社会人が仕事をやめてまで留学する価値はあるの?留学を迷っている方へ

「カナダで働いてみたい!」
「いつかカナダに移住したい!」

こんな夢をなんとなく思い描いている人は多いです。

とはいえ、日本で仕事に就き、それなりに生活していると、次のような葛藤が生じるでしょう。

今の仕事をやめてまで、カナダに留学する価値はあるのかな? もったいなくない?

「安定した生活」を手放してカナダ留学をするなんて勇気がいりそうですが、それでも弊社が留学を後押しするのには理由があります。

そこで、本記事では社会人が仕事をやめてまで留学する価値はあるの?という疑問にお答えします。

収入がなくなることに対する不安

社会人が会社をやめてカナダ留学をすると聞くとどうでしょうか?

無収入になるなんて怖すぎますよね。

でも、30歳以下であればワーキングホリデービザが使えるので、カナダで合法的にバイトができるのです。

日本の正社員よりもカナダのバイトのほうが稼げる?

「え? バイト?」と思いますよね?

でも、この事実を知ったら、きっと驚くでしょう。

日本で正社員をするよりもカナダでバイトをしたほうが稼げる。

そんな馬鹿な!

……と、信じられない気持ちになるでしょう。

たとえば、東京で正社員をした場合と、BC州でアルバイトをした場合で、得られる手取りの金額を比較してみました。

就労状態手取りの金額
東京で正社員18万円
BC州でアルバイト3,513.72ドル(約36.9万円
※ 2022年10月の為替(1ドル=107円)で換算

いかがでしょうか?

カナダの「チップ」は強力な収入

カナダは最低賃金が日本より高いうえに、現在は円安が加速しています。

さらにカナダには「チップ」という文化があることを忘れてはいけません。

カナダの100ドル紙幣

実は、チップだけで日本で働くよりも月収が10万円ほどアップすることをご存じでしょうか?

くわしくは以下の記事をご覧ください。

「帰国後どうするの?」という不安

そして、もうひとつの不安が、留学を終えて帰国したときのことでしょう。

留学したはいいけど、その後どうするの?」という不安です。

留学するなら早いほうがいい

たとえば、次のような帰国後の不安があるかもしれません。

帰国後の不安

  • いい就職先、転職先が見つからなさそう
  • 履歴書に「空白期間」ができてしまう
  • 帰国後に正社員になれなかったらどうしよう

とくに正社員として働いている人にとっては、帰国後も「安定した地位」を手に入れられるかは心配ですよね。

でも、よく考えてみてください。

留学したいなら、今が一番いいのではないでしょうか?

「今日」はあなたの人生で一番若い日です!

留学を後まわしにするほど実現できなくなるのは明白で、結婚や出産などがあれば留学はかなり厳しくなるでしょう。

「海外が合わなければすぐに帰ってくる!」ぐらいの気持ちで、あとで後悔しないためにも今動くのがベストです。

留学は「成功」「失敗」の2択ではない

そもそもですが、留学に「失敗」なんてありません

つまり、留学は「成功」「失敗」の2択ではないのです。

たとえば、カナダでの生活や就職が思っていたものとは違ったとしましょう。カナダで住んだけど「日本のほうがいい」と思ったとしましょう。

そこに行きつくまでに経験したことはムダになるのでしょうか?

留学するまでに悩んだプロセス、留学してから体験したことは確実にあなたの人生を豊かにしてくれます

「海外に出たことで、より日本が好きになった」「帰国したらずっと日本で住みたい」と感じたとしても大成功なのです。

なぜならそれは日本にいたままでは、留学しなければ気づけなかったことだから。

20年後の自分を想像してみよう

さて、それでも迷われる人は、20年後の自分を想像してみてください。

え? 唐突にそう言われても想像できないなぁ。

想像できなくても「なんとなく」でかまいませんよ。

留学しなければ今の生活がつづく

想像できましたか?

次のグラフのように年齢とともに緩やかに人生はよくなっていくと想像しているのではないでしょうか?

日本で「今のルート」から外れないかぎり、ある意味では「安定した生活」が保証されているかもしれません。

とはいえ、超高齢化社会になることが確定している日本で「安定」という言葉を過信するのは危険ですが……。

留学は人生に大きな変化をもたらす

それに対して、留学した場合の未来はどうなるのでしょうか?

はっきり言って「未知数」です。なにが起こるか想像できません。

次のグラフのように変動値の振れ幅が大きくなることは間違いないでしょう。

留学は変化を確実にもたらす

もしかすると、日本にいたままでは想像もできないような人生がはじまるかもしれません。

例えば、大学を休学して留学し、ビジネスカレッジで勉強後、インターンで富裕層ターゲットの不動産会社に入社、日本人ゼロの職場環境でカナダ富裕層向けの仕事をしたり、学生時代にカナダ留学し、レストランの皿洗いアルバイトから飲食チェーン店の社長になった話もあります。

もちろんこれはひとつの例に過ぎませんが……。

でも、このように留学をきっかけに「思いもよらぬ人生がはじまる」事例は決して珍しくないのです。

「変わらない人生」か「変化のある人生」か?

もちろん、留学さえすれば誰でも人生が上手くいくわけではありません。

でも「海外に出てみたいな」と思うということは、現状や将来への不安があるからではないですか?

円安、少子化、超高齢化、一向に改善されない女性差別、将来くると言われている大地震や北朝鮮からのミサイル問題などなど……。

書き出してみると、不安ばかりかもしれない。

では、先述した2つのグラフを比較してみましょう。

2つのケースの「人生の変動値」を比較

繰り返しになりますが、留学しなければ、安定した生活(緩やかに向上する人生)が得られるかもしれません。

しかし裏を返せば、5年、10年、20年経ったとしても、今の状況が変わらないままとも言えます。

この先ずっと、今のまま変わらない人生でいいかどうか、自分に問いかけてみましょう。

まとめ

カナダ留学コンパスは皆さまに、人生のたった一度でもいいから、日本以外の国で暮らしてみてほしいと願っています。

もちろん、留学後は日本でずっと暮らすかもしれません。

それでも、留学時代に日本以外の国で自らの力で生きた経験は、間違いなく一生の宝物になりますから。

カナダ留学コンパスでは、本気で留学に挑戦したいとお考えの方を全力で応援いたしております。

最新の留学情報、ビザ、永住権の情報をもとに最適なアドバイスをし、あなたにぴったりの留学プランの計画をお手伝いいたします。

万全の体制でサポートして参りますので、勇気を出して、一歩を踏み出しましょう!

カナダ留学コンパス

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!