カナダのホームステイのメリット・デメリットとは?

海外留学でよく聞く「ホームステイ」。ではこのホームステイについてどんなイメージをお持ちですか?

たとえばこんなイメージがあるのではないでしょうか。

  • ホストファミリーの家に泊めてもらう
  • 現地の人と生活できるので英語がうまくなる
  • ホストファミリーと温かい家族のやり取りの中で生活できる
  • ホームステイの食事が合わない人がいる
  • ホームステイでトラブルになったりする

でも、「ホームステイって本当のところはどうなのよ?」と思っている方も多いハズ。

今回は「ホームステイ」についての情報を実際にやった人の体験としてまとめました。
ホームステイをするべきか迷っている方の後押しになればうれしいです。

ホームステイの事前知識

まずは「ホームステイ」をするための事前知識を身につけましょう。

ホームステイとは?

そもそも、「ホームステイ」の定義な何でしょうか?

簡単に言うと「現地のホストファミリー(ホームステイ先の家族)の家に滞在して、そこで一緒に生活する」ことです。

現地の人で「ホームステイを受け入れている方」がいて、成り立っています。
現地のホストファミリーの家で部屋を貸してもらい、寝食をともにします。
ホームステイ先の家族構成もさまざまです。

  • 子どものいる家庭
  • 夫婦だけの家庭
  • ペットを飼っている家庭

……などです。

ホストファミリーと共に過ごし、その家庭のことを知り、その家庭の中で生活をしていくこと。それがホームステイの醍醐味でしょう。

では、ホームステイのメリットとデメリットについてまとめます。

ホームステイのメリット

まずはホームステイのメリットから紹介します。

【1】費用を安く抑えられる

なんといってもホームステイのメリットは費用を安く抑えられること。

シェアハウスやルームシェアに1ヶ月間滞在するとなると、家賃だけでも600ドル以上かかってしまいます。
ホームステイであれば食事もついて、面倒まで見てくれます。

3食ついて1ヶ月1,000ドルもかからないところも多く、最初の滞在先としてはかなりオススメです。

【2】ホームステイには食事がついている

ホームステイ中は朝食、昼食、夕食の3食をホームステイ先が用意してくれます。

たとえば、カナダに到着した日を想像してみてください。
いきなり、現地カナダのスーパーに買物に行く。調味料や食材を買う。使い方もよくわからない調理器具を使ってご飯を作る……なんて想像するだけでも大変そうです。
「じゃあ外食すればいいよね?」と思いそうですが、バンクーバーでの外食は日本と比べると割高です。
その点、ホームステイであれば、食事を作ってもらえるだけでなく、食費を安く抑えることもできるというわけですね!

ちなみに洗濯もしてくれるところも多いのもうれしいですね。

【3】物件の安全さ・きれいさが保たれている

日本にいるとあまり想像がつきませんが、シェアハウスやルームシェアは、住んでいる人によって、清潔さに欠ける物件があります
私は、実際にブラジル人とシェアをした経験があのですが、その同居人は、使った食器は基本的に「放置」でした。
そうなると、虫もわきますし、なにより見た目が汚いですよね(思い出したくもありません……)。

その点、ホームステイ先だと、台所やお風呂などの「共有スペース」はホームステイファミリーが掃除をしてくれますし、自分の部屋も綺麗さを保てます。

部屋がきれいなことって実はすごく大切です。

【4】生の英語で会話ができる

語学学校に通い始めると気づくことですが、実はきちんとした英語に触れる機会はあまり多くありません
どういうことかというと、英語で会話をする相手が限られるからです。たとえば、英語を話すネイティブの人って、こんな人ぐらいなのです。

  • 語学学校の先生
  • 立ち寄った店の店員さん

せっかく留学するのなら、生活の中をできる限り英語に染めてしまいたいところ。

その点、ホームステイでは英語を使って思う存分会話ができます
私が滞在したホストファミリーは、高校生の息子さんがいましたが、その息子さんとたくさん会話をしていました。
相手も英語がわからない私に対して、わかりやすい言葉で話してくれたので、かなり英語の勉強になりました。

こんなふうにまとめてみると、いかにホームステイが得られるメリットと照らし合わせてもお得か……がおわかりだと思います。

ホームステイのデメリット

では、お次はホームステイのデメリットについてまとめます。

【1】食事が合わない

よく耳にするのが、食事が合わないという話。
海外の方との共同生活なので仕方がないのですが、ご飯が合わないということは可能性として考えられますよね。

ただ、こういった状況になる原因は、そのホームステイ先が、ホームステイ受け入れを始めて間もないということも考えられます。

知っておいてほしいのですが、生徒様のことを考えているホームステイ先は、できるだけ食事に気を使って用意をしてくれます
それでも、合わない場合は、率直にホストファミリーに伝えることで改善をしてくれます。ぜひ勇気を出して伝えてみてください。
これこそが生きたコミュニケーションですので。

【2】ホームステイ先のルールが厳しい

ホームステイ中はそのファミリーのルールに基づいて生活しなければなりません

例えば、学校の友達と遊んで夜遅く帰宅したとします。そんなとき、家庭によっては食事を残しておいてくれなかったりします。
一家団欒する時間は10時まで……のように、家庭によって違うルールの中で生活をする必要があります。
ただ、留学生が好き勝手してしまうと、世話をする責任を持っているホストファミリーも困ってしまいますので、仕方ない部分でもありますよね。
もしどうしても自分のスタンスと合わないと思うことがあれば、まずはホストファミリーに相談してみましょう。
その他にも「なんか、ホストファミリーと合わないなぁ……」というように、人間的な部分で合わないと感じる方もいるようですが、これは人間と人間なので、どうしても合わない場合もあると思います。

ホームステイ以外の滞在方法との比較

では、逆にホームステイ以外の滞在方法ってどんなものがあるのでしょうか?
ホームステイ以外の滞在方法と、そのメリット・デメリットをまとめます。

【1】学生寮

「学生寮」とは学校が提供する住居です。
寮、というと、3-4階建ての建物を想像する方も多いですが、実際にはホームステイと同じ一軒家の空き部屋を貸すだけだったりすることもあります。
ホームステイとは異なり、ホストファミリーもいなければ、食事もすべて自分で用意することになります。

学校が提供しているので、自分で探すという手間は省けます
とはいえ、学生寮を持っている学校は少なく、それぞれの都市にも数えるほどしかありません。

そのため特に夏の時期などは人気が集中して、すでに満室ということもよくあります。
また、現地に着いた初日から食事は自分で作る必要があるのも、けっこうつらいですよね。

【2】ホテル

ホテル住まいは、寮と違い食事もついてきますし、夏の時期に部屋もたくさんあるので満室になることもありません。
ただ、ダウンタウンなどにあるホテルですとどうしても高くなってしまうため、出費が多くなってしまいます。

郊外にあるホテルでも食事代を含めれば、高くなってしまい、長期滞在は難しいです。
資金がある方はホテルでの滞在も良いかも知れませんが、できるだけ費用を抑えて留学したい方は現実的ではないですね。

【3】シェアハウス / ルームシェア

ネットのある今の時代ですので、渡航前から日本でシェアハウスルームシェアを探す方もいらっしゃいます。

……が、この方法は実はかなりリスキーと言えます。

私の知り合いがこの方法をとったのですが、行ってみた結果、ネット上の写真ではきれいだったにも関わらず、実際は小さい虫がたくさんいるような汚い家だったそうです。
ちなみに、カナダには「ベッドバグ」という布団に住み着いて人間の血を吸うダニがいて、刺されると、全身とんでもなく腫れ上がり、しばらく寝ることができません。

また、直接対面をしていないので、詐欺や勘違いなども多く発生します。 いままでも、お金を払ったのに、そもそもその部屋がなかったケース、別人が住んでいたケース、
ルームメイトが女性だと思ったら男性だった、同居人が普通の人ではなかったケースなどがあります。
数十時間もかけてようやくカナダに到着、部屋で一息つきたいのに、こういった状態であったらどうしますか? 到着してそのことに気づいても、他に行くところもなく数日間は我慢しないといけないし、
代わりの部屋を探すのも簡単ではないでしょう。 結局1万、2万円節約しようとして、もっとコストがかかってしまうことになるかもしれません。

シェアハウスやルームシェアは、現地に慣れてきて、ホームステイを出た後の滞在先として選部のがベストです。
実際に自分で下見に行き、何部屋化を見て回って吟味したうえで決めれば上記のようなことで発生するストレスはなくなるでしょう。
語学学校で仲良くなった友達と一緒にシェアハウスなどで住むほうなどすれば、もっと楽しく生活できるかもしれません。

実際にカナダでシェアハウスを見つける方法については下記記事をご参考に。

まとめ

以上がカナダのホームステイの実態です。

当り前ですが、ホームステイはメリットもデメリットもあるものです。

しかし、留学生、特にカナダが初めての留学生にとっては、安心安全で生活ができる場所ですので、他の滞在先などとも比較、ご検討してみてくださいね。

ブログ一覧に戻る