最新カナダ学校取材その1~発音矯正のVIC(ブイアイシー)~

バンクーバーには大小合わせて100を超える学校があります。
その中でも今回は、発音を矯正するのに定評のある語学学校の「Vancouver International College(バンクーバー・インターナショナル・カレッジ: VIC)」について取材をしてみました。

今回取材を受けてくれたのは、VICのディレクターの一人でもあるShigeoさんです。 それでは早速VICについての質問をしてゆきます!

VICの生徒数と国籍について

Q.1 学校に生徒数はどのくらいるんですか?

VICはバンクーバーの中では中規模の学校です。夏の時期と冬の時期で生徒数が変わるのですが、夏は約450人、冬は約180人の生徒が勉強しています。

Q.2 どんな国籍の生徒がいるんですか?

VICはいろいろな国から沢山の生徒さんが来ています。日本人はもちろん、メジャーな国で言えば韓国人、サウジアラビア人、メキシコ人などもいます。またバンクーバーでは比較的珍しいロシア人やリビア人などもいますよ。

VICの英語を学ぶ環境について

VICの英語を話す環境

Q.3 学校内での英語学習環境について教えてください。

学校内は英語しか話せないEnglish Only Policyを徹底していて、たとえ日本人同士であっても英語で会話をしてもらっています。英語以外の言葉で会話をしてしまった場合には、イエローカードを出し、これが何枚かたまってしまうと、授業参加停止、退学など厳しい処分をしています。このため、日本人動詞やブラジル人同士など、おなじ母国語を持つ学生同士でも学校内では英語で喋る環境になっています。

Q.4 カリキュラムはどのようになっていますか?

VICは個々の生徒様に合わせたカスタムプログラムが作成可能です。通常の語学学校の場合は午前中がみな同じカリキュラムの授業で、午後が選択授業というケースが多いと思いますが、VICの場合は、プログラムはすべて生徒様が選択していただけるので、ニーズにそった独自のスケジュールを作成することができます。プログラムはTOEICのプログラム、発音矯正のプログラム、医療英語のプログラムなど様々なプログラムがあり、全ての留学生に満足いただけると思います。

Q.5 クラスの人数はどのくらいですか?

クラスの人数はできるだけ少人数のほうが授業の理解も深いと考えているため、少人数クラス制を採用しています。一般的な語学学校の場合は1クラス15名程度の場合が多いですが、VICの場合は平均10名と他の学校よりも少なく、より英語を使う機会を持ってい頂けます。

VICの特徴について

Q.6 VICが最も誇れる特徴はなんですか?

やはりスピーキング力を向上させることに力を入れている学校なので、スピーキング力を上げてもらうためのカリキュラムを持っていることですね。具体的には、「発音矯正」「スピーキング&リスニング集中」「スピーキングクリニック」などのプログラムがあります。特に発音矯正はこのプログラムだけを受講されたいと入校される生徒も多く、とても評判のプログラムです。実際に自分の口の動きなどを見てもらうため、手鏡をすべての生徒に貸与して、先生が一人一人の口の動きをチェックしてゆきます。

また、生徒の英語力に応じて適切なクラスへ入っていただくようにしているため、英語のレベルも1~8まで設けてありますので、レベルに合った英語力で勉強することができますよ。

Q.7 スピーキング力向上以外の特徴はありますか?

もちろん、スピーキング以外にも文法を基礎から学ぶ総合英語にも力を入れています。スピーキング力をつけるためには基礎的な文法力は必須だと思いますが、自信がない方向けに、午前中「総合英語」クラスで英語の基礎的な知識を身につけて、午後からスピーキングの授業を受けることもできます。

またネイティブスピーカーが使うような熟語、またスラングなどを勉強できる「コミュニケーションアート」というプログラムもおすすめです。テキストや教科書では勉強できない表現を実践的に学ぶことができます。

さらに、バンクーバーでは非常に珍しい「医療英語」のクラスもございます。医療現場で使われる英語の表現方法や、語彙などを学べるので、日本で看護師や薬剤師だった方にもおすすめのプログラムです。

Q.8 VICには無料のセミナーがあると聞いたのですが?

はい、毎月VICでは無料のセミナーを実施しています。セミナーの内容は様々で、仕事セミナー、英文履歴書添削セミナー、生活アドバイスセミナーなど留学生が生活の中で不安に思われるポイントをカバーしています。特に履歴書の添削は個別で添削や指導も行っているので、ワーキングホリデービザで留学している生徒様には非常に人気です。これらの無料セミナーは学校を卒業してからも参加することができるので、とても安心して留学ができると好評です。

カウンセラーから皆様へ一言

Q.9 最後に生徒様へ一言お願いします。

VICではカンバセーション(会話)がすべてとは考えていません。カンバセーション以外にも発音、正確さ、表現力、文章構成の分野からスピーキングの力をつけようといろいろな工夫をしています。例えばですが、文章の正確性はもちろん、バンクーバーではめずらしい「正しい発音を行う重要性」を伝え、発音を矯正する指導や、違和感のない表現ができるよう、クラスを進めています。

スピーキング力はやはり会話の基礎

文法は一通り日本でやってきて、ある程度会話はできる。だけど、正しい表現方法や状況にあった言い回しがわからない。そんなあなたにVICを選んでいただければ嬉しいです。

また、VICでは無料のセミナーを開催しています。一例を挙げるとバンクーバーの生活に関する案内やお仕事探しの方法、仕事探しに必要な履歴書のの書き方の指導などを行っています。VICの卒業生も上記のセミナーやアクティビティーへの参加ができるようになっていますので、卒業後もふらっと立ち寄っていただけるようになっています。

生徒と先生や生徒とスタッフの交流も深く、和気あいあいと仲良く学校生活を送っていただけますし、卒業後も安心して留学生活を送ることができるのも魅力ですよ。

ぜひ一度ご検討してみてください。

まとめ

ディレクターのShigeoさん、お忙しい中ありがとうございました!!

VICは約20年とバンクーバーの語学学校の中では比較的歴史のある学校です。名物カウンセラーのShigeoさんのカウンセリングを受けるためにランチタイムや放課後は沢山の在校生が集まります。そのため、日本人の学生数は他の学校に比べて多くなりがちですが、イングリッシュオンリーポリシーと少人数制の授業のため、他の学校と比べてそれほど悪影響があるわけではないと思います。
 特にこの学校は発音矯正と医療英語の定評があり、こういった分野の勉強をされたい留学生にVICを紹介すると、ほとんどの場合満足されることが多いです。
 最近はバンクーバーで最大手の専門学校SprottShawのグループとなり、VICの後、より専門的な勉強をすすめてゆくためのルートが整備されました。英語教師になるためのTESOLコース、保育士のためのECEをはじめ、ビジネスコースや国際貿易など、多種多様な勉強を継続することができます。

参考
[学校体験] VIC の「スピーキングクリニック(Speaking Clinic)」
Vancouver International College(VIC)について

最終更新日 2018/1/13

Tags:

ブログ一覧に戻る