カナダの気候・天候について

カナダといえば 寒い! というイメージを持つ人が多いと思いますが、実は一年中どこでも寒いわけではありません。

カナダの国土は非常に広大で、海・川・山脈・草原・湖・北極地帯などの多様な地理の影響を受け、地域によって天候がまったく異なります。

日本でも、北海道と沖縄では全然気候が違いますが、カナダではその差がさらに顕著なのです。

この記事では、カナダの天候や気候について地域別にご紹介します。

太平洋沿岸エリアの気候

留学先としても人気のバンクーバービクトリアが位置する太平洋沿岸は、日本と比較的気候が似ています。

カナダの中でももっとも生活しやすい気候なのがこのエリアだと言われているので、日本から訪れてもすぐに馴染めると思います。

夏は日本と比べかなり過ごしやすく、日中の気温は20度前後、カラッと爽やかな日が続きます。特に7~8月からはベストシーズンで、世界中から観光客が訪れるのもこの時期です。

冬は、カナダの他の地域に比べると温暖で、寒い日でもマイナス1度前後。雪もめったに降らず、東京や大阪の冬と似ています。

ただし、冬~初夏までは雨が多いので要注意。

まるで長い梅雨のように数ヵ月間も雨や曇りの日が続くので、日光浴不足が問題になるほどです。

冬~春ごろに渡航するなら雨具を準備するだけではなく、ビタミンD不足や季節性うつについても注意した方がいいでしょう。

秋は過ごしやすく、紅葉シーズンとしても有名です。

中南部エリアの気候

カナダの2大都市、トロントモントリオールが位置する中南部エリア(セントラルカナダ)。

このエリアは四季がはっきりしていて、夏は暑く、冬はかなり寒いのが特長です。

特に冬はマイナス20度まで下がることも珍しくなく、大雪に見舞われることもあります。

夏はカナダの他の地域と比べると湿度も気温も高いですが、日本と比較すると過ごしやすいでしょう。

日中と夜間の気温差が激しいので、この時期に訪れるなら服装に気を付けることをおすすめします。

秋は紅葉が美しく、観光にもおすすめのシーズンです。

内陸部エリアの気候

カナダの内陸部にあるのがマニトバ州サスカチュワン州アルバータ州

ロッキー山脈と五大湖のあいだに大草原(プレーリー)が広がります。

夏は気温が高くなりますが、湿度が低いので過ごしやすいです。ただし、夏には豪雨や竜巻が発生することもあるので油断はできません。

冬は厳しく積雪も多いです。

春には雨が降り、秋は穏やかなため、この地域は農業が非常に盛んなのが特長です。

大西洋沿岸エリアの気候

カナダの大西洋側にあるのがニューファンドランド・ラブラドール州プリンス・エドワード・アイランド州ノバ・スコシア州ニュー・ブランズウィック州

この地域は大西洋の影響を受けやすく、天気が変わりやすいのと霧がよく見られるのが特長です。

夏は比較的穏やかですが、冬にはスノーストームが発生することもあります。

また、他の地域と比べて風が強いのも特長です。

北部エリアの気候

カナダの北部にあり、北極海に面しているのがヌナブト準州ノースウェスト準州、そしてユーコン準州

カナダと聞いて最初にイメージするのがこの地域の気候ではないでしょうか。

特にオーロラなどが観察できる北極圏は寒さが厳しく、日本で市販されている防寒具では足りません

冬は長く、10月~3月頃までの平均気温はマイナス20度を下回り、もっとも寒い地域ではマイナス50度になることも珍しくありません。

この時期は極夜が続き、日中でも太陽が出てこない薄暗い状態になります。

4~9月頃になると比較的過ごしやすくなります。平均気温は暖かいところで15度前後になりますが、北極圏では10度を超えない地域もあります。

冬とは反対に、夏には太陽が沈まない白夜の現象が見られます。

雨は少なく、竜巻やトルネードも発生しません。

カナダ各地の平均気温

カナダの都市部の平均気温はこちら。

都市名1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
バンクーバー456812141818131064
カルガリー-9-7-2510151816115 -3-8
バンフ-11-7-24913151495-4-10
トロント-5-515111721201794-3
モントリオール-10-9-26131820191382 -8
東京55814182225272317127
札幌-5-4-161216202117114-2

 

留学や観光としても人気のトロントと、日本の都市(東京と札幌)の平均気温を比較します:

都市名1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
トロント-5-515111721201794-3
札幌-5-4-161216202117114-2

気温だけを見ると、トロントと札幌がだいたい同じぐらいだと分かります。

 

バンクーバーも日本人留学生に人気の都市です。

都市名1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
バンクーバー456812141818131064
東京55814182225272317127
札幌-5-4-161216202117114-2

バンクーバーは年間を通して過ごしやすいというのが分かると思います。

冬は東京程度の寒さで、夏は札幌のような涼しさ。日本の気候のいいところを取ったような場所が、バンクーバーなのです。

まとめ

カナダはとても広い国で、地域によって気候はまったく異なります。

日本人にとって一番過ごしやすいのはバンクーバーエリア、その次にトロントやモントリオール。北部の冬は厳しいですが、それもまたカナダの魅力でもあります。

留学先や留学シーズンを決める際には各地域の気候をよく調べて、自分の理想にあったものを選んでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る