バンクーバーのシェアハウスご紹介サービス

留学中のお住まいを迷われている方必見!
シェアハウスのご紹介です。

渡航直後の家探し不安ではありませんか?

カナダ留学コンパスでは、最初の滞在先として安心のホームステイを紹介しておりますが、シェアハウスのご紹介も始めました!

入国後すぐに安全に寝泊まりできる場所を、できる限り安く提供いたします。

カナダ留学コンパスのシェアハウスを選ぶ理由

理由は大きく分けてこの2つ。

  • ホームステイと比べ割安な費用
  • 安心・安全なステイ先のみをご紹介

それぞれをご説明しますね。

ホームステイと比べ割安な費用

シェアハウスの魅力は何といっても費用の安さ
食費が含まれていない分、割安価格でご提供が可能です。

ホームステイの相場は$1,000/月ほど。

コンパスのシェアハウスは$750/月。
$250ほど安くご紹介できます。

また、ホームステイ先の食事が合うか不安なので自炊したいという方にも人気のシェアハウス。

友人と外食に行く機会が多くほとんど家では食べないという方にも。

自分で食事を管理節約したい方におススメです。

安心・安全なステイ先のみをご紹介

カナダではシェアハウスは自分で探すのが一般的。
ですがトラブルも後を絶たず、何回も引越しする羽目になることも珍しくありません。

また、シェアハウスを決める際は「内見」は必須。
送られてきた写真と実際の様子が違うことは日常茶飯事、中には悪質な詐欺もあります。

カナダに来て慣れたころにご自身で部屋探しをするのはいいのですが、日本から渡航前にネットで契約するのは絶対にやめた方がいいです。

「家賃を先払いしてくれたらカギを送る」というのは詐欺の可能性が高いです。
「先払いであなたの為に部屋を開けておく」というのもあてになりません。

約束していたのに渡航してみたら住むところがない、となったら非常に危険です。

特に渡航直後のお住まいはコンパスのホームステイかシェアハウスをおすすめしています。
(学生寮は料金が高いです)

カナダ留学コンパスでは1件1件スタッフが内見オーナーとも面談します。

その中で本当に信頼できるところだけを厳選しご紹介しています。

費用について

気になる費用は以下の通りです。

  • 紹介手数料:$250
  • 費用:4週間 $750
  • デポジット:無料(詳しくは後述します)

※2022年7月-9月15日の間に入居される場合は、夏季(ハイシーズン)料金として4週間 $850になります。

2022年3月・4月・5月・6月・7月入居の方は延長は基本出来ませんのでご了承ください。
前もって8週間でご予約を入れる事は可能ですが、早めの退去をご希望の際も返金は致しかねますのでご了承くださいませ。
尚、他のシェアハウスなどに移動されたい等のご希望なども受け入れができかねます。

費用に含まれているもの

一般的なシェアハウス料金に含まれているものは全て含まれています。

  • Wi-fi
  • ベット(シーツ、枕、かけ布団)※個人的に寒いと感じた場合の追加の毛布などは含まれません。
  • 机/椅子(勉強にも困りません♪)
  • 最低限のキッチン用品(冷蔵庫、電子レンジ、ストーブ、お皿、コップ、フォーク、ナイフ 鍋、フライパン、キッチン洗剤 など)
  • ダイニングテーブルなど
  • トイレットペーパー
  • 掃除用品(洗剤、掃除機、ほうき など)

費用に含まれないもの

ホームステイとは違い、食費は含まれていません。

  • タオル、シャンプー、リンス、石鹸
  • 衣類洗濯洗剤
  • 調味料
  • 食品

デポジット・賃貸保険について

カナダ留学コンパスでは、シェアハウスに通常発生するダメージ・デポジットを請求いたしません

デポジットとは保証金、日本でいう敷金のようなもの。
一般的なシェアハウスの場合は、契約開始時に家賃の50%をデポジットとして支払い、破損などがなければ退去時に返金されます。

ですが「どの程度がダメージか」というのは主観的に判断されることもあり、稀に返金されないことも。

コンパスのご紹介サービスでは、各オーナーと交渉し、デポジットを無料にしています!

ただし、オーナーもしくはルームメイトが退去時に、掃除と物が壊れていないかの確認をし、部屋、使用していた机やベットにダメージを与えた、

もしくは掃除がされていない場合は通常通り保証金が請求されることもあります。

そのため賃貸保険に加入する必要がありますが、こちらは留学時に必ず入る医療保険に「個人賠償責任」が付いていれば保障されます。

カナダ留学コンパスがご紹介している保険であれば「個人賠償責任」で約1億円までカバーされますのでご安心ください。

個人賠償責任を含む保険について詳しくはこちらのリンクをご覧ください(会員限定ページです)。

賃貸保険は入らない留学生も多いですが、本来必ず入るべきもの。

火事や漏水などのダメージは数万円のデポジットでは当然カバーされません

巨額の請求をされる可能性はありますので必ず加入しましょう

入退去の流れと滞在中のルールについて

ルールといっても難しい決まりはありません

渡航後どうやって入居したらいいのか、シェアハウスでの過ごし方など簡単にご説明いたします♪

どうやって入居/退去するの?

入退去の流れはとっても簡単です。

入居時:家のオーナーから鍵をもらい家の説明を受けます。
オーナーがいない場合はルームメイトがカギを開けてくれ、もしくはカギを隠してある場所などを教えてもらえます。

退去時:基本原則は日本と同じ。
入居時と同様の状態で部屋を戻す」です。

部屋の掃除、使用したシーツや枕カバーを洗濯し、ベットメイキングをしましょう。

部屋の状態(破損や紛失が無いか)をオーナーさん(またはルームメイト)と確認後、カギを返却して退去完了です。

カナダのシェアハウスは日本の一人暮らしとは違い、基本的に面倒な手続きはありません
電気やガス会社に連絡したりする必要はありません。

滞在中の過ごし方-掃除-

コンパス独自のルールは特にありません。
シェアハウスのルールに従いましょう。

一例として、一般的なシェアハウスルールである掃除のマナーをご紹介します。

家によってはオーナーさんはその家に住んでいない場合も多くあります。

共同で使用しているキッチンやバスルームの掃除は、シェアハウスのルームメイトと交代でするのが一般的です。

また、一般的なマナーとして使用した鍋やキッチン用具は使用後直ぐに洗っておきましょう。

共有の物の使い方はルームメイトとトラブルになりやすいポイントです。

皆が気持ちよく、使いたいときにすぐに使えるようにしましょう。

ルームメイトがルールを守らない場合は

カナダは「言わなくては伝わらない」文化。
日本人は我慢して察してくれるのを待ちますが、シェアハウスにはたくさんの国や地域の方が集まっています。

相手に失礼にならないよう言い方などを心掛けることは必要ですが、伝えるべきことはきちんと伝えましょう

「常識」は人によって違うもの。
案外「気付かなかった、ごめんね」とすぐに解決することも多いですよ♪

ルームメイト本人に交渉、それでも様子が変わらない場合はオーナーに掛け合ってみましょう。

まとめ

カナダ留学コンパスが厳選したシェアハウスのみ格安でご紹介するサービス。

費用を抑えつつ、信頼できる安心のステイ先を探したい、という方におススメです。

渡航後最初のお住まいとしてぜひご検討ください。

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!