カナダ留学に安心の留学生保険~ガードミー~

guard.me(ガードミー)

留学でカナダに長期滞在する際に、絶対に忘れてはいけないのが医療保険。とは言っても、医療保険には日本の会社が提供するものとカナダの会社が提供するものがそれぞれたくさんあって、どれを選べばいいのか分からないですよね。

そこで今回は、

「ガードミー」というカナダの留学生保険

をご紹介したいと思います。

guardme

医療保険には必ず加入しましょう!

カナダで病院に行くとどれくらいお金が掛かるか知っていますか?

例えば、自転車や階段などで転んで運悪く骨折してしまったとすると、医療費は軽く$10,000を超えます。
骨折した場所によっては入院が必要になることもあり、その場合はさらに医療費が高くなります。
「わたしは元気だから病気なんてしない!」と思っていても、車や自転車にはねられるようなリスクは自分がいくら気をつけていても完璧に防げるわけではありません。

 

末永

どんなにカナダ滞在日数が短くても、医療保険には必ず加入しましょう!

でも、保険にはたくさん種類があって、それぞれ保険料も保障内容も違うのでなかなか選べないですよね。

 

そこで今回は、ガードミーというカナダの留学生向け医療保険をご紹介します。

ガードミーとは?

ガードミーとは海外に長期滞在する留学生のための保険です。カナダ滞在中だけでなく日本以外への旅行(アメリカの場合は旅行1回あたり30日まで)中の医療もカバーされます。補償限度額は200万カナダドル(約2億円)です。

医療費無制限ではありませんが、緊急的な治療で医療費が200万カナダドルを越える可能性は少ないです。
とても大きなけがや病気で長期の入院が必要な場合、日本に帰国して治療を継続することになります。
ですので、200万カナダドルは帰国までの緊急の医療に対応するには十分な保障額だといえます。

病院や薬局に支払う費用のほとんどがガードミーで保障されますが、一部制限がありますのでご注意ください。

保険料・加入日数

保険料:1日当たり$2。加入日数:14日~365日

主な補償内容

ガードミーの主な補償内容をご紹介します。

医療に対する補償

サービス項目 補償範囲、限度額等
補償限度額 $2,000,000
治療・入院 対象費用の100%
準個室入院費用の100%
(医師が指示する場合)個室入院費用の100%
眼科検診 緊急性のない眼科検診費用の100%(上限$100、6か月以上保険加入の場合に限る)
医療補助サービス 以下の$500までの対象費用の100%:カイロプラクター、マッサージセラピスト、鍼師、自然療法士、足治療医、足病治療医(医師による紹介不要)
理学療法/
言語療法
$1000までの対象費用の100%(入院時は無制限)
付添い看護 $15,000までの対象費用の100%
救急搬送費用 救急車:対象費用の100%
タクシー:病院または診療所までの往復タクシー運賃$100まで
処方薬 最長30日分までの対象費用全額。入院の場合は無制限
歯科 – 事故による負傷  事故による口への負傷の結果として生じた緊急の歯科治療費$4,000までの対象費用の100%
歯科 – 緊急 6ヶ月間の補償を購入の際、痛み止め等に$600までの対象費用の100%
補装具、医療器具 松葉伺、ステッキ、車椅子、歩行補助器、ギブスなどの対象費用の100%
カナダ国外の補償 以下を除く世界各国での対象請求額:アメリカ合衆国では30日までの補償。学校あるいは研修プログラムの一部でない限り本国での補償なし
妊娠 妊娠中の重篤な合併症に対する補償

医療に付帯する費用に対する補償

家族の交通費  7日を超える入院の際、2名の家族を呼び寄せるための航空券代が$5,000まで。
滞在経費は$1,500まで
航空輸送による送還  お客様を最寄りの病院か本国の病院まで搬送するための交通費全額
事故死あるいは手足の切断  $50,000($200,000までの任意選択の補償もあり)
一般輸送機関
利用中の事故死
$100,000
受入国での埋葬  死亡地での遺体の措置、 火葬、埋葬および埋葬地購入費用$5,000まで
死亡者の本国送還  遺体の本国送還の準備と輸送にかかる費用$15,000まで

ガードミーのお申し込みは、こちらのお申し込みフォームからどうぞ

ガードミーの使い方

ガードミーのウェブサイトでは、ガードミーの協力病院、クリニックを探すことが出来ます。こうした協力病院、クリニックでは、キャッスレスで受信が可能ですので、その場で診察料の支払いの必要がありません。病院、クリニックが後日直接保険会社に治療費を請求するので便利ですね。

お住まいの近くに協力病院、クリニックがない場合は、一旦治療費を支払います。その後、ガードミーのウェブサイトにレシートの写しをアップロードして、保険金を請求すると、2週間程度で保険金が支払われます。

薬局での処方薬の支払いにもガードミーが使えます。薬局の場合はご自分で支払った後、ガードミーのウェブサイトから保険金を請求します。

guardme website

ガードミーのメリット

ガードミーは、以下のメリットがあるのでおすすめです。

日本とカナダのどちらからでも申込み可能

日本からでも、カナダからでも、世界のどこからでも申込みができます。

日本の海外旅行保険だと、日本国内から申し込みしなければならない制限がついていることがあるので、カナダに着いた後でも申し込めるのは嬉しいですよね。

オンラインで簡単に保険金請求

ガードミーはキャッシュレス(ダイレクト・ビリング)に対応してくれる医療機関があるのが便利です。

キャッシュレスでかかれない医療機関で受診した場合でも、オンラインで簡単に保険金の請求ができます。

請求は英語ですが、カナダ留学コンパスの現地オフィスが請求をお手伝いするので、実質、日本語でサービスを受けられます。

格安な保険料

一日当たり$2という、格安な保険料で、十分な保障内容のプランの保険に加入できます。

医療保障に特化している分、日本の損害保険会社の提供する海外旅行保険よりも安いです。

ガードミーのデメリット

いっぽう、ガードミーにはデメリットもあります。

損害への補償がない

上に挙げた格安な保険料のメリットの裏返しですが、ガードミーは医療保険なので、生命保険、損害保険分野の補償はほとんどありません。
また、生命保険ではないので死亡時は事故死の場合など一部を除いて補償の対象になりません。
携行品損害などの損害補償分野の補償もほとんどありません。 日本でも健康保険には、生命保険、損害保険はついていませんが、これと同じです。

留学生活に必須な健康保険の部分だけの保障を選ぶか、万が一のことを考えて生命保険、損害保険もつける高価な日本の保険を選ぶか、しっかり考えてみましょう。 

まとめ

以上、カナダ滞在中、絶対に必要な医療保険の一つとして、ガードミーをご紹介しました。

1日当たり$2というリーズナブルな保険料で、急な怪我や病気に対応できるので、安心して勉強、アルバイト等に取り組むことが出来ます。医療保険に特化している分保険料が安いので、浮いた費用で旅行や学校など、カナダ滞在をより充実させることができます!

留学手続きを弊社にて行っていないお客様でもお手続き可能です。
ガードミーのお申し込みは、こちらのお申し込みフォームからどうぞ

guard.me(ガードミー)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る