コープビザ(Co-op)について

「Co-op(コープ)」というのは聞きなれない言葉ですが、簡単にいうと「留学とセットで受講するインターンシップ」のことです。

今回はカナダの「Co-op(コープ)ビザ」とは何なのかについて徹底的に専門家が解説いたします。

カナダのコープビザ(Co-op)について

Coop(コープ)ビザは正式には「Coop(コープ)ワークパーミット」という名前です。

就労ビザ」の一つだと思われることが多いですが、実際には学生ビザの付属として追加で取るビザです。

つまり、カナダ滞在ステータスは学生になります。

「コープビザ」はインターンシップ・プログラム

「Co-op(コープ)」とは、留学中に受講可能な「インターンシップ(就労体験)プログラム」のことです。

つまり、大学に行きながら、企業で「研修」として働くというものですね。

Co-op(コープ)ビザで何ができるの?

Coop(コープ)ビザを取ると、学生ビザで認められる通常の週20時間の就労に加え、Coop(コープ)で週20時間働けるので、合計週40時間、フルタイムで働くことが出来ます。

カナダでの就職につながるチャンス!

Coop(コープ)でフルタイムで働くことは、留学中に収入を得ることはもちろん、学校紹介により自分で求職するよりレベルの高い会社で働ける可能性があります。

また、Coop(コープ)期間中、学校のサポートが得られるので、通常のアルバイトよりも中身の濃い就労経験を積むことができます。

カナダの雇用は、日本の様な新卒一括採用の慣行は一切なく、パートタイムのアルバイトから始めた人が、働きぶりを認められてフルタイム契約(日本の様な、正規社員、非正規社員という区分はほとんどありません)を得ることは珍しくありません。

Coop(コープ)で働くことは、カナダでの就職につながるだけでなく、日本に帰って就職活動をする際にも強力なアピール材料になります。

コープビザで滞在できる期間

カナダでは、高校卒業者向け教育のことを「ポスト・セカンダリー・エデュケーション」呼んでいて、州ごとにルールが異なります。

例えば、ブリティッシュ・コロンビア州では、Co-op(コープ)は有給でなければいけないと定めていますが、オンタリオ州では、Co-op(コープ)が無給の場合があります。

また、ブリティッシュ・コロンビア州の場合、Co-op(コープ)の期間はプログラム全体の50%まで、と定められています。

つまり、ブリティッシュ・コロンビア州の場合はトータル1年のプログラムだったら最大6か月トータル2年のプログラムだったら最大1年Co-op(コープ)をすることができるということです。

カナダのCo-op(コープ)ビザを取得する方法は?

では、Co-op(コープ)ビザを取得するには、具体的にどうすればよいのでしょうか?他のビザに比べてとっても簡単です。

Co-op(コープ)ビザの申請方法

Co-op(コープ)ビザの申請は、こちらの2つから選択できます。

  • オンライン申請
  • 郵送申請

オンライン申請の方が簡単で便利なので、特別な理由があってオンライン申請を使えない場合以外、オンラインで申請することをおすすめします。

申請方法は、ざっくりと書くとこちらのとおりです。

  1. オンラインで質問項目に答えていく
  2. Co-op(コープ)ビザ申請の画面に進む
  3. その画面で指定される添付書類をアップロード

Co-op(コープ)ビザ申請の費用

Co-op(コープ)ビザの申請費用は無料です。嬉しいですね。

Co-op(コープ)ビザの申請は簡単な手続きですが、カナダ留学コンパスに申請代行を依頼していただくことも可能ですよ。

添付書類

学生ビザ申請のための添付書類は、パスポートのコピーや証明写真のほかに、以下の書類が必要です。

Co-op(コープ)レター(Co-op Letter)

Co-op(コープ)レター(Co-op Letter)は、カナダの学校が、Co-op(コープ)が学生がプログラムを修了するために必要なことを証明する書類です。

学校の種類によって、入学許可証(Letter of Acceptance)とCo-op(コープ)レターを同時に発行する場合と、入学後、Co-op(コープ)が始まる前にCo-op(コープ)レターを発行する場合に分かれます。

まとめ

Coop(コープ)でフルタイムで働くことは、留学中に収入を得ることはもちろん、学校紹介により自分で求職するよりレベルの高い会社で働ける可能性があります。

Coop(コープ)はカナダでの就労経験を積み、留学後の就職につながる貴重な機会です。留学中、学ぶ経験だけでなく、学んだことをカナダの実社会で活かしたい、そして収入も得たいという方は、ぜひCoop(コープ)にチャレンジしてみてください。

詳しくは、カナダ留学コンパスにご相談ください。様々な学校が提供するさらに様々なプログラムの中から、最適なプログラムをご提案します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る