社会人のカナダ留学おすすめパターンをご紹介

日本では「留学は学生のうちにするもの」だと思っている方が多い気がします。

実際のところ、社会人として仕事をしている方が留学するケースはけっこうあるんです。

ただ、仕事をしている方が「カナダに留学したい!」と思っても社会人であるがゆえ、すぐに踏み切れませんよね。

今回は、そんな「カナダ留学したいけど……」と悩んでいる方のために、社会人になってからカナダに留学したらいいことあるの?というお話をします。

そして、社会人がカナダ留学する際に「どのような留学」があるのかについても詳しく紹介しますね!

カナダ社会人留学のメリット・デメリット

社会人でカナダ留学をしようと思っても「いまさら学生に戻るの?」という不安もあるかも知れません。

今までにたくさんの社会人留学生を見てきた私が、その不安に対してまずお答えすると……

社会人留学にはメリットがありまくりです!!

ということで、そのカナダ社会人留学についてのメリットとデメリットをご紹介します。

社会人留学のメリット

まずはメリットをご紹介いたします!

 英語力が身につく

カナダ留学のメリットは何といっても、英語力が身につくことでしょう。

カナダの公用語は英語(とフランス語)で、アメリカ英語とも発音やアクセントが非常に近いため、日本人に馴染みやすいのが特徴です(日本人が義務教育で学ぶ英語はアメリカ英語がベースです)。

英語が使えるようになれば帰国後の転職はもちろん、現地での仕事探しの選択肢が増えますし、より多くの人とコミュニケーションが取れるようになります。

趣味の幅も広がりそうですね。

 日本で得られない経験が得られる

また、日本にいるだけでは得られない経験、海外にいなければできない経験ができることもカナダ留学大きなメリットです。

カナダに行けば、日本で常識と思っていたものが通用しなくてショックを受けることも多々あるでしょう。

そういう体験を通して日本のことを客観的に見ることができるようになり、ものの考え方も立体的に、他視点から見ることもできるようになります。

ちなみに、カナダと日本の文化の違いについてはこちらにまとめていますよ。

 「社会に出たあと」だから得られるものがある

日本人で留学する方の多くは、社会に出る前に海外へ渡っています。

でも、社会人留学の場合、日本で社会人を経験したという実績がありますよね?

留学中に学校で勉強する時も、社会人としての経験がある場合は授業の内容をより実践的に理解できるでしょう。

さらに、もしカナダ留学の費用を自分が社会人として稼いだ貯金から支払うのであれば、親に学費を出してもらった時よりずっと真剣に勉強に取り組めるはずです。

真剣に取り組めるということは、得るものも計り知れないほどになるでしょう。

社会人留学のデメリット

いっぽう、社会人になってからのカナダ留学にはデメリットも存在します。

 日本でのキャリアが中断してしまう

社会人留学の最も大きいデメリットは、日本でのキャリアが中断してしまうことです。

長期間を海外で過ごすわけですから、今働いている会社を休職、あるいは退職する必要があります。

ただし、海外で得られるものは前述したように計り知れないほどです。

逆に、今までなら就職できなかった企業(たとえば外資企業)に入ることができるようになったり、可能性は間違いなく広がります!

 帰国後にカナダでの経験を活かしづらい

日本にはまだまだ新卒一括採用終身雇用のビジネス慣行が根強く残っています。

そのため、カナダ留学で学んだことを帰国後の復職や転職に生かせなければ、キャリア形成にマイナスになってしまうかも知れません。

帰国後の再就職の時に、カナダの留学についてしっかり説明できるよう、留学の目的、目標を明確にしておきましょう。

留学の目的がしっかりとしていれば、そんなデメリットも簡単に跳ね返せるだけのものを得ることができますので。

 英語力が思ったど伸びない

そして、「メリット」で書いた「英語力が身につく」というお話に逆行するようですが、「カナダに留学したら英語がペラペラになる」というのは残念ながら幻想だということです。

実際に、カナダに留学しても思ったより英語力が伸びないというお話もあります。

もちろんこれは、その人の努力しだいではありますので、英語圏に住んでいることにとあぐらをかくのではなく、地道に勉強しましょう。

あなたに合った「社会人留学」はどれ?

「カナダ社会人留学」のメリットとデメリットを見てきましたが、今度は社会人留学のタイプを見ていきます。

「社会人留学」を大きく分けると4つの種類に分かれるんです。

4種類の社会人留学

  1. 語学学校で英語力UP留学
  2. ワーホリでリフレッシュ留学
  3. インターンでキャリアアップ留学
  4. 現地就職、永住権を目指す本気留学

では、それぞれの留学が「どういうものなのか?」について詳しく紹介します。

選択肢① 語学学校で英語力アップ!

まずは王道の語学留学です!

現地の語学学校に通い、英語学習にたっぷりと時間を取りながら留学生同士の国際交流が楽しめるのが魅力です。

語学学校はたくさんのレベルに分かれているので初級者でも上級者でも充実した授業が受けられます!

数週間から一年以上まで、希望に合わせて就学期間を選べるのも語学留学の特徴です。

さらに、語学学校には豊富なアクティビティもあり、カナダらしいイベントが楽しめたり友達が作りやすい雰囲気があります。

カナダで友達が作りたい!楽しみたい!という社会人には語学留学がおすすめです。

選択肢② ワーホリでリフレッシュ!

ワーホリ留学も社会人にとても人気があります!

ワーホリは一年間カナダで自由に過ごせる特別なビザです。

観光しても良いですし、語学学校に通っても良いですし、フルタイムで働くこともできます。

カナダのお給料は一般的に日本よりも高いので、がっつりと働きたい方にもおすすめです。

特にサービス業は即戦力として働けるうえ、チップ収入もあるので稼げます!

ただし、ワーホリビザは一生に一度しか使えませんので、計画的に使わないと後悔することも…。

貴重なビザですので、大切に使いましょう。

なお、仕事はせずに観光をするだけなら観光ビザ(ビジタービザ)での入国もおすすめです。

選択肢③ インターン留学でキャリアチェンジ!

特に最近、社会人に人気なのがキャリアアップを目指した有給インターン(コープ留学です。

現地のカレッジに通いながら英語で専門分野を学び、さらにフルタイムで働けるのでキャリアチェンジ、スキルアップにぴったりです。

ビジネスやホスピタリティ、ITや貿易など幅広い分野から選べるので興味に合わせて学べます。

州によってはインターン期間中もお給料が出るのはありがたいですね。

日本へ帰国後に転職を目指している方に特におすすめです。

選択肢④ 現地就職や永住権を目指す!

留学後に日本に帰国するのではなく、そのまま現地就職・永住権取得を目指す社会人も増えています。

  • 「このままずっと日本にいてもいいのだろうか」
  • 「本気で海外就職にチャレンジしてみたい」
  • 「カナダが大好きになったのでこのまま暮らしたい」
  • 「どこで生活するか、選択肢を増やしたい」

こんな想いから、長期でのカナダ滞在を希望される方は多いです。

ただし、現地就職や永住権を目指す場合は計画性を持つ必要があります。

カナダの永住権について

次の項目では、社会人の現地就職や永住権について詳しくご説明します。

現地就職、永住権を目指すならこの王道2パターン!

カナダでの現地就職や永住権を目指す場合、もっとも高いハードルは「カナダでの就労経験」を積むことです。

そのためにまず「働けるビザ」が必要です!実は、日本ジがカナダで働けるビザの種類は限られています。

どのようにすれば働けるビザが取得できるのか?王道2パターンをご紹介いたします。

①公立カレッジに通いポスグラビザで働く

ひとつめのルートは、公立カレッジに通うパターンです。

カナダでは公立カレッジに2年間通うと、卒業後に3年間働けるポスグラビザの対象となります!

カナダの永住権取得には「カナダでの職歴」が必要ですので、この3年間の間にしっかりと働いて、永住権に必要な条件を満たします。

公立カレッジから永住権の流れ

公立カレッジ(2年間)

ポスグラビザ取得(3年間)

カナダで1年以上働く

永住権申請

公立カレッジは入学条件が高いうえに学費も高いのが特徴です。

日本にいるうちにできるだけ英語力をあげ、資金を貯めていく必要があります。

※在学中も週20時間まではアルバイトが可能です。

公立カレッジの特徴

英語力条件: IELTS 6.5 以上

学費目安: 年間180万円(2年間で350~400万円) 

公立カレッジに入学するのはハードルが高いですが、卒業すれば長く働けるので永住権を取得できる可能性がぐんと高まります。

②コープ留学から現地就職につなげる

ふたつ目が有給インターンのコープ留学を活用するルートです。

コープ(インターン)期間中にしっかりと働き、卒業後も継続して雇用してもらえるようアピールが必要です。

もし雇用主に仕事ぶりを認められたら、LMIA付きの就労ビザをスポンサーしてもらえる可能性があります。

コープ留学から永住権を目指すパターン

Co-op付き私立カレッジを入学

在学中に働く

カレッジ卒業

LMIA 付き就労ビザ取得

カナダで1年以上働く

永住権申請

コーププログラムを提供している私立カレッジは、公立カレッジと比べて費用が抑えられるうえ、入学のハードルも低めです。

コープ(私立カレッジ)の特徴

英語力条件: IELTS 5.0 以上

学費目安: 年間90万円(2年間で130~150万円)

ただし、卒業後に必ずしも雇用主が就労ビザのスポンサーをしてくれるとは限らないので、運やタイミングにも大きく影響されます。

ワーホリの使用は計画的に!

30歳以下であれば、カナダのワーホリビザを使って働くことも可能です。

とはいえ、英語力やカナダでの職歴がない状態でいきなりワーホリで滞在しても、永住権に繋がるような良い仕事に就ける可能性は低いです。

ワーホリはできるだけ最後まで残しておき、カナダで滞在するほかの手段がなくなった場合の「ワイルドカード」として使用するのがおすすめです。

カナダでの現地就職や永住権を目指す場合の王道2パターンについて詳しくはこちらの記事でも紹介しています。

社会人留学までの流れ

最後に、社会人が留学を実現するための流れをご紹介いたします。

まずは無料相談!

「日本を出て海外でチャレンジしてみたい!」

そう思ったならまずは無料相談にお申し込みください。

プロのカウンセラーが留学の目的や英語力、スキルやご予算など時間をかけてお伺いいたします。

希望する渡航時期の半年~1年前にご相談いただくのがおすすめです。

留学中に何をしたいか、留学が終わったらどうなっていたいか詳しくお聞かせください。

カウンセリングでプラン決定

希望する留学スケジュールの大枠が決まれば、次はより具体的なプランの計画です。

カナダ留学コンパスのカウンセリングは一度では終わりません。

複数回じっくりとお話しをしながら、すべてのプランのメリットデメリットを正直にお伝えしながら、総合的にベストなプランをご提案いたします。

希望の学校やプログラム、目標とする就職先などについても相談いたします。

渡航の準備

プランが決まればいよいよ渡航の準備です。

カナダに入国するために必要な準備物、学校への提出物や留学生活に関するご相談など、安心して渡航できるようカウンセラーがサポートいたします。

現地生活スタート!

無事カナダに入国したらいよいよ現地生活スタートです!

カナダでの長期的な滞在を目指す場合はまずは英語力をあげ、アルバイトでも良いのでカナダでの仕事経験を早く積むことが重要です。

どの仕事が永住権につながりやすいか、どのようなステップを踏めば理想の企業に就職できるかはそのときの状況によっても変わります。

こまめに専門家と相談しながら、現地での生活を進めていきましょう。

 

まとめ

社会人留学には学生とは違った選択肢があります。

社会人留学に必要なのは、入念な計画と準備、そして最後にちょっとした勇気です。

社会人留学にはリスクがありますが、それを補ってあまりあるくらいのチャンスもあります

一度しかない人生です。やらないで後悔するより、やって後悔する方がいいと思いませんか?

とは言っても後悔はしたくないですよね。

後悔しない、成功する留学になるように、カナダ留学コンパスがお手伝いします。

気軽にご相談くださいね。

カナダ留学コンパス

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!