[学校体験] VIC の「スピーキングクリニック(Speaking Clinic)」

ペアワークを取り入れた授業

今回の学校潜入企画は、スピーキング力UPに定評のある語学学校の「Vancouver International College(バンクーバー・インターナショナル・カレッジ: VIC)」です。

実際に体験授業に参加してきたのでその内容をレポートいたします。

VICの体験授業参加レポート

体験授業を受けたクラスは、VICの看板プログラムの一つである「スピーキングクリニック」です。

VICのクラスの印象

私が緊張して、カウンセラーに連れられてクラスまで行ってみると、まず出迎えてくれたのは、イケメンでフレンドリーな先生と、たくさん話すクラスメイトたちでした~。

VICではみんな英語で話しかけてきます

積極的に話しかけてくるクラスメイト

English Only Policyがあるので、英語で話しかけてくるのは当たり前なのですが、入学したばかりとは思えないくらい早口でいろいろと英語で質問されました。。

  • いつカナダに来たの?
  • 今、語学学校は通っていないの?
  • なんで留学してるの?

などなど、質問の嵐。さすがにスピーキング力を向上させるクラスで学んでいるだけあって、みんな積極的ですね。やっぱり英語が話せるって自信を持つと、心にも余裕が生まれて積極的に話しかけられるようになるんだなーって感じました。

私のVICの体験授業を受けた第一印象は、ホントっによく話す!でした。

クラスメイトみんなが活発に話す

他の学校のクラスだと、先生がいろいろ話したことに対して、どうしても特定の生徒が会話をしたりという場合が多いように思えます。ほとんどの生徒は聞き役で、先生があれこれとレクチャーする形。
しかし、VICはクラスメイトみんなが、先生やクラスメイト同士で会話をしていました。なので、英語を話すことに自信を持ちたい方にはかなりおすすめです。
私の経験上「この英語であってるかな?」とか「この表現をしたい場合、この単語で良かったっけ?」と英語を話しながら思うことがありますが、こう思ってしまうと、クラスの中でもなかなか積極的に発言することができません

でも、VICはみんなそんなことは気にしてません!

とにかく英語を使って、直して覚える!

というスタンスなので、だんだんと英語を話すことに自信を持つことができます。待ちがいてもお構いなしにひたすら英語を使い続ける。クラスメイトはいつも笑いながら、躊躇なく発言をしてくれます。みんながみんなこのような雰囲気のため、私も間違っていたらどうしよう・・・などの不安な気持ちはいつの間にかなくなっていました

とにかく発言できる、という環境があることはとってもステキなクラスだと感じました!

みんなが話す! VICの環境づくりの秘訣

また、クラスメイトは「わからないことは先生に聞く!」というスタンスを持っているようでした。

わからないときは辞書で調べるのではなく人に「聞く」こと

これも私の経験上ですが、分からない単語や文法があると、すぐに辞書で調べたくなってしまいます
でも、これって実は調べる時間がもったいないですし、調べてる途中にも会話が進んでしまうので、結局その単語や文法を使わずに終わってしまいます。

VICではわからないことは、先生やクラスメイトに聞いて解決しているので、時間の短縮にもなりますし、何よりみんなの会話から外れることがありません。わからない単語や文法はみんなで一緒になって考えて、教え合う雰囲気なので、みんな一緒にもとの会話から脱線してその単語の説明にフォーカスした会話が生まれます。
わからない単語や文法について、先生がいろいろな説明をしてくれたり、他のクラスメイトが教えてくれるので、その場で理解ができます。

教わるだけでなく「教える」という立場にも

私がわからない単語があって、それを先生に質問すると、先生は他のクラスメイトにどんな意味かを聞いたり、どんな使い方をするのかを聞いてくれます。逆に自分がわかって、他のクラスメイトがわからない単語などは教えてあげる立場にもなります。
こういったときには積極的に発言をすることもできるので、自信を持てるようになる仕組みができているということが良くわかります。わからない人にはわかる人が教える!「One for all All for one」の精神で授業が進んでいるのですね!

VICはクラスメイトが話しているときでも、先生が他のクラスメイトにも意見を求めたり、わからない単語を説明するように促してくれるので、話す機会は沢山あります

私も、気づけば体験授業なのにクラスメイトに打ち解けながらいっぱい話してしまいました!

VICのクラスの人数はどのくらい?

スピーキング力を磨きたいと思った時に、会話ができる時間ってとっても大切ですよね。クラスメイトの人数が多くて、自分が話す時間が少なかったら、会話をすることができずスピーキング力があがりません。
しかし、VICはクラスの人数が少ないというのもポイントの一つです。

VICは1クラス10名ほど

少人数制であれば学校でたくさんの会話をすることができるので、スピーキング力も向上しますよね!

VICのクラスは1クラス10名が平均だそうで、体験授業で受けたクラスも10名でした。
多すぎても自分が話す機会もないし、少なすぎても友達ができないので、スピーキングの授業にとってはちょうどよい人数だと思います。

友達が通っている学校では、文法の授業などは先生がいっぱい説明して、話す機会はほとんどないそう。たとえば、スピーキングの授業でも、授業時間が1時間あっても、自分が発言する時間は5分くらいらしいです。あとは他のクラスメイトが話しているのを聞いて、先生が質問することが多いんですって。これだとせっかく学校に通っているのに学校ではあまりスピーキング力をあげられませんよね。

人数が少ないVICでは話す機会もたくさんあるので、スピーキング力を向上させるチャンスはたくさんあります
自分が話すだけでなく、他のクラスメイトの話を聞くことで、知識を得ることもできますが、やはりスピーキング力の向上は話してなんぼだと思います!こんなところにもスピーキング力を向上させるためのVICの秘密があるんです。

やっぱり先生って大事!

語学学校を決める時に、あなたは学校の先生のことを気にしていますか

  • 日本人率はどのくらい?
  • アクティビティは楽しいか?

……とか、そういったことを気にしがちで、先生の質はあまり気にしない方も多いのでは?
でも英語をちゃんと学びたい、と思っているのであればやはり学校の先生の質は大事です。

今回VICでスピーキングクリニックの担当をしている先生は、本当にいい先生でした!

日本人の特性をしっかり理解した先生

どの辺が良い先生かというと、まず先生が日本人の特性をしっかり理解していること!
先生の経験が長くなってくると、国籍ごとの生徒の特徴がだんだんとつかめてくるみたいなんです。
例えば日本人なら、このような特性があります。

  • あまり積極的に発言しない
  • 文法に強いけどスピーキングが弱い

そういったことをわかっていると、「文法や単語の問題などは日本人に答えてもらって自信をつけてもらおう」のようなクラスマネジメントができますよね。逆にスピーキングの問題であれば、スピーキングが比較的得意な南米の生徒に発言させるとか。そんな管理ができている授業を受けていると、生徒側も楽しく授業を受けられて、自信を持って発言できるようになります。

先生に楽しい人が多い

そして、もう一つ大事なことは先生自身が楽しいこと!
先生が真面目にひたすら英語を教えていたら、それはそれで身になるのかもしれませんが、ちょっと物足りないですよね。
やっぱり楽しく、笑顔が絶えないクラスの雰囲気を作るのも先生の役割!発言しやすい環境を作ってくれれば、より楽しく英語の勉強をすることができます。

そんな先生がいるのがVIC!

今回教えてくれた先生は Josh 先生です。

とにかく明るく、ジョークも入れながら授業を進めてくれるのでとっても楽しい授業が行われていました。しかも、いろんな生徒に発言してもらうように当てるので、偏って話すことがなく、みんながまんべんなくスピーキングの時間を持つことができます。やっぱり先生って大事ですね。イケメン先生の写真も撮らせてもらったので、イケメンの雰囲気を感じてください!

VICの授業内容について

私が体験授業で受けた時の授業のトピックもお伝えします!

今回は1回の体験授業なので、毎回同じトピックということはありませんが、参考になると思うのでチェックしてみてください!

ペアワークを取り入れた授業

この日のトピックは「Regret」という単語の表現方法について。
まずはペアワークから始まりました。
隣の人とシチュエーションの説明や、「Regret」を使って文章を作り、その内容を話していきます。もちろん自分が話すときは、相手がわかるように話さなければいけませんし、相手が話していれば相手の話を理解しなければなりません。
相手の言っていることがわからなかったら、質問などをしながら状況を確認していきます。今度はペアを変えて同じように自分が伝えることと、相手の話を聞くことと、どちらも行っていきます。こうやって相手の反応を見ながら、自分がより伝えやすい言葉を選んだり、相手が理解しやすい言葉を使っていくことで、コミュニケーションを円滑にしていきます。

先生はメモをとっていた

先生はその間、各ペアの話を聞きながら、メモメモ。何をメモしているのかというと、間違った表現や、より良い表現です。
さらには、発音やイントネーションが異なっていたものについてもメモをしてくれ、後で直してくれます。
さすがスピーキングに力を入れている学校ですね!

クラスメイトの前で発表

一通りペアワークが終わったら、VICではさらに、クラスメイトの前で共有します。
これは他の学校にはあまりないレッスンかもしれません。
人前で発表するのはやっぱり緊張!!当てられるかも、なんてドキドキしちゃいますが、当てられたらそれはそれで良い経験になります。人前で発表することで、度胸もつくし、間違った英語があれば後で直してくれるので、自分の間違いにも気づけます。

ホワイトボードで表現を共有

最後に先生が、ホワイトボードに生徒が話した内容や、間違った表現方法などを書いていってくれて、正しい英語に直してくれます。これはとっても大事な作業だそうです。先生が間違った生徒に質問したり、答えがわからなければ他のクラスメイトが助けてくれたりして、正しい使い方を身につけていくことができます

自分が使っていない、自分が知らない表現などを他のクラスメイトが使っていて、その修正もあるので、知識も増えますし、正しい使い方もすぐに覚えることができます。こうやってスピーキングのクラスの時間はずーっと誰かが話している授業が続いていきました。ちなみに、この日、私も当てられてみんなの前で発表しました。
緊張したけど、みんな優しく話を聞いてくれて、ちょっと自信がついた気がします!

学校の取材と体験授業を受けてみて・・・

率直な感想は「VICってやっぱりスピーキング力、アップするよね!」ということでした。
だって、これだけ授業内で話す機会があって、先生が良くて、カリキュラムもばっちりなんです!
英語環境としてEnglish Only Policyもあるので、みんな英語で話していて楽しそう!
せっかくカナダまできて、語学学校の授業が文法ばっかりの勉強なんて時間がもったいないです。

  • すでに文法はある程度習得している方
  • 大学受験の時にしっかりやってきた方

という人は、特にスピーキング力を上げるためにVICがおすすめだと感じました!
また、みんな積極的に話す人が多いので、私も負けじと話してやる……なんていう人もあっていると思います!
もっと詳しいVICの情報は学校情報を見てみてください。
あなたが待ち望んでいた語学学校、ここにあるかもしれません!

最終更新日 2018/1/13

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る