【カナダ留学体験レッスン】Canadian College(カナディアンカレッジ)国際貿易CO-OPディプロマコース

働きながら学べる、仕事を探すうえで実践的な知識を学べる、など人気のコープ(CO-OP)ですが、想像できないことも多いと思います。

例えば、

  • 実際の授業はどんな様子なのか
  • どんなことを学ぶの?
  • 課題や宿題は多いの?
  • 授業についていけるか心配

そこで、みなさんの学校選びの参考になるように、様々な学校の体験授業を受けてきました。

私が実際に授業を体験して感じたことなどをお伝えしますね!

Canadian College

今回、体験授業に参加した学校は「Canadian College(カナディアンカレッジ)」です。

一般英語を学ぶCCEL (Canadian College of English Language)と同じ校舎で語学学校(ESL)とカレッジの授業を行っています。

語学学校は朝から夕方ですが、カレッジのスケジュールはフレキシブルです。

クラス割はその時々の生徒数に応じて学校側が調整しているそうです。

また生徒も大学のようにコマで授業を取っていく形で、スケジュールを組んでいくので語学学校の授業の隣の教室でカレッジの授業を受けるということもあるようです。

そのため自由時間に生徒さん同士で交流が生まれ、カレッジに進学した先輩の話が聞けることもあるとか。

カレッジ進学予定の生徒さんは心の準備ができますし、その予定がない方も刺激になリそうですよね!

学校の情報は下記をご覧ください。

参加したコース・クラスについて

今回体験した授業はこちらです。

参加したコース・クラスについて
参加コース 国際貿易CO-OPディプロマ 24ヶ月
(INTERNATIONAL TRADE & CO-OP DIPLOMA)
コース期間 授業6ヶ月+Co-op 6ヶ月+授業3ヶ月+Co-op 6ヶ月+授業3ヶ月=計24ヶ月
(3ヶ月ごとにバケーション1週間が含まれます。入学日:3ヶ月に1回)
参加クラス 国際貿易会計(International Trade Finance)
授業形式 対面形式
体験した日 2021年10月19日(火) 18:00-22:00

コロナの影響でオンライン授業が開催されていましたが、2021年10月11日から全面対面授業が再開されました!

実際にクラスメイトと顔を合わせられるのは嬉しいですね!!

校内のカフェも同時にオープンしたそうで、校内に活気が戻ってきたとのことです!

CC 校内カフェ

コロナ対策としては、校内マスク着用、消毒、ソーシャルディスタンスを保つために人数に応じて教室のサイズを変えるなどの対策が取られていました。

コロナ対策サニタイザー

コロナで対面授業ができない間に床の張替えや教室の壁を取り払ってパーテーションにするなどのリノベーションをしたそうで、とてもモダンで綺麗な学校でした!

それではそれぞれを詳しくお話ししていきますね。

コースについて(国際貿易CO-OPディプロマコース)

Canadian College で今回体験してきたのはこちらの4つのコース

  • ビジネスマネージメントCO-OPサティフィケート 12ヶ月/ディプロマ18ヶ月
    (BUSINESS MANAGEMENT & CO-OP CERTIFICATE/DIPLOMA)
  • ホスピタリティマネージメントCO-OPサティフィケート 12ヶ月/ディプロマ24ヶ月
    (HOSPITALITY MANAGEMENT & CO-OP CERTIFICATE/DIPLOMA)
  • ソーシャルメディアマーケティング 24ヶ月
    (SOCIAL MEDIA MARKETING & CO-OP DIPLOMA)
  • 国際貿易CO-OPディプロマ 24ヶ月
    (INTERNATIONAL TRADE & CO-OP DIPLOMA)

今回はこの中の「国際貿易サービス」コースについてお伝えします!

計1年間のCo-op期間を含む2年のコースです。

クラスについて
(国際貿易ファイナンス)

受講したのは「国際貿易ファイナンス(International Trade Finance)」クラス。
ファイナンスの基礎から関税など貿易に関わるお金の流れや考え方を学びます。

一般的な会計の基礎知識から丁寧に教えてくれるので、これまで会計を勉強したことがない学生でも問題ありません。

円滑な国際取引を可能にするための方法を学ぶので、国際的に使われている指標も使えるようになりますし、広い視野でお金の流れを分析する視点を身につけることができます。

具体的には、価格や支払い設定法、リスク軽減戦略、金融ツールの利用法、契約、および効果的な資金管理などです。
論争が発生した場合に解決するためのテクニックと計画についてもカバーされます。

ビジネスの基本であるお金のことを包括的に学べるので、貿易に限らず幅広く役立ちますね。

人数と国籍バランス

私が参加したクラスの人数と国籍バランスは下記で、全員で14人でした。

  • 日本人:9人
  • その他アジア系の方:1人
  • その他の地域の方:4人(欧米、サウジアラビア)

コロナ渦ではありますが、語学学校では140名、カレッジでは今生徒が300名ほどいるそうです。
Canadian College は公立大学への編入プログラムもある学校なので、時々カナディアンの生徒もいるそうですよ。

コロナの影響で日本人の割合は高めになってしまいますが、今月から色んな国の国境が開きだしたので、徐々に以前のバランスに戻ってきているようです。

注意事項

学校のパンフレットなどで、国籍比率や年齢層など情報があるかもしれませんが、コロナウイルス拡大の関係で人数の変動や、国籍の偏りがある場合があるのでご了承ください。写真は新型コロナウイルスの流行禍のものになります。

また授業スケジュールなどは記事作成時のもので、変更になる可能性もございます。

生徒の様子

基本的にはレクチャー形式(大学の講義のように先生の講義を聞く形)なので生徒さんは静かに聞いていました。

熱心にメモを取り、わからない所があればその都度質問するなど、皆さん真剣に授業を受けられているな、という印象でした。

先生もこまめに生徒に質問したり、会話するように話してくれるので発言が自由にできる雰囲気でした。

実際の授業の流れ

前回のポイントの復習から入ります。

語学学校であるCCELも含め、Canadian Collegeでは、独自に開発したSMARTというデジタル教科書を使っています。

デジタルなので改変がしやすい点が魅力で、その時に応じた時事ネタを取り入れることが可能です。
この教科書のステップ通りに先生がホワイトボードを用いて説明してくれます。

2時間ほど授業を聞いた後課題が出るので、復習と理解度の確認をします。

会計の授業ということもあり、グループワークはありませんでした。

講義

まずは授業を聞いて学びます。

本日のテーマは大きく分けて2つ。
価格設定ファイナンシャルリスク及びリスクヘッジについてでした。

教科書でいうと第2-3章だったので貿易に関わる専門的な内容を学ぶ前の、ファイナンス全般の基礎知識を身につける内容でした。

しかし、その基礎知識が実際の貿易にどうかかわってくるのか、という視点からも教えてくれるので、クラスが進むにつれ専門的な内容が増えた時スムーズにリンクさせることが出来そうです。

まずは価格設定について。
商品の価格を決める際の様々な戦略を学びます。

これだけコストがかかるからこの値段にしよう、という決め方もありますし競合他社が似たような製品をこの値段で売っているから、と市場価格をもとに決める場合もあります。

他にも、野菜のように日々価格が変動する場合と一度決めた値段を固定する場合があります。

固定価格の例として、

「ビッグマックは季節によって値段が変わったりしないよね?」
「カフェでコーヒーを頼んだら大体どのくらいになるか見当がつくよね?」

と、身近な例を挙げて説明してくれたのでとても分かりやすかったです。

さらに貿易では関税や、輸入規制など国内市場を守るための法律などの問題も考える必要があります。

金融系は専門用語が多いですが、説明する際には難しい言葉は一切使わず誰でもわかるように話してくれるので理解に困ることはありませんでした。

次はリスクとリスクヘッジについての章でした。
難しそうな内容ですが、皆さんがとっつきやすい話から入ってくれます。

「例えば高級ブランドのスーツを着てスーパーカーで銀行に行ったとしよう。
銀行はすぐにお金を貸してくれる?そんなことはないよね。

外見がどうでも銀行はその人の資産状況をチェックしてからでないと融資はしないはず。
このチェック作業がファイナンシャルリスクヘッジだよ!

具体的に銀行はどんな審査をすると思う?」

というふうに、皆さんがイメージできるような導入をしてくれました。

講義の間には為替・GDP・キャッシュフローなどの話もあり、金融に全くかかわったことがない人でも全体像が理解できるようになっていました。

課題

レクチャー終了後クラス内で課題が出されます。
一人ひとり自分のパソコンで回答する形式です。

今習ったことをすぐテストできるのでインプットが容易になり、テストの形にもどんどん慣れていきます。

また、間違えたところや回答に迷ったところに絞って復習することができるので、非常に効率的だと感じました。

宿題・テスト

ターム(学期)の最後に期末テストがありますが、このクラスでは公立学校と同じものを使っているそうです。Canadian College が多くの公立大学への編入が認められている準公立カレッジなので生徒の中には編入や進学を目指している方もいます。

そういった生徒たちは試験の形式に慣れることができますし、他の生徒も自信がつきそうですね!

クラス内で毎回復習テストをするので、毎回宿題を家に持ち帰るのではなく、テストの結果を受け各自復習・予習をする形です。

講師について

講師の方は17年この分野で教えている超ベテラン
本もたくさん出版しているそうです。

今回のクラスはレクチャー形式のみでしたが、話の構成がとても整理されていてすっと頭に入ってきました。

4時間のクラスは長いと思いますが、実際に受けてみると長時間には感じませんでした。

多くの専門用語も学びますが、難しい言葉は一切使わず説明してくれます!

頭に詰め込むのではなく、1つずつ理解しながら進めていく印象でした。

まとめ

今回は、「Canadian College(カナディアンカレッジ)」という学校の国際貿易ファイナンスの授業を体験しました。

貿易ファイナンスと聞くと難しそうですが、基礎からしっかり学べます。

ひたすら数字や図形と格闘すると思われるかもしれませんがむしろ、一般的な知識を確認しながら包括的な考え方を学びます。

例えばGDP は普通に耳にする用語ですが、「GDPって実際何を表す指標?」と聞かれると瞬時に説明できなかったりしませんか?

そういった、日常的に耳にしてはいるけれど、ざっくりとしか理解していないことをきちんと理解し、ビジネスに応用できる力を身につけます。

授業はとにかく分かりやすいです。

また、その日に学んだ知識を即テストし復習するので、自分の理解度が常に把握できます
予習・復習も効率的にできますね。

何か理解できないことや混乱することがあれば、先生に気軽に質問できます。
しっかりサポートしてくれますよ。

「貿易系」のコースが取れる学校はいくつかありますが、それぞれの学校によってテキストや授業の進め方など異なりますし、テストの頻度や宿題の量だって違います

ぜひ、みなさんの学校・コース選びの参考にしてみてくださいね!

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!