カナダの公的医療保険「MSP」を徹底解説します!

カナダに滞在する時に、絶対に忘れてはいけないのが医療保険です。

カナダ留学コンパスでは留学生でも安心して使える保険サービス(ブリッジスインターナショナル保険サービス)BIISを紹介しています。

そうした民間の医療保険の他に、一定の条件を満たせば、「MSP(Medical Service Plan)」という、カナダの地方政府が提供する公的医療保険に加入することができます。

しかも、ブリティッシュコロンビア州では、2020年1月1日からMSPの保険料が一部の人に対して無料になりました!

でも、そのカナダの医療保険は、どんな仕組みなのでしょうか?

今回の記事は、今さら聞けない、カナダの公的医療保険「MSP」の加入方法、保険料、保障内容などについて、専門家が徹底的に解説します。

カナダ州政府の医療保険「MSP」とは?

カナダでは、各州の政府が提供する公的医療保険が整備されています。

ここからは、2020年1月1日から保険料が無料になったブリティッシュコロンビア州のMSPを例に説明します。

MSPには誰が入れるの?

ブリティッシュコロンビア州でMSPに入れるのは、次の条件に当てはまる人です。

BC州でMSPに入れるのはこんな人

  • カナダ市民またはカナダ永住者
  • カナダ先住民(First Nations)
  • 短期滞在ビザ保持者の一部

留学、ワーホリでのカナダ滞在を考えている日本人が当てはまるのは、3番目の「短期滞在ビザ保持者」ですね。

6か月以上の学生ビザ就労ビザがある場合にMSPに加入できます。

ワーホリビザも就労ビザの一種なので6か月以上の有効期間が残っていればMSPに加入できます。

ですが、ちょっとだけ手間が掛かります。

ビザごとの加入方法や保険料については、後ほど詳しく解説します。

MSPで何が保障されるの?

MSPでは、医師による診察費、治療費のほとんどが全額保障されます。

病院の窓口で British Columbia Service Cardという保険証を提示するだけで、無料で診察、治療が受けられます。

bc-services-card-sample

British Columbia Service Cardのサンプル

無料なので、日本のように診察後に会計を待つ必要はありません。

かえで

無料で、待ち時間もないなんてステキ♪

薬代、歯科、検査費用は対象外

診察、治療費は無料ですが、薬代は保険でカバーされず、全額自己負担です。

病院、クリニックで処方箋を出してもらったら、その処方薬代は自分で払わないといけません。

かえで

100%自己負担!?ショック!

薬代が自己負担になるためか、カナダのお医者さんは診察しても薬を処方しないことがあります。

カナダの市販薬は日本より強いこともあって、カナダの病院に行っても、風邪だったら、

「市販薬を飲んで寝てなさい」

とだけ言われて、薬を出してもらえないことがありました。

薬代の他、歯科治療費も保険の対象外です。

細かく言うと、事故や怪我のため病院で行われる歯や口の手術の費用は保険でカバーされますが、虫歯の治療はカバーされません。

親知らずが痛む場合など、「事故か!?」と思うくらい痛いですが、MSPの対象外で、治療は全額自己負担です。

病院の検査は、医師が指示した検査は保険でカバーされますが、それ以外の健康診断はMSPの対象外です。

眼鏡やコンタクトレンズを作るための眼科検診も対象外(未成年、高齢者は対象)です。

MSPでカバーされるもの、されないものを以下にまとめますね。

MSPでカバーされるもの

  • 医師による診察費、治療費
  • 医師が必要と認める妊娠、出産に関わる費用
  • 医師の指示による検査費用(X線検査など)
  • 歯科、口腔外科手術で、病院での手術が必要なもの

MSPでカバーされないもの

  • 処方薬費用
  • 歯科治療費
  • 医師の指示でない検査費用(健康診断など)
  • 19歳から64歳までの定期眼科検診

州外でのMSP使用に注意!

MSPはブリティッシュコロンビア州が提供する医療保険なので、原則的にはブリティッシュコロンビア州内でのみ有効です。

カナダの他の州の病院、クリニックで治療を受ける時には、行った先の州によってMSPが使える範囲が異なります。

カナダ国内の他州に旅行するときは、その州でブリティッシュコロンビア州のMSPがどの程度使えるかを調べ、心配だったら民間の旅行保険を購入しましょう。

MSPの保険料は?

保険料は無料です!(2020年1月1日から)

ただし、留学生(International Student)の保険料は月額$75です。

留学生(6か月以上)の場合

6か月以上の学生ビザを持っている留学生は、MSP保険料月額$75の支払いが必要です。

学生ビザなしで、短期間カナダの語学学校に通う学生は保険料支払いの対象になりません。

家族で留学する場合

家族で留学する場合、保険料の支払いが必要なのは6か月以上の学生ビザを持っている人だけです。

例えば、夫婦のどちらかがパブリックカレッジの学生ビザを取得して、配偶者が就労ビザを取得した場合、配偶者は無料でMSPに加入できます。

かえで

家族で留学する場合でも、保険料が掛かるのは学生ビザを持っている人だけなんですね。

ワーホリビザの場合

ワーホリビザは就労ビザのひとつなので、無料でMSPに加入することができます。

でも、加入方法に少し注意が必要です。

この記事のあとの方で詳しく解説しているので、ご覧ください。

観光ビザ(eTA)の場合

観光ビザ(eTA)でカナダに滞在する場合、MSPに加入することはできません。

「 BIISが紹介しているカナダの留学生保険」のビジター保険など、または日本の海外旅行保険に加入しましょう。

MSPの申し込み方法

MSPにはオンラインで申し込みが可能です。

申し込み方法は、ワーホリビザの場合だけ少し異なります。

【学生ビザの場合】MSP申し込み方法

6か月以上有効な学生ビザを所持していれば、MSPに申し込むことが可能です。

必要書類

  • 学生ビザ
  • カナダ入国日
  • BC州の住所

申し込みはオンラインで簡単にできますよ。
学生ビザの場合月額の保険料が一人あたり$75となります。

2か月ほどで保険料支払いの請求書が送られてきますので、支払いをするとMSP加入となります。

【就労ビザの場合】MSP申し込み方法

就労ビザの場合も、有効期間が6か月以上あれば、MSPに申し込むことが可能です。

必要書類

  • 就労ビザ
  • カナダ入国日
  • BC州の住所

就労ビザ保持者は、MSP保険料は無料です!嬉しいですね。

【ワーホリビザの場合】必要な書類が増えます

就労ビザの中でも、ワーホリビザの場合だけ条件が増えるので注意が必要です。

ワーホリの追加条件

  • 6か月以上のビザ有効期限があること
  • 6か月以上BC州に滞在していること
  • 週18時間以上就労していること

この3番目の条件を満たしていることを証明するために、雇用主からのレターを添付します。

レターには、以下の内容が含まれる必要があります。

雇用主からのレターに必要な要素

  • 週当たりの就労時間(18時間以上)
  • 就労開始日、就労終了見込み日
  • ブリティッシュコロンビア州を出る見込み日

レターの詳細はブリティッシュコロンビア州政府の公式サイト(英語)をご覧ください。

オンラインの申請画面では、この雇用主からのレターを提出する指示はありませんのでご注意ください。

気をつけないと、レターをつけずに申請が完了してしまい、後日却下の通知を受け取って悲しい思いをすることになります。

オンライン申請 実際の手順解説

手続きは簡単、簡単な個人情報の入力とビザ画像のアップロードだけです。
それでは実際のオンラインでの申請方法を見ていきましょう。

MSP申請ページ

MSPオンライン申請ページを開きます。

ページの真ん中あたりにApply Online とあります。
「Apply for MSP」 をクリックして申請開始です!
msp申請画面

注意事項に同意

個人情報を入力するので図書館やカフェで申請する場合は注意してね、というようなことが書かれています。
「I have read and understand this information」にチェックをつけてContinue ボタンを押しましょう。
agreement

MSP加入条件の確認

MSPはBC州に住んでいる人のための保険制度なので、現在BC州に住んでいるか、離れる予定があるかなど聞かれます。

また、未成年など誰かの代理で申請しているかも聞かれますが、本人のために申請しているケースがほとんどだと思いますので No を選択します。
条件に当てはまる場合はYes を選択してくださいね。
msp-qualification.check

Visaのステータスの確認

プルダウンから現在のステータスを選択します。ワーホリや学生ビザで留学中の方は Temporary Parmit Holder に該当します。

ワーホリ・就労ビザの方は Work Permit、学生・Co-opビザの方は Study Permit にチェックを入れましょう。

選択し終わったら下に書類アップロードの画面が出てくるのでビザの画像ファイルをアップしましょう。
スキャナーが無くても大丈夫、スマホで撮った写真でも受け付けてくれますよ!

画像を撮るときの注意点

  • 書類の隅から隅まで全体を撮影すること
  • 逆さまや横向きになっていないこと
  • ピントが合っていて文字が読みやすいこと
  • JPG、PNG、GIF、BMPまたはPDFファイル

影ができるだけ写らないように撮ってくださいね!

msp-status.check

次に、身分証が発行された後に名前が変わったかどうか聞かれます。

現在のビザを取得した後に結婚して苗字が変わった等の場合は結婚証明書などをビザと一緒にアップロードしてください(有効な確認書類には、結婚証明書、離婚証明書、名前変更証明書などがあります)。

個人情報の入力

性別は男性と女性が選べます。Health Insurance BCに問い合わせ、性別をXにすることも可能です。

*BC州に移住していますか?の項目ですが、ここでは移住とは、BCを6か月以上主たる住居にすることを差します。つまり既にBC州に合計6か月以上住んでいる場合は Yes と答えてください!

他にもカナダ入国日、BC州に住み始めた日、いくつかの質問に答えます。
msp-personalinfo

配偶者情報の入力

配偶者のMSP加入申請も同時にしたい場合は Add Spouse をクリックすると入力欄が表示されるので、情報を入力し書類をアップロードします。

手順は先程までと同じですよ!

配偶者がいない場合や、いても同時に加入申請をしない場合は No Spouse をクリックして次に進みます。
map-addspouse

子供の情報の入力

配偶者情報と同じように、申請をしたい場合は Add Child か No Child を選択し次に進みます。
msp-addchild

住所の入力

いよいよ最後の情報入力!
現住所と電話番号を記入します。
msp-contactinfo

個人情報の確認

入力した情報があっているかを確認して合っていれば次に進みましょう。

間違っていた場合もボックス右上の Edit ボタンから変更できますよ。
msp-review

利用規約の確認

同意にチェックを入れ、画像の文字を入力し認証します。
最後にオレンジ色のボタン Submit Application をクリックして申請完了です!
msp-confirmation

最後にリファレンス番号が表示されるので控えておきましょう。

あとはBC州からカードが郵送されてくるのを待つだけです。
お疲れさまでした!

MSPに加入できないときはどうする?

MSPは心強い医療保険ですが、観光ビザ(eTA)の短期滞在や、ビザの残り期間が6か月を切ってしまった場合にはMSPに加入することができません。

また、MSPに加入できる場合でも、MSPの申し込みから保険適用までに、3か月程度の待期期間があることにご注意ください。

MSPの待機期間は無保険になるので注意!

MSPを申請可能なビザを取得してブリティッシュコロンビア州に住み始めたら、すぐにMSPの申請をしましょう。

でもここで注意が必要なのは、MSPに申し込みしてから、保険が適用になるまで、3か月程度待たなければいけないことです。

かえで

つまり、MSP保険を待っている3か月は保険のない状態になるということですね

そうです、ですので、どんな種類のビザでカナダに来る場合でも、最初の3か月はBIISなどの留学生向けの保険サービスか、日本の海外旅行保険に必ず加入しましょう。

BIISが紹介しているカナダの留学生保険について詳しくは、こちらの記事をごらんください。

カナダ留学コンパスでは、カナダ留学に安心の保険サービス「ブリッジス・インターナショナル保険サービス(BIIS)」の紹介をしております。

参考に、BIISが紹介しているカナダの留学生保険とMSP(学生ビザを所持)に加入した場合を比べてみました。

BIISが紹介しているカナダの留学生保険とMSPの比較
サービス項目 BIISが紹介しているカナダの留学生保険 MSP(学生ビザで加入)
31日加入 1か月間
治療費用 $2,000,000(およそ1億7000万円) 無制限
処方薬 $10,000まで(30日分まで) なし
歯科治療費用 なし なし
傷害死亡 $10,000
限度額オプションもあり(事故死の場合のみ)
なし
傷害後遺障害 上記に障害死亡に含む なし
救援費用 山岳、海難救助を含む。救急車の代わりにタクシーを使用する場合は最高 $125 なし
保険料 約$60 $75

薬代や、生命保障がMSPとカナダ留学生保険では大きく異なります。

カナダの公的医療保険「MSP」まとめ

カナダは公的医療保険が整備されているので、お隣のアメリカと比べると、安心度がとても高いです。

6か月以上の学生ビザ、就労ビザを持っていたら、MSPに加入しましょう。

MSPは保障の対象や上限が決まっているのでよく確認し、場合によってはBIISが紹介しているカナダの留学生保険なども利用しましょう。

Tags:

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!