大学生の休学留学なら「インターン」がおすすめ

大学生で「休学留学」をする方が増えています!

春休みや夏休み期間内に収まる短期留学とは違い、休学留学は半年~2年ほどしっかりと現地で生活できるのが魅力です。

だからこそ、留学期間中を最大限に活用するためにどんな留学プランが良いか迷いますよね。

今回は、大学生の休学留学でできることと、特におすすめの「インターン留学」をご紹介いたします!

大学生の休学留学のメリット・デメリット

まずは、大学生が休学留学をするメリットとデメリットを解説します。

休学留学のメリット

まずはメリットをご紹介いたします!

 英語力が身につく

これから英語を使う仕事に就きたい大学生にとって留学は英語力を強化する抜群のタイミングです。

学校の中だけではなく普段の生活すべてが英語になる留学では、英語を使うしかありません。

さらに、カナダの公用語は英語(とフランス語)で、アメリカ英語とも発音やアクセントが非常に近いため、日本人に馴染みやすいのが特徴です(日本人が義務教育で学ぶ英語はアメリカ英語がベースです)。

英語が使えるようになれば就職でも使えるようになりますし、より多くの人とコミュニケーションが取れるようになります。

英語の資格を取得して就活に活かす大学生も多いですよ。

社会人になる前にたっぷりと時間が取れる

大学生が留学する最大のメリットは「たっぷりと留学に時間が取れる」です。

一度社会人になってしまうと、なかなか長期休暇は取りにくくなりますよね。

社会人が半年~1年の留学をしようと思うと、一度退職が必要となる可能性が高いです。

特に日本では年齢が上がるほど転職が難しく、「退職のリスクを考えて留学を諦める」社会人もいます。

それに比べて、大学生であれば一年間休学、場合によっては二年間休学しても就職に大きな影響はありません。

むしろ充実した留学を経験することで就活にプラスになりますので、大学生のうちに留学するのは大きなメリットです。

就職活動でまわりに差をつけられる

大学生が留学するもうひとつの大きなメリットは「就職活動に活かせる」です。

就職活動で重要なのは自己アピールですが、一般的な大学生が経験する「学業」「アルバイト」「サークル」のみで際立つアピールをするのは簡単ではありませんよね。

そこで「海外留学」です!

  • なぜ留学をしようと思ったか
  • どのような発見があったか
  • どんな失敗や挫折を経験したか
  • その困難をどう乗り越えたか

このような具体的な体験談は就職活動でも魅力的なトピックとなり、活用次第では大きなアピールとなります。

若いうちにチャレンジできる

最後に、大学生のうちに留学するメリットはなんと言っても「成長」です。

海外留学中は日本では経験できないようなことが、良いことも悪いことも起きます。

自ら考え行動することで大きく成長できます。

英語を使って生活する、海外でひとり暮らしをする、留学生の友達を作る、現地でアルバイトをする…どれも日本では経験できないことばかりです。

それを大学生という若いうちに経験できるのは、今後の人生で大きな資産となることでしょう。

休学留学のデメリット

続いて、休学留学のデメリットをご紹介いたします。

費用がかかる

大学生にとって留学の大きな壁は「費用」です。

自分でアルバイトをして貯めたお金で留学する方もいれば、家族に支援してもらう方もいますが、どちらにせよ留学にはある程度まとまったお金が必要になります。

留学にもっともお金がかかるのは下記です。

  • 学費
  • 滞在費
  • 食費とその他生活費
  • 航空券代
  • 医療保険

具体的な内訳と留学にかかる費用の目安はこちらをご覧ください。

カナダ留学に必要な予算目安

【期間別】カナダ留学にかかる費用一覧

もし予算について不安があるなら、現地で仕事ができるワーホリ留学インターン留学がおすすめです。

詳しくは後述します。

卒業の時期が遅れる

休学留学をすると、同級生よりも卒業の時期が遅れてしまいます

同級生が就職し人生の次のステップに入っている時期に、まだ卒業せず学生をしていることにプレッシャーを感じる方もいらっしゃいます。

また、以前は卒業時期がズレると就職活動時に「新卒」枠が使えなくなることもあり、休学留学はデメリットとして捉えられることもありました。

とは言え、現在では休学を経験した学生も同じように「新卒」として扱う企業がほとんどで、より柔軟なスケジュールで就職活動が進められるようになっています。

せっかくの貴重な休学期間を無駄にしないためにも、しっかりと計画をすることが重要です。

就職活動で不利になる可能性がある

大学生にとって留学は有意義な期間となる可能性が高いですが、場合によっては就職活動で不利になるケースもあります。

特に、事前にプランニングをせず留学してしまった場合、

  • 「何がしたいか考えているうちに留学期間が終わってしまった」
  • 「日本人と日本語ばかり話してしまって英語力が伸びなかった」
  • 「特に挑戦せず、簡単な道だけを選んで成長できなかった」

と、就活でのアピールに繋がらず後悔することも…。

また、企業によっては「留学=遊び」という印象が強く、休学留学に対してネガティブに思われることもあります。

せっかくの留学期間が無駄にならないよう、しっかりと目的をもってプランを決めるのが大学休学留学の成功の秘訣です。

あなたに合った「休学留学」はどれ?

大学生が休学して海外留学する場合、どんなプランの選択肢があるのでしょうか?

「休学留学」には大きく分けて3種類あります。

3種類の休学留学

  • 語学学校で英語力UP留学
  • ワーホリでリフレッシュ留学
  • インターンで就活強化留学

語学留学

留学と言ってまず浮かぶのが語学留学

現地の語学学校に通い、英語学習にたっぷりと時間を取りながら留学生同士の国際交流が楽しめるのが魅力です。

語学学校はたくさんのレベルに分かれているので初級者でも上級者でも充実した授業が受けられます。

数週間から一年以上まで、希望に合わせて就学期間を選べるのも語学留学の特徴です。

さらに、語学学校には豊富なアクティビティもあり、カナダらしいイベントが楽しめたり友達が作りやすい雰囲気があります。

カナダで英語を学びながら友達が作りたい!楽しみたい!という大学生には語学留学がおすすめです。

ワーホリ

留学中にしっかりと稼ぎたい大学生におすすめなのはワーキングホリデー(ワーホリ)

ワーホリとは、カナダで一年間自由に過ごせる特別なビザです。

観光に使ってもよいですし、語学学校に通ってもよいですし、一年間がっつり働くこともできます。

カナダのワーホリは一生に一度しか使えませんので計画的に使うようにしましょう!

また、大学生の多くはまだ実務経験が少ないため、ワーホリで渡航しても現地で働ける先が限られてしまいます。

場合によっては大学生の間はワーホリは使わず、社会人になるまで残していた方が良いケースもあります。

インターン留学

大学生の休学留学で人気急上昇中なのがインターン留学

なんと英語で専門的な分野を学びながら、その分野の現地企業でフルタイムで働けます!

特に人気なのが帰国後の就職活動に直結するビジネスやホスピタリティ分野。

それ以外にもデジタルマーケティング、IT、貿易など豊富なプログラムから選択できます。

さらに、働いた分だけお給料も出るので、留学中にも稼げる魅力満載のプログラムです。

帰国後の就職活動に活かしたい方にぴったりのプランです。

大学生にインターン留学がおすすめな理由

ここまでご紹介した通り、大学生の留学にはさまざまな選択肢があります。

その中でも大学生にもっともおすすめなのはインターン留学

大学生にインターン留学をおすすめする理由をご紹介いたします。

実践で使う英語力を身につけられる!

「せっかく留学するのに、現地で英語を勉強するだけでは物足りない」

英語はできて当たり前だと認識が広まってきている現在、教科書通りの英語が使えるだけで就職活動のアピールするのは簡単ではないですよね。

インターン留学なら、教室で学ぶ決まったフレーズだけではなく、実際の社会で使われるリアルな英語が身につけられるのが大きなメリットです!

オフィスワークのインターンであればビジネスの現場で使う英語、ホスピタリティ分野であれば接客に必要な英語を学びます。

それだけではなく、英語での求人情報の読み方、面接の仕方、英語での電話対応、フォーマルなメールの書き方など実践を通してどんどん練習できます。

就職前に本物の英語に触れて、社会人になってから活用できる英語を身につけましょう!

海外生活を通して自分を見つめ直す機会になる

就職活動では「自己分析」も重要ですが、インターン留学では自ら考え行動する機会が多いので自分を見つめなおす貴重な機会になります。

例えば、渡航前には自身のスキルと挑戦したい分野のバランスを考えながらプログラムを選びます。

さらに、限られたインターン期間を最大限に有効活用するために

  • 「自分の長所と短所はなにか?」
  • 「仕事探しではなにを優先するか?」
  • 「自分はどのようにして企業に貢献できるか?」

と、常に考えながらインターンに向けて準備をします。

今まで気付かなった自分の新たな面に気付けるかもしれません。

インターンの経験は就活に有利!

インターン留学は就職活動にも大変有利になります。

まず、海外留学経験がある大学生は多いですが、「海外で仕事経験がある大学生」はまだまだ少なく企業側の印象に残りやすくなります。

就職活動の面接ではいかに印象に残るかがカギとなるので、まだ珍しいインターン留学はアピールになります!

さらに、インターン留学は大学生にとって「本番(就活)の練習」としても役立ちます。

もちろんはじめからインターン探しが上手くいくわけではありません。履歴書を送ってもまったく反応がなかったり、面接で失敗することもあるでしょう。

そんなときは何がいけないのか原因を探り、履歴書を書き直したり面接対策をしたり…まさに就職活動でこれから行う流れを先に練習できるのがインターン留学のメリットです。

それだけではなく、インターンがはじまったら今度はミーティングに参加したり、英語で上司に報告をしたり、報告書を作成したり、英語で接客をしたりと一般的な大学生が日本「アルバイト」で経験する仕事内容とはひと味もふた味も違った仕事内容が経験できます。

このように、就職活動を控えた大学生にとってインターン留学はまわりよりも一歩先に進める貴重な経験となります!

大学生のインターン留学に必要なもの

では、大学生が休学してインターン留学をする際に必要なものはなんでしょうか?

英語力

カナダでインターンプログラムがあるカレッジ(専門学校)に入学するには一定の英語力が必要です。

それぞれの学校やプログラムによって入学条件は異なりますが、目安となる最低限の英語力はこちらです。

インターン留学に必要な英語力目安

TOEIC: 650以上

TOEFL: 45以上

IELTS: 5.0 以上

※注意※ プログラムによってはこれより高い条件を満たす必要があります。

もちろん難易度の高いプログラムに入学するにはそれだけ高い英語力が必要ですし、理想のインターン先を見つけるためにもできるだけ高い英語力があった方が良いでしょう。

もし英語力が足りない場合は事前に語学学校に通うのもおすすめです。

費用

次に必要なのが留学費用です。

インターンができるカレッジの学費は1年で約90~100万円、2年で140~150万円となっています。

学費以外にかかる費用はこちらです。

  • 生活費
  • 航空券代
  • 海外保険料
  • 通信料

半年、1年、2年など期間別にかかる費用の目安は下記をご覧ください。

インターン留学までの流れ

大学生がインターン留学をするにはまず何からはじめたらよいでしょうか?

留学までの流れをご紹介します!

①まずは無料相談!

「大学を休学してインターン留学がしたい!」

そう思ったらまずは無料相談にお申し込みください。

プロのカウンセラーが留学の目的や現在の英語力、ご予算など時間をかけてお伺いいたします。

希望する渡航時期の半年~1年前にご相談いただくのがおすすめです。

②カウンセリングでプラン決定

希望する留学の大枠が決まれば、次はより具体的なプランの計画です。

カナダ留学コンパスのカウンセリングは一度では終わりません。

複数回じっくりとお話しをしながら、すべてのプランのメリットデメリットを正直にお伝えしながら、総合的にベストなプランをご提案いたします。

希望の学校やプログラム、目標とするインターン先についても相談いたします。

英語条件を満たしているかチェックをするテストもありますよ!

③渡航の準備

プランが決まればいよいよ渡航の準備です。

カナダに入国するために必要な準備物、学校への提出物や留学生活に関するご相談など、安心して渡航できるようカウンセラーがサポートいたします。

大学への休学届も忘れずに提出しましょう。

④現地生活スタート!

無事カナダに入国したらいよいよ現地生活スタートです!

インターン留学ではまず一般の授業からスタートし、その分野で働くための知識を身につけます。

そしてプログラム後半になるといよいよインターンスタートです。

まとめ

大学生の休学留学におすすめのインターン留学

英語を学ぶだけではなく、現地で仕事の体験ができるので帰国後の就職活動に役立ちます。

休学留学をご検討中の方はぜひ無料相談をご利用ください!

目標やご予算に合わせてベストなプランをご提案いたします。

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!