留学を迷っている方に知ってほしいこと 

「カナダで働いてみたい!」
「いつかカナダに移住してみたい!」

カナダ留学コンパスには、このような「夢」を持ってカナダ留学のご相談に来られる方が多いです。

ところが、留学に対する「強い気持ち」があるにもかかわらず、「最後の一歩」が踏み出せず悩んでしまう人も多いのも事実。

今回は、「留学をするべきかどうか?」で迷ったときに、考えてほしいことをお伝えします。

不安があるからこそ立ち止まってしまう

なぜ「留学したい!」という気持ちがあるにもかかわらず、悩んでしまうのでしょうか?

あなたが自分の人生について真剣に考えているからです。

つまり、「どうなるか分からない未来」に対して不安を感じてしまうから。

留学への不安から最後の一歩が踏み出せない

不安なので「カナダで働く方法」や「移民への道」を自力で調べてみても、莫大な情報量に圧倒される。

情報を得たとしても、次のような不安は払拭されません。

  • 「本当に現地で仕事が見つかるのか?」
  • 「自分に移民なんてできるのだろうか?」
  • 「日本でこのまま暮らした方がラクなのでは?」
  • 「100万円単位の大きなお金をかけて、もし数年後、何にもならず帰国することになったら?」

そうです。「留学失敗」を恐れてしまうあまり、なかなか答えを出せないのです。

留学の失敗とは?

留学するかしないか悩んでいると、次のような意見を聞くこともあるかもしれません。

  • 「ワーホリはバカンスだから、就活で印象悪くなる」
  • 「短期留学なんてどうせ遊び、時間のムダ」
  •  「わざわざ海外に行かなくても、日本で英語を勉強すればいい」
  •  「日本が一番住みやすい。海外行っても大変なだけ」

留学失敗のイメージ

これらはいわゆる、「留学失敗のイメージ」でしょう。

セリフ【末永】
末永

ポイントは「留学したことのない人が想像して言っている」ということかもしれません。

他人が勝手に決めた「失敗パターン」を恐れ、留学を諦めてしまってもいいのでしょうか?

実際に体験もせずに「自分が留学しても失敗する」と決めつけるなんて、もったいなくないですか?

留学は「成功」「失敗」の2択ではない

そもそもですが、ほとんどの場合において留学に「失敗」はありません

留学を「遊び」ではなく、「人生の重要なステップ」と位置づける。

その留学に対して真剣に取り組むのなら、本来は「失敗になる留学」など、あり得ないのです

留学は「成功」「失敗」の2択ではない

たとえば、カナダでの生活や就職が思っていたものとは違ったとしましょう。カナダで住んだけど「日本のほうがいい」と思ったとしましょう。

そこに行きつくまでに経験したことはムダになるのでしょうか?

セリフ【末永】
末永

そんなことはありません!!

留学するまでに悩んだプロセス、留学してから体験したことは確実にあなたの人生を豊かにしてくれます

「海外に出たことで、より日本が好きになった」「帰国したらずっと日本で住みたい」と感じても大成功なのです。

なぜならそれは日本にいたままでは気づけなかったことだから。

つまり、留学は「成功」「失敗」の2択ではないのです。

留学は「新しい付加価値」をもたらす

留学することで得られる一番大きな収穫は
「新しい付加価値」を身につけること

もし、カナダでの生活や就職がうまくいかなかったとしても、その過程で得たものはあなたの人生にプラスに働きます。

つまり留学は、確実に「人生にプラスになる」と断言できるのです。

体験は人生においてプラスでしかない

大きく分けて、こちらのような2つの道があります。

  • 今までどおり、日本で同じような生活を続ける
  • カナダに留学して、さまざまな体験や英語力・スキルなどを身につけて帰国する

あなたはどちらを選びますか?

買わない宝くじが当選しないのと同じように、挑戦しないかぎり達成できないのです。

20年後の自分を想像してみよう

少しでも「海外に出てみたい」と感じるということは、現状への不満や将来への不安があるからではないですか?

もし、現在の生活に満足していて将来も安泰ならば、留学なんて検討すらしていないはずです。

または、「もっと挑戦できるはず」と自身の伸びしろを感じているのではないでしょうか。

「留学の持つ可能性」を知ってもらえるように、図にしてみました。

留学による人生の変動地は無限大

たとえば、今あなたが30代、大卒、年収300万円の社会人だとしましょう。

5年、10年、20年後の人生を想像してみてください

留学せず日本にこのまま残れば、上の図の青い「折れ線」のように、特に大きな変化もなくある程度同じような状態がつづくでしょう。

「今のルート」から外れない限り、ある意味では「安定した生活」が保証されているかもしれません。

セリフ【末永】
末永

とはいえ、超高齢化社会になる日本で「安定」という言葉を過信するのは危険ですが……。

しかし裏を返せば、5年、10年、20年経ったとしても、今の状況が変わらないままとも言えます。

この先ずっと、今のままで何も変わらない人生で良いのでしょうか?

留学がもたらす「可能性」は計り知れない

それに対して、日本を飛び出した場合はどうなるのでしょうか?

はっきり言って、「未知数」です。

それまでに、想像したことすらないような人生がはじまるかもしれません。

例えば、学生時代にカナダ留学し、レストランの皿洗いアルバイトから大人気飲食店企業の社長になった話もあります。

もちろんこれはひとつの例に過ぎませんが、このように留学をきっかけに「思いもよらぬ人生がはじまる」のは決して珍しいことではなりません。

セリフ【末永】
末永

留学中に起こり得るできごとは、日本で生活していただけでは想像すらできないのです。

もちろん、留学さえすれば誰でも人生が上手くいくわけではありません。

それでも、留学をきっかけにこのように人生が変わるチャンスは誰にでもあります。

何が起きるか分からない。自分次第で人生を変えられるかもしれない。

そんなチャンスが、留学にはあるのです。

一度でいいから、日本以外の国で暮らしてみてほしい

カナダ留学コンパスの想いは「皆さまに、人生のたった一度でもいいから、日本以外の国で暮らしてみてほしい」です。

これまで当たり前だったと思っていた常識が、一瞬で覆される。

ずっと「マジョリティー」として生きてきたのに、いきなり「マイノリティー」側に立たされる。

英語で話しかける勇気、伝わらない悔しさ、まわりの人々の優しさ、そして学び。

留学を終えたとき、日本に帰国するかもしれません。その後、日本で仕事をしてずっと日本で暮らすかもしれません。

それでも、留学時代に日本以外の国で自らの力で生きた経験は、間違いなく一生の宝物になりますから。

終わりに

きちんとした留学計画を持ち、ゴールに向けて必死に挑戦した方は必ず何かを学んで帰ってきます

カナダ留学コンパスでは、このように本気で留学に挑戦したいとお考えの方を全力で応援いたしております。

最新の留学情報、ビザ、永住権の情報をもとに最適なアドバイスをし、あなたにぴったりの留学プランの計画をお手伝いいたします。

万全の体制でサポートして参りますので、勇気を出して、一歩を踏み出しましょう!

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!