徹底比較!カナダ留学(ワーホリ)の保険はどれが安いの?

前回の記事で、留学でカナダ(ワーホリ)に長期滞在する際に、絶対に忘れてはいけない医療保険の一つとして、ガードミーをご紹介しました。

でも、たくさんある医療保険の中で、自分に合ったものを探すのは難しいですよね。
そこで今回は、カナダの医療保険「ガードミー」と、日本の保険会社が提供する保険を徹底比較します。

カナダ現地の保険と日本で入る保険の違いは?

前回ご紹介した、ガードミーの様なカナダ現地の保険と日本ではいる保険にはどのような違いがあるのでしょうか?一言で言うと、サービスの手厚さが違います。

カナダの保険の特徴

カナダ現地での医療を補償します。そのかわり死亡保険、携行品損害保険のような、海外旅行保険で補償される項目の補償がなく、1日当たりの保険料が安くなっています。

日本で入る保険の特徴

損害保険部分の補償が手厚く保障されます。

航空機遅延によって生じる損害が補償されたり、日本語のアシスタンスサービスが受けられますが、その分1日当たりの保険料は高額です。

日本出国前に保険に加入する必要があり、保険期間が1年より短く設定されている場合があります。

日本の留学生保険とカナダの留学生保険の会社ごとの比較

この記事では、日本の留学生保険2種類と、カナダの留学生保険ガードミーを比較しながらご紹介します。

東京海上日動 「留学・ワーキングホリデー用プラン」

東京海上日動ロゴ

安心のブランド、東京海上日動の海外旅行保険です。海外渡航中の「困った」を解決する海外総合サポートデスクがあるのが安心です。

留学期間が短期か長期かによってや、滞在先がホテルか寮・ホームステイかによって契約プランが選べるのが特徴で、より自分の留学プランに合った保険を選べます。

救急医や看護師が24時間体制でアドバイスする緊急医療相談サービス。自己負担することなく治療が受けられるキャッシュレス・メディカル・サービスや緊急アシスタンスなど、サポート体制も充実しています。

保障は厚く、安心なのですが、保険料は高めです。

ポイント

  • 滞在日数、宿泊先によって保険プランが選べる
  • 事故、病気など留学中に起こる様々なトラブルへの対応体制が充実している。

AIG損害保険会社 海外留学保険

AIG損保

外資系大手のAIG保険会社(旧AIU保険会社)の日本支社が提供する保険です。

海外に多数の拠点を展開していて、24時間対応の日本語電話アシスタンスサービスが受けられるなど、事故対応力やサポート力に優れています。
他社の保険は対応留学期間が3ヶ月~半年と短いものがあるのですが、AIGは1年まで対応可能で、1年以上の場合も契約延長で対応可能であることから、長期の留学の為の保険にも使えます。

保障が厚くなれば保険料が高くなります。今回紹介する保険の中でも保険料が一番高いです。

ポイント

  • 海外旅行保険に強みのある外資系保険会社
  • 保険料は高めだが、事故対応力は高く、世界各地の提携病院数が充実している

国際留学生保険 ガードミー/guard.me

guard.me(ガードミー)

カナダの保険会社が提供する医療保険です。カナダでの医療の他、日本以外への旅行時の医療にかかる費用も補償されます。(アメリカへの旅行の場合1回30日が限度)

割安な保険料で、医療に絞った補償を受けられます。
日本に限らずカナダの留学生、特に大学生はだいたい入っている保険です。

ポイント

  • 保険料が安い。加入手続きも簡単
  • 加入期間に関わらず、1日当たり$2の分かりやすい料金設定

3つの保険の比較

サービス項目 ガードミー 東京海上日動「留学・ワーキングホリデー用プラン」 AIG 海外留学保険
365日加入 寮・ホームステイプラン ゴールドプラン
傷害死亡  $50,000(事故死の場合のみ)  3,000万円  3,000万円
傷害後遺障害  $50,000(手足の切断の場合のみ) 3,000万円 90万円~3,000万円
疾病死亡 なし 1,000万円 2,000万円
治療費用 $2,000,000 無制限 無制限
救援費用 航空券代$5,000、滞在費$1,500 無制限 無制限
個人賠償責任 なし 1億円 1億円
生活用動産 なし 60万円 50万円
航空機寄託手荷物遅延 なし なし 10万円
航空機遅延費用 なし なし 2万円
保険料 $730(およそ62,000円) 261,740 276,430

まとめ

保険は安心を買うものなので、どこまでの保障が必要かと、コストを比較して考えて選ぶのが良いと思います。
保障内容は 日本の留学生保険>カナダの留学生保険
コストパフォーマンスは  カナダの留学生保険>日本の留学生保険

つまり、金額面ではやはり、カナダの留学生保険が一番安い結果となりましたが、
・留学者ご本人がなくなった(死亡した)ときの金銭的補償
・誰かに損害賠償請求をされた(喧嘩で相手に怪我をさせた、失火で火事になったなど)ときの補償
などが必要ならば、日本の保険、そういった補償は必要なく、病気やけがなどの本当に必要な医療保険に該当する部分だけの補償で十分と考える場合はカナダの保険が良いかもしれません。

どこまでのリスクを保険でカバーするのかと、保険に充てられる予算がどれ位なのかをよく考えて、自分のニーズに一番合った、過不足のない保険を選びましょう。
自分に合った保険を選ぶことは、カナダ留学成功の第一歩です!

カナダの安い留学生保険のまとめはこちら

カナダ完全ガイド一覧に戻る