ウィスラーで大自然を満喫!カナダのワーホリで体験したアクティビティ

こんにちは!カナダ留学コンパスライターのマッキーです。

カナダでワーホリ・留学といえば「学校に通う」「海外で働く」ですが、楽しいことといえばやはり観光ですよね。

広大なカナダの大地では日本ではできないようなアクティビティ体験が待っています。

今回は、以前の記事「わたしのワーホリ体験談ダイジェスト版」の中から、わたしがウィスラーという町を訪れて体験したアクティビティをご紹介します。

ウィスラーってどこ?

ウィスラーはバンクーバーから北に約125km・車で2時間半ほどにある大自然に囲まれた町です。

ウィスラーってどこ?

年間200万人以上が訪れる、世界屈指のリゾート地であり、2010年冬季バンクーバーオリンピックの山岳競技開催地となったことでも有名です。

バンクーバーなどカナダの西海岸を拠点にして、留学・ワーホリする方にはぜひ一度は訪れて欲しい観光地の一つです。

ウィスラーは世界屈指の「スキーリゾート」

ウィスラーといえば、世界屈指のウィンタースポーツの聖地として知られ、世界中から観光客が訪れています。

ウィスラー山とブラッコム山という標高2000m超えの大きな2つ山に張り巡らされたスキーコースはなんと200以上!!

ウィスラーに10年以上住む日本人に話を聞きましたが、10年住んでも全コースは周りきれていないそうです。

日本でも北海道や長野など世界中から注目されるスキー場がたくさんありますが、このウィスラーのコース数は圧巻です。

わたしも2度ほどスノーボードをしにいったのですが、コースが多すぎて自分が今どこにいるか分からず、何度も迷子になりそうになりました….。

ウィスラーのスノーゲレンデのすごさ

ウィスラーのゲレンデには以下のような「利用者が楽しく遊べる設備」がたくさんあります。

  • モーグル向けのコブのあるコース
  • ハーフパイプ
  • 充実のパーク設備※

※ パーク:ジャンプのようなエキサイティングなアクションを自由に楽しめるよう整備された場所

パーク設備を利用して鮮やかにジャンプを決めるスノーボーダーを目にすることがあり、その迫力に圧倒されました。

わたしは怖くてチャレンジすらできませんでしたが(笑)

ウィンタースポーツ以外のアクティビティ

スキー・スノーボードなど冬のイメージが強いウィスラーですが、実は冬以外のシーズンも存分にアクティビティを楽しめます

ウィスラーは「マウンテンバイク」の聖地

実はウィスラーはマウンテンマイクの聖地としても名高い場所です。

雪解けとともに、スキーヤーが消えて、今度はマイマウンテンバイクを持ったプレーヤーがたくさん集まってきます。

雪が溶けて土が見えているスキー場の急斜面を猛スピードでくだってくる姿は圧巻です。

ウィスラーに行くまで、マウンテンバイクの楽しみ方と言えば「平面を走るイメージ」しかなかったので、初めて見た時は驚きました。

ウィスラーの大自然の中を「ハイキング」

ウィスラーでは雪解けのあとには、なんと雪壁のハイキングコースが出現します!

6月にウィスラーを訪れ、友人たちとさわやかな風を感じながら冬にスノーボードした場所をハイキングしました

スキー場以外にも、ウィスラーには、たくさんのハイキングコースがあります。

町を散歩するだけでもたくさん自然を感じられるスポットがありますし、リスなどの動物に出くわすことも珍しくありません。

どの季節でも観光客を楽しませてくれるのがいいですよね。

ウィスラーではクマに遭遇することもある!

なんとウィスラーではクマに遭遇することも珍しくありません!

最初それを聞いたときはわたしも驚いたのですが、ハイキング途中にリフトに乗っている最中に見ることができました。

上の写真がそのときに撮ったものですが、日本では考えられない光景ですよね。

ウィスラー町では、クマとの共存を目指しており、クマが人間に危害を加えて駆除されないように工夫した取り組みをしています。

  • 人間の食べ物につられて町に降りてこないようにゴミの持ち帰りを徹底
  • 山にクマの食料となるベリーの木を植える

※もしクマを見つけた際は、一定の距離を保って刺激を与えないでくださいね。

ぜひカナダのワーホリ・留学中にアクティビティも!

カナダは、日本と同じ北半球に位置していますが国土は日本の約26倍です。

場所によって気候・文化・言語までもが違う広大で魅力が詰まった国です。

例えば日本で同じようにスキーやハイキングをするのとはまた違った景色・発見に出合えるかもしれません。

また、わたしのように、マウンテンバイクで山を高速で下るなど、これまで体験したことのない新しい楽しみ方に出合えることもあります。

同じ都市で過ごすのも良いですが、時間を見つけて観光の予定を立てるなど、カナダならではのアクティビティに挑戦してみてください!!

まとめ

カナダのワーホリ・留学では日本では体験できないアクティビティーを体験することができます。

「学校に通う」「働く」以外にも、カナダでやりたいこと・行ってみたい場所を決めていくことで、限られたワーホリ留学生活がより充実します。ぜひカナダでのワクワクする計画を立ててみてくださいね。

カナダ留学コンパスでは留学・ワーキングホリデーに関して無料相談を随時おこなっております。

こちらのお問い合わせページからお気軽にご連絡下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る