カナダの高校留学

カナダの高校留学

こちらはカナダの高校留学についてのカテゴリです。

最近、カナダの高校への留学を検討している方が増えてきています。 カナダの高校留学を検討し始めるキッカケはさまざまですが、こういう理由が多くあります。

  • 「カナダの高校に行きたい!」と自ら希望する場合
  • 「高校からカナダに行かせたい!」と親御さんが希望する場合

とはいえ、いざカナダへの高校留学を検討しようとしても、何から始めていいのか分からないのではないでしょうか。 そこで今回はカナダの高校留学の基本を紹介していきます。 こちらの動画でも分かりやすく解説していますよ!

カナダの高校留学について

カナダへの高校留学を検討する際に、まず知っておいて欲しいことは、日本とは違うカナダの教育制度を理解することです。 例えば、カナダの教育制度は日本と違い

  • 州ごとに教育制度が違う
  • 高校卒業の年齢も州ごとに違う
  • 学区ごとに独自の教育プログラムがある

「なんだか難しそう……」と感じると思いますが、安心してください! 実はカナダ人でも、自分に関係のない学校の仕組みはあまり理解していません 言いかえれば、それほどカナダの高校の仕組みを全て理解するのは難しいということなんです。 そこで、ここではカナダの高校の制度、滞在方法、卒業後の進路などの「カナダへの高校留学に必要な情報」を分かりやすく解説します。

高校留学は「公立学校」がオススメ

日本と同じく、カナダにも「公立高校」と「私立高校」があります。 私立高校は公立高校以上に、それぞれに特色のある教育を行っていて、宗教校であったり、小規模の受験対策校であったり、教育内容は様々です。 また、私立高校の場合、留学生をほとんど受け入れていないか、留学生が多くてカナダ人が少ないかの両極端に分かれる傾向があります。 ご希望にもよりますが、基本的には公立高校が一番目の選択肢です。

カナダの学年の分かれ方

カナダでは、小学校・中学校・高校の分け方(何歳から中学校か?など)も州ごとに違います。 ここでは、ブリティッシュ・コロンビア州の主な公立学校の制度(学校・学年の分け方)を説明しますね。

カナダの教育制度
年齢 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10歳 11歳 12歳 13歳 14歳 15歳 16歳 17歳
学年 K 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
学校 エレメンタリー・スクール セカンダリー・スクール
学校 エレメンタリー・スクール ミドル・スクール ハイ・スクール

「学校」の欄が2段あって、わけが分からないですよね。 でも安心してくださいね、再度言いますが、カナダ人でも自分や家族に関係のない学校の仕組みは理解していません。 留学先の学区が決まったら、その学区の制度だけをしっかり理解して、他の学区のことは無視して大丈夫です。 それでは、それぞれの学校の定義について、順を追って説明しますね。

 エレメンタリー・スクール

カナダの「エレメンタリー・スクール(小学校)」は5歳の「K(キンダー)」という学年から始まります。 キンダーは日本の幼稚園に当たりますが、エレメンタリー・スクールに含まれているため、「小学校ゼロ年生」という感じですね!

 セカンダリー・スクール

そして、「セカンダリー・スクール」ですが、これは日本の中学校と高校が合わさったような学校です。 日本の高校1年生に当たる「10年生」から「12年生」の成績が高校卒業の判断基準にされます。

 ミドル・スクール

日本の中学校と同じような位置づけの学校が、ミドルスクールです。

 ハイ・スクール

ハイスクールは、通学期間が4年間で日本の高校よりも長いですが、日本の高校に近いです。

学期の仕組みが学校によって違う

カナダの高校では、学期の制度・単位の取り方学区、学校によって違います

  • 日本のように1年かけて一つの科目を履修して単位を取る「通年制」
  • 1年を2つの学期に分けて、学期ごとに単位を取る「セメスター制」

セメスター制の方が、1年間に多くの科目を修了できるのですが、留学生は1年かけてじっくりと学ぶ通年制の学校をすすめられることが多いです。

カナダの高校の入学と卒業

「欧米のの大学は、入学するのが簡単で卒業するのが難しい」とよく聞きますよね。 これは、カナダの高校にも当てはまります。

高校入学の難易度は低い

カナダの公立高校に入学するのは難しくありません。 というのも、セカンダリー・スクールは日本の中学校と高校を合わせた学校で、入試はありません。 地元のカナダ人の生徒は、自分の住所に応じた学校に、無試験で入学できるのです。 日本から留学する場合は、過去2年間の通知表の写しを提出して、留学先の学区の審査を受けます。 成績よりも欠席日数などの生活面の記録の方が重視されますので、普通の成績であれば大丈夫です。

高校留学の手続き

カナダの高校留学の手続きには、難しい書類は必要ありません。 日本の高校に入学する際に求められるような書類を提出するだけです。 ただ、提出する書類はすべて英語でなければいけないので、書類の翻訳には手間とお金が掛かります。

未成年がカナダに単身で滞在するには「後見人」が必要

ちょっと面倒くさいのが、未成年がカナダに単身で滞在するために必要な「後見人(カストディアン)」の手続きです。 後見人を学区が選任してくれるかどうかも、学区次第です。後見人の選任をしない学区の場合、民間業者を紹介されます。 後見人が決まったら、後見人の選任の書類に後見人と留学する高校生の保護者が署名して、日本とカナダでそれぞれ公証を受けます。 正直なところ、公証手続きは普段やり慣れないので大変です。 カナダ留学コンパスで1つ1つの手続きをご案内しますので、ぜひともご相談ください。

ちゃんと高校を卒業できるの?

カナダの高校には高校入試はありませんが、卒業するのは難しいです。 特に、日本からの留学生がカナダの高校を卒業する時に一番の難関となるのが、やはり英語です。 例えば、日本で高校2年生の1学期が終わったタイミングで留学すると、カナダでは12年生(日本の高校3年生に相当)に入ることになるのですが、留学直後から「English12」という、12年生の英語の科目を取れる可能性はかなり低いです。 そこで、カナダ留学コンパスでは、年齢で決まった学年よりもひとつ下の学年に入ることをおすすめしています。 17歳(日本の高校2年生)がカナダの16歳の学年(11年生、高校2年生に相当)に入るということです。 1年下の学年に入るというとネガティブに聞こえますが、もともと、カナダの学校は9月始まりで、翌年4月に始まる日本よりも、7か月早く始まっているんです。 日本の高校2年生の9月からカナダの高校に入学して2年勉強すると、翌々年の6月末に高校を卒業となり、これは日本で同じ年の3月に高校を卒業するのと3か月しか変わりません。 どうです、1学年下に入ると言っても、日本と3か月しか卒業が変わらないんだったら、そんなに気にならないでしょう? カナダの高校の卒業が難しいと書きましたが、きちんと計画を立てれば、十分卒業は可能です。カナダで高校を卒業することを目指すなら、2年以上の長期計画で臨みましょう。

1年間の留学なら、高校1年生、2年生の留学がおすすめ

逆に、1年の留学とあらかじめ決まっているのなら、高校1年、高校2年の時に留学して、帰国してから日本の高校を卒業できるようにしましょう。 この場合、留学前の日本の高校とよく相談をして、留学後に復学ができるのか、復学後の学年が何年生になるのか、カナダで履修した単位を編入できるのかなどについて、確認しておきましょう。

高校卒業後の進路は?

カナダの高校を卒業した後は、カレッジ・大学への進学が可能です。 その際に必要となるのが、「English12」という、12年生(日本の高校3年生に相当)の英語の単位を取っていることです。 「English12」を取らないで高校を卒業することも可能で、その場合は、IELTS等の公式英語テストでスコアを取ってカレッジ、大学に入学します。 大学に進学する場合、1年生から大学に入学することも可能ですが、カレッジの大学編入プログラムを1年から2年間受けてから大学に入学するのがおすすめです。

学区について

さて、カナダの高校制度の仕組みを理解したところで、学区についてもお伝えします。 最初にもでもお伝えしましたが、カナダの高校は州ごとに教育制度が違い、学区ごとに教育プログラムも違います。 「そもそも学区って何?」というと、州の中に学区でエリア分けされています。

チョコでたとえると、板チョコが「」で、板チョコを割ったひとかけらが「学区」となります。 ひとかけらのチョコ(学区)でも元は同じ板チョコ(州)になるので、州が定めた教育制度を元に、独自のプログラムを学区ごとに行なっているということです

イメージできましたかね?(笑) 通いたい学校を決めるのはもちろんですが、これから高校生活を送っていく基盤となる場所なので、この学区選びもとっても大切です! そこで、「ブリティッシュコロンビア州バンクーバー大都市圏の都市の学区」を参考に、各学区の特徴をまとめました。比較内容は下記です。

  • 各学区がある地域の特徴
  • 学校の教育制度
  • 費用
  • 学べるプログラム
  • 留学生を受けて入れている高校

それでは見ていきましょう!

リッチモンド学区について

リッチモンド学区は、バンクーバー市の南に位置し、バンクーバー国際空港のある多様性にとんだリッチモンド市にある学区です。 バンクーバーから近いにもかかわらず、自然に囲まれてお子さんの環境として最適で、ホームステイや後見人を学区が直接手配できます

リッチモンド市の特徴

  • 人口は22万人
  • バンクーバーのダウンタウンまで30分程度で行ける
  • アメリカとの国境まで30分程度で行ける
  • 中国を始めとしたアジア系の移民がとても多い
  • 都市の快適さと郊外の自然が両方得られる

その他、「リッチモンド学区について」詳しく知りたい方はコチラ。

サレー学区について

サレー学区は、下記の二つの市から構成されている学区です。

  • サレー(Surrey)市
  • ホワイトロック(White Rock)市

ちなみにサレー市は、カナダでも有数の人口が伸びている市で、近い将来バンクーバーの人口を超えると言われている場所になります。

サレーとホワイトロックの特徴

  • 人口は50万人(サレー市)、2万人(ホワイトロック市)
  • バンクーバーのダウンタウンまで1時間程度で行ける
  • アメリカとの国境に面している
  • インドを始めとしたアジア系の移民がとても多い
  • 都市の快適さと郊外の自然が両方得られる

その他、「サレー学区について」詳しく知りたい方はコチラ。

コキットラム学区について

コキットラム学区は、下記の三つの市から構成されている学区です。

  • コキットラム(Coquitlam)市
  • ポート・コキットラム(Port Coquitlam)市
  • ポート・ムーディー(Port Moody)市

コキットラム学区はセカンダリースクール制ではなく、ミドルスクール、ハイスクールに分かれているところが、他の学区と違うところです。 学区で後見人の手配はできますが、ホームステイは自分で手配しなくてはならないので注意が必要です。

エリアの特徴

  • 人口は14万人(コキットラム市)、6万人(ポート・コキットラム市)3万人(ポート・ムーディー市)
  • バンクーバーのダウンタウンまで、1時間程度で行ける
  • バンクーバーのダウンタウンまで、車、電車での良好なアクセス
  • 国、中国を始めとしたアジア系の移民がとても多い
  • 都市の快適さと郊外の自然が両方得られる

その他、「コキットラム学区について」詳しく知りたい方はコチラ。

バーナビー学区について

バーナビー学区は、バンクーバーの西側に隣接しているバーナビー市にある学区です。 バーナビー市内には、SFU、BCITというブリティッシュコロンビアを代表する大学、カレッジのメインキャンパスがあります。 また最近、バーナビー市は地価・家賃が急上昇中で、人気のエリアになってきています!

バーナビーの特徴

  • 人口は22万人
  • バンクーバーに隣接している
  • ブリティッシュコロンビア州最大規模のショッピングモールがある
  • 中国を始めとしたアジア系の移民がとても多い
  • 都市の快適さと郊外の自然が両方得られる

その他、「バーナビー学区について」詳しく知りたい方はコチラ。

高校留学までの手順

ここまで「カナダの高校留学とは」「学区について」を見てきましたが、何となくカナダの高校留学のイメージがついてきたのではないでしょうか? 次の段階として、「どうすれば入学できるのか?」を詳しく解説してきます。 大まかな流れはこのようになっています:

入学までのステップ

  1. 入学する学区を決める
  2. 入学を申し込む
  3. 書類を提出する
  4. 入学可否の審査・支払い・入学許可書の発行
  5. ホームステイの申し込み
  6. カストディアン(後見人)の選定と公証手続き
  7. 学生ビザ申請
  8. カナダ渡航
  9. 入学登録・英語レベルチェック
  10. 全体のオリエンテーション
  11. 学校でのオリエンテーション
  12. 入学

詳しくは、次の記事をご覧ください。

カナダ高校留学サポートサービス

カナダ留学コンパスでは、高校生でも安心してカナダに渡航し、現地での生活を最大限ご満足いただけるよう高校留学専門のサポートサービスをご提供しております。 渡航前の個別カウンセリングから入国のご準備、渡航後の現地案内や学校生活でのサポートをしております。 高校留学サポートサービスについては次の記事をご覧ください。

まとめ

高校生からカナダに留学することで、その後の人生の選択肢は無限に広がります。 進学先も、就職先も、結婚相手も全てがガラッと変わってしまうかも知れません。 留学してからの10年後は、日本にずっととどまっていた場合とは全然違ったものになるはずです。 留学から帰って、「日本サイコー!」と日本にどっぷりと浸かる人もいますが、その場合でも、日本の良さを再発見するきっかけとしてして、留学に意味はありますよ♪ 何から決めていいか分からないと思いますが、「カナダに留学したい」と思ったら、その気持ちを大切にして、まずは気軽にご相談ください。

カテゴリ「カナダの高校留学」の記事一覧

高校留学サポートサービスについて

世界でトップクラスの教育レベルを誇り、高校生の留学先としても人気が高いカナダ。 カナダの学校は国際色豊かで留学生でも居心地がよく、多様なコ… 続きを読む
RichmondHishschoolHowto

リッチモンド学区高校留学までの手順について

以前の記事で、カナダ高校留学のお勧めの学区として、リッチモンド学区をご紹介しました。 今回は、リッチモンド学区で実際に高校留学を始めた学生… 続きを読む
Burnaby School

バーナビー学区について(カナダ高校留学)

カナダ高校留学のお勧めの学区として、バーナビー学区をご紹介します。 その前に、カナダ高校留学についての一般的な情報が知りたい!という方は、… 続きを読む
Coquitlam

コキットラム学区について(カナダ高校留学)

カナダ高校留学のお勧めの学区として、コキットラム学区をご紹介します。 その前に、カナダ高校留学についての一般的な情報が知りたい!という方は… 続きを読む
Surrey High School

サレー学区について(カナダ高校留学)

カナダ高校留学のお勧めの学区として、サレー学区をご紹介します。 その前に、カナダ高校留学についての一般的な情報が知りたい!という方は、まず… 続きを読む
Richmond Highschool

リッチモンド学区について(カナダ高校留学)

カナダ高校留学のお勧めの学区として、リッチモンド学区をご紹介します。 その前に、カナダ高校留学についての一般的な情報が知りたい!という方は… 続きを読む
カナダ留学コンパス

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!