CCTB(シーシーティービー)ってどんな学校? 校内の様子やプログラムを紹介します

こんにちは!カナダ留学コンパスです。

現地バンクーバーの最新情報をオンタイムでお伝えします。

本日は、カナダ・バンクーバーにあるCanadian College of Technology and Business(CCTB)という専門学校をご紹介します。

バンクーバーにはいわゆる「コープ留学」ができる専門学校が多くありますが、IT系に強いカレッジはまだ多くありません。

CCTBはバンクーバーで古くからカナダ人の学生にITプログラムくを提供していた学校が、TSoM(Toronto School of Management)などを抱えるGUSグループに統合、留学生を積極的に受け入れるため、名称を変えて再スタートしました。

実績のあるITプログラムが自慢です。

また、既にグループ校のトロントのTSoMで留学生に提供していた、ビジネスとホスピタリティ、デジタルマーケティングのプログラムも、同じカリキュラムでバンクーバーのCCTBで開講となります。

バンクーバーでは、21年度に新規開校となりますが、既に長い経験と実績のあるカリキュラム、そして、留学生は受け入れを始めたばかりのため、まだまだ外国人留学生自体が少ない学習環境が魅力です。

また、リノベーションしたばかりの校舎は非常にきれいです。

トロントの姉妹校、TSoMについてはこちらをどうぞ。

CCTB(Canadian College of Technology and Business)の特徴は下記3つです。

  • 最先端のテクノロジーを学べるITプログラム
  • 長く働きたい方におすすめのコープの期間設定
  • 成長産業に特化したプログラム構成

では、順を追って説明させて頂きますね。

CCTB のプログラム

CCTBが提供するプログラムは7種類あります。

  1. サイバーセキュリティアナリスト(Cybersecurity Analyst)
  2. UIUXディベロッパーアナリスト(UIUX Developer Analyst)
  3. データベースアナリスト(Database Analyst)
  4. ソフトウェアディベロッパー(Software Developer)
  5. ビジネスアドミニストレーション(Business Administration)
  6. デジタルマーケティング(Digital Marketing)
  7. ホスピタリティ&ツアリズムマネジメント(Hospitality and Tourism Management)

最後の3つ(⑤⑥⑦)、ビジネスアドミニストレーション・デジタルマーケティング・ホスピタリティは、留学生に嬉しい2種類のスケジュール設定でがありますので、全部で10種です。

一番短いプログラムが52週間のため、どのプログラムでも学生ビザの範囲内でアルバイトが許されています。

①~④はプラクティカム(実習)、⑤~⑦のプログラムにはコープがついています。

CCTBのITプログラム

コーププログラムは近年大変人気がありますが、やはり有給で、かつご本人の学びやキャリアアップにつながるようなしっかりとしたポジションをオファーしてもらえるのは経験者であることが圧倒的に多いです。

CCTBCのITプログラム修了後は、就労経験を積むための期間が用意されていますが、Co-op(有給)ではなく、プラクティカム(実習・無償研修となることもある)という設定です。

一番期間の短いサイバーセキュリティアナリスト(Cybersecurity Analyst)のプログラム(42週間)では、6週間のプラクティカム、そして、それ以外のUIUXディベロッパーアナリスト(UIUX Developer Analyst)・データベースアナリスト(Database Analyst)・ソフトウェアディベロッパー(Software Developer)の3つのプログラム(70週間)では、10週間のプラクティカムに参加できます。

CCTBの前身の学校は、実はカナダ人学生に、ITプログラムを長く教えて来たカレッジです。

つまり、留学生向けに作成されたカリキュラムではなく、カナダ人学生が、バンクーバーで実際に就職を目指すために設定されています。

バンクーバー現地で既に多くの学生を、現地企業に輩出しており、その中には既に企業で人材育成や雇用に関わる卒業生もいます。

CCTBのキャリアチームには、現地卒業生からのプラクティカムポジションの呼びかけも多いのですが、その中には、個人ではなかなかコネクションを持つのが難しい、いわゆる有名企業も多く含まれています。

実績のあるしっかりしたカリキュラムで学び、プラクティカムでしっかりとした就労経験を積んで帰国しましょう!

例えば、CCTBのDatabase Developer Analystでは、オラクル社のデータベースシステムについて学びます。

オラクル社は、グローバル企業として全世界で知名度が高く、日本オラクルの認定するデータベース管理者の資格を持っていることが採用の条件となっている企業もあります。

帰国後、日本でIT企業へのキャリアチェンジを考えている方にも大変おすすめです。

英語要件:IELTS5.5以上、または、GUSグループの英語試験への合格

スタート日:1月・5月・9月

CCTBのビジネスプログラム

コーププログラムでの留学はしたいが、イマイチ何を学んでいいか分からない、という方や、とにかく長くカナダで勉強しながらコープで仕事をし、様々な経験をしたい!と考える方にはCCTBのビジネスアドミニストレーションプログラムがおすすめです。

まずはWindowsの基礎、ブックキーピング(経理)、ファイナンス、マーケティングなど非常に多岐に渡る内容について学んで行くため、広い範囲でのビジネス英語を見につけることができます。

また、ビジネス英語と言えば、日本でまだまだ英語力の証明として重視されるTOEICのスコアにも直結するトピックです。

仕事で実際に使われる英単語が授業では繰り返し仕様されますから、帰国前にしっかりとTOEICのスコアを出して、就職・転職活動に役立てたい、という方にぴったりです。

ビジネス系にカテゴライズされているもう1つのプログラムがデジタルマーケティング。

デジタルマーケティングと言うとSNSなどを使ったソーシャルメディアマーケティングをイメージする方も多いかもしれませんが、今や、デジタルの力を借りずにマーケティングをすること自体が難しいですよね。

こちらのプログラムでは、マーケティングの基本から始まり、マーケターとしてのウェブサイト作成の基礎知識や目線について、Google Analiticsなどの分析ツール、Google Adwords、コピーライティングなどを学びます。

学ぶトピックの1つにソーシャルメディアマーケティングも入りますが決してそれだけではありません。

企業の商品やサービスを、様々な戦略、テクニックを使って世に送り出すマーケティングという仕事は、広い視野が必要な大変おもしろい仕事です。

ぜひ挑戦してみてください。

また、例えばワーキングホリデーから切り替えて現地での就労を希望される方、現在日本ではフリーターをしておりカナダで長く経験をしてみたいとお考えの方に嬉しいのが、2種類あるCo-opスケジュール。

Fast Trackスケジュールでは、他のカレッジと同様、52週間の設定ですが、Work+Studyプランを選ぶと、なんと73週間のスケジュールになります。(授業料差額$1,000)

※ホスピタリティの所で少し詳しくご説明します。

CCTBのホスピタリティプログラム

バンクーバー・ビクトリアと2つの観光都市を抱える上に、スキーリゾートで有名なウィスラー、ワイナリーで人気のケローナ、そしてお隣のアルバータ州との境目にあるロッキー山脈まで、観光業が非常に盛んなブリティッシュコロンビア州。

その中心となるバンクーバーはアジア方面からのカナダの玄関口となり、多くの外国人が訪れます。

ホスピタリティ分野でのお仕事は、そんなブリティッシュコロンビア州では、州が非常に力を入れている産業でもあり、また、カナダ留学やワーキングホリデーの希望者にとっても、もっともポジションが見つけやすいものです。

英語を身につけて、将来的には観光業に関わりたい、日本に帰国後はホテルなどで逆に日本にやってくる外国人を相手に働きたい、と考えている方におすすめのプログラムです。

前項、ビジネスアドミニストレーション・デジタルマーケティング、そしてこのホスピタリティのプログラムは、座学とコープのそれぞれの総週数は24週間ずつと同じなのですが、州の規定で許されているお休みを最大限に利用し、スケジュールを2種類から選ぶことができます。

Fast Track(52週間): 座学24週間(週3授業)+4週間のお休み+Co-op24週間 ‐ 授業料$6,500~$7,000(※22年料金・開講プロモ込み)

Work+Study(73週間): 座学24週間(週3授業)+合計25週間のお休み+Co-op24週間 ‐ 授業料$7,500~$8,000(※22年料金・開講プロモ込み)

学校のお休み期間中は、留学生がフルタイムで就労することが認められています。

現地でお金を稼ぎながら勉強もしたい、という方におすすめです。

CCTBのオススメポイント

厳選されたプログラム

IT・ビジネス・ホスピタリティ、必ずニーズのある分野のプログラムです。

CCTBを有するGUSグループは、カナダでは、語学・進学準備英語・キャリアカレッジ(Co-op)・そしてマスタープログラムまで、留学生を対象とした非常に幅広いプログラムを抱えています。

そんなGUSグループの姉妹校で既に実績のあるプログラムを集めて、満を持してバンクーバーに進出したCCTBですから、留学生とこれからの世の中に必要なプログラムを厳選して提供しています。

嬉しいCo-opスケジュール設定

予算は心もとないがぜひコープの経験をしてみたい!現地でできるだけ長く働きたい!というご希望をしっかり叶える2種類のスケジュール設定。

ぜひ時間をかけて、カナダのことをたくさん知ってください。

そして、ITプログラムでのプラクティカム、もしくは、コープでしっかり現地で就労経験を積んでくださいね。

新規開校の今が狙い目!日本人・留学生が少ない環境

2022年4月時点で、学校全体の生徒数は150名程度です。

現地のカナダ人も通っていますが、留学生のクラスはカナダ人とは別になっています。

気になる日本人率は、現時点でゼロ。2022年5月から数名入学予定です。

大半がラテン系とのことですよ。

これから徐々に日本人が増える可能性はありますが、日本人が少ない学校をお探しの方におすすめです。

まとめ

現地にオフィスを構える弊社だからこそご案内できる、バンクーバーの今。

カナダ留学コンパスでは留学・ワーキングホリデー・コープに関して無料相談を随時おこなっております。
こちらのお問い合わせページからお気軽にご連絡下さい。

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!