「失業率が高い州は移民がしづらい」は本当なのか?

移民のご相談でよく聞かれる質問があります。

どの州が一番移民が取りやすいですか?

確かに、カナダにはそれぞれの州のニーズに合わせた移民プログラムがあるので、このような質問が出るのは当然ではあります。

ですが、その時の州の経済や政治の状況から多くの影響を受けるため、一概に「○○州です」とはお答えできないんです……。

そこで今回は、何を一番に考えるべきか?をキーワードに見ていきましょう。

移民を目指すための重要なポイント

移民を目指すための重要なポイントは下記の2つとなります。

重要なポイント

  • 英語力
  • 仕事のオファー(カナダの会社から)

ちなみにですが、この条件に見合っていない人たちが現在のカナダの移民プログラムの中で申請できる方法はというと下記となります。

  • カナダ人と結婚
  • 財力がある(何億単位)
  • 世界の中でもトップレベルのアスリートやアーティストなど

以上から分かるように、「英語力」は自分で何とかできるにしても、「仕事のオファー」は自分だけでは何ともなりませんよね?相手ありきですから…。

となると、ここがポイントで「仕事が見つかりやすいかどうか」がとても大切なんです。

ようするに、「どの州が一番移民が取りやすいですか?」ではなく「仕事の見つかりやすい州は?」を考える方がとても有効的なんです。

仕事の見つかりやすい州は?

それでは、仕事の見つかりやすい州はどこか?を考えていきましょう!

ここで重要になるのが、「州別の失業率」なんです。

かえで

なんで失業率が重要なの?

なぜかというと「カナダ人の失業率が高い州」は、外国人労働者の雇用をさけます。

もともと移民法では、下記のような考え方だからです。

  1. カナダ人の雇用が最優先であり
  2. どうしてもカナダ人の中で見つからなかったポジションを外国人労働者でカバーをする

上記をすることにより、「カナダのさらなる経済」「文化の発展につながる」ということです。

当然景気の良い州は、失業率は低くなり、雇用も多くなります。

ちなみに、2~3%の失業率の違いだけでも、雇用に大きく反映されてきます。

もちろん、「仕事を見つけやすい」につながるだけではなく、カナダの会社からサポートしてもらう就労ビザの申請も、失業率が低い州と高い州では許可率が大きく変わってくるのです。

それほど、「失業率」は重要なことなんです。

かえで

なるほど。失業率を知ることも大切なんですね。

失業率について

先日、カナダ統計局(Statistics Canada)より、2019年11月の労働力調査(Labour Force Survey)の結果が発表されました。

それがコチラです。

2019年11月の失業率と雇用率
失業率
(Unemployment rate)
雇用率
(Employment rate)
Canada 5.9% 61.7%
Newfoundland and Labrador 11.2% 51.6%
Prince Edward Island 8% 60.8%
Nova Scotia 7.8% 57.5%
New Brunswick 8% 55.9%
Quebec 5.6% 61.1%
Ontario 5.6% 61.5%
Manitoba 5.6% 62.5%
Saskatchewan 5.8% 65.1%
Alberta 7.2% 65.9%
British Columbia 5% 61.8%
引用元:カナダ労働局

カナダ全体の失業率も、前月と比べて、5.5→5.9まで上がりました。

そんな中で、BC州だけは失業率5%と、カナダ国内では失業率が低い州となり、雇用率をみても経済的に安定しているのが分かります。

ちなみに留学生に人気な、バンクーバーとトロントを比較してみました。

2019年11月の失業率と雇用率
失業率
(Unemployment rate)
雇用率
(Employment rate)
バンクーバー 4.9% 64.5%
トロント 5.8% 62.9%
引用元:カナダ労働局

さらに追加の情報ですが、最近IT企業の進出が増え雇用が増えていると言われているBC州のビクトリアに関しての数字も見ていきたいのですが、失業率は3%台となります。

ですので、就労ビザのサポートの確率は非常に高いと考えられます。

2019年11月の失業率と雇用率
失業率
(Unemployment rate)
雇用率
(Employment rate)
ビクトリア 3.5% 60.9%
引用元:カナダ労働局

田舎と都会の仕事の見つけやすさについて

なぜ仕事探しをする時に、田舎ではなく都会の方がいいのか?というと、都会の方が幅広い職種で日系の会社があるため、英語が完璧でなくても仕事が見つかりやすいからなんです。

分かりやすく例えると、日本でスペイン語を使った仕事を探す時、田舎よりも都会の方が見つかりやすいですよね?それと一緒のことなんです。

かえで

確かに!そう言われると分かりやすい!

BC州、オンタリオ以外で移民を考える際の注意点

BC州、オンタリオ以外で移民を考える際の注意点をお伝えします。

3~4年前と現在の移民プログラムを比較すると、BC州とオンタリオ州以外の州別プログラムでは、その州に移民後もずっと残るかどうかが重視されています。

ようするに、「州への結びつき」を大切にしているのです。

例えば、BC州やオンタリオ州などでワーホリや学生ビザを一度でもしたことのある人は、州別の移民プログラムの申請条件から外れてしまう理由となってしまいます。

以上からも、地方の州で移民をお考えの方は注意が必要です。

くれぐれもその州でカナダ生活を続ける事ができるのかという点を、考慮されることをおすすめします。

まとめ

なぜ、BC州をオススメするのかを、分かって頂けたのではないでしょうか?

移民につながる、「就労ビザ」の取りやすさについて、「失業率」という切り口で考えてきました。

仕事が見つけやすく、ビザのサポートを受けやすい場所を見つけるのが、移民への第一歩です!

免責

ビザ申請、永住権申請の手続きや規定、ルールはカナダ移民局が予告なく頻繁に変更しています。

そのため、こちらのサイトに記載していある情報を元に何らかの判断を行う際には、弊社にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。

弊社のサイトは、ビザ申請、永住権申請に関する責任を負うものではございません

弊社サイトをご覧になってご自身でお手続きをすすめたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、弊社では一切責任を負いません

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る