代わりに eTA を申請しているか?)」を聞かれます。

この記事を読んでいる人は代理人ではないと思うので「No」を選択しましょう。

選択したら、右下にある「Next」ボタンを押します。

【eTA 申請】3ページ目

eTA申請の3ページ目では、いろいろと質問に答えることになります。

どんなパスポートでカナダに渡航するか?

「What travel document do you plan to use to travel to Canada?(どんなパスポートでカナダに行くのか?)」という質問です。

カナダへ渡航する際に使用する渡航文書を選択しますが、ほとんどの場合は「パスポート-一般/通常 (Passport – ordinary/regular)」だと思います。

プルダウンに出てくる内容は次のとおりです。

  • パスポート-一般/通常 (Passport – ordinary/regular)
    バケーションや出張などのために一般国民が時折渡航するために発給されたパスポート。
    通常の場合、このパスポートの種類であることがほとんどです。
  • パスポート-外交用 (Passport – diplomatic)
    政府高官、外交官、政府代表者・受託者である国民に発給されたパスポート。
  • パスポート-公務用 (Passport – official)
    通常、外交官以外の政府職員などが政府の公務で渡航するために国民に発給されたパスポート。
    パスポートの表紙にOfficialと記載されている場合に選択してください。
  • パスポート-サービス(Passport – service)
    通常、外交官以外の政府職員などが政府の公務で渡航するために国民に発給されたパスポート。
    パスポートの表紙にServiceと記載されている場合に選択してください。
  • 緊急/臨時渡航文書 (Emergency/temporary travel document)
    緊急の状況において、仮のパスポートの発給が不可能な場合に国民に発給される渡航文書またはパスポート。通常は短期間だけ有効です。
  • 難民渡航文書 (Refugee travel document)
    難民条約に基づく認定を受けた難民や保護を必要とする個人など、保護を受ける立場の国民以外の個人に発給された渡航文書。この文書ではeTA申請はできません。
  • 国民以外の個人に発給された外国人パスポート/渡航文書 (Alien passport/travel document issued to non-citizens)
    パスポートの発給国に永住している、または一時的に居住していて、国民ではない個人に対して発給されたパスポートまたは渡航文書。この文書ではeTA申請はできません。
  • 米国再入国許可証(I-327) (Permit to re-enter the United States (I-327))
    合法的に米国に居住する個人が、米国外に渡航し、帰国居住者ビザを得ることなく米国に再入国できるようにするために、米国の市民権・移民局が発行する渡航文書。
  • 米国難民渡航文書(I-571) (United States refugee travel document (I-571))
    米国民以外の個人で難民または亡命者として認められた者に米国市民権・移民局が発行する渡航文書。I-571保有者は、米国の合法的永住者である場合に限りeTA申請を行うことができます。

パスポートの発給国は?

続いて「Select the code that matches the one on your passport.(パスポートとマッチする国を選んでください)」という質問です。

日本の場合がほとんどだと思うので「JPN(Japan)」を選択してください。

パソコンを使用されている場合は、プルダウンメニューを表示した状態でキーボードの「 J 」を押すと選択しやすいです。

パスポートに記載されている国籍は?

次は「What is the nationality noted on this passport?(パスポートに記載されているあなたの国籍は?)」という質問です。

これも「Japan(日本)」を選ぶ人がほとんどだと思います。

パスポート番号を入力

次は重要な「Passport number(パスポート番号)」です。

パスポートのご自分の写真のあるページを見ながら、正確に入力しましょう。

末永

アルファベットの「O(オー)」と数字の「0(ゼロ)」など、混同しないように。

パスポート番号をもう一度入力

次の項目も、再び「パスポート番号」です。

絶対に間違えてはいけないため「Passport number (re-enter)」の項目に「パスポート番号」をもう一度入力させられます。

この2つが一致しないと、次に進めませんよ。

姓を入力

続いて「Surname(s) / last name(s)」は「姓」のことです。

パスポートに記載されている姓をアルファベットで入力しましょう。

名を入力

続いて「Given name(s) / first name(s)」は「名」のことです。

パスポートに記載されている名をアルファベットで入力しましょう。

生年月日を入力

Date of birth(生年月日)」は年(year)、月(month)、日(day)の順番にプルダウンで選びます。

性を選択

Gender(性)」は「Female(女性)」「Male(男性)」「Another Gender(その他の性)」からお選びください。

出生国を選択

Country/territory of birth(出生国)」の欄ではプルダウンから生まれた国を選びます。

日本の場合は「Japan」を選択しましょう。

出生都市

City/town of birth(生まれた市町村)」をアルファベットで記載します。

たとえば、札幌市の病院で生まれた場合は「Sapporo-shi」のように入力しますよ。

パスポート発行日

Date of issue of passport(パスポート発行日)」は、パスポートが発給された年月日をプルダウンで選択しましょう。

パスポート有効期限満了日

Date of expiry of passport(パスポート有効期限満了日)」は、パスポートの期限が切れる年月日をプルダウンで選択しましょう。

追加国籍情報を入力

Additional nationalities(追加国籍情報)」は、他の国や地域での国民である場合は入力します。

ほとんどの人の場合は不要なので触らないでください。

婚姻状況を選択

Marital status(婚姻状況)」をプルダウンで選択します。

プルダウンには次の選択肢がありますよ。

  • Married (既婚者)
  • Legally separated(法的別居)
  • Divorced(離婚者)
  • Annulled marriage(婚姻取消)
  • Widowed(寡婦・寡夫)
  • Common-law(事実婚)
  • Never married/Single(未婚/独身)

eTA・ビザの取得経験

続いて「Have you ever applied for or obtained a visa, an eTA or a permit to visit, live, work or study in Canada?(これまでカナダの eTA やビザ[観光ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデービザ]を取得したことがありますか?)」の質問です。

もし過去に上記いずれかを取得したことがあれば「Yes」を選択しましょう。「Yes」を選択した場合は、追加の入力欄が表示されます。

「Yes」の人は、カナダ移民局からの通知書、または発行された入国関連書類(学生ビザ、ワーキングホリデービザ、観光ビザ)を見て、申請者識別番号(UCI)を入力します。

UCI が分からない場合は、入国関連書類(学生ビザ、ワーキングホリデービザ、観光ビザ)の番号を記入します。

職業を選択

Occupation(職業)」の欄では、就労している業界に最も近いものを下の職業リストから選択します。

  • Art, culture, recreation and sport occupations (芸術、文化、娯楽、スポーツ)
  • Business, finance and administration occupations (ビジネス、金融、管理)
  • Education, law and social, community and government services (教育、法律、社会福祉、地域・行政サービス)
  • Health occupations (保健)
  • Homemaker (主婦/主夫)
  • Management occupations (経営管理)
  • Manufacturing and utilities occupations (製造業、公益事業)
  • Military/armed forces (軍事、軍隊)
  • Natural and applied sciences and related occupations (自然、応用科学関連)
  • Natural resources, agriculture and related production occupations (天然資源、農業および関連製造業)
  • Retired (定年退職)
  • Sales and service occupations (販売業、サービス業)
  • Student (学生)
  • Trades, transport and equipment operators and related occupations (商業、運輸業、機器操作関連)
  • Unemployed (無職)

選択した職業に応じて、追加の入力欄が表示される場合があります。

職務を選択

Job title(職務)」では、従事している仕事のタイプを最もよく表現する職務名を選んでください。

所属する会社や学校の名前を入力

Name of employer or school, as appropriate.(所属する会社や学校名)」をアルファベットで入力しましょう。

在勤・在学機関が所在する国を選択

Country/territory(在勤、在学機関が所在する国)」では、勤務している会社、通っている学校のある国を選択します。

在勤・在学機関が所在する市町村を入力

City/town(在勤、在学機関が所在する市町村)」では、勤務している会社、通っている学校のある市町村を入力します。

就労・就学した年を選択

Since what year?(就労、就学した年)」では、在勤、在学機関に就労、就学を始めた年を選択してください。

カナダ移民局からの通知の際に使われる言語を選択

Preferred language to contact you(カナダ移民局からの通知の際に使われる言語)」を選択します。

「英語」「フランス語」の二択です。

「英語」を選択すると、eTA が認可された際の「通知メール」などが英語になります。

メールアドレスを入力

Email address(メールアドレス)」を入力しましょう。

メールアドレス(再入力)を入力

メールアドレスは重要なので「Email address (re-enter)」という欄にももう一度入力します。

2つが一致していないと先には進めません。

現住所を入力

続いて、現住所を入力しましょう。

英語では、住所は部屋番号、番地から記入していきます。

各項目は下記を参考にしてください。

  • Apartment/unit number (if applicable)(アパート等の部屋番号)
  • Street/civic number or house name(番地)
  • Street address/name(町名など番地の前に来る住所)
  • Street address/name line 2 (if applicable)(必要であれば記入 / 空欄も可)
  • City/town(居住している市区町村名)
  • Country/territory(国を選択)
  • District/region(都道府県)

日本の住所の場合「Street address/name」がない場合もありますが、この欄は空欄にできないため、その次に来る「City/town」の欄と合わせて、市町村名を分割して記入すると良いでしょう。

渡航情報を選択

Do you know when you will travel to Canada?(カナダへ渡航する日程は決まっていますか?)」という質問です。

すでに航空券などを取得されている場合は「Yes」を選択しましょう。「Yes」を選択すると、追加の入力欄が表示されます。

When do you plan to travel to Canada?(いつカナダに渡航しますか?)」では、カナダへの渡航日を年(year)月(month)日(day)の順に選択します。

Please enter the time your flight to Canada will depart(カナダに着く便が出発する時間入力してください)」の部分は、飛行機が出る時(hour)分(minute)タイムゾーン(time zone)を入力しましょう。

カナダ行きの飛行機の出発時間となるので「日本発の直行便」であれば「(UTC+09:00)Japan Time」を選択します。

もし「東京 → 中国 → カナダ」のように中国を経由する場合、中国から出る飛行機の情報を入力することになりますよ。

入国拒否などの経験の有無

Have you ever been refused a visa or permit, denied entry to, or ordered to leave Canada or any other country/territory?(カナダまたは他の国の入国ビザや就学許可・就労許可の申請を却下されたこと、入国を拒否されたこと、出国命令を受けたことがありますか?)」の質問に対し、ない場合は「No」を選びます。

「Yes」と答えると詳細記入欄が表示されるので、理由や状況を記載してください。

犯罪歴の有無

Have you ever committed, been arrested for, been charged with or convicted of any criminal offence in any country/territory?(どこの国/領土かに関わらず、過去に犯罪を犯した、犯罪のために逮捕・起訴・有罪判決を受けたことがありますか?)」の欄も、ない場合は「No」を選びます。

「結核(病名)」の経験の有無

In the past two years, were you diagnosed with tuberculosis or have you been in close contact with a person with tuberculosis?(申請者本人または家族が結核患者と接触したことがありますか?)」の欄も、なければ「No」を選びましょう。

病気・症状の経験の有無

Do you have one of these conditions?(あなたはこちらにある状態ですか?)」では、以下の4つがプルダウンから選べます。

  • Untreated syphilis(未治療の梅毒)
  • Untreated drug or alcohol addiction(未治療のドラッグ・アルコール中毒)
  • Untreated mental health condition with psychosis(未治療のメンタルヘルス・精神病)
  • None of the above(上記のどれにも該当しない)

どれもあてはまらない場合は、一番下の「None of the above」を選択しましょう。

必要事項があれば入力

もし、「緊急でカナダに行かなければならない理由」などがあれば「Please briefly indicate if there are additional details pertinent to your application. For example, an urgent need to travel to Canada. Provide relevant details to avoid delays in the processing of your application.」の欄に入力します。

ない場合は空欄のままにしておきましょう。

「I agree」にチェック

I Agree(同意します)」のところには「eTA の申請者(あなた)」によって提出された情報をカナダ政府が管理・運営する方法などが記載されています。

この条項に同意し、提出情報に誤りがない場合は「I agree(同意します)」にチェックを入れます。

申請者のサインを入力

Signature of applicant(申請者のサイン)」には、パスポートに記載されている「ご自身のフルネーム」をアルファベットで入力します。

「Proceed to Payment」をクリック

以上ですべての項目が埋まりました。

終わったら、右下にある「Proceed to Payment」のボタンをクリックし、次の画面に移ります。

【eTA 申請】お支払い

情報の入力が終わったので、いよいよお支払いです。

「Transmit and pay」をクリック

こちらのように、eTA申請料金の $7 を支払う画面になるので、画面の右下にある「Transmit and pay」のボタンを押しましょう。

お支払い方法を選択

PaymentMethod(お支払い方法)」では、ほとんどの場合はクレジットカードで入力することになると思います。

クレジットカード情報を入力

クレジットカードの情報を入力します。

画面に表示されている言葉は次のような意味です。

  • Cardholder Name …… クレジットカード保持者氏名
  • Card Number …… クレジットカード番号
  • Expiry Date (MMYY)…… 有効期限
  • Card Security Code …… セキュリティコード

クレジットカードカードの有効期限はカードに記載されている順番(月→年)で。「2019年8月」の場合は「0819」になりますよ。

「セキュリティコード」は、カードの裏面に記載されている名前欄の横の数字の「右から3桁の数字」となります。

「Checkout」をクリック

入力し終わったら「Checkout」のボタンを押しましょう。

eTA の申請が完了

問題なければ、申請完了後72時間以内に「認可」のお知らせメールが届きます(下記参照)。

eTAの認可メール

このメールが72時間以内に届かない場合は、何か問題が起きています。

多いのが、迷惑メールやスパムとして扱われ、迷惑メールフォルダに入っていること。

迷惑メールフォルダは必ず確認しましょう。

eTA についてのまとめ

本記事で紹介した eTA は、ワーホリや学生ビザでカナダに渡る人には関係ありません。

必要なのは、観光ビザで行く人、もしくは他の国に行くためにカナダで飛行機を乗り換える場合だけです。

インターネットで簡単に申請できるので、カナダ旅行が決まったら忘れないうちにやっておきましょうね。

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!