カナダの銀行について

渡航前に質問を受けるのが「現地でのお金の保管方法」についてです。

カナダに「学生ビザ」や「ワーキングホリデービザ」で滞在をする場合は、カナダで銀行口座を開設すると非常に便利です。

特に、「ワーキングホリデービザ」で滞在をする方は、お給料の振込先で必ず必要になりますので、早めに準備をすることをオススメしておきます。

注意)「観光ビザ」で滞在予定の方は残念ながら、銀行口座の開設はできません。
その場合は、「現金を持ち込んでスーツケースで保管」「国際キャッシュカードやクレジットカードを使用」という方もいるのですが、セキュリティ面や手数料などで不安に感じる方もいます。
最近は「キャッシュパスポート」をお持ち頂く方が増えていますので、そちらについては別記事にてご案内します。

カナダは日本よりもキャッスレスが進んでおり、現金を持ち歩くという習慣がありません。(セキュリティ面の理由もあるとは思いますが。。。)

多くの人がデビットカード(銀行口座から直接引き落とす機能でキャッシュカードにデビット機能が標準装備しています)か、クレジットカードを使用して買物をするので、ほとんどのお店でカード決済が可能です。
(とはいえ、現金の支払いしかできないお店も少数はあるので、現金があると間違いないかと思います。)

今回は、銀行口座を開設するに辺り「カナダにはどういう銀行があるのか?」について説明をしていきたいと思います。

カナダにある銀行

それでは早速、カナダで有名な銀行をご紹介していきます。

留学生が利用する銀行は、これからご紹介する「5大銀行」のどれかになると思って頂いて問題ありません。

特に、留学生はダウンタウンの学校に通うことが多いので、通学途中に支店(ブランチ)がある銀行などで口座を作る方が何かと便利だと思います。

カナダ5大銀行

  1. CIBC (Canadian Imperial Bank of Commerce)
  2. TD Canada Trust (Toronto Dominion Bank)
  3. RBC (Royal Bank of Canada)
  4. Scotiabank (Bank of Nova Scotia)
  5. BMO (Bank of Montreal)

それでは、それぞれを見ていきましょう!

CIBC (Canadian Imperial Bank of Commerce)

カナダ国内の各都市に支店があり、トロントに本社を置く銀行で、カナダで初めてATMを導入。
弊社がオリエン時に銀行口座開設でご案内をしている銀行です。

TD Canada Trust (Toronto Dominion Bank)(日本語サイト)

カナダ国内の各都市に支店があり、トロントに本社を置く銀行で、バンクーバーのタワー支店のみだが日本語で口座開設が可能な日本語デスクあり。バンクーバー市内の道沿いやショッピングモールなどATMの設置数も比較的多い。

RBC (Royal Bank of Canada)

カナダ国内の各都市に支店があり、モントリオールとトロントに本社を置くカナダ最大の銀行。日本からの口座開設も可能ですが、手数料が少し割高のようなので特別な理由がない限り現地到着後の開設がオススメ。

Scotiabank (Bank of Nova Scotia)

カナダ国内の各都市に支店があり、トロントに本社を置く銀行。カナダ以外にもアメリカ、ジャマイカ、日本東京支店など、国外の支店数が最も多い。カナダ国内のほとんどのセブンイレブンにATMが設置されている。

BMO (Bank of Montreal)

カナダ国内の各都市に支店があり、トロントに本社を置くカナダで最も古い銀行。(もちろん、モントリオールが発祥の地でそこにも本店があります)

その他

5大銀行」以外に、カナダで見かける銀行もご紹介しておきます!

  • HSBC (Hongkong and Shanghai Banking Co. Ltd)
    英国系の多国籍銀行です。
    日本にもあり、日本で通常の銀行口座として機能するアカウントも作れますが、維持費が高いです。
  • National Bank of Canada
    モントリオールに本社を置く、カナダ国内6番目の規模を持つ銀行です。
  • Coast Capital Saving
    BC州サレーに本社を置く、カナダ国内最大の信用組合グループです。
  • Vancity
    バンクーバーを中心としたコミュニティ的に運営されている信用組合グループです。口座維持費が安いので、定評があります。

ちなみに、カナダ留学コンパスでご紹介している銀行は「CIBC」です。

もし、日本人スタッフのいる銀行を希望されるのであれば、「TDバンク」をオススメするのですが、日本人窓口は事前予約が必要で、アポイントを取るのに1週間待たされることもあります。

銀行口座は一度口座を開いてしまえばほとんどお世話になる事も無いので、少しでも英語に自信があれば好きな銀行で口座開設をしてもいいと思います。

口座の種類

口座種別は主に2種類あります。

  1. Chequing Account(普通預金口座)
  2. Saving Account(定期預金口座)

Chequing Account(普通預金口座): 留学生やワーホリの方向け

基本的に普段使い用のアカウントです。
このアカウントで、引き出し、預け入れなどができます。
また、このアカウントがあると、チェック(小切手)の発行ができます。
口座の種類によりますが、日本とは違い、口座にある残高などにより手数料が発生する場合もあります。
だいたいどの銀行の口座でも毎月の管理手数料を取られますが、定められた最低残高を満たしていると無料になることが多いです。

Saving Account(定期預金口座):留学生やワーホリ以外の長期滞在者向け

日本で言う定期預金口座にあたります。
このアカウントには、引き落としの予定が無い高額のお金がある場合は利用するとよいでしょう。
一般的にチェッキングアカウントよりも高い利子が支払われます。
但し、オンラインバンキングなどを除き、お金の出し入れのたびに手数料を取られることが多いので注意も必要です。

開設に必要なもの

弊社でご案内をしている銀行は「CIBC」なので、「CIBC」で開設に必要な情報をご案内をしていきます。

口座開設に必要な書類

開設の方法

オリエンの後に希望者とともに、弊社スタッフが同行をし、銀行口座開設に「CIBC」に向かいます。

手順については下記をご参考にしてください。

銀行口座の開設や使用にあたり、知っておくと便利な英単語表

この単語を知っておくだけで、スムーズに手続きができますよ!

英語 日本語
銀行口座 Account
引き出し Withdraw
預金 Deposit
残高 Balance
残高証明書 Bank/Account Statement
小切手 Cheque
為替 Currency Exchange
普通口座 Chequing Account
定期預金口座 Savings Account
送金 Wire Transfer
利率 Interest Rate
口座維持費 Maintenance Fee
口座を開く Open an Account
口座を解約する Close an Account

カードの紛失

無くした時は、まず銀行の24時間コールセンターに電話しましょう。
(カード番号はいつでも出せるように控えておきましょう)

万が一、銀行カード(Debit Card)を紛失した場合は、銀行に電話して自動音声メッセージに従って答えていけば、すぐに昔のカードを無効にして、新しいカードを送ってくれます。

通常は、アナウンスに従って番号を押してゆくと、オペレーターにつながるはずです。
カードを紛失した事を説明すると、まず本人確認として幾つかの質問を受ける事になります。
誕生日やパスポート番号をはじめ、カードの最近の使用履歴などを聞かれる可能性があります。

口座の解約

留学を終えて帰国する前には銀行口座を解約してください。

解約自体はどの支店でも受け付けてくれるので、口座を開設した店舗まで行く必要はありません。
ただ、解約手続きをしてすぐに解約できない場合もあります。
これは、お金を全額引き出した後にこの口座に請求が届くのを防ぐためです。
そのため、帰国直前に口座を解約する場合は、余裕を1〜2週間持たせた方が良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

外国で銀行口座を開設なんてハードルが高い!」と思うかもしれませんが、意外と簡単に開設ができます。

弊社で開催をしている「到着後のオリエンテーション」で、銀行開設のご案内もしているので、到着翌日(木曜日到着の場合は金曜日)には自分の口座を持てるので、週末を安心して過ごせると思います。

カナダ到着後に安心して過ごして頂けるよう、しっかりサポートします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る