社会人が観光ビザとワーホリを最大活用!職歴と英語力強化で永住権を取得した例

30歳以下の若者のみに与えられた特権とも言える「ワーキングホリデービザ」

カナダで1年間、自由に働けるという夢のようなビザです。

でも、1年で終わらせるのはもったいない。

村山

ワーホリを活用すると、なんとカナダの永住権につなげることも可能なんです。

今回は、ワーホリを100%活用して永住権取得にまでつなげた社会人、K・Iさんのケースをご紹介します。

ワーホリの1年間を有効に使い永住権を取ったK・Iさん

ワーホリ

今回紹介する事例の主人公であるK・Iさん(仮名・24歳)について簡単に紹介します。

  • 24歳
  • 短大の英語学科を卒業
  • 英語が好きでTOEICは750点
  • 金融機関で2年事務職として働いていた
  • 現在は求職中

この仕事をしていない期間を生かし、カナダにワーキングホリデービザで滞在することを考えています。

日本で再就職したい気持ちはあるものの、海外に移住することにも興味があります。

カナダ留学をした後、そのままカナダに永住できたらいいな」などとぼんやりと考えています。

K・Iさんがカナダに来る前にやったこと

では、K・Iさんがカナダに来る前にやったことをまとめます。

まずはカナダ留学コンパスに相談!

K・Iさんは、金融機関で働いていた経験を活かして、オフィスワークで働きたいと思っていました。

英語も、TOEIC750点のスコアがあるので、英語でビジネスをするのに十分なはず。

語学学校に通う必要はないと思っていましたが、「話だけでも聞いてみよう」と思ってカナダ留学コンパスに相談しました。

相談の際は、ワーホリの後にどうしたいのか、長期的な目標について、カウンセリングをしてもらいました。

カナダ永住にも興味があると説明したところ、こう言われました。

村山

日本人がカナダでオフィスワークの仕事を見つけるのは難しいし、ワーホリ後の就労ビザ、永住権につなげるのは更に難しいです。

K・Iさんはカナダの永住を甘く見ていたようです…。

 

村山

でも大丈夫!移民プログラムによっては、専門性がなくても永住権に有利になる職種があるんですよ。

ワーホリを足掛かりに永住権を目指すために、BC州の永住権制度(BCPNP)である、Entry Level and Semi Skilled(ELSS)のプログラムをすすめられました。

カナダ留学コンパスには、有資格の移民コンサルタントが常駐しているので、安心して相談できます。

BCPNP ELSSってなに?

「BCPNP ELSS」とは、ブリティッシュコロンビア州の特別な永住プログラム。

ブリティッシュコロンビア州が特に必要とする職種の人材に限って、低い専門性レベルの人の永住を認めるというプログラムです。

詳細はこちらの記事をごらんください。

該当の職種の中で、特に就職先をみつけやすいのは、飲食業のサーバー(ウェイトレス/ウェイター)、キッチンヘルパーなど。

たとえば、サーバーとして9ヶ月以上同じ雇用主の元で働いていれば申請することができます。

BCPNP ELSSの申請ステップは、大きく分けると以下の5段階です。

  1. 9か月間の就労条件を満たす
  2. 「BCPNP」の登録をする
  3. 抽出され「BCPNP」に申請する
  4. 「BCPNP」の承認を受ける
  5. 連邦に永住権申請をする

ワーホリビザが切れるまでに「上記  のところまで」到達すれば、就労ビザの延長申請をすることが出来ます。

しかし、9か月間働いて申請条件を満たしてすぐにBCPNPの登録をしたとしても、ワーホリビザが切れるまでに無事就労ビザを申請するにはかなりギリギリです。

村山

がんばってすべてのスケジュール通りに進めましょう!

英語の勉強は相当必要

指定の職種で9か月間就労するのは、申請のスタートラインに立つための最低条件です。

BCPNPに登録しても、さらにポイント制の永住プログラムでポイントを稼がなければいけません。

ポイントの稼ぎどころは、学歴、職歴、英語力

学歴については、ワーホリの前にカナダのカレッジに通うことで学歴のポイントを稼ぐことができます。

職歴については、BCPNP ELSSでエントリーレベルの職種に指定されていることから、職歴でポイントを稼ぐのは難しいです。

したがって、英語力が一番のポイントの稼ぎどころです。

 

カナダ永住権取得の際の英語力は、CLBという基準で測ります。

英語力のポイントは最高のCLB 10だと30点もらえます。

K・IさんのTOEIC750点だと、CLBはいくつくらいなのでしょうか?

CLBを1段階上げるのに、どれくらい勉強しなければいけないのでしょうか?

日本で一般的に使われる英語料の指標がカナダでどれくらいの位置づけなのか、英語力を上げるのに、どれくらいの勉強が必要なのか、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

TOEIC750点は、CLB 7に相当します。

村山

(TOEIC と CLBの換算は、様々な英語試験を受けたわたしの経験による独断です!)

CLB 9を目標に、2段階のレベルアップを目指すことにしました。

CLB 7からCLB 9へのレベルアップは、英検準1級から英検1級へのレベルアップに相当します。

ワーホリのプランを決めました!

カナダ留学コンパスで相談した結果、K・Iさんは、

  1. 飲食店でサーバーとして9か月間働く
  2. BCPNP ELSSで永住権申請を目指す

ことにしました。

英語には自信がありましたが、カナダ永住に必要なレベルが英検1級と同レベルと聞いて、まだまだ勉強が必要だと知りました。

そこで語学学校に5か月通うことにしました。

最初は観光ビザでカナダに入国し、英語力のアップと生活基盤の確保をしてからワーキングホリデービザを取得することにしました。

英語の勉強が必要なこと、ワーキングホリデービザの活用法は、カナダ留学コンパスに相談して初めて知ったことです。

相談してよかったです。

観光ビザでカナダに入国して、ワーホリビザを100%活用する方法について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

国境でのビザ切り替えについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

カナダの永住権を取れました!

観光ビザでカナダに入国し、語学学校に通い始めたK・Iさん。

これもカナダ留学コンパスのおすすめで、最初の1か月はホームステイに滞在しました。

1か月後にダウンタウンのシェアハウスに移り、家の近くで就労先を探し始めました。

レストランのサーバーで9か月働く

カナダ留学コンパスで履歴書の書き方、面接のアドバイスをしてもらい、ワーホリビザに切り替えるのと同時に仕事を見つけることができたK・Iさん。

雇用主には、働き始める前にBCPNPで永住権申請をすることを伝え、申請に協力してくれるようお願いしています。

頑張って働いたことを評価され、時給を上げてもらえ、さらにはチップもあるので、カナダで働くのは思ったよりずっと稼げます

英語の試験で目標スコアをゲット

K・Iさんは語学学校在学中と就労中に、合計3回英語試験のCELPIPを受験して、3回目で見事目標のCLB9を取ることができました!

CELPIP はリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4技能で採点され、4技能のうち、1番低い技能の点数が全体の点数となってしまいます。

4技能のスコアを揃えなければいけないので、目標のスコアを取るためには、複数回の受験を覚悟しましょう。

村山

公式英語テストは受験料が高いので、何度も受験するのに躊躇するかもしれませんが、こればかりは仕方ありません。がんばって英語のスコアを上げましょう!

条件を満たすと同時に申請

K・Iさんは9か月働いて申請の条件を満たすと同時に、BCPNPに登録しました。

十分なポイントを稼いでいたのですぐにBCPNPに申請することができ、承認されました。

BCPNPの推薦を受けた後、連邦政府に永住権申請をしました。

ここまでの手続きはワーホリビザが有効な間に済ますことに成功。

そのため、就労ビザで滞在を延長することができ永住権申請の審査はかなり待たされましたが、働き続けながら待つことが出来ました。

最後には無事にカナダ永住権を取ることが出来ました。

村山

綿密なプランと十分な努力があれば永住権取得は可能です!

まとめ

ワーホリビザは働いても、勉強しても(6か月以内なら)、遊んでもいい、最強のビザです。

ワーホリの1年間をどう使うかは完全に自由。

でも、計画的に使えば、ワーホリビザの1年間だけでカナダ永住権の申請にまでたどり着くことが出来ます。

一生に一度しか使えない貴重なワーホリビザ。

綿密に計画を立てて、後悔のないように100%活用しましょう!

カナダ留学コンパスがお手伝いします♪

観光ビザと組み合わせたワーホリビザの活用法は、こちらの記事をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る