経験者だからできる学校紹介~YuiさんのKwantlen Polytechnic University (KPU)留学体験談

こんにちは!

カナダ留学コンパスのMikiです。

今回は、Kwantlen Polytechnic University (KPU)に通っているYuiさんに、学校の紹介をしてもらいます。

Kwantlen Polytechnic University (KPU)の基本情報

KPUはバンクーバーにある有名大学の中で、University of British Columbia(UBC)Simon Fraser University(SFU)に続き3番目に大きい大学です。

キャンパスは全部で5か所

KPUのキャンパスは、全部で5つあり

  • Surry
  • Richmond
  • Tech
  • Langley
  • Civic Plaza

にあり、学部により実際に通うキャンパスが異なります。

国籍と年齢の割合

Covid-19の影響により私自身がオンラインを通しての授業しか受けたことがないので、はっきりとした国籍や年齢の割合はわかりません。

しかしカナダやインド、中国出身の生徒が多くみられます。

日本人はほぼいません。

年齢層は幅広く20代前半の方から30代後半やさらに上の方もいます。

既に一度他の大学を卒業した方や既に仕事をしており、自身のキャリア向上のためにKPUに通う人も多くいますよ。

入学して授業を実際に受けるまでの段取りは?!

ここからは、申込みをしてから授業を受け始めるまでの段取りを説明します。

私はKPUのビジネスマネジメント、ディプロマコースへ入学しました。

必要な書類を集めカナダ留学コンパスの方にサポートをして頂き、学校へ提出しました。

その後、無事にLOA(入学許可証)を受け取りKPUへの入学が決まりました。

私はKPUへ入学する前に、他のカレッジ(コキットラムカレッジ)で幾つか単位を取得していたので、それを移行するための手続きもしました。

科目登録について

科目登録は新しいセメスターが始まる約1ヶ月前に設定されます。

単位の取得数が多く、尚且つ成績のいい人から順に科目登録ができます。

科目の登録や授業料の支払いは全てオンラインで行われます。

人気のあるクラスは直ぐに埋まってしまうので注意が必要です。

他にも私の場合はKPUの前に他のカレッジで既にいくつか単位を取得していたため、course requirement と照らし合わせながら、同じクラスを何度も取るとこのないように気をつけました。

自分がどのクラスを取ればいいか分からなったり、不安な人は事前に学校のカウンセラーの方が相談に乗ってくれますよ。

私も最初のセメスターの科目登録をする前に、カウンセラーの方と相談をしてクラスを決めました。

KPUには留学生専用のカウンセラーも何人かいるため、いつでも親切に対応してくれます!

実際の授業はどんな感じ?

私の専攻はビジネスマネジメントなので、ビジネスに関連した科目として

  • Business
  • Communications
  • Computer business systems

などが必須となっています。

1セメスターの流れ

前述した通り、セメスターの約1ヶ月前にオンライン授業の登録をします。

先生にもよりますが、セメスターが始まる数日前に、Moodle(KPUの学習サイト)にコーススケジュールやクラスについての短いビデオを掲載してくれます。

そしていよいよセメスターが始まります!

一番最初のクラスはオリエンテーションなので、授業は2回目のクラスからスタートします。

ちょうど半分のセメスターが終わった時点で中間試験があります。

そしてセメスターの最後には期末試験があります。

この大きな2つの試験のほかに、毎週の課題やクイズ、ファイナルプロジェクトなどがあります。

ビジネスの授業

まずはビジネスの授業についてです。

BUSI 1110 (Fundamentals of Business in Canada)

BUSI 1110 (Fundamentals of Business in Canada)では主にビジネスの色々な分野の基本を幅広く学びました。

このクラスは特に毎週クイズがあったので予習復習が欠かせませんでした。

先生が授業での理解度を高めるために、毎週の授業前に授業の予習ビデオをMoodle (KPUの学習サイト) に投稿してくれていました。

なので、それを授業の前に必ず見るようにし、授業中で先生の問いかけに積極的に答えるようにした事で、オンラインではありますが実際にクラスを受けているような感じがしました。

BUSI 1210 (Essentials of Management)

BUSI 1210 (Essentials of Management) のクラスでは主にビジネスマネジメントについて学びました。

このクラスでは中間試験と期末試験の他に毎週エッセイの課題がありましたが、クラスで学んだ事を元に実際に起こりうるビジネスのシチュエーションで自分の考えをアウトプットができるいい機会だったと思います。

他にもこのクラスでは大きなファイナルプロジェクトもあり、それを完成させる為に私は2ヶ月ほどかかりました。

時間はかかりましたが沢山のリサーチを通して、ビジネスマネジメントについてこれから更に深く学びたいと思いました。

BUSI 1250 (Human Resources Management 1)

BUSI 1250 (Human Resources Management 1) のクラスでは人材マネジメントについて学びました。

このクラスでは毎回の授業でディスカッションやグループワークの時間があり、オンラインを通してクラスメイトと関わる機会が沢山ありました。

こちらがオンラインの授業風景になります。

話を聞いていると何人かののクラスメイトは実際にHR マネジャーとして既に働いており、その人達の話も沢山聞けて良かったです。

コミュニケーションの授業

CMNS 1140 (Introduction to Professional Communication) のクラスでは主にビジネスでのコミュニケーションのとり方について学びました。

毎週の課題と中間試験の他に期末試験の代わりにファイルレポートがありました。

自分の将来のキャリアについてリサーチをし、レポートを書いたり、ビジネスレターの書き方などを学びました。

またオンラインを通じてのプレゼンテーションもあり、自分の考えをクラスメイトや先生に伝えたり、それについて意見をもらうことができました。

会計の授業

私はKPUでACCT 2293 (Accelerated Introductory Financial Accounting) のクラスを取りました。

このクラスはACCT 1110 (Introductory Financial Accounting 1)とACCT1210 (Introductory Financial Accounting 2)が一緒になったクラスで会計の基礎について学びました。

2つのクラスで学ぶことを1つのクラスで行ったので毎回の授業のスピードが他のクラスに比べて早く感じました。

毎週課題はありましたが、成績には影響しませんでした。

私がこれまでに取ったKPUのクラスでもいくつかそのようなクラスはありましたが、先生が課題として出したものは成績に繋がらなくても、他の中間試験や期末試験に似たような問題が出たり、自分の理解を深めるためにもやることを必ずおすすめします。

私の先生やカウンセラーの方は1番最初にこのクラスでいい成績を取ることは難しいと言っていました。

しかし、しっかりと毎回の授業で自分のわからないところを先生に聞いて解決したり、予習復習をしっかりすれば会計の予備知識がなくても大丈夫ですよ。

コンピュータービジネスシステムの授業

私が前に通っていたカレッジではこのクラスがなかったのでどんなクラスだろうとワクワクしていました。

このCBSY1105 (Computer Business Application) のクラスではMicrosoft Word、Excel、PowerPoint の基本的な使い方を学びました。

こちらが実際に使用しているテキストです。

他のクラスと同じように毎週課題や中間試験、期末試験はありますが、そこまで難しいことや複雑なことを扱っていないので、「KPUへ入学して初めてのセメスターで、ビジネスを専攻している人」におすすめのクラスです。

1日の流れ

前回の春のセメスターでは3つクラスを取っていて、月曜日、木曜日、土曜日に授業がありました。

授業の時間帯にもよりますが、授業がある日は朝8時頃起床し、授業が始まるまで前回の授業の復習や課題などをして過ごします。

その後オンラインで、1時間30分から2時間 ほど授業を受けます。

授業が終わったあとは仕事がある日は仕事に行きます。

仕事がない日は散歩をしたり、料理をしたりと気分転換をした後、授業の予習、復習や課題を進めます。

授業がない日は勉強ももちろんしますが、その他にも仕事に行ったり、ボランティア活動をしたりしています。

KPUで良かったと思うこと

どのクラスも他の大学と比べて少人数なので先生が一人一人の生徒に対してきちんと配慮してくれます。

オンラインを通しての授業ですが、機械のトラブルにも臨機応変に対応してくれます。

また、ほとんどのクラスで先生が授業を録画してMoodle(KPUの学習サイト)に投稿してくれるのでコロナの関係でカナダ国外にいる生徒でも時差を気にすることなく、自分にあった時間に授業を受けることができます。

今後の目標

私の今後の目標は今年の12月までにKPUを卒業し、ポスグラビザで1年間働き、できるだけ最短で永住権を取得する事です。

その後は、ずっと目標にしていたUBC へ編入し更に上のレベルでビジネスを学びたいと思っています。

まとめ

いかがでしたか?

KPUは「公立大学」ですので、ポスグラビザがおるだけでなく、専門職の学科が多いので就職率も高いです。

また、Yuiさんのように今後別の大学へ編入を希望されている方や、キャリアアップのために通われる方も多いんですね!

ぜひ自分に合った留学プランを一緒に見つけていきましょう。

カナダ留学コンパスの無料相談をご利用ください。

 

 

Tags:

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!