ビクトリアについて

このページの目次

特長

ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)の州都で、州行政の中心地のビクトリア(Victoria)。同州南西部太平洋側、本土からジョージア海峡を挟むバンクーバー島の南端部に位置します。イギリスの直轄地だったため、その時代の雰囲気が街には色濃く残っております。カナダでも、特に温暖な気候に恵まれており過ごしやすいだけでなく、『ガーデンシティ』と呼ばれるだけあって、季節を問わずに町中には花が溢れております。港を囲むように美しい遊歩道が続き、直轄時代の名残をいかした店が建ち並び、風情のある街並みが広がっています。ショッピング、グルメなどの町歩きながらのんびりと時間過ごす方々に非常に愛されております。カナダ史跡財産にも指定されたブッチャードガーデンが郊外に有り、毎年恒例のジャズフェスティバル、ホエールウォッチングなど見所やイベントが沢山あり、年間数百万人の観光客が世界中のあちらこちらから訪れます。

ビクトリアのみでは約8万5千人程ですが、周辺都市も含む都市圏(グレータービクトリア)の人口は約37万人弱で、バンクーバー島では最大の都市です。

ブリティッシュコロンビア州議事堂

気候

ビクトリアは、気候は西岸海洋性気候(Cfb)となり、さらに南側に位置しますので、カナダで最も温暖と言えるでしょう。年日照時間は2,183時間、一年を通じて花が咲き誇り、氷点下知らずの月が8か月続きます。
春は、非常に穏やかで早ければ2月に訪れます。夏は気温が18℃から32℃で、湿度が低く、殆どよどみなく海からの風が吹いているので、日中も暑すぎず、夜間は涼しくなります。夏の月間平均降水量は250mm以下です。秋は9月の下旬に訪れ、暖かくて晴天に恵まれます。芝生やゴルフコースは年中あざやかな緑を保ちますが、この季節には紅葉が街を金色に染めます。年平均降水量は66.5cmで、バンクーバーやシアトルよりも少量です。1月から3月にかけて雨が降り、時々雪も降ります。冬の月平均降水量は500mmで、1月の平均気温は3℃です。温暖な冬とはいえ、11月から3月にかけてはしっかりと暖かい服装が用意しておいた方がよいでしょう。

イベント情報

1月
  • New Year Day(元旦)
2月
  • チャイニーズニューイヤー(旧正月) – Chinese New Year
3月
  • セイントパトリックデー – Saint Patrick’s Day
4月
  • イースターデー(復活祭)- Easter Day
5月
6月

 

7月
8月
9月
  •  サーニッチフェア – Saanich Fair
    レイバーデー週末(9月第一月曜日の祝日がある週末)に行われるカナダ最古のフェスティバル。移動遊園地あり。

    Saanich Fair HDR
    Photo by DARREN ST0NE

10月
  • サンクスギビングデー – Thanksgiving Day
  • ハロウィン – Halloween
    10月31日、町中のあちらこちらで仮装した人々を見かけます。
11月
12月
  • クリスマス限定観覧車 – Christmas Ferris Wheel in Centennial Square
    12月上旬からクリスマスイブまで
  • ダウンタウンクリスマスイベント各種 – Holiday events in Downtown
  • クリスマス – Christmas
    12月25日 、日本の元旦みたいにほとんど店が休み
  • ボックスデー – Boxing Day
    12月26日 、日本の初売りみたいに、ほとんどの店がバーゲンセールを行う)
  • 新年カウントダウン – Countdown to New Year
    12月31日深夜、 新年カウントダウンイベント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る