ワーホリビザの前に観光ビザでカナダに入国するのをオススメ

visitor bofore working holiday

過去の記事で「ワーキングホリデービザ」についてご紹介しました。

ワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)は、31歳まで取ることができる、カナダで仕事や観光ができる夢のようなビザです。

ですが、「一生に一度しか取れない」という制約があります。

今回は、ワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)を100%有効活用する方法について、徹底的に解説します!!

「ワーホリビザについてまず知りたい!」という方は、こちらの記事を先にご覧ください。

こちらもご覧ください
ワーキングホリデービザについて

「ワーホリビザ」のもったいない使い方

今まで、1000名以上の方の留学に携わってきました。

ひとりひとり、自分の留学の希望に合ったビザを取得してカナダに滞在、留学されたのですが、ひとつ気になっていることがあります。

末永

ワーホリビザのもったいない使い方をしている人が多いんです!

ワーホリビザは、1年間、カナダでこんなことができます。

  • カナダで働く
  • カナダの学校に通う(6か月未満)
  • カナダで観光する

そうです、1年間、何をしてもいいんです。

そして、何でもできる強力なビザであるだけに、ワーホリビザは一生に一度しか取れません。

何がもったいないかというと、上で挙げた、「カナダの学校に通う(6か月未満)」と「カナダで観光する」は観光ビザでもできるんです。

観光ビザでできることには観光ビザを使って、ワーホリの1年間はワーホリでしかできない、「カナダで働く」ことにみっちりと使いましょう。

ワーホリビザは、カナダの就労ビザの一種類で、就労ビザを持っている期間の就労は、カナダ永住権取得の重要なポイントになります。

ワーホリビザの1年間で申請の条件を満たすことができる「BCPNP ELSS」永住権制度もあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

こちらもご覧ください
BCPNP ELSSについて

ワーホリの1年間は、「何となく楽しく過ごす1年間」にもなるし、「カナダ永住につながる、人生のターニングポイントの1年間」にもなるんです!

それでは、ワーホリビザと観光ビザを組み合わせて100%有効活用する方法をご紹介します。

観光ビザでカナダ入国

「ワーホリビザと観光ビザを組み合わせる」と言っても、特別なことは何もしません。

ただ、ワーホリのことを黙って、観光ビザでカナダに入国するだけです。

でも、ワーホリのことを黙って入国するのって、本当に大丈夫なんでしょうか?

大丈夫なんです。他にも同じ疑問を持っている人がいて、カナダ移民局に質問をして、その回答がウェブサイトに掲載されています。

working holiday visitor

カナダ移民局ホームーページの「よくある質問」ページでの回答

内容をざっくりと訳すと、

「私のワーホリビザが承認されましたが、私はまだ働きたくありません、しばらくの間、観光ビザでカナダに入国してもいいですか?」

はい、あなたが観光ビザの条件を満たしていて、就労しないのであれば問題ありません。

ね。大丈夫なんです。

でも、いくつか注意点があります。

観光ビザでカナダ入国時の注意点

  • 帰りの航空券が必要(カナダで帰国便をキャンセルすればOK)
  • eTAが必要

観光ビザで入国するので、帰りの航空券とeTAが必要になりますが、ワーホリの承認を受けた状態で観光ビザでカナダに入国すること自体には、何の問題もありません。

 

空港でのビザ発給手続きについては、以下の記事もご覧ください。

すぐ働くつもりでも最初は観光ビザがおすすめ

「カナダに着いたら最初からバリバリ働くのだ!」という気合十分な場合でも、やっぱり最初は観光ビザで入国することをすすめます。

ワーホリビザの有効期間は、ビザの発行日から1年間です。

でも、カナダに着いてから、仕事を始めるまでには、

  • 求人情報を探して、
  • 求人に申し込んで、
  • 面接をして、
  • 採用される!

など、実際に働き始めるまでには思ったより時間が掛かります。

仕事を始めるまでに時間がかかると、せっかく1年間働けるワーホリが無駄になってしまいます。

ですので、最初は観光ビザで入国して求職活動をして、面接で採用が決まったら、最初の出勤日の直前にアメリカとカナダの国境に行き、一旦出国、再入国してワーホリビザをもらいます

こうすることで、ワーホリビザの1年の間すべて働くことができます。

国境でのビザ切替えについて、詳しくはこちらの記事もごらんください。

 観光ビザの期間にできること

観光ビザの期間には、今ご紹介した求職活動の他にも、次のようなことができます。

  • 長期の滞在先を確保する
  • 語学学校に通って英語力をアップする
  • 私立カレッジに通って専門知識を身につける

それぞれについて、詳しく説明しますね。

長期の滞在先を確保する

カナダに着いた直後はホームステイをすることをおすすめします。

ですが、ホームステイはバンクーバーダウンタウンなどの都心部にはほとんどありません。

そして、ワーホリの就労先としてメジャーな飲食店は、都心部に集中しています。

さらに、がっちりお金を稼ごうと思うと、深夜まで営業している居酒屋などのお酒が出る飲食店がおすすめです。

深夜まで営業している店で働くと、仕事が終わって帰る時間も当然遅くなります。

バンクーバーを始め、カナダは治安が良いのですが、深夜に、郊外で独り歩きをするのは危険です。

以上のことから、都心部で遅い時間まで働く場合、滞在先は職場に近いシェアハウス等をにするのがベターです。

自分がどんな職場で、どんな時間帯の仕事をしたいのか決め、求職活動と並行して、安全に職場に通える滞在先も見つけておきましょう。

語学学校(ESL)に通う

求職活動と並行して、語学学校(ESL)に通うこともできます。

1か月から3か月程度語学学校に通うと、カナダでの生活に慣れるとともに、英語力が伸びるので、仕事を始めてからの生活が、より快適、有意義になります。

働き始める前に語学学校に通うと、こんないいことがあります。

  • 英語力が上がって、日系以外の会社で働けるかもしれない
  • カナダで他の留学生の友達(日本人も含めて)ができる
  • 学校のアクティビティを使って、短時間で効果的に観光ができる

語学学校に通う学費は痛い出費ですが、その出費以上にカナダ生活のクオリティが上がります!

上に挙げた、「友達ができる」というのが意外に重要です。

仕事を始めて生活が職場と自宅の往復になると、閉ざされた人間関係で交友関係を広げていくのが難しくなります。

語学学校に通って、友達を作っておくと、仕事の愚痴や悩みを中立的な立場で聞いてもらえたりします。

留学、ワーホリ中の友達は本当に貴重ですよ。

期間限定のプロモーションをご紹介できることもありますので、ワーホリビザを取る前の語学学校について、カナダ留学コンパスにご相談ください。

私立カレッジに通う

私立カレッジの中には、6か月未満のプログラムを提供している学校もあります。

短期のプログラムには、ビジネスマネジメントやホスピタリティマネジメントのプログラムが多いです。

また、こうしたプログラムには、カナダでの履歴書の書き方、面接対策、求人の探し方、等の授業も含まれていて、カナダの雇用慣習について、知識を得てから求職活動をすることができます。

私立カレッジに通ってからワーホリビザを取ることで、日系企業以外の、よりレベルの高い就労先を見つける可能性が高まります。

6か月以内で通える私立カレッジのプログラムについて、詳しくはカナダ留学コンパスにお問い合わせください。

まとめ

いかがでしたか?

ワーホリビザは年齢条件以外の条件が厳しくないので、比較的容易に取れます。

でも、ワーホリビザを安易に使って、せっかくの一生に一度の1年間を最大限活用しないのはもったいないです。

カナダで1年間好きな職場、職種で働けるって、本当に貴重なんですから!

ワーホリを100%活用するためのビザや学校の使い方についての相談も無料で承っています。

気軽にご相談くださいね♪

visitor bofore working holiday

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る