カナダ留学体験レッスン 【TSoM】

学校といってもカナダにはたくさんの学校があります。

  • どれが自分に合っているのか
  • 実際の授業はどんな様子なのか

イメージしづらいこともありますよね。

入学して「思っていたのと違った」「なんか私には合わない」と思うようなことが無いようにしたいですよね。

私自身は、SELCという語学学校に通いながら、他の様々な学校の体験授業を受けてきました。

ここでは、実際に授業を体験した内容をお伝えします。

皆さんの学校選びにぜひ参考にしてください。

それでは見ていきましょう!

参加した学校について

今回、体験授業に参加した学校は「Toronto School of Management(TSoM)」です。

校内の様子

校内の様子もお見せしますね!

こちらは受け付けになります。

共有スペースとしてこういったラウンジもあります!

広々としたスペースもあるので、生徒同士の交流もしやすいですね!

注意事項

写真は新型コロナウイルス流行前のものになりますのでご了承ください。

参加したコース・クラスについて

私が体験した授業はこちらのコース・クラスになります。

参加したコース・クラスについて
参加コース Businessプログラム
クラスレベル Managing Financial resourcesというモジュールの授業
授業形式 オンライン授業

今回は、Businessプログラムの中の1つのモジュールとなっている「Managing Financial resources」という授業を受けました。

コースの中にいくつかモジュールがあり、基本的に1モジュールは3週間に設定されています。

クラスメイトについて

今回私が参加したのは、オンライン授業になります。

こちらは学校のオリエンテーションの様子になりますが、生徒さんの雰囲気はこんな感じです。

注意事項

学校のパンフレットなどで、国籍比率や年齢層など情報があるかもしれませんが、コロナウイルス拡大の関係で人数の変動や、国籍の偏りがある場合があるのでご了承ください。

写真は新型コロナウイルス流行前のものになりますのでご了承ください。

人数と国籍バランス

私が参加したクラスには私含めて、合計で36人参加していました。

TSoMは大規模な学校で、全生徒で1400人ほどいるので1クラスもとても大きなクラスになります。

見たところ、日本人はおそらく私だけだったのではないでしょうか。

生徒の様子

30人越えの大規模なクラスにはなりますが、先生の問いかけには、積極的に質問したり意見を言う様子が見られました。

また人数は多いですが、オンライン授業の中でも生徒同士がコミュニケーションを取るなどとてもフレンドリーで、大きいサイズのクラスとは思えない様子でした。

体験授業の様子について

次に体験授業の様子を詳しくお話しします。

  • 授業の内容や進行
  • わかりやすさ
  • インプットとアウトプットの比重

に分けて話ししますね。

授業の内容や進行

この日の授業は「Managing Financial resources」というモジュールの授業でしたので、「Cash Flow(キャッシュフロー)」に関してのお話でした。

「Cash Flow(キャッシュフロー)」とは現金の出入りのことを指します。

授業の流れとしてはこのような感じです。

今回は途中参加でしたので、授業の一部を紹介しますね。

  1. まず、「Cash Flow」について内容を確認しました。
  2. 「Cash Flowとは何か」「Cash Flowがなぜビジネスにとって大事なのか」「Cash Flowが不足すると何が起こるか」といった内容を確認していきました。
  3. そのあと、グループで作成して来たプレゼンテーションを発表しました。

今回発表したプレゼンテーションは1グループだけでしたが、カナダの銀行「CIBC」についてまとめた内容でした。

  • CIBCの特徴
  • クライアント側のメリット
  • 銀行側の責任
  • 小さいビジネスにとって良いプラン

などをまとめた内容でした。

わかりやすさ

先生は、適宜生徒が理解できているか、立ち止まって確認してくれたので安心して参加できました。

30人越えの人数の多いクラスでしたが、オンラインなのにも関わらずクラスメイト同士の交流もあり、先生もとてもフレンドリーで親しみやすかったのが良かったです。

「Cash Flow」についても、前回の復習内容含めて、しっかり内容を確認してくれたので生徒にとっては安心ですね!

また、ビジネスにおいて重要となるお金について、実際の銀行を例にとりプレゼンテーションをすることで、自分がビジネス展開をした時にも参考になるようなより実践的な内容だと思いました。

さらに、プレゼンテーションのあとにはしっかりフィードバックもくれ、アドバイスだけでなくポジティブフィードバックもあったのでモチベーションに繋がりやすいと感じました。

インプットとアウトプットの比重

インプットとアウトプットはバランスが良いと感じました。

「Cash Flow」について前回習った内容も、授業の冒頭で確認したり生徒に問いかけをすることで生徒にとって理解の確認にもなります。

さらにプレゼンテーションでまとめることによって、より実践的に考える思考が身につくとも感じました。

テストや宿題について

テストや宿題のことって、あまりパンフレットにも載っていないですよね。

意外と「宿題はしっかり出る学校が良い」とか「小テストをこまめにやってほしい」などそれぞれ思うことがあるでしょう。

ここでは、宿題やテストについて簡単にお話しします。

テストについて

基本的には3週間のモジュールごとにトピックスが完結しているので、モジュールごとに大きいテストがあります。

さらに、モジュールの間にも何回か小テストがあるそうです。

宿題について

宿題は多いようです。

課題は毎日出るほどではないです。

ただ出される課題には、数日間の期限を設けているものが多いので、期限内に行えばしっかりこなせるような内容になっているようですよ。

まとめ

今回は、「Toronto School of Management(TSoM)」という学校の授業を体験しました。

学校といっても十人十色。

同じ名前のコースでも、それぞれの学校によってテキストから、授業の進め方など異なります。

それこそテストの頻度や宿題の量だって違いますよね。

ぜひ、みなさんの学校選びに参考にしてみてください。

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!