ワーホリから永住権に繋げる方法とは?

Working Holiday PR

カナダのワーホリ(ワーキングホリデービザ)は、仕事も勉強も観光も自由にできる夢のようなビザです。

ただし大きな2つの条件があります。

ワーホリの2大条件

  • 31歳になると使えない
  • 一生に一度しか取れない
村山

つまり、「ワーホリ」は一生に1度しか使えない切り札なんですね。

ワーホリは最強のビザで、トランプで言うところの「ジョーカー」のような存在です。最強ですが、簡単に使わずに使い所を考えるのが重要となってきます。

では、カナダで永住権を取るためにワーホリを活用するとは、どのようにするのでしょうか?

手順を紹介するとこのような流れになります。

大まかな流れ

  1. ワーホリを申請し「許可通知書(ビザの引換券)」を取得
  2. 学生ビザ(もしくは観光ビザ)でカナダに入国
  3. 学業に専念する(学生ビザ or 観光ビザ)
  4. 在学中に永住につながる仕事を探す
  5. 「許可通知書」を持って国境に行きワーホリビザを取得
  6. ワーホリの1年間フルに仕事をする
  7. 永住権を申請

ということで今回は、「ワーホリ」を最大限に活用してカナダ永住につながりやすくなるということにいて詳しく説明します!

カナダの永住権のためにワーホリを活用する?

では、カナダの永住権のためになぜワーホリが効果的なのでしょうか?

ワーホリが効果的な理由を順番に説明します。

 カナダの永住権には「就労経験」が重要

まず知っておいていただきたいのは、カナダで永住権を申請するためには、カナダでの就労経験がかなり重要ということです。

永住権を取るには「ポイント制」で、簡単に言うと英語力が高いほど高いポイントを獲得できる……のようなものです。

英語力以外にもいろんな基準があって、その中にカナダの就労経験という項目があるんです。

もちろん、高いポイントを取っておくほど永住権を取れる確率が高くなります

カナダでの就労経験が長いほどポイントは高くなり、最低でも1年は働いてポイントを稼ぎたいのです。

 週30時間 × 1年間が就労経験の基本ライン

そのカナダでの就労としてポイントを獲得するためには、こんな基本ラインがあるんです。

就労経験としての基本ライン

週30時間 × 1年間

でも、日本人がカナダで働くためにはそれ相応のビザが必要となってきます。

外国人は「許可=ビザ」がないと勝手に仕事ができないんですね。

ざっくり言うとこの3つのビザが基本です。

この中の1つが「ワーキングホリデービザ(ワーホリ)」なんですね。

そして、この中でも一番簡単に取れるのがワーホリです。30歳以下だったらほとんど誰でも取れますから!

村山

30歳以下の方の場合、ワーホリを利用しない手はありません!

 ワーホリの1年間を就労に使う

カナダでの就労経験を1年間得るためにワーホリが非常に効果的なのですが、1つ問題があります。

ワーホリはたった1年しか使えないということです。

そして、先ほど見たこちらをもう一度ご確認してください。

就労経験としての基本ライン

週30時間 × 1年間

そうです。1年間の就労経験が必要なのに、ワーホリも期限が1年間です。

カナダに到着してその日に仕事を見つけ、その日に始めるなんて現実的ではありませんよね。

生活に慣れて、英語に慣れて、仕事を探し始めて……とやっていると2〜3ヶ月はあっという間に過ぎるでしょう。

ということは、ワーホリだけを使っての1年間の就労経験は無理だということです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

 学生ビザ(観光ビザ)で入国する

1年間を就労に専念するためにはまずは学生ビザ(観光ビザ)で入国する必要があります。

バンクーバー国際空港に入国

入国するときにワーホリビザを発行してもらわずに入る。つまりワーホリの期限が先延ばしにできるということ。

そしてしばらくカナダに住み、就労の準備が整ったタイミングでワーホリビザに切り替えるんです。

ワーホリは好きなタイミングでゲットできる

ワーホリビザの特性として大きいのが、好きなタイミングでゲットできることです。

どういうことかと言うと、ワーホリを申請して届くのは「許可通知書」で、ワーホリビザの「引換券」のようなものなんですね。

この許可通知書は発行日から1年間有効です。

ワーキングホリデー就労許可通知書

これを印刷したものを空港や国境に持って行って初めて、ワーホリビザを発行してもらえます。

ワーホリはビザをもらった日から1年間有効

そして、ここがポイントなのですが、ワーホリの1年間という有効期間は、
ワーホリビザを発行してもらった日から1年間という意味です。

メールで「許可通知書」が送られてきた日からではありません

まずは学生ビザ(もしくは観光ビザ)で入国して、許可通知書が有効な1年の間の好きなタイミングでワーホリビザをもらいに行くことができるのです。

つまり、ワーホリの期間を消費せずにとっておけるというわけです。

 学生ビザか観光ビザかの選択の基準は?

ワーホリの前にカナダに入国するためにはこちらの2つのどちらかのビザが必要です。

観光ビザ・学生ビザ・ワーホリの違い

まずはこの2つの違い(+ワーホリ)を見てみましょう。

観光ビザ・学生ビザ・ワーホリの違い
  学校 就労
観光ビザ ○(6ヶ月以内)
学生ビザ △(週20時間以内)
ワーホリ ○(6ヶ月以内)

「学校」の列を見てください。

観光ビザ(ビザ無し)でも6ヶ月以内なら学校に通うことができます

6ヶ月より長い期間だと「学生ビザ」を取得しないと通学できないということです。

では、どういう基準で「6ヶ月以下」「6ヶ月以上」のどちらを選ぶべきかについてお話しますね。

 エクスプレスエントリーで永住権を目指す場合

まずは、「エクスプレスエントリー」で永住権を目指す場合です。

ややこしそうな名前ですみません。

普通に永住権を目指すということは、イコール「エクスプレスエントリー」で永住権を目指すという意味で捉えてください。

そして、普通に永住権を目指すということは、就労経験として「NOC」というカナダの職業分類で「専門性レベルB」より上の職種じゃないと認められません。

平たく言うと、高度な専門職ということになりますね。

高度な専門職に就くためには、英語だけではなく、カレッジで専門の知識と実務経験を積まなくてはならないということです。

村山

日本人は英語力でネイティブには敵わないので、技術で勝つ必要がありますからね!

カレッジに通うためには、学生ビザを取得して長期間通う必要が出てきますよ。

ちなみにカレッジに通うとこういう効果が期待できます♪

カレッジで得られるもの

  • 英語力が上がる(日系以外の企業への就職の可能性が上がる)
  • 資格が取れる(保育士、調理師などの専門職に就ける)
  • カレッジの紹介で自分で探すよりも高いレベルの仕事に就けることもある

 BC州のプログラムで永住権を目指す場合

そして、もう1つの方法が「州の推薦する永住プログラム」を使う方法です。

その中でも最も永住ビザを取りやすいと言われているのが、ブリティッシュコロンビア州の「BCPNP ELSS」というプログラム。

簡単に言うと、ブリティッシュコロンビア州が労働力を欲している「特定の分野の仕事なら、専門職じゃなくても永住権につながる……ということです。

その中でも代表的なのが、レストランのサーバー(ウェイトレス/ウェイター)です。

日本人にとって職を得やすい「日本食レストラン」でサーバーをしていても、ちゃんと永住権につながるという意味です!

日本食レストランでサーバーとして仕事をするためには専門知識は必要ありません。むしろ、日本語を話せることが重要になってきます。

そのため、こちらのプログラムで永住権を目指す方は、観光ビザで問題ありません。

専門技術よりも、語学学校(ESL)に2〜3ヶ月通って現地の人脈ができることが重要ですよ。

カナダでは人脈から仕事につながることが非常に多いですから!

しかも、こちらのプログラムだと就労期間は9ヶ月以上で大丈夫です。ただし、同じ職場じゃないといけないという縛りはあります。

ワーホリを使って永住権に繋げるために知っておくべきこと

では、ワーホリを使って永住権に繋げるために、よく知っておいたほうがよいことをまとめます。

 観光ビザ・学生ビザ・ワーホリの特性の違い

先ほども触れましたが、観光ビザ・学生ビザ・ワーホリの3つのビザの特性をよく理解しておきましょう。

観光ビザ・学生ビザ・ワーホリの違い
  学校 就労
観光ビザ ○(6ヶ月以内)
学生ビザ △(週20時間以内)
ワーホリ ○(6ヶ月以内)

先ほど見ていただいた表と同じものですが、今度は「就労」のところを見てください。

観光ビザでは就労は一切できません。でも、学生ビザなら週に20時間以内の就労は許可されている(カレッジに通う場合のみ。語学学校は除く)んですね。

学生ビザでの就労を準備として活用する

ただし、永住権申請に必要な就労経験の基本がこちらでした。

就労経験としての基本ライン

週30時間 × 1年間

つまり、永住権申請に必要な時間分は「学生ビザ」では確保できません。そもそも、学生ビザでの就労は就労経験としてカウントされません

でも、「じゃあ意味ないね」と言うのは待ってください。

専門職(=仕事に就きにくい)に就く前の段階で、専門的な職場でパートタイムとして仕事を体験できるということですよね?

カナダは「コネ」の社会

じつはカナダは日本人が思っているよりも「コネ」がものを言う社会です。

つまり、知らない人にいきなり高度なお仕事を任せるというのは考えにくいんですよね。

信頼関係を築く期間として学生ビザでの就労期間を当てられるということです。

在学中に信頼を勝ち取り、実務でスキルを上げながら、高度な仕事を任されるようにしましょう!

 ワーホリ期間を無駄にしてはいけない

そして、ワーホリの1年間という期間は貴重だというお話をもう一度します。

ワーホリは、1年間もの間、外国人である日本人がカナダで自由に就労できるんですよ?

しかも条件は30歳以下であるということぐらい……。

こんなすごい待遇は本来ありえないほどで、若者に許された特権のようなものです。

ワーホリでカナダにいけ!

ワーホリの期間を1日でも無駄にしてはいけない!

この記事を読んでくださったら、その意味がわかっていただけると思うのですが、ほとんどの方が知らずにもったいない使い方をします。

こちらは何も考えずにワーホリを使ってしまい、永住権を逃してしまった方の例です。

学生ビザ(観光ビザ)をワーホリビザに切り替える方法

最後に、学生ビザ(観光ビザ)をワーホリビザに切り替える方法も紹介しておきます。

ワーホリビザは取得した日から1年間自由に働けるようになるため、仕事の最初の出勤日の直前に手に入れる必要があります。

どうやってワーホリビザを取得するかというと、一度カナダを出ます

……とは言っても、日本に帰るのではなく、アメリカとの国境で一度出国し、もう一度カナダに戻るだけです

このタイミングじゃないとビザの発行がされないため、無駄に見えますが一度出国する必要があるんですね。

バンクーバー付近に住んでいる場合はポイントロバーツでの出国・再入国が便利ですよ(下記の記事を参照)。

まとめ

さて今回は、カナダの永住権を取得するためにワーホリを活用するのをオススメするというお話でした。

ワーホリは若い人にだけ与えられた特権です。使っても失うものはないので、使わないのはもったいないです。

ぜひカナダ永住権を取得するために活用してください

なお、学校選びを成功させるかどうかがカギですので、留学を成功させ、永住権に結びつけるためにも、絶対にカナダ留学コンパスにご相談ください。

Working Holiday PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る