【保存版】カナダ留学をしたい方に頻繁に受ける質問とその回答まとめ

弊社、カナダ留学コンパスでは、「カナダへの留学」を希望する方へのお手伝いをさせていただいております。

そして、カナダ留学を考えている方からは、留学に失敗したくないという気持ちから、毎日たくさんの質問が届くのです

ところが、その質問の内容というのは意外と偏っているという現状があります。

そこで今回は、カナダ留学を考えている人から頻繁に受ける質問と回答をまとめました。

これを読めば、カナダ留学への不安はすべて解決するので、ぜひブックマークに入れておいてください!

カナダに関する質問

まずはカナダに関するよくある質問です。

 バンクーバーやトロントは日本人が多い?

まずは、「バンクーバーやトロントには日本人が多いと聞いたのですが……」という質問です。

これは毎日耳にするほどよく聞かれる質問ですね!

はっきり言いますが、日本人は少ないです。人口比でいうと1%もいませんので!

ただし、渋谷で黒人に出会う割合程度で日本人には遭遇うするかもしれません。でも、その程度です。

ただ、一部の学校密集エリアの昼休みという限られた条件では、日本人ばかりという環境は発生しえます

くわしくは「バンクーバーは日本人が多い」という情報は本当なの? という記事をご覧ください。

留学エージェントに関する質問

そして、留学エージェントに関する質問です。

 留学エージェントにお願いする必要はあるの?

そもそもですが「留学エージェントにお願いする必要はあるの?」という質問です。

実際に直接的に聞かれることはほぼありませんが、「留学エージェントにお願いしたら良いことあるの?」という質問は必ず浮かびますよね?

留学への手続きは、想像している以上に困難です。こんな大変さがあります。

  • 情報収集が大変
  • カナダの学校とのやりとりが大変
  • このやり方で合っているのか?という不安

これらを代わりにやってもらえるというメリットはかなり大きいと思います。

そして、もし「お金がないからエージェントに頼まない」と思っていましたら、考えは改めていただきたいです。

カナダ留学コンパスなら、ほとんどのサービスは無料で受けられますので。詳しくは次の質問でお答えします!

 留学紹介サービスが無料って怪しくない?

弊社ことカナダ留学コンパスではほぼすべてのサービスを無料で提供しております

これは利用される方にとってはうれしいことであるハズですが、あまりにも「美味しい話」なのでこんな疑いをかけられることがあります。

無料って怪しくない?
なんかあるんじゃないの?

大丈夫です(笑)。信じてください!

末永

……と言うと、逆に怪しく見えますが(笑)。

簡単に言うと、学校側が生徒を確保するコストを抑えるため、手続きを代行する我々のような「留学エージェントという名の営業所(代理店)」に代行してもらっています。

そして留学エージェントが学生を紹介したら、学校側が留学エージェントに紹介料を支払う……という形でエージェントは利益を得ているんです!

このような仕組みのため、お客様から余計なサービス料を受け取ることなく無料で留学サービスが提供できます

詳しい説明はカナダ留学コンパスのサービスが「無料」である理由をご覧ください。「なるほど!」と言っていただけると思います♪

 留学エージェントってどうやって選べばいいの?

そして、「留学エージェントってどうやって選べばいいの?」という質問です。

私どもがその「留学エージェント」ですので、直接聞かれませんが、きっと思っていらっしゃいますよね?(笑)

もちろん弊社「カナダ留学コンパス」にお任せいただきたいのですが、客観的に留学エージェントを選ぶポイントも記事にしています。

これを見て、もし弊社のことを「大丈夫そう!」と思っていただければぜひご相談くださいね。

学校選びに関する質問

そして、カナダでの学校選びに関するよくある質問です。

 日本人のいない学校に行きたいのですが?

カナダに留学することを想像して、「英語を本気でやりたいから日本人のいない学校がいい!」と思っている方が多いです。

その心意気は素晴らしいのですが、そういう学校に行き、留学を失敗する方がたくさんいるのです。

日本人のいない環境を選ぶとなぜ留学に失敗するのかというと、こういうことです。

  1. 日本人がいない場所に留学
  2. 周りに頼れる人ができない
  3. 日本語で相談できずストレスがたまる
  4. 留学に失敗し帰国

こちらに関しては「日本人のいない学校」に留学することが留学成功の秘訣なの?という記事にくわしく書いていますのでご参考に!

 なぜ大都市の学校ばかり紹介するの?

そして「留学エージェントはなぜ大都市の学校ばかり紹介するの?」という質問です。

やたらとバンクーバーやトロントの学校ばかりを紹介されると「なにか裏があるんじゃないの?」と思われるお気持ち、すごくわかります。

大都市には人が集まるという特性があるため、学校がたくさんできます。それゆえに競争も激しくなり、質の良い学校しか生き残れなくなるからです。

これに関しては留学エージェントが大都市の学校ばかりを紹介する理由という記事にまとめています。

ホームステイに関する質問

そして、ホームスティに関するよくある質問についてまとめます。

 ホームステイ先は選べますか?

ホームステイ先は選べません

事前にいただいたリクエストを元に、そのときに空いているホームステイ先が紹介されます。

ホテルとは異なりますので、自分の希望通りではなかったり、環境に満足できないこともあるかもしれません。

他の人に比べると食事がまずかったり、ホストがそっけなかったりすることもあります。

 ホームステイ先の家族と週末も遊べますか?

「週末になればホームステイ先の家族がどこかに連れて行ってくれる」というのは実はドラマの世界の話で、遊べないことのほうが多いでしょう。

ホームステイ先はホテルではないので、留学生受け入れ時も日常の生活を行っております

そのため、休日になれば教会に行ったり、子供のサッカーを見に行ったりするごく普通の家庭が多いです。

ホームステイ先と積極的に関わり、仲良くなってホストが誘ってくれる場合は週末も一緒に遊べることもありますが、ほとんどのケースはそういったことはないです。

あなたにとってはホームステイは一度しかない経験ですが、ホストにとっては毎月発生する日常だったりします。

 ホームステイ先はどんな家庭が多いですか?

ホームステイ先の家庭は、100家族あれば100通りです。

国籍も、宗教もバラバラ、人種もバラバラです。

そして「富裕層の白人家庭の大豪邸で小さい子供が2人いて大型犬を飼っている家庭」というのはありえません。

家のローンを返すために「空いている部屋」を留学生に貸しているというケースが多いです。

 ホームステイ先が決まるのはいつですか?

ホームステイ先が決定するのは、じつは渡航の1週間くらい前なのです。

「なぜ前もって決まらないの?」と思われるかもしれませんが、ホテルとは違うからです。

ほとんどのケースでは、すでに他の留学生がホームステイ先にいて、その生徒が退出したあとの部屋に住むことになります。

滞在している留学生は自分の都合で退出日を決めるので、ホームステイ先が確定するの直前になることが多いというわけです。

 はじめはホームステイと寮・ルームシェアはどちらがいいですか?

留学というのは、全く土地勘のない場所で、かつ日本語の通じない場所で住むことです。

すぐに一人暮らしを出来る自信がある場合は寮やルームシェアでも良いですが、はじめはホームステイのほうが無難でしょう。

ホームステイの場合、到着すぐに食事の準備があり、炊事・洗濯・掃除などをする必要がないので、到着後すぐにベットでくつろぐことが出来ます。

ルームシェアや寮の場合、その日から食事の準備が必要となりますよね。1回の外食で10ドル以上するので、それも厳しいです。

逆に、ホームステイは到着してみないとわからないトラブルの可能性もあります。

それらのリスクを考えて、ある程度の品質は保証されている安価なホームステイをはじめは選ぶほうがベターでしょう

 ホストが話しかけてくれないんですが……

ホームステイ先はホテルでも民宿でもなく、居候(いそうろう)の扱いに近いと考えてください。

ホストが積極的に英語の先生のように話しかけてくることはめったになく、自分の生活で精一杯です。

話をしたい場合は相手の様子を見て、積極的に自分から話しかけてみてください

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る