徹底比較!カナダ留学の保険はどれがいいの?

カナダで病院に行くとどのくらいお金がかかるかを知っていますか?

例えば、自転車や階段で転んで運悪く骨折をしてしまったとすると、医療費は軽く$10,000を超えます

ですので、どんなにカナダ滞在日数が短くても、海外旅行保険には必ず加入するようにしましょう!

さて前回の記事では、留学などでカナダに滞在する際に、絶対に忘れてはいけない海外留学保険の一つ、カナダ現地の医療保険の一つとして、「ガードミー」をご紹介しました。

たくさんある保険の中で、自分に合ったものを探すのは難しいですよね?

そこで今回は、カナダ現地の医療保険と日本の留学生向けの海外旅行保険を徹底比較します。

カナダ現地の医療保険と日本の留学生向けの海外旅行保険の違いは?

そもそも「ガードミー」のようなカナダ現地の医療保険と、日本で加入する留学生向けの海外旅行保険にはどのような違いがあるのでしょうか?

その一番の大きな違いは「保障内容とサポート」です。

そもそも保険とは、保障内容によって下記の3つに分かれています。

  1. 医療保険
    留学中に病気や怪我で治療を受けた時の治療費を保障
  2. 生命保険
    留学中の事故による死亡や後遺障害を負ってしまった時の保障
  3. 損害保険
    留学中に他人に損害を与えてしまったり、自分の所持品の盗難・破損の時の保障

海外留学をするときに加入する保険では、どこまでの保障を求めるのか?がポイントとなります。

カナダ現地の医療保険の特徴

カナダ現地保険の特徴は、「医療保険」ということです。

イメージとしては日本の健康保険と同じで、医療保障はあるものの、生命・損害保険はありません。

その分、1日当たりの保険料が安いのが特徴です。

それでは、カナダ現地の医療保険の一つである「ガードミー」について解説します。

国際留学生保険 ガードミー/guard.me

guard.me(ガードミー)

国際留学生保険の「ガードミー」は、カナダの保険会社が提供する医療保険で、カナダ滞在中の医療の他にも、日本以外への旅行時の医療にかかる費用も保障されます。

割安な保険料で、医療に絞った保障が受けられます。

日本に限らずカナダにいる留学生、特に大学生はだいたい入っている保険です。

ポイント

  • 格安な保険料。1日当たり$2の分かりやすい料金設定
  • 提携病院ではキャッシュレスで受診ができる
  • 日本・カナダのどちらからでも申し込み可能
  • 旅行中の医療もカバー
  • 簡単に保険金請求(キャッシュレスでなかった場合)

注意点としては、医療保険なので、生命・損害保険分野の保障がほとんどありません

詳しくは、下記からご確認ください。

日本の留学生向け海外旅行保険の特徴

日本の留学生向け海外旅行保険の特徴は、「医療・生命・損害保険、全てが手厚く保障される」ことです。

航空機遅延によって生じる損害が保障されたり、日本語のアシスタンスサービスが受けられたりと、何かあったときにとても安心ではありますが、その分保険料は高額になります。

また、日本出国前に保険に加入する必要があるので注意が必要です。

日本の留学生向け海外旅行保険とは

日本の一般的な留学生向け海外旅行保険の場合は、24時間対応の日本語電話アシスタンスサービスが受けられるなど、何かあったときのサポート力に優れています。

また、病気・事故はもちろん、盗難、航空機遅延、賠償のトラブルなどの保障もあります。

日本の留学生向け海外旅行保険は、海外への滞在中に起こりうるトラブルへの保障が手厚く安心ではありますが、保険料が高くなるのが特徴です。

ポイント

  • 事故対応力は高く、世界各地の提携病院数が充実している
  • 盗難、航空機遅延、賠償のトラブルなどにも対応
  • 歯科をカバーするプランあり
  • 日本語のアシスタントサービスが受けられる

注意点としては、生命・損害保険部分の保障が手厚い分、保険料が高くなります

保険の詳細が気になる方は、下記から資料請求をしてくださいね!(資料請求フォームへ遷移します)

「ガードミー」と「日本の一般的な留学生向け海外旅行保険」との比較

それでは、それぞれの補償内容や保険料などを見ていきましょう!

サービス項目 ガードミー 日本の一般的な海外旅行保険
365日加入 1年間
傷害死亡 $50,000(事故死の場合のみ) 500万円~1億円
傷害後遺障害 $50,000(手足の切断の場合のみ) 30万円~1億円
疾病死亡 なし なし~3,000万円
治療費用 $2,000,000(およそ1億7000万円) 1,000万円~無制限
救援費用 航空券代$5,000、滞在費$1,500 1,000万円~無制限
歯科治療費用 なし なし~10万円
個人賠償責任 なし なし~1億円
生活用動産 なし なし~100万円
航空機寄託手荷物遅延 なし なし~10万円
航空機遅延費用 なし なし~3万円
保険料 730ドル(およそ62,000円) 18万円~62万円程度

上記、比較から分かるように、保険料は「ガードミー」が圧倒的に安いですが、保障内容は日本の保険に軍配です。

分かりやすくまとめました。

保障内容で比較:日本の保険>カナダの保険
コストで比較:日本の保険<カナダの保険

「医療保険としての保障があればいいのか」「生命・損害保険的な保障も必要なのか」によって、カナダの保険に入るか、日本の保険に加入するのかを判断してくださいね!

「日本とカナダの保険を組み合わせるハイブリッドなプラン」

これまで、私たちがご案内してきた保険は、日本とカナダの保険をどちらかを選んで頂くものでした。

  • 損害保障が手厚い分、保険料の高い日本の留学生向け海外旅行保険
  • 医療部分以外の保障が薄い分、保険料が安いカナダの医療保険

ですが今回からは、「保障も充実していて、保険料も抑えたい!」という方向けに、第3のプランもご紹介していきます。

どういうものかというと、カナダの現地保険「ガードミー」で保障がない部分に、日本の保険を組み合わせ、カナダ滞在中の医療保険と生命・損害保険をカバーするというものです。

要するに、カナダの現地保険に日本の保険を上乗せするプランです。

日本とカナダの保険を組み合わせるものなので、「ハイブリッドなプラン」という総称で呼んでいきます。

A:カナダの医療保険「ガードミー」で医療保障B:日本の留学生向け海外旅行保険で生命・損害保障(上乗せプラン)

ハイブリッドなプラン(A+B)

このハイブリッドなプランは、カナダと日本と2つの保険に加入する必要があるのですが、保険料を安く、保障を手厚くすることが可能になります。

まとめ

保険は安心を買うものなので、どこまでの保障が必要なのか?保険に使えるコストなどをしっかり比較し選んでくださいね。

保障内容で比較:日本の保険>カナダの保険
コストで比較:日本の保険<カナダの保険

また、「ガードミー」と日本の海外旅行保険を組み合わせるハイブリッドプランという選択もあり、下記の3つから選べばいいので、もう迷う必要はないですよね!?

  1. カナダの現地保険「ガードミー」で医療保険のみカバー
  2. 日本の留学生向け海外留学保険で医療・生命・損害保険をカバー
  3. カナダの保険で医療を、日本の保険で生命・損害をカバー

カナダ現地の保険「ガードミー」だけでも、「日本の留学生向け海外留学保険」だけでも、「ハイブリッドなプラン」でも、カナダ留学コンパスからご案内ができます。

もちろん、弊社から留学手続きを行っていないお客様でもお手続き可能ですのでご安心くださいね!

国際留学生保険「ガードミー」のお申し込み

国際留学生保険「ガードミー」のお申し込みは、下記のフォームに必要事項を入力し送信をしてください。

日本の留学生向け海外留学保険の資料請求

日本の留学生向け海外留学保険と、ハイブリッドプラン(上乗せプラン)の詳細を知りたいという方は、コチラから資料請求をお願いします。

ハイブリッドなプラン(上乗せプラン)とは

カナダの医療保険「ガードミー」で医療保障を、日本の留学生向け海外旅行保険で生命・損害保障(上乗せプラン)を組み合わせるプランですので、上乗せプランだけですと医療保険はカバーされません。
必ず「ガードミー」にも加入ください

どこまでのリスクを保険でカバーするのかと、保険に充てられる予算がどれ位なのかをよく考えて、自分のニーズに一番合った保険を選びましょう。

自分に合った保険を選ぶことは、カナダ留学成功の第一歩です!

その他、留学の質問などあれば、私たち留学コンパスへご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る