カナダ留学コンパスのカウンセリングについて

留学カウンセリング

カナダ留学コンパスでは、ひとりひとりご希望や目的、予算に応じて、あなただけの最適な留学プランをご提案いたします。

東京の青山のオフィス

留学カウンセラーとして

私こと末永は、カナダ在住が2018年で15年以上になります。

カウンセラーの末永

現在までに1,000名以上の留学生の相談を受けてきました(自分でも驚くほどの数字です)。

留学を通じてどのような人生プランを設計し、実現してゆくのか。

私の武器は「留学専門家」として今まで蓄積してきた経験、そしてカナダ現地で最新の情報です。

これらを元に、お客様ご自身でも気づいていないかもしれない「本質的な希望」を引き出し、その実現に向けたプランをご提案致します

他社とカナダ留学コンパスの違い

他社の留学カウンセリングの場合は、一般的には複数の選択肢の中から選ぶ形のカウンセリングが多いようです。

一般の留学エージェントのカウンセリングの流れ

STEP1)国選び

どの国に学したいですか? カナダは~ オーストラリアは~
➡それぞれの国の特徴を説明、選択肢を提示

STEP2)どの都市に留学したいですか? バンクーバーは~ トロントは~

➡それぞれの都市の特徴を説明、選択肢を提示

STEP3)どの学校に通いたいですか?  Aスクールは~ Bカレッジは~

➡それぞれの学校の特徴を説明、選択肢を提示

このように、カウンセラーはマニュアルにある情報をお客様に提示して、決断を後押しするのが主な仕事となります。

また、ほとんどの留学エージェントはそれぞれなじみの、よく生徒を紹介している学校とのつながりがあり、たとえ紹介できる学校が数十校あったとしても、紹介されるのはわずか数校というケースが良くあります。

留学会社に紹介される学校に偏りがあるからくり?

 つまり、一般的には留学カウンセリングではなく、学校の紹介と手続き代行を主にしている会社が多いです。

では、お客様は何を基準に学校を決めるのか?

・綺麗なパンフレット
・日本語での”分かりやすい”ウェブサイト
・定量的に測れる基準、例えば、全校生徒数、クラス数、国籍比率、日本人率 など

ほとんどのケースで、これらの限られた情報源から学校を決めるお客様が多いようです。

最近はネットでどのような情報も手に入る時代になりましたが、ネット上やパンフレットに書かれている情報だけで判断してしまうのは危険です。日本人率、一クラス当たりの定員、国籍比率、生徒数など、定量的に測れる客観的なデータのみで学校を選んでしまいがちです。

では、それらの数字で表されるデータだけで果たして学校の良し悪しが分かるのでしょうか?

もちろん答えはNoです。

ここがカナダ留学コンパスとほかの留学エージェントとの違いです。

カナダ留学コンパスではきちんと学校に視察に行き、体験授業を受けたり実際に授業を受けた生徒からの声を集めて、本当の意味の口コミを集約して各学校ごとにジャンル別に分け、その情報を常時アップデートした上でお客様にご紹介しています。

学校を探す

学校のご紹介のプロセス

学校をご紹介する場合も、まず学校ありきではなく、はじめは留学の動機、目的から伺ってゆきます。
留学コンパスでの留学コンサルティングは大きく3つのフェーズに分かれて行います。

1)ヒアリング

まずは留学希望者の方のご要望を細かにお伺い致します。

  • 今回の留学の目的
  • 前職や将来のお仕事について
  • 英語力
  • ご希望の学校条件等

これらの項目をお伺いしたうえで、まずは最終的なゴールを設定いたします。

その後、そのゴールへ至る道はどのようは方法があるかを考え、そのために必要となる英語力や資格等を考慮して教育機関やその他サービスのご紹介いたします。

ゴールを決めないでやみくもに学校を選んでしまうと、学校に入る事だけで留学が完結してしまいますが、留学は渡航してからが重要で大切です。そこで私のカウンセリングではまずはゴールを明確にし、そのうえでスケジュールを作成します。

※もちろん漠然とした目標しかない場合でも大丈夫です。
目標を決めること自体を目的に留学することもOKです。

2)留学スケジュール、プランの作成

学校で何をしたいのか、どのくらいの期間で英語力をどのくらいまで上げたいのか、その目的は何かなどをきちんと整理した上で、短期であれ長期であれ到着から帰国までに留学スケジュールを一緒に考えてゆきます。

なお、一年以上にわたる留学をご希望の場合でも、まずは半年だけ学校をご紹介し、残りは到着後にご案内するケースもあります。これは、実際にカナダに住んでみて、日本で思い描いていた理想と違ったり、別の分野に興味を持つこともよくあるからです。初めから長期間プランを決めてしまい、渡航後に変更したいと思ってもビザや学費の返金額の少なさのせいで変更できないというケース、現地の留学エージェントとしてはよく相談を受けます。

※バンクーバー現地では飛び込みで留学相談をされるお客様も数多くいらっしゃいますが、ほとんどのケースが、長期間申し込んでしまった学校をやめたい、変更したい、という相談です。安易に長期間学校を申し込み、後悔している学生は実はとても多いのです。

なお、私の今までの経験からすると、はじめに語学学校に通う際は、最大でも半年程度にとどめ、その後は別の語学学校や資格の専門学校等でさらにスキルアップを図ることをお勧めしています。

英語を勉強するだけのために学校に行くのではなく、英語を用いて勉強する時間を持つことで、英語スキルを高めることが出来るようになる人が多いです。

3)学校の決定、お手続き

プランが決まり次第そのプランにふさわしい学校を数校ご紹介します。

その上で、お見積もりを作成いたします。

データにてのご紹介とは別に、最新の現地の情報や最近通っている生徒の声なども随時お知らせします。
学校によっては、シーズンで全く雰囲気の変わる学校もあったりするので、そういった情報も提供してご満足のいく学校を1校選んでもらいます。

学校、プログラムが決まりましたら学校のお申し込みを代行いたします。
基本的にお申込み関係はすべて英語ですが、日本語で基本情報をお教え頂けれればこちらで代筆致します。
殆どのケースはお申し込みフォームを日本語でいただくだけで、学校及びほとんどの代行業務が完了します。

入学手続きに不備のないように英文書類をすべてそろえ、手続きを行います。
ほとんどの教育機関とのネットワークを持ち、現地にオフィスを構えるため、即日手配などのスピード手続きも可能です。
場合によっては入学の意思表示から最速で30分程度で学校のお手続きをすべて終えることも可能です。

学校のお手続きが終了しましたら、弊社よりご請求書をメールでお送りします。

ご請求書にはお手続き費用は現地サポート費用などの請求がなく、学校からのご請求書も併せてお送りする明朗会計です。

ご請求書に記載してある金額を振り込めば学校のお手続きはすべて完了です。

弊社からのご請求書には、学校からの授業料等のご請求金額そのままの額をご請求いたします。

弊社銀行での着金確認でき次第すぐに学校にお支払いをし、学校から入学許可証(Letter of acceptance LOA)を取得してお送りします。 この入学許可証は学生ビザの申請などの際に必要となります。

ブログ一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です