【画像で解説】カナダのワーホリビザ申請手順:ワークパーミット編

ワーホリのプール登録(仮登録)後、招待(Invitation)レターが届きます。

この時点で、マイページからWork Permit(ワークパーミット)の申請が出来るようになります。

招待から10日以内にWork Permitの申請を完了しなければなりません。
(期限を過ぎてしまうと自動的にビザが却下されます)

この記事では、ややこしいWork Permitの申請手順を画像付きで詳しく解説していきます。

これを読めば、申請手順がばっちり分かりますよ!

Work Permit(ワークパーミット)申請の流れ

大まかな申請の流れはこんな感じです。

  1. 質問への回答(情報を入力していく)
  2. 必要書類をアップロード(あらかじめ準備しておきましょう)
  3. 署名と支払い

この中で一番時間がかかるのが(1)の情報入力です。

情報入力の際に迷って時間がかかってしまうと、タイムアウト(一定時間がたつと強制的にログアウトになるセキュリティシステム)してしまうことがあります。

申請開始にこのページに目を通し、回答を準備しておくことをお勧めします。

参考
ワークパーミットの申請前にワーホリ全般について知りたい方は「カナダのワーホリビザについて」をご覧ください

(1)の情報入力の概要

(1)の情報入力で聞かれることは、大きく4つのグループに分かれます。

  1. Personal Details(本人情報)
  2. Contact Details(連絡先)
  3. Work and Education History(職歴と学歴)
  4. Application Details(申請適合性)

それぞれに複数の質問群があるので、とにかくたくさん答えなければいけません。

質問にすべて答えたら、書類をアップロード署名と支払いをして申請完了です。

Work Permit申請手順 完全ガイド

グループごとに、どのような質問があるのか、画像で解説していきますね。

ビザはとても大事な書類です。

申請時にミスをしてしまうと、承認されなかったり、虚偽申請とみなされる可能性もあります。

間違いがないように、1つ1つ丁寧に回答していきましょう。

「Start application」を押してWork Permitの申請開始!

移民局のマイページにログインすると、アカウントページの下段「Continue an application you haven’t submitted」の欄に、新しく記載があります。

ここからWork Permitの申請が出来ます!

「Work Permit」の欄のにある「Start application」のリンクを押してください。

(申請途中で保存して退出した場合、次回からは「Continue application」と表示されます。クリックで前回保存した続きから申請を進めることができます。)

※注意※

「Start application」のすぐ下に「Decline Invitation」というリンクがあります。

場所が近いのでつい押してしまいそうになりますが、これは「招待を辞退する」リンクです。クリックしないようにご注意下さい!

間違えてクリックしてしまった場合、落ち着いてください。

次に確認画面があらわれますので、「Cancel(キャンセル)」をクリックしてください。ここで「Confirm(確認)」を押してしまうと、辞退してしまいますのでご注意してください。

各種質問に答えていこう

「eService」という画面になります。

この画面に表示されている4つのグループの質問に答えてから、書類の提出、サインと支払い、という流れになります。

右側の「Continue form」というボタンをクリックすることで質問画面に進めます。

※注意※

現在の進捗状況を表す「Status」欄ですが、ここではすべてオレンジ色の「In progress」と表示されています。

場合により、すでに「Complete(緑色で表示)」となっている場合もあります(仮申請で提出した情報などが自動で提供されているようです)。その場合でも、入力された情報に間違いや漏れがないか、ダブルチェックしましょう。

また、入力途中で一旦保存した場合も同様です。「必須入力」の欄が一応埋まっていれば完了とみなされます。特に後述する職歴など、大量のデータを入力した場合、もれなく保存されているか確かめてから次のステップに進むようにしてください。

Personal Details(氏名などの情報)

まずは 一番上の「Personal details of applicant(申請者の情報)」から入力していきましょう。

「Continue Form」をクリックしたら次のような画面になります。

Names(氏名)

まずはNames(氏名)の確認から。

氏名は自動入力されているので、間違いがないか確認しましょう。

参考

※画像の入力欄がグレーになっている箇所は、実際の画面では、すでに情報が入力されていて変更は出来ません。
念のため間違いがないかしっかり確認してから、次へ進みましょう。(以後のページも同様です)

氏名の下に、白い入力欄がありますね。

「過去に他の姓名を使った事があるか」という質問です(結婚や離婚で苗字が変わった等)。

今までに一度も変更がなければNo、あればYesを選びます。

Yes の場合は回答欄が増えますので、詳細を記入してください。

入力し終えたら「Next」ボタンをクリックして次へ進みます。(以後のページも同様です)

Personal description(生年月日など)

生年月日・出生地・性別の情報が入力されています。

情報が正しいか確認したら次へ進みましょう。

Marital Status(婚姻状況)

婚姻状況をプルダウンから選びます。

選択肢は以下の通りです。
独身(結婚歴無し)は、一番下のNever Marriedを選びます。

  • Married(既婚)
  • Legally Separated(法的な別居)
  • Divorced(離婚)
  • Annulled(法的に取り消された婚姻)
  • Widowed(死別)
  • Common-Law(事実婚・内縁)
  • Never Married/Singel(婚歴無しの独身)

ここではあくまで「法的なステータス」を聞かれています。

「事実上の別居/内縁状態」などの場合でも、法的な(書類上の)状態を答えましょう。

迷った時の基準は「(その状況を)証明できる公的書類があるか」です。

Language details(言語)

言語に関する質問です。

まずは第一言語/母国語を答えます。

続いて「英語かフランス語でコミュニケーションできますか?」という質問です。

ワーホリビザ申請に必要な「コミュニケーション」は、通常は文書のやり取りだけです。

(電話がかかってくることはまずありません。ウェブサイト同様、移民局から送られてくるレターは全て英語かフランス語になるのでその確認です)

ほとんどの人は英語を選んでおけば良いでしょう。

最後の質問は「英語かフランス語の公式テストを受けたことがありますか?」です。

ワーキングホリデービザには関係ないので、Noで大丈夫です(Yesと答えても詳細を入力する欄は出てきません)。

ID Documents(パスポート情報等)

事前に入力したパスポート情報が下部に表示されていますので、ダブルチェックしましょう。

更新などでパスポート番号や有効期限が変わった場合は、入力欄から新しいパスポートの登録をします。

すべての欄を入力し「Make this my primary passport」にチェック、「Save and add」を押します。

新しい情報がボックス内に表示されたこと、最新のパスポートが「Primary」になっていることを確認したら、パスポート情報の登録は完了です。

続いて2つの質問に答えます。

「Do you have a National Identity Document?」は日本国籍を持つ日本人には該当しない質問です。
Noと回答します。

次の「Are you a lawful Permanent Resident of the Unites States…」はアメリカの市民権に関する質問です。

アメリカのグリーンカードを保有してなければNoのままにします。

Immigration History and citizenships(移民と市民権の履歴)

初めの2つの質問「現在の居住国」と「永住している国」は、プール登録の際に答えた情報が自動入力されています。

(例えば、日本から申請した方は「現在の居住国」がJapanとなっています。)

以降の質問に答えていきましょう。

「過去5年以内、母国・現滞在国以外、に半年以上滞在したことはありますか?」

上のフィールドに入力済みの「現在の居住国」と「永住している国」以外で、過去5年間に半年以上滞在していた国がなければNo、あればYesと回答してください。

Yesの場合、詳細入力欄があらわれるので入力してください。

注意

「現在の居住国」と「永住している国」以外で、半年以上の滞在歴がある方は、追加書類を求められる場合があります(無犯罪証明書や健康診断など)。また、「過去5年」と書いてはありますが、実際には「過去10年」以内に該当の滞在歴がある場合、追加書類を求められるケースもあるようです。移民局の指示に従いましょう。

すぐ下の質問は「複数の国籍を持つ場合」入力する欄です。

日本では二重国籍が認められていないので、日本国籍を持つ方はスキップしてください。

「今までに、カナダのビザ(観光、就労(ワーホリ含む)、学生ビザ)またはeTAの申請をした事がありますか?」

一度でもカナダのビザまたはeTAの申請をしたことがある方はYesと回答します。

申請したものの途中でキャンセルした、などの場合もYesです。

詳細入力欄が出てきますので、ビザの番号や、必要であれば説明など、簡単でいいので書きましょう(必須ではありません)。

今回が初めての申請であれば、Noにします。

「過去10年間でカナダにバイオメトリクス(生体認証)を登録しましたか?」

「バイオメトリクス(生体認証)」とは、指紋と顔写真の登録のことです。

これまでにカナダのビザ手続きなどで、指紋登録をした事が無ければNo、あればYesと答えます。

これまでにカナダのビザ申請をしたことがある場合、「Unique Client Number(UCI)…」を入力します。
(UCI番号は、これまでのビザや申請時に移民局から来たレターなどで確認できます)

今回が初めての申請、または番号が分からない時は空白のままで大丈夫です。

これで始めのグループ「Personal Details」の質問にすべて回答しました。

ページ最下部・中央の「Validate」ボタンをクリックすると、これまでの入力内容のエラーチェックが出来ます。

必須項目の入力漏れがあればここで確認できます。

特に異常が無ければ「Save and exit」をクリックしましょう。

入力内容が保存されます。
(後で修正も可能なので、こまめに保存して追記していく方法もおススメです。)

eServiceのトップ画面に自動で戻ります。

Personal DetailsのStatusが「Complete」となっているはずです。

ここが「In progress」のままの場合は、入力漏れがあります。

「Continue form」をクリック、質問ページに戻り、不足している情報を記入して保存してください。

Contact information(連絡先情報)

続いて2グループめの「Contact information」に回答しましょう。

先ほどと同様、「Continue form」を押して質問画面へ移動します。

このグループで聞かれることは以下の4つです。

  1. Language and correspondence(言語)
  2. Email(メールアドレス)
  3. Telephone(電話番号)
  4. Address(住所)

とても簡単なのでここはサクサク行きましょう。
(入力ミスには注意してくださいね)

Language and correspondence(文書の言語)

連絡や通知で使われる言語を選びます(移民局からのレター、メール通知など)。

英語かフランス語か選べますが、通常はEnglishのままでよいでしょう。

Email(メールアドレス)

連絡用のメールアドレスを入力して下さい。

※注意※

移民局からのお知らせ(通知)はメールで届きます。メールアドレスの入力ミスがあると通知が届きません。必ず間違いの無いように入力してください。
また、携帯のメールアドレスはメールが届かない可能性があります。Gmailなど、パソコンのアドレスを使用してください。

Telephone(電話番号)

電話番号を入力します。

Telephone Type(電話の種類)

Telephone Typeは「Residence(自宅)」「Business(会社)」「Cellular(携帯)」から、Countryは「Canada/US」「Other」から選択します。

選択すると「Country Code(国番号)」と「Telephone number(電話番号)」入力欄が増えます。

Country Code(国番号)

Country Code(国番号)は、カナダの電話番号の場合は「1」、日本の番号なら「81」です。

Telephone number(電話番号)

つづいてTelephone numberに電話番号を入れます。

※日本の場合は先頭のゼロを省いて入力してください。
(例:電話番号が090-1234-1234の場合、「90-1234-1234」となります。)

入力したら「Save and Add」ボタンをクリックして保存します。

表に登録内容が表示されるので確認しましょう。
間違っていた場合「Modify」をクリックして修正できます。

入力欄が空白に戻るので、複数の電話番号を登録したい場合は、上記の作業を繰り返します。

Address(住所)

まずは現住所を入力します。

郵送先が別の場合も、この後別に入力することが出来ますので、心配せず現在の居住地を入力しましょう。

※カナダ国内から申請する方は下の郵送先住所に日本の住所(実家など)を入力してください(詳しくは後述)。

現住所を各欄に分けて入力していきます。

  1. 部屋番号
  2. 番地
  3. それ以降

という順番になります。

「Postal code」の欄には郵便番号を入れます。

その下の「From」にはいつから現住所に住んでいるか(その住所に入居した日)を入力します。

mailing address(郵送先住所)

最後に、郵送先住所の確認です。
「is your mailing address…(郵送先住所は現住所と同じですか?)」という質問があるので、同じ場合はYesを選びます。

引っ越すかもしれないので実家に送ってもらいたい、など郵送先住所が違う場合はNoを選びます。

住所入力欄が出てくるので同様に入力しましょう。

カナダ国内から申請する場合も、Noを選んで日本の住所を入力してください。

※カナダ国内から申請の場合の注意点※

移民局のサイト「だれがワーホリ申請できる?その条件」のページに、「prove you’re a resident of Japan when you apply(日本の居住者であることを証明できること)This means you must give either a residential or mailing address in Japan(日本の住所を現住所または郵送先住所として提出しなければならない)」というルールがあります(2022年3月現在)。
カナダ国内からの申請の場合、「現住所」はカナダの住所を書かなければいけないので、日本の住所を「郵送先住所」欄に記入してください。
ワーキングホリデーの場合、書面はオンラインで届きます。郵送で何か送られてくる事はまずありませんのでご安心ください。

最後に一番下の「Save and exit」をクリックしてeService の画面に戻ります。

Work and education history(職歴と学歴)

3つ目の「Work and education history(職歴と学歴)」に答えていきましょう。

過去10年間の「仕事と学習の履歴」を「すべて」「1ヶ月の隙間なく」埋める必要があります。

アルバイト無職期間昇進転勤転属の履歴も分けて書きます。

人によってはかなりの量になるので、先に4つ目のグループの入力を済ませても構いません。

10年前の何月にアルバイトを始めた/辞めたか、など、すぐに思い出せませんよね。

事前にご自身の経歴を振り返って、表などにまとめておくと便利です。

Work history(職歴)

まずは職歴の入力欄が出ます。
過去10年間の職歴を全て登録します。

登録された順に表に追加されていきますので、新しいものから日付順に追加すると、後から確認が楽になりますよ。

まずは期間を指定します。

現在継続中の仕事については「Ongoing」をチェックすると、終了年月を入力する欄が消えます。

次にOccupation(業種)をプルダウンメニューから選びます。

選択肢は以下の通りです。

  • Homemaker(主婦)
  • Retired(退職)
  • Student(学生)
  • Unemployed(無職)
  • Art, Culture, recreation and sport(芸術、文化、娯楽、スポーツ)
  • Business, finance and administration(一般、金融、管理)
  • Education, law and social, community and government Services(教育、法務、社会、行政)
  • Health occupations(医療・健康)
  • Management occupations(管理)
  • Manufacturing and utilities occupations(工場、公益事業)
  • Military/armed forces(軍隊)
  • Natural and applied sciences(自然科学、応用科学)
  • Natural resources, agriculture(資源、農業)
  • Sales and service occupations(サービス、販売)
  • Trades, transport and equipment operators(貿易、運輸、設備)

ここでいう業種とは、いわゆる「業界」とは異なります。

接客・サービス業はほどんどの場合、Sales and service occupationsに当てはまるなど、ざっくりとした分類です。

代表的な職業をご紹介しますね。

学生について

現在学生の場合は、「学生」を選んでください。

この後も学生の期間があれば、「学生」を選んでおくとよいでしょう。

(この後、学歴入力ページがありますが、ここでも学生期間を明記しておくことで、記入内容に漏れがないか容易に確認できるようになります)

Business, finance and administration(一般、金融、管理)について

一般的なオフィス業務の場合はこちらに該当する場合が多いです。

Education, law and social, community and government Services(教育、法務、社会、行政)

学校の先生、行政関連のお仕事などが当てはまります。

Health occupations(健康)

看護師さんはこちらが使えます。

Sales and service occupations(サービス、販売)について

実際に何をされているかで少し異なるのですが、サービス業、店員さん、販売員さんなどが大体この職歴にあてはまります。

業種を選択すると、詳細を入力する欄が表示されます(主婦、学生、退職、無職を除く)。

まずは会社名(Name of Company)を入力してください。

職種(Job title)は大量のリストから、実際の業務に一番近いと思われるものを選びます。

どのくらい大量かというと…下の画像をご覧ください。
(この中でもよく使われるものを次でご紹介するのでご安心くださいね!)

どの職種に当てはまるか迷ったときの判断基準はこちらです。

  1. 実際に行っている(いた)主要業務に当てはまるものを選ぶ
  2. リストの職種を検索して、どのような仕事が当てはまるのか調べる(出てくる画像だけでもイメージがつかめます)

代表的な職種をあげておきますね。

(あくまで「一例」です。絶対に当てはまることを保証するものではありません。最終的には仕事内容からご自身でご判断ください。)

  • Chefs and cooks:クック(例:キッチンで調理担当)
  • General office workers:一般オフィス業務(例:事務)
  • Cashiers:レジ打ち(例:スーパーマーケットや小売店でのレジ)
  • Customer and information services representatives:カスタマーサービス(例:コンビニ・コールセンター・接客業系)
  • Occupations in food and beverage services:飲食業(例:サーバー・キッチン補助などを含む幅広い業務)
  • Retail salespersons:小売業セールス(例:小売店の店員、販売員)
  • Occupations in travel and accommodation:旅行・宿泊業(例:宿泊施設のスタッフ)
  • Home care providers and educational support occupations:保育士など
  • Professional occupations in nursing:看護師
  • Specialized occupations in personal and customer services:美容師など

Save and add」をクリックすると、入力内容が一覧表に追加されます。

Countryは会社/学校がある国、無職などの場合はその時滞在していた国です。

以上の操作を繰り返し、全ての経歴を入力してください。

Education history(学歴)

次に学歴を入力します。

「高校卒業以降の学歴(大学、短大、専門学校など)がありますか?」と聞かれるので、ある場合はYesを選びます。

現在大学生の方や、最終学歴が高校以下の場合Noを選んでください。

Yesの場合、学歴を入力する欄が表示されます。

(Noの場合はこれで入力は終了です。「Save and exit」 をクリックして保存してください。)

高卒以降の学歴がある方は、学校の情報を入力していきましょう。

入力項目は以下の通りです。

  • Since what year?(入学年月)
  • On going(在学中の場合にチェック)
  • End Date(卒業年月)
  • Name of School/institution(学校名)
  • Level of Study(学業レベル)
  • Field of Study(専攻分野)
  • Country(国)
  • City/town(市町村)

Level of Study(学業レベル)

Level of Study(学業レベル)は以下をプルダウンから選びます。

  • Bachelor’s degree(学士号・4年制大学)
  • Master’s degree(修士号)
  • Non-university certificate/diploma(短大や専門学校など)
  • PhD(博士号)
  • Secondary(中等教育(高校・高専など))
  • Trade/apprenticeship(一部の専門学校*)

※「Trade/apprenticeship」とは、一部の特殊な職業訓練を要する専門学校のことです。

日本とカナダで「専門職」の定義が少し違いますが、カナダの専門職リストは以下の通りです。

  • Major Group 72, industrial, electrical and construction trades
  • Major Group 73, maintenance and equipment operation trades
  • Major Group 82, supervisors and technical jobs in natural resources, agriculture and related production
  • Major Group 92, processing, manufacturing and utilities supervisors and central control operators
  • Minor Group 632, chefs and cooks
  • Minor Group 633, butchers and bakers

電気技師や工事関連、天然資源、農業、調理師、食肉加工、ベイカーなどが含まれます。

このリストに当てはまるときだけ「Trade/apprenticeship(一部の専門学校)」を選択しましょう。

その他の専門学校(美容系など)は、「Non-university certificate/diploma(短大や専門学校など)」を選んでください。

Field of Study(専攻分野)

Field of Study(専攻分野)も以下のリストから選びます。

  • Arts,General (Humanities/Social Sciences)(文系一般)
  • Arts, Fine/Visual/Paforming(文系/映像やパフォーマンス)
  • Business/Commerce(ビジネス/商業)
  • Computing/Infomation Technology(コンピュータ/情報テクノロジー)
  • ESL or French as Second Languege(英語またはフランス語の語学学校)
  • Flight Training(航空)
  • Hospitality/Tourism(ホスピタリティー/ツーリズム)
  • Law(法律)
  • Medicine(薬学)
  • Sciences, Applied(応用化学)
  • Sciences, General(理系一般)
  • Sciences, Health(健康科学)
  • Trades/Vocational(専門学校)
  • Theology/Religious Studies(神学/宗教学)
  • Other(その他)
  • Agriculture, Agriculture Operations and Related Sciences(農学関連)
  • Architecture and Related Services(建築関連)
  • Biological and Biomedical Sciences (生物化学)
  • Business, Management, Marketing and related Support Services(ビジネス/管理、マーケティング及び関連)

職歴と同じように、「Save and add」で表に追加、学歴が複数あれば上記作業を繰り返して入力していきます。

全て回答しおえたら、経歴に間違いがないか、すべて入力したか確認して「Save and exit」 をクリックします。

Application Detail(申請の詳細)

いよいよ最後のグループです。

Application detail

「過去にIEC(ワーキングホリデーのこと)に参加した事はありますか?」

日本人がカナダにワーキングホリデーできるのは1回のみなので、「No」と答えてください。

参考
※画像はYesと答えた場合です。
ROワーホリ申請の場合は、ワーキングホリデー参加済みの方もいるでしょう。その場合、参加歴があればYes、今回が初めてであればNoを選びます。

Yesと回答した場合「When was the last time you participated?(最後に参加したのはいつのことですか?)」と聞かれます。

直近のワーホリビザの発行日を入力しましょう。

Intended work in Canada(カナダでの仕事の予定)

4つの質問のうち3つは既に入力されています。

残る1つは、リストにあげられている、特殊な職業に就くことを希望しているかどうかの質問です。

特にその予定がなければNo、あればYesと答えてください。

※Yesの場合、追加書類を要求される可能性があります。

Background questions(バックグラウンドの確認)

9つの質問にYes/Noで答えていきます。

特に該当しなければNoと答えてください。
(一部の質問にYesと答えた場合、ビザ申請に影響がある可能性があります。)

  1. 過去2年間に、あなた又は家族が肺結核を患ったり、患った人に近づいた事はありますか?
  2. カナダ滞在中に薬物治療以外のサービス・サポートが必要な、身体的・精神的な病気を持っていますか?
  3. 過去にカナダで滞在期限を超えて滞在したり、許可なく就学や就労をした事はありますか?
  4. カナダまたは他の国で、ビザや許可申請を拒否されたり、入国拒否や強制退去となった事はありますか?
  5. 過去にカナダで住む・就労・就学をするために、ビザ・eTA・許可証などの申請または取得をした事はありますか?(あればYesを選択し、詳細情報を記入(ビザの種類やナンバー、ビザの期間、その他特記事項など))
  6. 国を問わず、犯罪などをして逮捕された事はありますか?
  7. 過去に軍隊、国防隊(自衛隊など)、または警察に仕えた事がありますか(民間の団体含む)?
  8. 暴力や犯罪的な行為が絡む政治・宗教団体に属した事がありますか?
  9. 市民や囚人の虐待、宗教施設の略奪や冒涜に関わったり目撃した事はありますか?

Contact Consent Request(任意のアンケートに協力しますか?)

「アンケートやリサーチ目的で、移民局や第三者機関が将来あなたに連絡をとっても良いですか?」

この項目は任意のアンケートに協力するか(また、そのために申請の際に入力した連絡先を使っても良いか)の質問です。

YesでもNoでもビザ申請には影響がありませんので、ご自身の良いと思う方を選んでください。

答えたら「Save and exit」を押して保存します。

eService 画面にいったん戻り書類提出に進む

これまでと同様にeService 画面に戻ったら、Status がすべて「Complete」となっています。

これで回答は完了したので、下部にあたらしく表示された「Continue」ボタンをクリックして、書類のアップロード画面へ進みましょう!

ここまで入力大変でしたよね。お疲れ様でした!

次のステップは書類の提出、ならびに、署名と支払いです。

書類をアップロードする

次の画面では、必要書類の一覧表が表示されます。

  • Family Information Form (IMM5707)(家族情報フォーム)
  • CV/Resume(英文履歴書)
  • Recognized Oganization accaptance letter(ROの場合のみ)
  • Passport/Travel Documents (Multiple)(パスポート/渡航書類)
  • Digital photo(証明写真)
  • Optional Document(任意の追加書類があれば)

書類ごとに「Upload File」のボタンがあるので、一つひとつアップロードしていきます。

書類について詳しくはカナダのワーホリビザ申請に必要な書類をご覧ください。

※ファイル形式は、PDF・JPG・TIFF・PNG・DOC/DOCX(マイクロソフト・ワード)のどれかである必要があります。

また、各書類につきアップロードできるのは1ファイルのみです。
書類ごとに1つのファイルにまとめておきましょう。

便利なサイト

PDFへの変換や、複数のPDFを1つのファイルにまとめる(結合)時はこちらのサイトから簡単にできます!
Adobe Acrobat【公式】PDF変換

アップロードが完了したら一覧ページに戻り、次の書類をアップロード、という手順を繰り返します。

一覧表で、アップロードが出来た書類の「Details」の欄は、「Uploaded – not submitted to IRCC」と表示されます。

Not Provided」となっていたら、アップロードが出来ていませんので、アップロード画面から提出しましょう。

健康診断が必要な場合(指定国の滞在歴による)もここで指示されますのでアップロードしましょう。

必要書類を全てアップロードしたら表示される「NEXT」ボタンをクリックして支払いに進みます。

署名と支払い

次のページでは署名と支払いをします。
(先ほどアップロードした書類も、厳密には支払いと同時に送信(提出)されます)

これがWork parmit申請の最後のステップです!
あと少し頑張りましょう!

確認して署名をする

上部にRequired Document(必要書類)のチェックリスト一覧があります。

すべての書類名と「Uploaded – not submitted to IRCC」と表記されていることを確認しましょう。

Summary of fees(支払金額)が続き、バイオメトリクス(生体認証)が必要な場合には、その金額も追記されています。

その下は、個人情報の取り扱いに関する事と免責事項が書かれています。

下へスクロールすると「I agree(同意します)」という項目があるのでクリックしてください(青く反転します)。

Signature(署名)欄に「Given name(名前)」「Last name(姓)」をローマ字で入力し署名します。

Security Question(秘密の質問)に答え、最下部の「Sign」ボタンをクリックしてください。

再び同じような画面があらわれますが、これは確認画面です。

最下部にある「Transmit and Pay」というボタンをクリックします。

支払い

「Summary of fees」というページになり、支払い明細が示されています。

右下の「Transmit and Pay」をクリックして進みましょう。

支払いページに移動するので、クレジットカード情報を入力します。
※VISA、MasterCard、American Express、JCB利用できます。

全て入力したら、「Process Transaction」をクリックします。

しばらく「処理中」の画面が表示された後、「Transaction Approved」の画面に切り替わります。

少し分かりにくいですが、左上にのマークが表示されています。

ここをクリックして前の画面に戻りましょう。

このような画面が表示されたらあと一息、マイページで手続きされているかを確認して申請は完了です!

「Exsit Questionaire」を押しましょう。

「Are you sure you want to exit?(退出してもよろしいですか?)」という確認の画面が表示されますが、Continueを押します。

その後確認画面になるので「I Accept」をクリック、秘密の質問に回答して進むと、トップページに戻ります。

マイページの一例です。

上部の「View the application you submitted」にWork Permitが表示されて、下部の「Continue an application you haven’t submitted」の欄には何も表示されていません。

このような状態になったら申請は完了です!お疲れさまでした!

メッセージボックスに「申請が完了した旨を通知するレター」と、下の画像のような通知が届いているはずですので保存しておきましょう。

バイオメトリクス(生体認証)が必要な場合は、申請後24時間以内に指紋登録を促すレターが届きます。

レターが届いたら期限内に指紋登録を済ませてください。

なお、マイページにメッセージが届くと、通知がメールで送られます。

ただしこの通知メール、届かないこともあります

頻繁にマイページにアクセスして、アップデートがないかご確認することをお勧めします。

逆にメールが届いたとしても、ログインしてみると何も変更がないこともあります。

気長に待ちましょう。

申請時によくあるトラブル

最後に、カナダのビザ申請時によくあるトラブルについて、お伝えします。

申請中に画面がフリーズしたりしても、焦らなくて大丈夫ですよ。

画面がフリーズした、「次へ」のボタンを押しても何も起こらなくなった

情報を入力して次に進もうと思ったら、進めなくなってしまった!
実はよくあります。

入力途中にタイムアウト(一定時間がたつと自動的にログアウトするシステム)してしまったことが原因です。

もう一度ログインしなおしましょう。

入力された内容は、運が良ければ保存されていますが、タイムアウトしたタイミングによります。

大量のデータをまた打ち直し、とならないよう、こまめに「保存」ボタンを押すことをお勧めします。

ログインできない、強制的にログアウトしてしまう

こちら、頻繁に起こります。

対処法は「根気よくログインを試みる」しかありません。

時間帯やデバイス(パソコンなど)・インターネットブラウザ(Microsost Edge や Google Chromeなど)を変えて試してみましょう。

パソコンやWi-Fi環境が、いつもログインしているものと違うと、特にこの現象が起きやすいようです。

どうしてもログインできない場合は移民局に電話かメールで問い合わせして指示を仰ぎましょう。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。
長かったですよね。

ワークパーミットの申請にはこれだけの項目があります。

大変ですが、期限内に済ませないと自動的にビザがキャンセルされてしまいます。

とても大事なプロセスですので、書類や回答の準備は早めに済ませましょう。

後は、ミスの無いように、必ず入念にチェックしながら回答してくださいね。

免責

ビザ申請、永住権申請の手続きや規定、ルールはカナダ移民局が予告なく頻繁に変更しています。

そのため、こちらのサイトに記載していある情報を元に何らかの判断を行う際には、弊社にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。

弊社のサイトは、ビザ申請、永住権申請に関する責任を負うものではございません

弊社サイトをご覧になってご自身でお手続きをすすめたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、弊社では一切責任を負いません

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!