バンクーバーではどんな市販薬が手に入る?買える場所も紹介!

バンクーバー現地で買える薬・買える場所

カナダ・バンクーバーでは、どんな市販薬が手に入るか知っていますか?

万が一体調を崩した時に、現地にどんな薬があるか、覚えておくと安心ですよね。

そこで今回は、バンクーバーで買える市販薬と、買える場所を紹介します。

あわせて、薬の箱によく書かれている英単語なども紹介するので、買い物時に役立ててくださいね。

ここで紹介するのは、医師の処方箋がなくても買えるものなので、病院に行くほどではない体調不良の時などに利用できます!

留意事項

効能については、薬の説明書の情報を日本語に訳していますが、実際の使用効果・副作用などについては、個人差があります。あくまでも参考情報の一つとしてご覧ください。

バンクーバーではどんな市販薬が手に入る?

まずは、バンクーバーで手に入る市販薬を、薬の種類/症状別に紹介します。

錠剤

かぜ薬

まずはかぜ薬を紹介します。

こちらのCOLD FXは、パッケージに「Pharmacist #1 Recommended Brand」(薬剤師が最もおすすめするブランド)と書かれている定番の薬の一つです。

かぜ薬

 免疫を高める効果があり、風邪やインフルエンザの症状に効きます。

Tylenolのかぜ薬もポピュラーで、私も実際に使用しました。

Tylenol

解熱鎮痛剤

次に、頭痛や生理痛、発熱時などに使える解熱鎮痛剤を紹介します。

まずは、Tylenol。かぜ薬でも紹介しましたが、解熱鎮痛剤も売っています。

Tylenol

そして、Tylenolと同じくらい有名なAdvil

Advil

こちらも解熱鎮痛薬で、TylenolかAdvilのどちらかを使っている人が多い印象です。

私も頭痛や発熱をした時に利用しましたが、どちらもよく効きました。

日本とは異なり薬の効き目が強そうで怖かったので、1錠だけ飲むなど調整しましたが、特に副作用などはありませんでした。

※医療関係者ではない個人の体験です。

胃腸薬/酔い止め

次に胃腸薬や酔い止めを紹介します。

まず、Heartburn Relief。文字通りHeartburn(胸焼け) Relief(緩和)の薬です。

Heartburn Relief

こちら以外にも、Gavisconというブランドをおすすめする人も多いです。

乗り物酔いには、Gravolが使えます。

Gravol

バンクーバーのバスや電車は結構揺れるので、酔いやすい人はチェックしてみてください。

アレルギー/花粉症

次に、アレルギーや花粉症用の薬です。

Reactineはくしゃみや鼻水、鼻づまり、肌のかゆみなどの症状緩和に使えます。

Reactine

サプリメント

薬に関連して、サプリメントも紹介します。

バンクーバーでは、冬季は日照時間が短くうつになりやすいと言われているため、ビタミン系のサプリを摂取する人が多いです。

私もLife Brandのビタミンサプリを試しましたが、飲みやすくお手頃価格なのでおすすめです。

Vitamin D3

のど飴

最後に、のど飴も紹介しておきます。

カナダは日本と比べると空気が乾燥しており、部屋も暖かいことが多いので、のどを痛めやすいからです。

おすすめは、Hallsです。

Halls

チェリー味やハチミツレモン味など複数の種類があり、どの味もなめやすいですよ。

Halls(ポケットサイズ)

持ち運びやすいサイズもあります!

バンクーバーで市販薬を買える場所

バンクーバーでは、日本と同様にドラッグストアで市販薬を買えます。

また、スーパーの中に薬局(Pharmacy)が併設されていることも多く、そこでも購入可能です。

スーパー併設の薬局

ここでは、市販薬を買える代表的なお店をご紹介します。

Shoppers(ショッパーズ)

Shoppers(ショッパーズ)は、トロントに本社がある赤い看板が目印のドラッグストアチェーンです。

Shoppers

バンクーバーには30以上の店舗があります。

日本の薬局と同じように、食料品やトイレットペーパーなどの生活雑貨、化粧品などの取り扱いもあります。

PC Optimumというポイントシステムがあり、1ドル買い物するごとに15ポイント貯まります。10,000ポイント=10ドルとして使えるので、貯めておくことをおすすめします。

カードはShoppersだけでなく、Real Canadian SuperstoreやNo Fillsといったスーパー、EssoやMobilといったガソリンスタンドなどで使えます。

London Drugs(ロンドンドラッグス)

London Drugs(ロンドンドラッグス)は、青い看板が目印の、BC州のメトロバンクーバー圏を拠点としたドラッグストアチェーンです。

商品の取り扱いは、Shoppersと似ていますが、電化製品や文具、食器なども売られています。

BC州だけでなく、アルバータ州、サスカチュワン州、マニトバ州などに80店舗近く立地しています。

LD Extrasというポイントシステムがあり、メンバーシップのタイプに応じて、1ドル買い物するごとに10〜15ポイント貯まります。5000ポイント=5ドルとして、買い物などに利用できます。

Rexall(レクサル)

Rexall(レクサル)は、ミントグリーンのロゴが目印の、カナダの小売薬局チェーンの一つです。

薬、化粧品、食料品、生活雑貨などを扱っています。

よく週末にセールをやっていて、卵が安く売られていることが多いです。

ダウンタウン近郊に4店舗あるので、通勤・通学や観光中に利用する機会があるかもしれません。

Be Wellというポイントシステムがあり、1ドル買い物するごとに10ポイント貯まります。

25,000ポイント=10ドルとして買い物などで利用できます。

Be Wellのアプリを使えば、処方箋を登録することもでき、スムーズに処方薬が入手できるというメリットもあります。

スーパーマーケットチェーン

バンクーバーや近郊都市に立地している、スーパーマーケットチェーンでも市販薬の取り扱いがあります。

スーパー併設の薬局

以下は、薬局が併設している主なスーパーマーケットです。

先に紹介したような、市販薬、サプリメント、プロテインなどが売っています。

各スーパーに関する情報は、「カナダでお買い物」のカテゴリにまとめているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

詳しくはこちら

カナダの市販薬を買う時に知っておくと便利な英単語

カナダで市販薬を買う時に使える英単語や、薬のパッケージに書かれていることが多い英単語をまとめました。

辞書を読む鳥

買い物時の参考にしてください。

英単語意味補足
Over-the-counter medicine市販薬医師の処方箋がなくても買える薬。OTCと略されることもある。
Non-Drowsy眠くならない眠くなる成分が入っていない薬に書かれていることが多い。
Extra Strengthエクストラ・ストレングス薬の強さを表す表現。日本とは違い、Regular Strength/Extra Strengthなど強さの異なる薬が売られている。Extra StrengthはRegular Strengthよりも効果の強い薬
Prescription処方箋
Ibuprofenイブプロフェン解熱薬や鎮痛薬として使われる成分の一つ。
Acetaminophenアセトアミノフェン解熱薬や鎮痛薬として使われる成分の一つ。
Coughせき
Nasal congestion鼻づまり
Fluインフルエンザ
Menstrual cramps月経痛
Nausea吐き気
Heartburn胸焼け
Sneezingくしゃみ
Itchyかゆみ
Watery eyes涙目、涙やけ炎症などで涙が止まらなくなる状態。アレルギー症状を抑える薬などに書かれている

まとめ

バンクーバーでは、さまざまな種類の市販薬が売っていて、日本と同じようにドラッグストアチェーンやスーパー併設の薬局で購入できることがわかりました。

薬の特徴やお店の場所を覚えて、いざという時に備えましょう。

薬だけではなく、病院にかかる方法が知りたいという人は、以下の記事もおすすめです。

執筆者 執筆者
カナダ留学コンパス 編集部

カナダ生活を豊かにする情報を発信中。カナダで暮らすうえで知っておきたい知識・カナダライフをますます充実させるプチ情報など、情報満載でお届けします。

関連記事

カナダ留学コンパス

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

 ページの先頭へ