スペインのワーホリ条件・必要書類

スペイン

スペインのワーホリは18歳~30歳1年間の滞在が可能です。

募集枠は年間500名、申請費無料、就学・就労制限もありません

スペインというと皆さん何を思い浮かべますか?

世界遺産、建築やアート、サッカー、フラメンコ、パエリアなどでしょうか?

多分野にわたる魅力が一挙に詰まったスペイン。
英語・中国語と並び習得したい言語のスペイン語も学べます。

スペインでワーホリ(ワーキングホリデー)する為のワーホリビザ条件からビザ申請方法まで解説します。

スペインのワーホリ各種条件

大半の国同様、年齢制限は18-30歳、滞在可能期間は1年です。

年間500人の募集枠なので、早めに準備を始めましょう。

なお、査証申請手数料は無料ですが、NIE番号の申請費が発生します。

基本的な条件

ビザ申請の条件は以下の通り。

基本条件

  • 定員:年間500名
  • 日本国民かつ申請時点で日本に3ヶ月以上居住していること
  • ワーキングホリデービザで以前に入国したことがないこと
  • 申請日に18歳以上31歳になっていないこと
  • 扶養する子供が同行しないこと
  • 有効なパスポートを保持していること

就学・就労制限について

就学・就労について制限はありません。

就労・就学制限

  • 就労:制限無し
  • 就学:制限無し

ただしワーキングホリデーはあくまで主に旅行を目的とした制度。

旅行資金を補うために必要な限りにおいて就労することが可能とされています。

ワーホリ全般について知りたいなら

ビザ申請方法

スペイン本国の査証審査部門による事前の許可を受けて、在東京スペイン大使館で発給されます。

そのため一定の時間(申請から発給まで約1ヶ月)がかかります。

査証が発給されたら、認可通知の日から1ヶ月以内に、申請者本人が在東京スペイン大使館に出頭してパスポートを受け取らなければなりません。

記載ミスなどもここで確認します。

日数的な余裕をもって申請してください(特に東京近郊にお住まいでない方)。

必要書類について

以下の書類を用意し、直接在東京スペイン大使館に行きましょう。

申請に必要なもの

  • 査証申請書および誓約書(スペイン大使館ウェブサイトからダウンロード)
  • 最近撮影した写真(3㎝×4㎝ 程度、カラー、正面を向いたもの、背景:白)を申請書に貼付け
  • 有効なパスポート(渡航予定日より10年以内に発行、有効期限:スペインへの入国日より1年以上、最低2枚以上の余白ページ必要)
  • パスポートのコピー(写真と個人データ、有効期限のページ)1部
  • 住民票(発行から 90 日以内のもの)
  • 往復航空券予約または往路航空券予約および購入資金の証明書
  • 生活費支払い能力の証明(銀行通帳のコピーまたは残高証明書、2.000 ユーロ相当額以上)
  • 健康診断書原本:2005年に定められた国際衛生規則(ISR)に基づき、公衆衛生に重大な影響を及ぼす恐れのある疾患がないことを証明するもの
  • NIE番号申請用紙

なお、場合により、追加書類の提出あるいは領事面会を要請されることがあります。

また、提出書類に不備があった場合は、大使館からの指示に従い在東京スペイン大使館領事部に追加の書類を提出してください。

ビザの審査には時間がかかることがあります。
早めの申請をお勧めします。

航空券の予約健康診断はビザの申請前にしておく必要があります。

パスポートの更新なども済ませておきましょう。

ビザが許可または却下されたら?

許可されると認可通知が届きます。
認可通知の日から1ヶ月以内に、申請者本人が在東京スペイン大使館に出頭してパスポートを受け取らなければなりません。

また、大使館を出るまえに、査証に記載されるデータに間違いがないこと、大使館印が押印されていることを必ず確認してください。

査証が否決された場合はその旨が申請者本人に通知されます。
この場合、通知の日付から2ヶ月以内にマドリード管区裁判所 (Tribunal Superior de Justicia de Madrid) に対し行政訴訟の手続きを行うことができます。

また、通知の日付から1ヶ月以内に在東京スペイン大使館に対し再審査請求を行うことができます。

要注意:パスポートの有効期限

有効期限は入国時より1年以上有効である必要があります。

期間が足りないか、ぎりぎりの場合は日本国内のパスポートセンターで延長してから申請を行いましょう。

渡航後も様々な事情で滞在を延長したい、再申請が必要になった時、お持ちのパスポートの有効期限が迫っていると手続きが煩雑になります。

コロナ渦のように、手続きの為に簡単に帰国できない状況になる場合もあります。

「あと1年半あるからいいや」ではなく、余裕をもって延長申請することをお勧めします。

注意事項

※記載の料金や情報は法改正等により予告なく変更することがあります。また、このページの内容は各国大使館・領事館等より情報を収集し細心の注意を払って作成しておりますが、正確なものであることを保証するものではありません。ビザ取得の際は、必ず各国大使館・領事館等の情報をご自身でもご確認ください。
スペイン政府公式サイト:ワーキングホリデービザについて

まとめ

スペインのワーホリビザ申請は、必要書類を用意して大使館で直接行います。

申請時パスポートの受け取り時に東京まで行く必要があることに注意が必要です。

東京近郊以外にお住まいの方には大変かもしれません。

しかし1年間のスペイン滞在で得られるものは多いはずですよ!

今回はワーホリビザを申請する際の必須要項をお伝えしました。

渡航の参考にしてください♪

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!