バンクーバー留学異文化が混ざりあう都市で自然も満喫!

バンクーバーは多様な文化が寛容に混ざり合い、気候も温暖で自然環境にも優れている事から『世界で最も住みやすい都市ランキング』の常連で、留学先として絶大な人気を誇ります。

また、人口の半数以上が英語を母国語としない人たちで構成されており、様々な民族が入り交じって暮らす、世界有数の「モザイク都市」でもあります。

各国からの移民も多いので外国人に対する住民の理解も深く、安心して生活できるので留学生にも人気があり、海外生活初心者にもおすすめです。

バンクーバーの基本情報

バンクーバーの人口は約60万人。カナダ国内第8位の人口規模ですが、周辺都市を含めた都市圏(メトロバンクーバー)を含めた人口は250万人弱となり、国内第3位の規模です。

各国からの移民も多いので外国人に対する住民の理解も深く、安心して生活できるので留学生にも人気があり、海外生活初心者にもおすすめです。

周囲を海や緑に囲まれており、バンクーバーは高層ビル群が並ぶ大都市でありながら、自然と都市が共存する特徴的な都市です。

バンクーバーの地理情報

バンクーバーはカナダの南西部のブリティッシュコロンビア州(BC州)に位置し、同州最大の都市で、カナダの中ではアジア諸国への玄関口としての役割を果たしています。南に行くとアメリカとの国境があり、バンクーバーから車で約3時間ほどでアメリカの都市「シアトル」に行くことができます。

日本との時差は-17時間(サマータイム時は-16時間)。日本のお昼ごろがバンクーバーでは前日の19~20時頃なので、家族と電話をするにはこの頃がベストです。

バンクーバー留学のメリットとデメリット

バンクーバー留学のメリットとしては以下の6つが挙げられます。

  1. 住みやすい、過ごしやすい
  2. 日系やアジア系のお店が多い
  3. 治安が良い
  4. 公共交通機関が発達している

また、デメリットについてはいくつか挙げられますが、留学「自体」にデメリットはありません。

留学のデメリットは、実はメリットの裏返し、つまりメリットを十分に享受できないことのリスクです。

「メリットを生かせるかどうか」は自分次第ですし、デメリットをメリットに変えられるかも自分次第です。留学でメリットを得るには、具体的な目標設定と、目標達成のための計画がキーポイントになります。

バンクーバー留学の費用について

1ヶ月のバンクーバー留学の場合、留学費用は通常約$5,400 CADかかります。飛行機代や学費などは、長期になるとお得になります。必要項目ごとの目安費用を紹介していますので、留学期間や目的、普段の生活などから費用を見積もってみましょう。

節約の方法もお伝えしています♪

バンクーバーの天候、気候

バンクーバーには日本と同じように四季があり、カナダの中でも年間を通して温暖で非常に過ごしやすい都市です。

夏は、気温20度前後の爽やかで晴れた日が続き、最長で夜10時頃まで日が長くなります。

時折、30度を超える日もありますが湿度が低いため、カラッとしていて過ごしやすく感じます。

一方、11月~4月は雨の多い季節になり、通称「レインクーバー」とも呼ばれるほど。ただし東南アジアのようなスコールのような降り方はせず、しとしとと弱い雨が続きます。

傘を刺さず、フードだけで雨をしのぐのがカナディアンスタイルです。

真冬でも平均気温は5度前後で、氷点下になることは滅多にありません。

バンクーバーの四季と、適した服装など詳しくはこちらをご覧ください。

バンクーバーの治安情報について

世界で最も住みやすい都市ランキング(The Global Liveability Index)で毎年上位にランクインしているバンクーバーは、カナダ全土の中でも治安のよい街と言われています。

2021年のランキングではコロナ感染防止策としてロックダウンをしたためトップ10入りを逃しましたが、バンクーバーは2002年~2010年まで連続で、「世界で最も住みやすい都市」第1位に選ばれていたんですよ!

そして、CNNによると「世界の住みやすい都市ランキング22年版」にバンクーバーがTOP10入りし、5位にランクインしています!(ちなみに日本の大阪が10位にランクインしたそうです。)

バンクーバーでよく聞かれる軽犯罪や不安ごとについては、置き引き・ホームレスが多い・交通事故に注意といった点です。しかし意外にも、落とし物が戻ってくるといったケースもあるようです。

凶悪犯罪は滅多に起こらないと聞きますが、それぞれが日本にいる時以上に防犯に気を配ることは大切です。

バンクーバー留学におすすめな学校

留学地として人気のバンクーバーには数多くの学校があります。学校の規模も学習内容も、様々な選択肢の中から選ぶことが出来ます。留学の目的や、期間や予算、求める雰囲気などから自分に合った学校を選びましょう。

主な大学には、ブリティッシュコロンビア大学、サイモンフレーザー大学、ブリティッシュコロンビア工科大学 などがあります。

バンクーバー留学におすすめな留学エージェント

留学エージェントは、留学の手続きを代行する留学手配の代理店です。

留学エージェントによって、渡航前や渡航後にサービスを提供しており、サービスの内容が無料であったり有料であったり、会員になれば無料になったり、会員限定の場合もあります。

留学エージェントを利用することで、

  1. 大変な留学準備を代行してもらえる(時間が節約できる)
  2. カナダの学校とのやりとりも代行してもらえる
  3. 留学エージェントから情報を得られる
  4. 「このやり方で合っているの?」という不安が緩和できる

このようなメリットがあります。

弊社を含めて、バンクーバー留学を扱うエージェントはいくつかあります。詳しくは下記をご参照ください!

バンクーバーの見所とイベント情報

バンクーバーに滞在するのに、避けて通れないのが、バンクーバーの空の玄関口「バンクーバー国際空港」です。

「バンクーバー国際空港」はバンクーバーの市街地から南に15kmほどにあり、バンクーバーの公共交通機関でのアクセスも可能です。

また、バンクーバーには、インスタ映えのするスチームクロック、雨でも屋内で楽しめる施設、自然を感じられるスポットなど、魅力的な場所が多くあります。

「バンクーバーを訪れた際にぜひ行ってみてほしい、外せないおすすめ観光スポット」はこちら。ぜひ、バンクーバーも旅行してみてください。

注意する点

バンクバーのバスドライバーは親切ですが運転が粗め。
狭い道を大型のバスで走っていくので、歩行中は歩道を歩いている時でもバスとのすれ違いに注意してくださいね。

また、公園の中や道端で、ビックリするくらい頻繁にリスやアライグマに遭遇します。

可愛らしいのでさわりたくなりますが、予防接種を受けていない野生動物に噛まれたり引っ掻かれたりすると危険な病原菌をもらってしまう可能性があります。

そして、餌付けは絶対に止めましょう。

バンクーバーのイベント

バンクーバーでは、季節ごとの催し物や、移民国家ならではの幅広い内容のイベントが年間を通して開催されます。

バンクーバーのお土産

カナダ、バンクーバには世界中からたくさんの観光客が訪れています。

せっかくバンクーバーに留学・旅行するなら、記念にお土産も買ってみたいですよね!

バンクーバーを訪れた際にぜひチェックしてほしい、おすすめのお土産を紹介します。

まとめ

今回は「バンクーバーってどんな町だろう?」という方に向けて、バンクーバーの概要について紹介しました。

弊社では鮮度のある情報をもとにカウンセリングを実施し、最適な留学プランをご提案いたします。

バンクーバーへの留学をご検討中の方はぜひご相談ください!

一緒にバンクーバー留学を考えていきましょう。

カナダ留学コンパス

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!