PNPとは?州から移民推薦状をもらって永住権を取得しよう

古くから移民を積極的に受け入れて国を発展させてきたカナダでは、永住権を取得するために様々な方法を準備しています。

そのうちの一つが、カナダの州や準州の推薦を受けて永住権を申請するプログラム「PNP」を利用する方法です。

アメリカのように国家全体としてだけではなく、州ごとにも大きな権限が与えられ、またそれぞれの特色が多様なカナダにおいて、各州がそれぞれ必要とする人材に焦点を当てることで、永住権取得を推薦し、国や州の経済や福祉に貢献してもらおうとするのがねらいの制度です。


そこで本記事では、

  • そもそもPNPとは?
  • なぜ州が移民を推薦するの?
  • それぞれの州でどのようなプログラムがあるの?

という疑問に対して、専門家がわかりやすく解説していきます。

そもそもPNPとは?

カナダの国旗

PNPは、「Provincial Nominee Program」の略です。

  • Provincial = 州の
  • Nominee = 推薦される人
  • Program = プログラム

弊社のカウンセリングやコンサルテーションを受けて頂く中でも、「ピー・エヌ・ピー」と略したまま呼んだり、「プロビンシャル・ノミニー・プログラム」または単純に「州推薦のプログラム」と呼ぶのを耳にすることがあるかと思います。

つまり、
州政府が、国から州ごと与えられた枠を使い、永住権を取得してもらいたい人材を推薦するプログラム
ということになります。

よくある間違いですが、州が永住権を直接発行する訳ではありません。
永住権を発行できるのは国である連邦政府の権限です。州政府ができることは、あくまでも州に与えられた権限の中で、永住権取得に相応しい人材を推薦するということになります。

州推薦プログラムを利用して永住権を取得するための2種類の方法

2015年に連邦政府、すなわちカナダ全体で開始された、永住権取得プロセスをより効率化するためのシステム「エクスプレス・エントリー (Express Entry)」の発足以来、ほぼすべての州において、大きく分けて2つの考え方により州推薦のプログラムが運営されています。

それはつまり、次の2通りの方法です。

  • 州だけのシステムで完結し、連邦政府が永住権を発行する方法 (従来方式)
  • 州推薦を受けた事実がポイント化され、エクスプレス・エントリーに合流させる方法 (新方式)

州政府が申請者個人の適性を確認して、州として推薦を行うという点に大きな違いはないのですが、その後に連邦政府が運営するプログラムに乗せるのかどうかという点に違いがあります。

新方式であるエクスプレス・エントリーは、基本的にオンラインを活用した永住権の申請システムであり、手続きの高速化や簡略化を目指して作られています。そのため、これを利用することで手続き期間は従来方式に比べて一般的に早くなります。

一方で、そもそもこのエクスプレス・エントリー システムを利用するためには、大きく分けて3つに分けられるストリームのうちのどれかの申請条件を満たしていることがシステムの利用前提条件になってきます。また、州政府が提示する条件が従来方式に比べて比較して厳しいことも多いので、これらの2種類の方法をよく精査してどちらを使うかを判断する必要がありますね。

手続きのおおまかな流れ

一般的には、従来方式の「州で手続きを完結し、連邦政府から永住権が発行される」方法と、新方式の「エクスプレス・エントリーに合流する」方法のいずれを利用するのか、申請段階で決める必要があります。それは、それぞれに必要な条件や手続きが微妙に異なるためです。

本人が使うプログラムを決めた後は、州に対して推薦をしてもらうための申請を行います。
州の推薦基準に合致すれば、晴れて推薦を受けることとなり、いずれの場合も最終的には連邦政府の権限の元に永住権が発行されるという流れです。

ではなぜ、州がわざわざ移民のために推薦をしてくれるのでしょうか?


なぜ州が移民を推薦するの?

それぞれの州が地域の実情に合わせて人材を募集

カナダは世界で2番目に面積が大きい国です。
南には比較的温暖と言える地域もありますし、北に行けば年間を通じて氷点下という地域もあります。
また商業が活発な地域、農業・鉱業・林業が盛んな地域、荒地や未開発地が広がる地域など、地域によってその実情が大きく異なります。

移民を受け入れるという視点で見てみると、

  • 人口が増える州、減る州
  • 若い世代が多い州、少ない州
  • 今すぐにでも人材がほしい州、そうでもない州
  • 特定の職種の人材が不足している州

などなど、州によって状況がまったく異なります。

そこで、州が独自に基準を設ける移民プログラムを設定することで、その州の実情に合わせて、その時に必要な人材として移民を受け入れることができるのです。

早急に移民を受け入れたい州があれば、独自に審査基準を低めに設定したり、受け入れする枠数を増加したりといった、調節ができますね。

実際に、人口減少が続いている地方では、英語力や学歴の条件を比較的緩く設定したり、必要な労働時間の基準を少なめにしたりと、連邦政府のシステムや他の州のプログラムを使うよりも、永住権を取得しやすいケースがあります。


各州でどのようなPNPがあるの?

このように、カナダの各州 (準州) はそれぞれの状況や必要に応じて、独自のPNPを設けています。

ここで、カナダ各州がどのような州政府推薦プログラム「PNP」を設定しているのか、ここではすべてを詳しく紹介することができませんが、概要をみてみましょう。

ブリティッシュ・コロンビア州「BC PNP」

まずは、地理的に日本に最も近く、最多在留日本人数を誇るバンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア (BC) 州のPNP、「BC PNP」について。

BC PNP で利用される各種プログラムやストリームには、大きく分けて次のようなものがあります。

  • 労働者向けプログラム (Skilled Worker)
  • 留学卒業生向けプログラム (International Graduate)
  • 医療機関労働者向けプログラム (Health Authority)
  • 特定分野留学卒業生向けプログラム (International Post-Graduate)
  • 準専門職・非熟練労働者向けプログラム (Entry Level and Semi Skilled)
  • 特定技術職向けプログラム (BC PNP Tech)
  • 起業家向けプログラム (Entrepreneur Immigration)

技術職労働者

国内外問わずNOC「B」以上の「スキルド」な職種での就労経験を持ち、ジョブオファーを取得した「ワーカー」が対象となるカテゴリー「労働者向けプログラム (Skilled Worker)」 や、「インターナショナル」学生としてカナダ国内の学校を卒業証書等を得て「グラデュエイト」し、ジョブオファーを取得した卒業生が対象となる「留学卒業生向けプログラム (International Graduate)」、特定の医療機関すなわち「ヘルス・オーソリティ」にてジョブオファーを取得して雇用される人が対象となる「医療機関労働者向けプログラム (Health Authority)」、「インターナショナル」学生としてBC州内の大学院等で特定分野で「ポストグラデュエイト」教育を修了した卒業生が対象の「特定分野留学卒業生向けプログラム (International Post-Graduate)」などがあります。

準技術職労働者

スキルド職種以外のいわゆる「セミスキル (準専門職レベル)」「ロースキル (未熟練)」職種での就労経験者を対象にしたプログラム「準専門職・非熟練労働者向けプログラム (Entry Level and Semi Skilled)」があるのも特徴的です。
ELSSとは「Entry Level and Semi Skilled」の略で、旅行・宿泊関連業や食品加工業、一部のヘルスケア関連業種など、BC州が必要とする特定の職種で働いてくれるのであれば、スキルレベル的には専門性が低くても推薦をしてくれるシステムです。

特定技術職労働者

BC州のPNPで特徴的なのが、特定の技術職を対象にした「特定技術職向けプログラム (BC PNP Tech)」の存在です。技術職系デザイナーウェブ関係計29職種が対象となっており、BC州がもっとも推進する職種ということもできますので、他のプログラムと比べて、比較的必要点数が低めに設定されているのが特徴です。

起業家

ほかにも、「起業家向けプログラム (Entrepreneur Immigration)」も設定されています。

オンタリオ州「OINP」

首都オタワやカナダ最大の都市トロントもあり、人口も最多のオンタリオ (ON) 州のPNP、「OINP」について。

人気の高い州で各種産業も盛んなため、募集枠が多いものの、定員に達することも早いことが特徴です。OINPは、オンタリオ州内の雇用主からジョブオファーの提示を受けることを基本的に条件としており、大きく分けて4つの種類、合計で9つのストリームにより構成されています。

  • 外国人労働者向けプログラム (Foreign Worker stream)
  • 留学生向けプログラム (International Student stream)
  • 高需要職種労働者向けプログラム (In-Demand Skills stream)
  • 修士号取得学生向けプログラム (Masters Graduate stream)
  • 博士号取得学生向けプログラム (PhD Graduate stream)
  • 優先的人材向けプログラム (Human Capital Priorities stream)
  • 技術職向けプログラム (Skilled Trades stream)
  • フランス語話者向けプログラム (French-Speaking Skilled Worker stream)
  • 起業家向けプログラム (Entrepreneur Stream)

技術職労働者

NOC「B」以上の職種でのフルタイムで、無期限の中間賃金以上でのジョブオファーの取得者が対象の「外国人労働者向けプログラム (Foreign Worker stream」、雇用ポジションが州内で緊急的に必要とされている場合に比較的低賃金でのオファーでもいいのでそれを受けた国内外の学生が対象となる「留学生向けプログラム (International Student stream)」、同じく州内で緊急的に必要とされている雇用ポジションで農業や建設業、運送業、個人のサポート関連業など特定の職種での中間賃金以上でのオファー取得者が対象となる「高需要職種労働者向けプログラム (In-Demand Skills stream)」があります。こちらは、トロント周辺地域とそれ以外の地域で、高需要職種に指定される職種が異なるのが特徴的です。

修士号・博士号取得者

オンタリオ州内の指定大学にて1年間のフルタイム就学もしくはそれ相当以上の教育を修士号を取得した学生が対象の「修士号取得学生向けプログラム (Masters Graduate stream)」、同じく州内の指定大学にて2年以上の就学により博士号を取得した学生を対象にした「博士号取得学生向けプログラム (PhD Graduate stream)」があります。

エクスプレス・エントリー利用者

オンタリオ州で求められる技術や経験がある場合、最終的に連邦政府のエクスプレス・エントリー・システムを利用する3ストリームとして、「フェデラル・スキルド・ワーカー・プログラム (Federal Skilled Workers Program)」または「カナダディアン・エクスペリエンス・クラス (Canadian Experience Class)」のいずれかの基準を満たしている場合に利用できる「優先的人材向けプログラム (Human Capital Priorities stream)」、その名のとおり「フェデラル・スキルド・トレード・プログラム (Federal Skilled Trade Prigram)」を利用する場合の「技術職向けプログラム (Skilled Trades stream)」、オンタリオ州のPNPとして特徴的な仏語学力CLB「7」以上、英語力「6」以上の場合に利用できる「フランス語話者向けプログラム (French-Speaking Skilled Worker stream)」があります。

起業家

その他にも、「起業家向けプログラム (Entrepreneur Stream)」も設定されています。

詳しくは「オンタリオ州のPNP (OINP) 」をご覧ください。

マニトバ州「MPNP」

カナダ中部に位置し、年間の降雨日数が少なくカナダでは最も晴天率の高い州とも言われるマニトバ州のPNP、「MPNP」について。

失業率が比較的低く、地域との繋がりやコネクションを重視している印象が強いPNPであり、次のようなストリームで構成されています。

  • マニトバ州労働者向けプログラム (Skilled Workers in Manitoba)
  • 在外労働者向けプログラム (Skilled Workers Overseas)
  • キャリア雇用パスウェイ (Career Employment Pathway)
  • 卒業後インターンシップ・パスウェイ (Graduate Internship Pathway)
  • 留学卒業生起業者向け試行プログラム (International Student Entrepreneur Pilot)
  • MPNP留学生向けプログラム (MPNP International Education Stream)

技術職労働者

労働者を対象にしたプログラム (Skilled Workers Stream)は、現時点で既に州内での雇用、教育、職業訓練等を通じて地域と強い繋がりをもっている人が対象となる「マニトバ州労働者向けプログラム (Skilled Workers in Manitoba)」だけでなく、家族や友人のサポート、州内での過去の就学・就労経験などを有する場合に、これから更なるマニトバ州との強い繋がりを構築することを戦略的に目指す人が対象の「在外労働者向けプログラム (Skilled Workers Overseas)」の2つのパスウェイで構成されています。

卒業留学生

マニトバ州内の学校を卒業し、州が求める人材に合致する職業に就く場合に利用できる「留学生向けプログラム (International Education Stream)」は、カレッジなどの高卒後教育の学生で、州内で高需要職種で長期雇用される人が対象の「キャリア雇用パスウェイ (Career Employment Pathway)」、修士・博士課程を卒業し、インターンシップを通じて州の産業発展に貢献できる人が対象の「卒業後インターンシップ・パスウェイ (Graduate Internship Pathway)」、年間20名までという少ない枠ではありますが、卒業後に雇用されるというよりは起業することで州の発展に貢献できる卒業生が対象の「留学卒業生起業者向け試行プログラム (International Student Entrepreneur Pilot)」の3パスウェイで構成されています。

州内カレッジ等卒業生

MPNP留学生向けプログラム (MPNP International Education Stream)」は、マニトバ州内の指定カレッジや大学を卒業した留学生が対象のプログラムです。

一見、推薦基準が低そうと思えるマニトバ州での州推薦プログラムの利用についてですが、留学コンパスではマニトバ州のPNP利用をおすすめしていません。その理由については、こちらの記事「マニトバ州の PNP について。なぜ永住におすすめしない?」をご覧ください。

ユーコン準州「YNP」

カナダ北西部の太平洋岸に位置するユーコン準州のPNP、「YNP」について。

YNPは、大きく分けて労働者向けと起業家向けで構成されています。

  • エクスプレスエントリー利用者向けプログラム (Express Entry)
  • 労働者向けプログラム (Skilled Worker)
  • 高需要職種労働者向けプログラム (YNP Critical Impact Worker Category)
  • 起業家向けプログラム (Yukon Business Nominee Program)

エクスプレス・エントリー利用者

エクスプレスエントリー利用者向けプログラム (Express Entry)」は、NOC「B」以上の職業で、最終的に連邦政府のエクスプレス・エントリー・システムを利用するストリームで、州としては基本的にはこれを利用することを求めています。

技術職労働者・人材不足職種での労働者

2020年に試行プログラムとして発足した「ユーコン地域プログラム (Yukon Community Program)」では、他のプログラムの利用が困難であることを雇用主が合理的に説明できる場合に利用できるプログラムで、ホワイトホース以外の経済発展を主眼において設定されたプログラムです。

年間を通じた季節的でないNOC「B」以上の職業で、1年以上の関連職歴がありユーコン準州の雇用主からフルタイムで雇用されジョブオファーを得ている人が対象となる「労働者向けプログラム (Skilled Worker)」と、もともと人口が少なく人手が足りないユーコン準州の中でも、特に人材不足が深刻で危機的 (Critical) とされるNOC「C」及び「D」職種で6ヵ月年以上の関連職歴がある人が対象となる「高需要職種労働者向けプログラム (YNP Critical Impact Worker Category)」が設定されています。

起業家

起業家向けプログラム (Yukon Business Nominee Program)」は、ユーコン準州で起業する人向けのプログラムで、ビジネス起業経験もしくは管理職としての経験が3年以上、同一業種でのビジネス経験が5年以上といった条件に合致する場合に利用することが出来ます。

別の記事「ユーコン準州のPNPについて」で詳しく解説しています。

アルバータ州「AAIP」

カナダ中西部に位置し、砂漠のような乾燥した暑さがあるものの、サンドオイル産業によって急発展を遂げているアルバータ州のPNP、「AAIP」について。

人材不足を補える労働者向けの3ストリームと起業家向けの4ストリームで構成。されており、特AAIPでは他の州に比べてこの起業家向けのプログラムに力を入れているのが特徴的です

  • 就労機会プログラム (Alberta Opportunity Stream)
  • エクスプレス・エントリー利用プログラム (Alberta Express Entry Stream)
  • 地方活性プログラム (Rural Renewal Stream)
  • 地方起業プログラム (Rural Entrepreneur Stream)
  • 卒業後起業プログラム (Graduate Entrepreneur Stream)
  • 農業経営プログラム (Farm Stream)
  • 国外卒業後起業プログラム (Foreign Graduate Entrepreneur Stream)

労働者

州のプログラムとして最もスタンダードともいえる、州内に居住して労働する人が対象となる「就労機会プログラム (Alberta Opportunity Stream)」、連邦政府のエクスプレス・エントリー・システムを利用する「エクスプレス・エントリー利用プログラム (Alberta Express Entry Stream)」、AB州の指定地方地域やコミュニティで働くジョブオファーをもらった人が対象になる「地方活性プログラム (Rural Renewal Stream)」の3つが労働者向けPNPの構成となっています。
また、ブリティッシュ・コロンビア州と同様に技術 (テック) 系の職種の採用にも力を入れており、そのためのより早く推薦を行うためのパスウェイ「テック系迅速パスウェイ (Accelerated Tech Pathway)」も設定されています。

起業家

起業家向けには、地方地域のビジネスを購入または新規スタートする起業家が対象の「地方起業プログラム (Rural Entrepreneur Stream)」、アルバータ州認定のカレッジなどを卒業し、ビジネスを購入または新規スタートする起業家が対象の「卒業後起業プログラム (Graduate Entrepreneur Stream)」、アルバータ州の農場を買い取って経営する人が対象の「農業経営プログラム (Farm Stream)」、カナダ以外での学校を卒業した人が対象の「国外卒業後起業プログラム (Foreign Graduate Entrepreneur Stream)」の4つで構成されています。

サスカチュワン州「SINP」

カナダの内陸部に位置し、日射時間が国内で最長となり夏は暑く、冬は寒冷な気候をもつサスカチュワン州のPNP、「SINP」について。

SINPは大きく分けて、次のように構成されています。農業に力を入れている印象があり、農業に関する各種プログラムが充実しています。

  • テック系プログラム (Tech Talent Pathway)
  • 高需要職種向けプログラム (Occupation In-Demand)
  • エクスプレス・エントリー利用者向けプログラム (Saskatchewan Express Entry)
  • 充足困難職向け試行プログラム (Hard-to-Fill Skills Pilot)
  • 就労ビザ保有者プログラム (With Existing Work Permit)
  • 就労ビザ保有セミスキル農業従事者向けプログラム (Semi-skilled Agriculture Worker with Existing Work Permit)
  • ホスピタリティ系プログラム (Hospitality Sector Project)
  • 長距離運転手プログラム (Long-Haul Truck Driver Project)
  • 卒業生向けプログラム (Students)
  • 起業家向けプログラム (Entrepreneur)
  • 卒業留学生向けプログラム (International Graduate Entrepreneur Category)
  • 農業経営者向けプログラム (Farm Owner and Operator)

国際労働者

労働者向けプログラム (International Skilled Worker)」のストリームでは、次のような各種ストリームが利用可能で、いずれも国内外での居住地を問わない点が特徴的です。
ハイスキル技術職分野でのジョブオファーを取得した人が対象となる「テック系プログラム (Tech Talent Pathway)」、ジョブオファーをもらっていないが、高需要の職種における優れた技術を有する労働者が対象となる「高需要職種向けプログラム (Occupation In-Demand)」、同じくジョブオファー不要で、エクスプレス・エントリーのプール登録を行っている人が対象の「エクスプレス・エントリー利用者向けプログラム (Saskatchewan Express Entry)」、ジョブオファーを保有しており、中程度の技術職が対象の「充足困難職向け試行プログラム (Hard-to-Fill Skills Pilot)」があります。

就労経験者

州内就労経験保有者向けプログラム (Worker with Saskatchewan Work Experience)」では、州で既に6ヵ月以上の就労経験がある人を対象として次のようなストリームが設定されています。
NOC「B」以上の職種が対象の「就労ビザ保有者プログラム (With Existing Work Permit)」、農業関連のセミスキル職が対象の「就労ビザ保有セミスキル農業従事者向けプログラム (Semi-skilled Agriculture Worker with Existing Work Permit)」、医師や看護師などの医療関係者対象の「医療専門家向けプログラム (Health Professionals)」、サーバーやキッチンヘルパー、清掃系の職種でLMIA保有者が対象の「ホスピタリティ系プログラム (Hospitality Sector Project)」、LMIAを保持する長距離運転者が対象の「長距離運転手プログラム (Long-Haul Truck Driver Project)」、学校卒業後に就学分野で州内の雇用主に雇用される学生を対象にした「卒業生向けプログラム (Students)」があります。

起業家・農業経営者

起業家向けには、一般的な「起業家向けプログラム (Entrepreneur)」の他にも、ポイント制の計算システムを利用し就業学生を対象にした「卒業留学生向けプログラム (International Graduate Entrepreneur Category)」があります。

特徴的なのは、農業経営者を対象とした「農業経営者向けプログラム (Farm Owner and Operator)」があることで、こちらは農業経験や資金の証明、州内の農場や農園を購入または経営権を取得する意思があることなどが条件となっています。

ニュー・ブランズウィック州「NBPNP」

カナダ東部の大西洋に面する州で、ケベック州に続いでフランス語使用者が国内で2番目に多いことが特徴的なニュー・ブランズウィック州のPNP、「NBPNP」について。

フランス語を第一言語にする住民の割合は、その数なんと3割強ともいわれ、英語とフランス語の2言語が公用語として設定されている唯一の州です。

NBPNPは、大きく分けて次の3つのストリームで構成されています。

  • 労働者向けプログラム (Skilled Worker Stream)
  • エクスプレス・エントリー利用者向けプログラム (Express Entry Stream)
  • 起業家向けプログラム (Business Immigration Stream)

労働者

過去5年間のうち1年間以上のオファー職種と同様の就労経験があることで、NOCのレベルに関わらず、フルタイムで季節労働でない無期限の職種において、競争力のある賃金でジョブオファーを州内の雇用主から提示された労働者が対象となるのが、「労働者向けプログラム (Skilled Worker Stream)」です。州内に定住する意思が大きなポイントであると強調されています。
こちらは、特定のカレッジ等での就学を経て修業した卒業生を対象にした卒業生就労ビザ制度であるいわゆる「ポスグラ」を利用する場合には、NOC「C」以上の職種でオファーを受けること条件されています。100点満点を基準にしたポイント制で、60点以上が最低ラインと示されています。

エクスプレス・エントリー利用者

エクスプレス・エントリー利用者向けプログラム (Express Entry Stream)」は、連邦政府が運営するエクスプレス・エントリー・システムを利用する移民プログラムで、3つの既存プログラムのどれか1つ以上の条件に合致していることを最低条件として、フルタイム、季節労働でない無期限のNOC「B」以上の職種で中間賃金以上でのジョブオファーを提示されていることが条件となります。このプログラムも100点満点を基準にしたポイント制で、67点以上が最低ラインと示されています。

起業家

他にも、「起業家向けプログラム (Business Immigration Stream)」も設定されています。

AIP

PNPではありませんが、「大西洋岸州連合移民プログラム (Atlantic Immigration Program : AIP)」も対象の州です。

ニューファンドランド・ラブラドール州「NLPNP」

ニューファンドランド島とラブラドール半島東部からなるニューファンドランド・ラブラドール州のPNP、「NLPNP」について。

NLPNPは、次のようなシンプルな構成となっています。

  • 労働者向けプログラム (Skilled Worker category)
  • エクスプレス・エントリー利用者向けプログラム (Express Entry Skilled Worker)
  • 卒業留学生向けプログラム (International Graduate category)

労働者

2年以上のフルタイム就労でのジョブオファーを得た人が対象となるのが、「労働者向けプログラム (Skilled Worker category)」です。ポスグラビザではこのプログラムを利用できません。

エクスプレス・エントリー利用者

エクスプレス・エントリー利用者向けプログラム (Express Entry Skilled Worker)」は、NOC「B」以上の職業で、州内の雇用主からジョブオファーを提示された場合に、最終的に連邦政府のエクスプレス・エントリー・システムを利用するストリームです。州基準の100点満点のスコアレンジの中で67点が必要とされています。

卒業留学生

スキルド職種もしくは一部の高需要職種に指定されたNOC「C」職種での1年以上のフルタイムジョブオファーを受け、残り4ヵ月以上有効なポスグラビザを持っている労働者が対象となる「卒業留学生向けプログラム (International Graduate category)」です。

AIP

PNPではありませんが、「大西洋岸州連合移民プログラム (Atlantic Immigration Program : AIP)」も対象の州です。

ノバ・スコシア州「NSNP」

四方を海に囲まれ西欧系移民の割合が多いノバ・スコシア州のPNP、「NSNP」について。

次のような構成です。

  • 労働者向けプログラム (Skilled Worker stream)
  • 卒業留学生高需要職向けプログラム (International Graduates in Demand)
  • 州内就労経験プログラム (Nova Scotia Experience: Express Entry stream)
  • 優先的職種プログラム (Nova Scotia Labour Market Priorities stream)
  • 医師向けプログラム (Physician)
  • 医師対象優先的職種プログラム (Nova Scotia Labour Market Priorities stream for Physicians)
  • 起業家向けプログラム (Entrepreneur)
  • 卒業後起業プログラム (International Graduate Entrepreneur)

労働者

フルタイムでの関連職歴が1年以上ある場合に利用できるのが「労働者向けプログラム (Skilled Worker stream)」です。セミスキル職やロースキル職の場合は、ジョブオファーを提示してくれる雇用主のもとで6ヵ月以上既に雇用されていることが条件になります。フードサーバーや清掃業、建設業など一部の職種は需要の高い職種に指定されているのも特徴的です。

看護師や幼児教育関係で、過去3年以内に30週間以上の(半数以上を州内で)プログラムを受講して資格を取得し、その後に無期限のフルタイム・ジョブオファー提示を受けた人が対象となる「卒業留学生高需要職向けプログラム (International Graduates in Demand)」

エクスプレス・エントリー利用者

エクスプレス・エントリーを利用する場合には、州内で1年以上の就労経験があり、カナダでの高校卒業相当の学歴がある場合に利用できる「州内就労経験プログラム (Nova Scotia Experience: Express Entry stream)」、州内の指定機関での雇用される場合に利用できる「優先的職種プログラム (Nova Scotia Labour Market Priorities stream)」の2つのストリームがあります。

医師

州内の指定医療機関で雇用される場合に利用できる「医師向けプログラム (Physician)」と、特定の優先職種に対して利用できる「優先的職種プログラム (Nova Scotia Labour Market Priorities stream)」があります。

起業家

起業家向けとしては、オーナーとして3年以上、シニアマネージャー以上で5年以上の経験がある人が対象となる「起業家向けプログラム (Entrepreneur)」と、州への永住を希望することが第一の条件とし、州内で1年以上のビジネス経験があり、州内の指定カレッジでの2年間以上のフルタイム就学により学位以上を取得したポスグラビザの保有者が対象の「卒業後起業プログラム (International Graduate Entrepreneur)」の2つが設定されています。

AIP

PNPではありませんが、「大西洋岸州連合移民プログラム (Atlantic Immigration Program :AIP)」も対象の州です。

ノースウェスト準州「NTNP」

世界で8番目に大きいグレートベア湖と、10番目に大きいグレートスレーブ湖のある極寒の地で、州都のイエローナイフはオーロラ観測で有名なノースウェスト準州のPNP、「NTNP」について。

NTNPは、大きく分けて次のように構成されています。

  • 労働者向けプログラム (Skilled Worker)
  • 準専門職・非熟練労働者向けプログラム (Entry Level/Semi-Skilled)
  • エクスプレス・エントリー利用者向けプログラム (NWT Express Entry)
  • 起業家向けプログラム (Business Stream)

労働者

州内の雇用主からのフルタイムの無期限のジョブオファーを取得した場合に利用できるプログラムで、NOC「B」以上を対象にした「労働者向けプログラム (Skilled Worker)」、NOC「C」「D」を対象にした「準専門職・非熟練労働者向けプログラム (Entry Level/Semi-Skilled)」があります。フルタイムの定義は週37.5時間とされ、ポジティブLMIAの取得が前提とされています。

エクスプレス・エントリー利用者

エクスプレス・エントリー利用者向けプログラム (NWT Express Entry)」は、最終的に連邦政府のエクスプレス・エントリー・システムを利用するストリームです。

起業家

新規ビジネスの開始、または新規・既存ビジネスへの投資、経営権購入による移民を目指す人が利用できる「起業家向けプログラム (Business Stream)」も設定されています。

プリンス・エドワード・アイランド州「PEI PNP」

赤毛のアンでも有名で、唯一島で構成される州であるプリンス・エドワード・アイランド州のPNP、「PEI PNP」について。

4つの労働者向けプログラムと2つの起業家向けのプログラムという構成です。

  • 労働者向けプログラム (Skilled Workers)
  • 高需要職種労働者向けプログラム (Critical Workers)
  • 準技術職種労働者向けプログラム (Intermediate Experience Stream)
  • 卒業留学生向けプログラム (International Graduates)
  • 起業家向けプログラム (Buy or Sell a PEI Business)
  • 就労ビザ起業プログラム(Work Permit Stream)

技術職労働者

NOC「B」以上の職種で、過去5年間のうち2年間以上同一職種での就労経験がある労働者を対象とするのが「労働者向けプログラム (Skilled Workers)」です。

高需要・準技術職労働者

季節労働でないNOC「C」または「D」の職種での2年分以上のジョブオファーを取得し、州内の雇用主のもとで6ヵ月以上の就労経験と過去5年間のうち2年間以上の同一職種での就労経験があり、州内に居住する意思がある労働者が対象になるのが「高需要職種労働者向けプログラム (Critical Workers)」です。

また、州内の雇用主のもとで6ヵ月以上の就労経験と過去5年間のうち2年間以上の同一職種での就労経験があり、LMIAを取得したNOC「C」のフルタイム労働者が対象の「準技術職種労働者向けプログラム (Intermediate Experience Stream)」

卒業留学生

州内の公立高卒後教育を修業し、学位等を取得し、かつ2年分以上のジョブオファーを受け、企業の面接を受けた卒業生を対象とした「卒業留学生向けプログラム (International Graduates)」があります。

起業家

起業家向けのプログラムでは、経営権の購入による「起業家向けプログラム (Buy or Sell a PEI Business)ness」と、就労ビザで起業を目指す人が対象の「就労ビザ起業プログラム(Work Permit Stream)」の2つが設定されています。

AIP

PNPではありませんが、「大西洋岸州連合移民プログラム (Atlantic Immigration Program :AIP)」も対象の州です。

ヌナブト準州

先住民イヌイットが人口の大半を占めるヌナブト準州では、現在PNPは設定されていません。

ケベック州

唯一フランス語が第一言語とされているフランス移民の多いケベック州では、カナダ国内でも異質の文化・行政圏を形成しており、州独自の移民制度を利用していることから、本記事では紹介について割愛させて頂きます。

詳しくは、別記事「カナダ・ケベック州への移民が難しい理由」をご覧ください。

AIPについて

こちらは、各州の推薦プログラムではなく、あくまでも国 (連邦政府) が主催するプログラムです。そのため本記事では補足的に紹介をします。

このプログラム発足の目的は、労働力不足の補完と技術力のギャップ埋めを政策として対策することににあります。あくまでも、雇用主が主体となり利用するログラムですので、まずは雇用主がこのプログラムの利用に積極的であることが最初の条件となります。

労働条件としては、季節労働でない週30時間以上のフルタイム雇用です。
雇用者側の条件としては、大西洋岸の指定週ないで2年間以上のビジネス経験があることなどが求められます。

AIPに参加している州

  • ノバ・スコシア州
  • ニューファンドランド・ラブラドール州
  • プリンス・エドワード・アイランド州
  • ニュー・ブランズウィック州

PNPについて: まとめ

本記事では、カナダ各州の州独自の移民推薦制度「PNP」について紹介しました。

カナダは国土が広く、州ごとの特色に大きな違いがあることがご理解頂けたかと思います。

州それぞれの実情に合った移民プログラムが設定されていますので、ご自身の条件やできること、やりたいことに合ったプログラムが見つかるかもしれません。

気になるプログラムや、詳細をお調べになりたい場合には、是非お気軽にカナダ留学コンパスにご相談ください♪

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!