格安でカナダにワーホリする方法

「留学は高いから無理…」

「いつか貯金できたら海外に行きたい…」

そう悩んでいる方はとっても多いです。

しかし、実はワーキングホリデー(ワーホリ)制度を使うことで格安で留学できることをご存じでしょうか?

場合によっては留学予算50万円で一年間滞在をすることも不可能ではありません!

カナダのワーホリビザを使って、できるだけ予算を抑えて留学するためのコツをご紹介いたします。

カナダのワーホリ基本情報

ワーホリとは?

ワーホリとは、若者の異文化交流や国際経験を目的とした滞在許可(ビザ)です。

日本とカナダはワーホリの協定を結んでいるので、日本の若者はカナダに、カナダの若者は日本にワーホリを使って滞在できます。

カナダのワーホリビザを取得する条件はただ一つ、31歳未満であること。

他のビザ(学生ビザや就労ビザ)と違い、ワーホリビザの目的は自由!

一年間観光や遊んで過ごしても良いですし、学校に通いたり、働くこともできます。

人生に一度しか使えないビザですが、活用次第ではカナダ就職やカナダ永住につながる、人生に大きなチャンスを与えてくれる貴重なビザです。

ワーホリビザで働ける!

ワーホリビザは雇用主の制限のない就労ビザ(オープンワークパーミット)の一種なので、どんな雇用主の元でも自由に働けます。

通常海外で働く場合、その国の就労許可証(就労ビザ)が必要となりますが、ワーキングホリデー制度を使うとこの就労ビザが簡単に取得できます。

また、学生ビザでの留学と異なり、一年分の生活費を含めた費用を準備しなくても渡航ができるのが大きいポイントです!

このように、ワーホリを使うと最小限の費用でカナダに渡航できますし、現地で仕事をして生活費も稼げる、とっても魅力的なビザなんです。

ワーホリの申請は自分でできる

実はワーホリ申請は自体は複雑ではないので、ご自身での手配もできます。

ただし、申請はもちろん英語ですし見慣れない書類も多いです。

少しでも不安のある方は、カナダ留学コンパスまでお気軽にご相談ください。

格安でカナダにワーホリするコツ

ワーホリの魅力は、なんといってもカナダに滞在しながら働けるところ。

つまり、工夫次第では予算を大幅に抑えてカナダで暮らすことができます。

ワーホリ代を格安に抑えるには現地での収入を増す、そして支出を抑えるのがコツ。

ワーホリ中の収入を増やすポイント

  • 現地ですぐに仕事をはじめる
  • 稼げる仕事を選ぶ

ワーホリ中の支出を抑えるポイント

  • だらだら学校に通わない
  • 滞在費、宿泊費を工夫する

それぞれ詳しく説明します!

格安ワーホリのコツ:収入を増やす

できるだけ早く仕事を始める

ワーホリでカナダに滞在中に収入を増やすもっとも重要なポイントは「できるだけ早く仕事をはじめる」こと。

しかし、ワーホリで入国した後に滞在先を見つけて、就活の仕方を学んで、就活して…と準備をしていたらあっと言う間にワーホリの期限が切れてしまいますよね。

そこで!おすすめなのがワーホリの前にまずは学生ビザ(または観光ビザ)で入国すること!

先に学生ビザで入国して、就学中に仕事探しを始めておきます。

そして、仕事先が見つかったタイミングでワーホリビザに切り替えれば、1年間たっぷり働くことができるんです!

学生ビザからワーホリビザへの切り替えはカナダ国内からで出来るので、わざわざ日本に一時帰国する必要もありません。

ワーホリを100%活用する方法についてはこちらの動画でも詳しく解説しています!

例えばワーホリ前に語学学校に通う場合、卒業してから履歴書を作り仕事を探すのではなく、語学学校に通っている最中から仕事を探しを始めるのがコツです。

学校に通っている期間なら先生から履歴書作りのアドバイスを受けることも可能です。

さらに早めに準備をすれば、就学中からパートタイムで仕事を始めることもできます!

就学中のアルバイト例

カナダで有名なコーヒーチェーン店のティム・ホートンでは週1~2回、1日4時間程度からでも働けます。

さらに、朝5時くらいからのシフトもあるので、学校前に短時間だけアルバイトをすることも可能です!

隙間時間を有効に活用できますね。

英語の履歴書の書き方

カナダの履歴書は日本とは違います。

履歴書の書き方には一定ルールがあるので、それらが守られていないと目を通してももらえません。

カナダの履歴書ルールの例

  • 年齢の記載×
  • 性別の記載×
  • 顔写真の添付×

カナダでは年齢や性別、国籍などは差別につながるとして、履歴書で記載はしません。

履歴書の書き方について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

カナダでアルバイトの見つけ方

カナダではじめての仕事探し、不安も多いと思います。

しかし!しっかりと手順を踏めば難しくありません!

特にバンクーバーのエリアには日系のお店も多く、英語力が高くなくてもしっかりと働ける環境があります。

カナダでアルバイトを探すコツはこちらをご覧ください。

仕事探しについて、相談できる先もたくさんあります。

もし語学学校に通っているなら、ぜひ担任の先生にも相談してみてください。

学校によっては履歴書のワークショップなどがあったりしますので、色々と活用をしてくださいね。

また、カナダ留学コンパスのサイトにはカナダの求人掲示板もありますし、仕事探しのご相談を受け付けていますのでご安心ください!

稼げる仕事を選ぶ

現地で滞在中に収入を増やす2つ目のコツは、稼げる仕事を選ぶこと。

いちばんのおすすめは飲食店です!

語学学校を卒業し、24時間自由な時間が確保できるようになったらまずは飲食店で働きましょう。

カナダの飲食店では、給料とは別にTip(チップ)収入を見込むことができます。

さらに、飲食店での仕事は初期費用もいらないですし、すぐに働けます。

飲食店での収入例

バンクーバーにある毎日行列のできる人気の日系居酒屋で働いた場合、入ったばかりの新人でもフルタイム(週40時間)勤務で毎月のチップだけで$1,000以上(約8万円)稼ぐことができるそうです!

チップ文化の他、カナダは最低時給も高いですし労働環境もとても良いです。

がんばり次第でたくさん稼げるので、ワーホリ中はぜひ収入の良い仕事を見つけましょう!

格安ワーホリのコツ:支出を抑える

ダラダラと学校に通わない

ワーホリ期間中に語学学校(ESL)に通う方も多いです。

しかし、語学学校に長く通えば通うほど英語力が高くなるわけではないのでご注意ください!

よくグラフなどで、「3か月ESLに通うとTOEIC600点、6か月で800点、1年で900点」などと、あたかも学校に通うだけで英語力の伸びを保証しているかのような記載がちらほらみられますが、そんなことはありません。

留学エージェントで「英語力が低いから長期間(6か月以上)は語学学校に通った方が良い」と勧められた場合は注意が必要です。

(※ただし、短期間の語学学校はとてもおすすめです!)

「長期間申し込んだ方がお得ですよ」と留学エージェントに勧められても、実際に料金表を比較してみると1週間で$10~$20程度の割引しかならないことも多いです。

語学留学はまず短期間(1〜3ヶ月)だけ申し込んでおき、現地で延長をすることも可能です。

ワーホリ費用節約のためには、いきなり長期の学校に申し込むのはやめておきましょう。

就学期間について少しでも不安に思うことがあればご相談ください!

カナダ留学コンパスでは「目的」や「予算」などをお伺いし、ひとりひとりに合った留学プランを提案いたします。

滞在費を安く抑える工夫をする

カナダでワーホリ中にかさむのが滞在費(宿泊費)

できるだけ安く抑えたいですよね。

ホームステイは渡航直後から衣食住を心配しなくてよくて便利ですが、ひと月に$900程度かかる場合が多いです。

また、ステイ先が郊外の場合が多く、その分交通費もかかるので結果的に高くついてしまいます。

そこで、ワーホリ中ホームステイ後すぐにルームシェア(シェアハウス)などに移動することをおすすめします。

カナダでは留学生同士でアパートを借り、家賃を折半して滞在するルームシェアがとても人気です。

家賃$1,000のアパートでも2名でシェアすれば一人当たり$500で済みますし、少し広いアパートを$1500で借りて、4人でシェアすることもできるでしょう。

(私がカウンセリングを担当した留学生の中での最安値はひと月$350、自炊とバイト先の賄いで節約して、毎月のコストは$400と言うツワモノもいました。)

また飲食店で働いている場合、代々スタッフ同士で部屋を引き継いでるケースもあるそうです!

さらに、飲食店のアルバイトでは「まかない」が付いていることも多いです。

ランチ・ディナーと入れば2食分浮くので、まるまる1か月分食費タダになった!というケースもあったりします。

 

なお、部屋がどうしても見つからない場合は、ユースホステルバックパッカーホテルにお世話になるのもありです。

部屋は汚く相部屋になりますが、完全に英語環境なので気に入る人もいます。

(ただしこのようなホステルには色々な方がいるので、変な遊びを覚えないように注意してください。)

格安でカナダでワーホリをする方法まとめ

ワーホリを格安で実現するポイントは

  1. できるだけ早く仕事を始める
  2. 稼げる仕事を選ぶ
  3. 計画的に学校に通う
  4. シェアハウスなど滞在費を工夫する

これらにしっかりと沿うことで、格安留学は可能です!

予算がないからとあきらめずに、まずは留学に何を求めるのかを明確にしてから具体的なプランニングをしてみてください。

ひとりひとりの性格や目標、時期や期間などによっても留学プランは変わってきますので、格安ワーホリをご希望の方はまずご相談ください!

ぴったりの留学計画をご提案いたします。

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!