オランダのワーホリ条件・必要書類

2020年4月から26番目の協定国として加わったオランダ。

オランダが協定を組んでいるのは2022年現在9ヶ国だけ!
そのうちの1つが日本です。

ワーホリ最新国なので渡航している日本人は少ないです。

ワーホリ国としては未知のオランダの、ビザ条件からビザ申請方法まで解説します。

オランダのワーホリ各種条件

大半の国同様、年齢制限は18-30歳、滞在可能期間は1年です。
(※滞在期間の延長についてはこの後説明します)

基本条件

  • 定員200名(先着順)
  • 日本国民であること
  • 文化交流を目的とすること
  • ワーキングホリデービザで以前に入国したことがないこと
  • 申請日に18歳以上31歳になっていないこと
  • 帰国便の航空券か購入のための十分な資金が証明できること
  • 扶養する子供が同行しないこと
  • 滞在中、一定期間生活できる資金があること
  • 海外医療保険に加入していること
  • 有効なパスポートを保持していること
  • 就学についての規制は明記されていません。

    就労・就学制限

  • 就労:職種等制限はないが1年を通し同一雇用主ものとで働くことは出来ない。自営業不可
  • 就学:明記無し
  • ワーホリはあくまで休暇目的のため、滞在資金を補うための就労にとどまります。

    ワーホリ全般について知りたいなら

  • ワーホリの制度について徹底解説ワーホリ完全ガイド
  • ワーホリ(ワーキングホリデー)って何歳までできるの?年齢条件について詳細解説
  • ビザ申請方法

    まず日本で事前登録をします。

    90日有効な渡航証が発行されるので期限内に入国現地にてビザ申請および支払いをします。

    現地に着いてから日本から書類を取り寄せるのは大変です。

    必要書類はしっかり準備してから渡航しましょう。

    事前登録

    登録は東京のオランダ大使館にメールを送信します。

    氏名、生年月日、パスポート番号を記載してください。

    事前登録の証明メールが来たら番号と個人情報、次のステップを確認してください。

    現地でのビザ申請の際に必要になるので必ずプリントアウトしてオランダに持参してください。

    90日以内にオランダに渡航します。
    この期限を延長することはできず、経過した場合は登録が無効になります。

    入国期限には十分注意してください。

    現地でビザ申請

    オランダのワーホリビザ申請は日本ではできず、オランダ渡航後になります。

    日本で下記の必要書類を準備したうえで渡航しましょう。

    申請はINDに郵送で行います。

    申請に必要なもの

  • 申請書(オランダ大使館ウェブサイトからダウンロード)
  • 先行証明書(請書の付録1を参照)
  • 有効な事前登録番号(事前登録メールを印刷したもの)
  • 有効なパスポートのコピー(最低6ヶ月以上の有効期限)
  • 帰国便の航空券または購入資金の証明
  • (市町村への登録に必要)翻訳された戸籍謄本など出生証明書
  • 【注意事項】

  • 原本ではなくコピーを郵送
  • A4片面、はっきりと判読出来ること
  • 各コピーにV番号またはクライアント番号を記入。番号不明の場合は、氏名と生年月日でも可
  • 戸籍謄本など出生証明書はビザ申請には不要ですが、市町村への居住登録に必要です。

    事前に滞在予定の市町村に連絡して、どの書類/証明書を持参する必要があるかを確認してください。

    料金の支払い

    INDが申請書を受け取った後、領収書の確認書が届きま​​す。

    支払い方法、追加提出書類(あれば)などが記載されています。
    料金は€69です。

    追加の提出物がある場合、指定された日より前に郵送しましょう。

    確認署の受け取りから2週間以内にINDの来館をオンライン予約します。

    窓口で生体認証データ(指紋)を登録し、居住地の承認ステッカーを受け取ります。

    審査を待ちます

    申請書を受け取ってから90日以内に通知が届きます。

    条件を満たしている場合は居住許可が、拒否された場合にはその理由が記されています。

    許可の知らせが来たら指定の窓口をオンライン予約の上訪問します。
    通知の内容が間違っていた場合はここで職員に伝えてください。

    要注意:パスポートの有効期限

    有効期限は入国時より1年3ヶ月以上有効である必要があります。

    期間が足りないか、ぎりぎりの場合は日本国内のパスポートセンターで延長してから申請を行いましょう。

    渡航後も様々な事情で滞在を延長したい、再申請が必要になった時、お持ちのパスポートの有効期限が迫っていると手続きが煩雑になります。

    コロナ渦のように、手続きの為に簡単に帰国できない状況になる場合もあります。

    「あと1年半あるからいいや」ではなく、余裕をもって延長申請することをお勧めします。

    注意事項

    ※記載の料金や情報は法改正等により予告なく変更することがあります。また、このページの内容は各国大使館・領事館等より情報を収集し細心の注意を払って作成しておりますが、正確なものであることを保証するものではありません。ビザ取得の際は、必ず各国大使館・領事館等の情報をご自身でもご確認ください。
    オランダ政府公式サイト:ワーキングホリデービザについて

    まとめ

    チューリップや風車で有名な童話の国オランダ。

    ワークライフバランスが良いことでも知られています。

    ワーキングホリデー制度はまだ始まったばかりなので分かりにくいことも多いですがその分成長できるはず。

    最新国にトライしてみませんか?

    今回はワーホリビザを申請する際の必須要項をお伝えしました。

    渡航の参考にしてください♪

    カナダ完全ガイド一覧に戻る

    東京オフィス

    〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
    AXALL ROPPONGIビル7F
    TEL: 03-4405-3370

    バンクーバーオフィス

    Suite460 1140 West Pender Street
    Vancouver B.C. V6E 4G1
    TEL: 778-580-7903

    トロントオフィス

    2 Bloor Street West, Suite 700
    Toronto, ON M4W 3E2
    TEL: 647-777-1719

    ページトップへ
    2,000人以上が登録中LINEで相談!
    ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!