ワーキングホリデーでカナダに行く方へ

ワーホリ

カナダ留学の選択肢の一つに「ワーキングホリデー(ワーホリ)」があります。

でも、そもそもワーキングホリデーって何なのでしょうか?

「どういうことができるの?」「普通の留学と何が違うの?」ということをはじめ、カナダのワーホリについての疑問をこのページで全て解決しましょう!

ワーホリ(ワーキングホリデー)って何?

まずは、ワーホリとはどういうものなのかについてまとめました。

 ワーホリについて

ワーキング・ホリデー (Working Holiday) 、通称ワーホリとは、18歳~30歳を対象に、日本と協定を結んだ国にて異文化に触れながら就学・就労・滞在ができる制度です。

ワーホリ

分かりやすく説明すると「外国で勉強したり、働いたり、旅行したりできる無敵のビザ」です。

特にすごいポイントが、通常なら就労ビザ(取得が大変)が無いとできないカナダでの就労が1年間自由にできるようになるということ。

ほかにも「就学」「観光」もできるのですが、できる期間が下記の表のように違います。

ワーホリでできること
就学(勉強) 半年以内
就労(仕事) 1年間
滞在(観光) 1年間

さらにくわしくワーホリについて知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。

 ワーホリのメリット・デメリット

では、そのワーホリですが「実際のところ、何がいいの?」という疑問にお答えします。

ワーホリのメリット・デメリット

具体的にはこんなメリットがありますよ♪

ワーホリのメリット

  • 英語が話せるようになる
  • カナダに友人ができる
  • 国際感覚が身につく
  • 外資系企業に就職できる
  • 貯金ができる
  • 外国の永住権が取れる
  • 多様性が身につく
  • 観光を楽しめる

下記では、ワーホリのメリット・デメリットをお伝えしています。

ワーホリ前に知っておきたいこと

上でも説明をしましたが、ワーホリは、「外国で勉強したり、働いたり、旅行したりができる制度」です。

ワーホリを無駄なく使っていただけるよう、ワーホリ前に知っておいてほしい情報をまとめました。

 初めに「語学学校に通うこと」が成功の秘訣

まず、ワーホリでは半年以内なら語学学校に通うことができます(半年以上の場合は学生ビザが必要)。

「え? 勉強するためにカナダに行くわけじゃなんだけど……」とおっしゃるかもしれませんが、待って下さい。

もし仮に遊ぶことが目的だとしても、まずは現地の語学学校に通うのをオススメします。

なぜなら、ワーホリでのカナダ生活で失敗する方には語学学校に行かなかった方が多いからです。

こちらの記事では「短期間でも語学学校に行くほうがいいよ」ということについて紹介しています。

 ワーホリの資金は少なくても大丈夫

カナダに行きたいのに、「貯金がないから……」「もっと資金を貯めからでないと……」と、留学に踏み切れていないという方はいませんか?

実は、ワーホリの資金は少なくても大丈夫なんです。

なぜなら、「1年間現地で働ける」というワーホリの中でもっとも魅力的な要素があるから。

つまりカナダでのワーホリ滞在中に働きながら、資金を抑えた留学ができるからです!

そして驚くかもしれませんが、日本で正社員をして貯めるよりも、カナダに渡航をしてアルバイトをして資金を貯めたほうが効率がいいんです。

くわしくは下記記事をご覧ください。

 最初はホームステイがコスパ高い

カナダに行ったら住む場所が必要ですよね。

複数の人といっしょに住む「ルームシェア」のような選択肢もありますが、最初の1ヶ月はホームステイをオススメします。

はじめはホームステイをオススメ

なぜかというと、ホームステイは1日3食の食事と個室が保証されているのに費用が安いからです。

だからこそ、最初はホームステイがコスパ高いんです!

こちらにホームステイのメリット、デメリットをまとめたのでご覧ください。

 ワーホリの前に「観光ビザ」で入国するのをオススメ

ここまでのお話を聞いて「よし!ワーホリでカナダに行くぞ!」と思われたことでしょう。

でもちょっと待ってください!

実は、ワーホリの前に「観光ビザ」で入国するという裏技があるんです。

上でもお伝えしましたが、ワーホリを使うと1年間自由に働くことができるのですが、実はその期間の使い方が大切だったりします。

渡航直後は、見知らぬ土地で生活に慣れるまでには時間がかかりますよね? たとえばこんな感じで。

渡航直後に必要なこと

  • 語学学校に行く
  • 新しい友達を作る
  • 仕事を探す

ワーホリで最大1年間働けるのに、その「働ける期間」をほかのことに使って消耗させるのはもったいないです。

日本人には観光ビザだけでも半年間カナダに滞在できるという特権があります。

その特権を利用して「就学期間」と「就労期間」を分け、ワーホリを100%活用するためのプランを考えてみてはいかがでしょうか?

詳しくは下記をご覧ください!

 留学はプラン通りに行かないもの

カナダ渡航前にいろいろと「留学プラン」を決めることになります。

そのプラン通りに進めることにこだわりがちですが、むしろ「留学はプラン通りにいかないもの」なのです。

留学は計画通りにいかない

それはなぜか?というと、下記のようなことがある「かも」しれないからです。

こんな「かも」がある可能性も?!

  • 日本に帰るつもりだけど、カナダに残りたいと思うかも
  • 今はやりたいことがないけど、カナダで目指したいものが見つかるかも

もちろん、留学プランを立てることで目標を明確にできるのですが、「もしかしたら」を前提とした「のりしろプラン(選択肢)」を知っていた方がよりスムーズに次へ進むことができます。

例えば、「もう少しカナダに残りたい!」と思った時のために、「就学期間」と「就労期間(ワーホリ)」を分けておけば、資金面での断念を避けることができるかもしれません。

後からタラレバにならないような「のりしろのある留学プラン」や「情報」は必要です!くわしくは、こちらの記事をご覧ください。

カナダのワーホリを申請する

では最後に、カナダのワーホリを申請することについて紹介します。

 ワーホリ申請に必要な書類

カナダのワーホリは思っているよりも簡単に申請することができます。

必要な書類についてはこちらの記事をご確認ください。

 ワーホリ申請代行

ワーホリは自分で申請ができますが、カナダ留学コンパスでも代行を行っております。

弊社のカナダのワーホリ代行申請料は$300となります。

ただし、特定の条件を満たす方に無料でワーホリ申請の代行をいたします(下記参照)。

カナダ・ワーホリ申請代行費用
通常 $300
8週間以上の学校へお申込み $100
12週間以上の学校へお申込み 無料

カナダ留学コンパスを通して語学学校へのお申込みをされた方には、ワーホリ申請代行料が66%OFF、もしくは無料になります。

くわしくはこちらをどうぞ!