カナダ永住でおすすめする2つのルート

カナダ永住権を取得するにはたくさんの方法(制度)があります。

それぞれの制度ごとに、「こういう人にカナダに永住してほしい!」というカナダ側の意図があるので、自分がその意図に当てはまっていれば、カナダ永住の条件を比較的簡単に満たすことができます。

でも、自分がその意図に当てはまるために、必要なステップがあるんです!

今回の記事では、カナダ留学コンパスで留学を経験された方の体験をもとに、カナダ永住に最もつながりやすい永住ルートを2つご紹介します。

カナダに永住するには?

カナダに永住する方法は大きく分けると次の3つです。

カナダに永住する方法

  • エコノミック・クラス(経済移民)
  • ファミリー・クラス(家族移民)
  • レフュジー・クラス(難民移民)

ファミリー・クラスはカナダ人またはカナダ永住者の家族にスポンサーになってもらう必要があります(国際結婚等)。

レフュジー・クラスは日本人が該当になることは基本的にありません。

なので、この記事ではエコノミック・クラス(経済移民)を中心に紹介します。

カナダ永住権についての概観的な情報は、こちらの記事にまとめてあります。

エコノミック・クラスでカナダに永住するには、カナダの有効なジョブオファー(雇用契約)を得るのが最も重要です。

ジョブオファーを得るのが一番のハードル

まず、エコノミック・クラスではどのような人材が求められているのでしょう?

それは、カナダが『カナダにずっと住み続けて欲しいぐらいカナダ経済に貢献できそうな人』なんです。

かえで

国の発展に貢献してくれそうな人を受け入れたいんだね。

移民国家のカナダは、建国前からずっと外部からの移民を受け入れ、経済と社会の活力を維持、発展させてきました。

ちなみに、経済以外の理由の移民は、ファミリー・クラス、レフュジー・クラスで受け入れていますよ。

経済の発展も重要ですが、多様性にも寛容なんですね。

そして、カナダ経済にどれくらい貢献できるかを示すのが、雇用主からのジョブオファーなんです。

有効なジョブオファーとは?

ジョブオファーには

  • どんな仕事で
  • どれ位の期間
  • いくらの給与で

雇用契約が結ばれたかが書かれています。

カナダ永住のために有効なジョブオファーには、以下の条件が求められます。

カナダ永住に有効なジョブオファーの条件

  • フルタイム(週30時間以上)、季節雇用は不可
  • 1年以上の雇用期間、または無期限雇用
  • 専門性レベルB以上の職種
  • 給与の詳細
  • 業務内容の詳細
  • 就業時間など雇用の詳細
かえで

どんな仕事でもいいわけじゃないんだね。

はい、カナダで有効なジョブオファーをもらうのは、かなり大変なんです。

具体的にどう大変なのか、詳しく解説します。

 

ジョブオファーをゲットするのは難しい?

外国人が海外で仕事を得るのは大変です。

日本の、ご自分の近所で想像してみてください。

日本語が上手に話せない外国人は、たくさん働いていますか?

地域によっては日本でも外国人がたくさん雇用されていることはあります。

でも、その場合でも、雇用されている場所は、飲食店や商店、工場など、単純な労働力が多く必要とされる職種なのではないでしょうか。

かえで

そういえば、うちの近くのコンビニでも、外国の名前の名札をつけた人が働いています。

カナダで日本人が就職する場合もまったく同じなんです。

「カナダに来たことがない」、「英語が話せない」外国人をわざわざ雇う雇用主はいません。

特に、カナダで外国人を雇うためには、雇用主はLMIAという手続きのスポンサーをしないといけません。

会ったこともない外国人に、そこまでしてくれる雇用主は普通いません。

逆に、LMIAのスポンサーをしてまで外国人を雇いたいような場合は、その仕事がキツくて給料が安くて、カナダ人を雇おうとしても人が見つからない、という可能性ががあるので注意が必要です。

有効な就労ビザも必要

また、カナダ永住権申請でカナダの就労経験としてカウントできるのは、有効な就労ビザを持って働いた期間に限られます。

学生ビザコープビザの期間に働いた経験は、たとえフルタイムで働いていても、カウントされないんです。

なので、ジョブオファーを得ることの前段階として、有効な就労ビザを得る必要があります。

今回ご紹介する2つの王道ルートは、就労ビザとジョブオファーを得るための、最も現実的な方法と言い換えることができます。

王道ルート1:公立カレッジ→ポスグラ

王道ルートの一つ目としてご紹介するのは、公立カレッジに2年間通い、3年間のポスグラビザを取得して、カナダで1年間働いて、永住権を取得するというものです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

公立カレッジに入学するにはIELTS 6.5程度以上の英語力が必要です。

学費も私立カレッジより高く、年間150万円程度かかります。

決して低くはないハードルですが、公立カレッジを卒業して就職ができれば、そこから永住権にたどり着くのはかなり確実です。

 

ただし、就職先を選ぶ際には、永住権につながるNOCレベルB以上の職種を選びましょう。

英語力のアップも必要です。

公立カレッジを卒業していれば、かなりの英語力が身についているはずですが、永住権取得に必要なポイントを取るためにはより高得点が必要になる場合が多いです。

カナダ永住権に必要な英語力について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

カナダ永住権取得のためのポイント計算について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

このルートのよいところは

  1. 配偶者に配偶者就労ビザが出ること
  2. 18歳未満の子どもが無料で公立学校に通うことができること

の2点です。

家族でカナダ永住を目指す場合に特におすすめのルートですね。

王道ルート2:Co-op(コープ)→LMIA

もう一つのルートは、Co-op(コープ)付きの私立カレッジのプログラムを卒業し、卒業後にLMIA付きの就労ビザを取って1年間働いて、就労ビザを得るというものです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

上で解説した通り、カナダに来ていきなりLMIA付きの就労ビザをスポンサーしてもらうことは、ほとんど不可能です。

なので、私立カレッジに通いながら、コープを使って通学期間中はパートタイム、コープ期間中はフルタイムで働いて、学校卒業のタイミングでLMIA付きの就労ビザを取得することを目指します。

 

王道ルートとはいいながら、卒業時に雇用主が就労ビザのサポートをしてくれるかどうかは雇用主次第なので、不確定要素はかなりあります。

就労ビザのスポンサーをするかどうかは働いた会社の経営状態にもよるので、働き始めた時と事情が変わって就労ビザのスポンサーをする余裕が会社になくなってしまうこともあり得ます。

卒業時に就労ビザのスポンサーをしてもらえないリスクはあっても、カナダで就労ビザを取るための最も現実的なルートではあります。

就労ビザが無事取れて、1年間働いて永住権申請の条件を満たしたとしても、永住権取得に必要なポイントを得るためには、かなり高い英語スコアが必要になる場合が多いです。

英語の勉強は計画的に準備しましょう。

まとめ

カナダ永住権取得への、王道ルートを2つご紹介しました。

どちらの場合も、有効な就労ビザを得ることが最も重要なポイントで、留学をステップとして活用しています。

カナダ留学は、就労ビザを得るための大きな足掛かりになるだけでなく、カナダの生活に慣れるためにも、英語力を上げるためにも役立ちます。

カナダ永住権を視野に入れた留学プランの作成について、まずはカナダ留学コンパスにご相談ください。

留学前のプラン作成から、留学開始後の生活まで、専門家がきめ細かくサポートします!

 

 

 

 

免責

ビザ申請、永住権申請の手続きや規定、ルールはカナダ移民局が予告なく頻繁に変更しています。

そのため、こちらのサイトに記載していある情報を元に何らかの判断を行う際には、弊社にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。

弊社のサイトは、ビザ申請、永住権申請に関する責任を負うものではございません

弊社サイトをご覧になってご自身でお手続きをすすめたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、弊社では一切責任を負いません

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る