コープ(Co-op)プログラムについて

Coop Program

「Co-op(コープ)」ビザについて以前の記事で解説しました。今回はコープビザで受講できるCo-op(コープ)プログラムについて、専門家が徹底的に解説します。

コーププログラムは、「ワーホリビザを使ってしまった」、「31歳を過ぎていてワーホリビザを取れない」という場合に、カナダで働きながら勉強できる、とても魅力的なプログラムです。

Co-op(コープ)プログラムについて

Co-op(コープ)プログラム学生ビザコープビザの両方を取得した学生が受講できるプログラムで、分かりやすく言うと、有給のインターンシップ付きプログラムです。

Co-opとは「cooperative placement」の略で、直訳すると「協力的な配置」つまり、学校と企業が協力して学生を職に配置するということです。

コーププログラムの規定は州ごとに定められていて、ブリティッシュコロンビア州では、コープは有給と定められています。

ブリティッシュコロンビア州ではこの他に、コープ期間の比率はプログラム全体の50%まで、という規定もあります。

(つまり、トータル1年間のプログラムの場合、コープ期間の上限は50%の6か月間、トータル2年の場合は同じく1年間が上限となります)

コーププログラムの仕組み

カレッジの6か月以上のプログラムに通うには、学生ビザを取らなければいけません。

そして学生ビザを持っていると、学校にフルタイムで通っている期間中、週20時間までアルバイトすることが認められます。

コープの期間は、この通常の週20時間の就労に加え、更に週20時間まで、学校のコーププログラムで働くことが認められます。つまり、コープ期間中は計週40時間、フルタイムで働くことができるんです。

フルタイムで働けるなんて、就労ビザを持っているみたいで嬉しいですが、何の仕事をしてもいい訳ではありません。

コープで働くということは、学校のプログラムの一環で働くということなので、自分が学んでいるプログラムに関係のある仕事をしなければいけません。

しかし逆に、学校が学生にプログラムに関係のある職を与える責任もあるので、学校の助けにより、一人で求職するよりレベルの高い仕事を得られることもあります。

留学の一環として学んだ知識を実践する

留学中に学校で学んだことを、働きながら実践して、さらに深く理解することがコーププログラムの目的です。

ですので、コーププログラムでの就労先や職種は、学校で学んでいる内容と関連している必要があり、コープでの就労中、定期的に学校にレポートを提出して、学校の科目の一つとして評価を受けます。

コープの就労経験は永住権申請にはカウントされない

カナダでフルタイムで働くことのできる、とても魅力的なコーププログラムですが、就労ビザにはない欠点があります。

それは、「コーププログラムでの就労経験は永住権申請時のカナダでの就労期間にカウントされない」ということです。

コープで就労中も、カナダ滞在ステータスは学生のままなので、学生ビザの期間に働いた経験は全て永住権申請にはカウントされないのです。残念。

コーププログラムで学べる内容

様々な学校の、様々な内容のプログラムにコープが組み込まれています。

代表的なのは、私立カレッジでは、接客業を学ぶホスピタリティマネジメントのプログラムや、マーケティング、会計などを学ぶビジネスマネジメントのプログラム、Webデザイン、モバイルアプリの制作などを学ぶITのプログラム等です。

公立カレッジ、大学では、プログラム毎にコープのコースを履修できる学期数が決まっていて、コープのコースを履修する学期の間フルタイムで働きます。

私立カレッジのプログラムの紹介

今回は、私立カレッジのプログラムを3つご紹介します。

私立カレッジの場合、学校独自の英語テストで一定以上の成績を取ることで、IELTSやTOEFLなどの公式英語テストのスコアなしで入学可能になることが多いです。

公式英語テストは受験料が高いし、試験時間も長くて大変なので、受けなくて済むのは嬉しいですね。

ここでご紹介する学校はほんの一例です。他にも、様々な分野でコープ就労体験ができるプログラムがありますので、詳しくはカナダ留学コンパスにご相談ください。

INVO Career College

INVO Logo

INVO Career Collegeは、語学学校のInlinguaが2017年に新規開設した私立カレッジです。留学生に需要が高いホスピタリティ分野をさらに3つの分野に細分化してプログラムを提供しています

ホスピタリティ・マネジメント

フード、ベバレッジ&サービス

ツーリズム&ホスピタリティ

「ホスピタリティ(接客業)についてカナダで学びたい!」と思っても、働きたい場所がホテルなのか、飲食店なのか、旅行会社なのかによって、学ぶ内容が異なりますよね。

ですが、接客業全般を網羅的に学べるプログラムを提供しているカレッジが実は多いんです。

そんな中、INVO Career Collegeではホスピタリティ・マネジメント(ホテル)、フード&ベバレッジ(飲食店)、ツーリズム&ホスピタリティ(旅行会社)のそれぞれに特化したプログラムを提供しています。

自分の興味のある分野だけを、無駄なく、深く学べるのは嬉しいですね。

今回は、カナダの飲食店で働くための専門知識が学べる、フード&ベバレッジのプログラムを詳しくご紹介します。

Food Beverage & Service Essentials CO-OP

Food & Beverageレストラン、カフェなど、飲食店で生かせる接客業の知識を学びます。

オプションで、カナダの飲食店で勤務する時に必要な、「Serving It Right (サービング・イット・ライト)」と「FoodSafe(フードセイフ)」の資格を取ることも可能です。

プログラム名 プログラム期間 授業期間 COOP期間 学費(総額)
Food Beverage & Service Essentials CO-OP 24週間(6か月) 12週 12週 $5,750

※学校独自のテストを受験することで、IELTS、TOEFLのスコアなしでも入学可能

VanWest College

バンウエストは、バンクーバーとケロウナに校舎を構える創立1988年の老舗校で、語学学校と私立カレッジが併設されていて、カレッジでは以下のコーププログラムを受講することができます。

プロフェッショナルカスタマーサービス

ビジネスマネジメント

商業&マーケティング

バンウエストの特徴は、専任のCo-opコーディネーターが常駐していることです。コーディネーターは学生一人一人と何度も面接し、学生の希望を把握してコープ先を斡旋します。

コープ先の手配は100%保証されます

また、オフィスワークでコープ先を見つけることは飲食店などのサービス業と比較して難しいのですが、バンウェストのコーディネーターは、地元の企業と強固な関係を築いているので、マーケティング等オフィスワークの仕事の斡旋ができる可能性が高いです。

Business Management Co-op Diploma

カナダのビジネス習慣や、マーケティング、人事管理、財務などを幅広く学び、カナダでビジネスパーソンとして活躍し、将来管理職となるための専門知識を身につけます。Business Management

プログラム名 プログラム期間 授業期間 COOP期間 学費(総額)
Business Management Co-op Diploma 14か月(1年2か月) 8か月 6か月 $13,190

※学校独自のテストを受験することで、IELTS、TOEFLのスコアなしでも入学可能

Cornerstone College

Cornerstone Logo

Cornerstone Collegeでは、ウェブデザイン、ホスピタリティマネジメント、ビジネスマネジメントの分野でコーププログラムが提供されています。

ホスピタリティマネジメント

ビジネスマネジメント

ウェブ&モバイルアプリ ディベロップメント

コーナーストーンには語学学校が併設されていて、カレッジのプログラムを受講すると、受講期間に応じて語学学校の授業が1~3か月無料で受けられるプロモーションが頻繁に行われています。学生の平均年齢は高めで、一度社会に出た後、目的意識をもってもう一度学校に通うという学生が多いです。

今回は、ウェブ&モバイルアプリ ディベロップメントのプログラムについて詳しくご紹介します。

Web & Mobile App Development Diploma

キャリアに直結する専門知識と技術が身につきます。HTML, Java, Objective C, Photoshop, Illustrator, HTML iOS Androidなどについて学びます。授業で作成する課題はそのままポートフォリオ(就職等の際に見せる自分の作品集)として使うことができ、コープ先を見つけたり、卒業後の就職の時に活用できます。IT students

 

プログラム名 プログラム期間 授業期間 COOP期間 学費(総額)
Web & Mobile App Development Diploma 24か月(2年間) 1年 1年 $15,445

※学校独自のテストを受験することで、IELTS、TOEFLのスコアなしでも入学可能

※無料の語学学校クラス3か月分付き!

まとめ

いかがでしたか?

コーププログラムは、ワーホリを使えない時に、カナダで長期間働くことのできるチャンスです。

カレッジでの勉強と直結しているので、カレッジで学んだ知識とカレッジの支援で、自分で求職するよりレベルの高い会社で働ける可能性があります。

カナダではコープから就職につながるケースがとても多いので、自分の頑張り次第で卒業後のカナダでの就職につなげることができるし、日本に帰る場合でも、カナダでフルタイムで働いていたという経験は、日本で就職先を探すときの強力なアピール材料になります。

勉強しながら働いて、知識と経験と収入を一度にゲットできるコーププログラムにぜひチャレンジしてみてください!

自分が何の分野でコープできるか分からない時は、カナダ留学コンパスにご相談ください。
一人一人の希望や予算に合わせた留学プランをご案内します。

Coop Program

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る