カナダのビクトリア留学のメリットとデメリット【デメリットはない!?】

「カナダに留学してみたい」と思い立っても、実際に留学するまでにはこんな「壁」が待っています。

それは、「友人や家族の理解」という壁です。

例えば……

「留学」について言われること

  • 留学してどうするの?
  • 留学して何かいいことあるの?

こういう「素朴だけど鋭い質問」がどんどん飛んできます。

それらにうまく回答できずに、留学したい気持ちがしぼんでしまうことってあるんじゃないでしょうか?

今回は、カナダのビクトリア留学のメリットを専門家が徹底的に解説します。

バンクーバー留学のメリットが理解できれば、モヤっとした留学の希望を具体的に家族や周囲の人たちに、ビシッと説明することができますよ。

カナダ留学にはメリットしかない!

ちょっと極論ですが、まず敢えて言わせてください。

「カナダ留学にはメリットしかない!」

……と。

なぜカナダ留学にメリットしかないのか、わかりやすく説明しますね。

カナダ留学のメリットについてはこちら

カナダ留学のメリット10選|デメリットがないって本当?!

よく言われる「デメリット」はデメリットではない

たとえばですが、この2つを比較するとわかりやすいかもしれません。

この2つを比較する

  • 日本の大学に実家から通う
  • 日本の大学に一人暮らしをして通う

どうでしょうか? たとえば、実家を出る場合、「両親から自立できる」というメリットがありますよね?

いっぽう、「ひとり暮らしをしたい」と家族に相談したとき、「お金が掛かる」とか「家族や友人に会いにくくなる」などのデメリットを挙げて反対されることがあります。

ですが、よくよく考えてみると、上に挙げたデメリットは「ひとり暮らしによるデメリットではない」ということにお気づきでしょうか?

「ひとり暮らしはお金が掛かる」というのは「実家だとお金がかからない(= 実家通いのメリット)」を失うだけで、「ひとり暮らしが引き金になって生じるデメリット」ではないのです。

「2つの状況」でのメリットを比較する

そして、カナダ留学についてもカナダ留学自体にはデメリットはありません。

しかし「留学をしないで日本に残った時のメリット」を失うのは確かです。

ということで、こちらの2つを比較してみます。

  • 留学のメリット
  • 留学で失うかも知れないメリット

冷静に比較すれば、きっとカナダ留学のメリットの方が大きいと思っていただけるでしょう。

ビクトリア留学のメリット


カナダの留学のメリットしかない!というお話をしたところで、ビクトリア留学のメリットを紹介していきます!

①過ごしやすい都市

ビクトリアは、バンクーバー島の南にブリティッシュコロンビア州の州都です。

「ガーデンシティ」と呼ばれるほど季節を問わずに町中には花が溢れます。

カナダ史跡財産にも指定されたブッチャードガーデンが郊外に有り、毎年恒例のジャズフェスティバル、ホエールウォッチングなど見所やイベントが沢山あり、年間数百万人の観光客が世界中のあちらこちらから訪れます。

詳しくはこちら

▶︎ビクトリア留学について

ビクトリアの気候について

留学先としても人気のバンクーバーやビクトリアが位置する太平洋沿岸は、日本と比較的気候が似ています。

年間を通して温暖な気候でとても過ごしやすいのがビクトリア、カナダでも特に温暖な気候に恵まれて過ごしやすい地域です。

カナダの中でも、もっとも生活しやすい気候なのがこのエリアだと言われているので、日本から訪れてもすぐに馴染めると思います。

バンクーバー同様、日本との時差は-17時間(サマータイム時は-16時間)です。

詳しくはこちら

▶︎ビクトリアの気候・天候について

②小さい街で移動しやすい

ビクトリアは、大都市のトロントやバンクーバーに比べると人口が少ないです。

そのため街自体も小さく、レストラン、銀行、スーパーなどの店がこの小さい街に集中しているので移動しやすいのはメリットと言えるでしょう。

市内には、バスが通っているので、車の運転が難しい留学生でも不便なく過ごせます。

③イギリスのような景観が味わえる

ビクトリアは、イギリスの文化が残っている都市です。

イギリスの街並みにあるような建物など、街中でもイギリスを感じられます。

文化としても、イギリスのような「ガーデニング」や「アフタヌーンティー」の習慣が残っており、レストランのテラスや、建物の飾りなども素敵ですよ。

カナダにいながら、イギリスのようなヨーロッパの雰囲気が味わえるのも、ビクトリアの魅力の1つです。

④比較的治安が良い

カナダのトロントやバンクーバなどの大都市に比べ、ビクトリアはゆっくりと時間が流れているような街です。

都市の規模も小さく、観光地でもあり、カナダ人が「仕事をリタイアした後に住みたい都市ナンバーワン」と言われるほど環境面が良いそうです。

住みやすい街ランキング(MacLeans)では、失業率、平均収入、住宅価格、税金、交通アクセス、治安、医療アクセス、文化娯楽施設、気候などの項目からポイントを算出して、順位を決定しているようですが、417ある区分の中でビクトリアは83位だそうです。

このランキングはカナダの都市をすごく細かく分けて算出していますが、上位20%には位置しています。ビクトリアはこのランキングでは、特に移動性、健康(保障)、経済のような点が注目されているようでした。

ビクトリア留学のデメリット(デメリットはなく、メリットに変えられる)

ここまで、ビクトリア留学のメリットを挙げてきました。

ここからは、良いことだけでなく、ビクトリア留学のデメリットに目を向けてみましょう。

ただ、冒頭の「実家から通うか一人暮らしか」でも触れましたが、留学「自体」にデメリットはありません。

留学のデメリットは、実はメリットの裏返し、つまりメリットを十分に享受できないことのリスクです。

①日本から少し行きづらい

ビクトリアまでは、日本からの直行便がありません。

なので、ビクトリアに行くためには、ビクトリアに近いバンクーバーでの乗り換えが必要になります。

  • バス
  • 水上飛行機
  • フェリー

と手段は多いです。

正直言って、留学してから、日本とビクトリアの往復を毎週するわけではないですよね。

なので、日本との行き来についてのデメリットはそこまで大きいものではないでしょう。

②物価や家賃が高い

現在、カナダ全土で物価や家賃が高騰してきています。もちろんビクトリアもその1つです。

特に、ビクトリアは、カナダ人が「仕事をリタイアした後に住みたい都市ナンバーワン」と言われるため、裕福な方もいるようです。日本の感覚でいると確かに高く感じるかもしれません。

ただ、「お金がかかる」というデメリットになるかもしれませんが、

  • 日本にいてもどのみち生活費はかかる
  • 日本ではできない経験ができる
  • 日常生活が全て英語

こう考えると、デメリットもメリットに変えられるかと思います。

③語学学校が小規模&選択肢が狭まる

バンクーバーやトロントのような大都市に比べると、学校の規模も小さくなり、選択肢も少なくなります。そういう点では、デメリットになりうるかもしれません。

しかし、小規模の学校には

  • アットホームな雰囲気
  • 友達が作りやすい(生徒同士が仲良くなりやすい、話しかけやすい)
  • クラスメイトで集まりやすい
  • 先生との距離も近い
  • 少人数で質問もしやすいので、授業に参加している感がある
  • 先生の目が、生徒全体に行き渡る(大人数クラスで埋もれることがない)

といったメリットもあります。

なので、必ずしも、小規模都市の学校だからと言って、全てがデメリットになるわけではないでしょう。

④留学に反対する人の意見と気持ち

他に留学のデメリットとしてよく聞かれるのは、留学に反対する周囲の人の意見です。

留学に反対する人の胸の内にあるのは次のような気持ちでしょう。

留学に反対する人の意見と気持ち

  • 外国(遠く)に行ってほしくない(親の気持ち)
  • 外国人と結婚して外国に永住しちゃったらどうしよう(親の気持ち)
  • 自分が経験していないことに子どもがチャレンジして失敗する姿を見たくない(親の気持ち)
  • 留学で差をつけられたくない(友人・ライバルの気持ち)

これらはすべて、厳密には「デメリットではない」のがおわかりでしょうっか?

とは言え「ライバルの嫉妬心」を除いては、留学で失敗して傷ついて欲しくないという愛情から生まれている心情なので無下にはしづらいですよね……。

自分が「本気で留学したいのだ」という気持ちを、誠意をもって説明して納得してもらうようにしましょう。

家族や友人を説得して留学に協力してもらえるように、まずは留学の目的を決めることから始めましょう。カナダ留学コンパスがお手伝いします!

まとめ

「カナダ留学にはメリットしかない」と書いてきましたが、その「メリットを生かせるかどうか」は自分次第です。そして、デメリットをメリットに変えられるかも自分次第です。

そして、カナダ留学でメリットを得るには、具体的な目標設定と、目標達成のための計画がキーポイントになります。

カナダ留学コンパスでは、ひとりひとりの事情に合わせて、スタートラインから段階を追って進めるようなオーダーメイドの留学プランを提供します。

留学だけでなく、留学後の就職、カナダ永住までトータルでお手伝いしますので心強いですよ!

まずはお気軽に、無料相談をお申し込みくださいね♪

カナダ完全ガイド一覧に戻る
カナダ留学コンパス

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!