「カナダ留学をおすすめしない」の誤った情報に惑わされないで!

カナダ留学を考えている方の中には、カナダの誤った情報を信じて不安に思われている方がいらっしゃいます。

よくよくお話を聞いてみると、ネットのまとめ記事やブログなどを見て心配になったとのこと。

今回はカナダに関する間違った情報に惑わされないでという内容で紹介します。

「カナダをおすすめしない理由」という記事

ネット上の記事では、こんなタイトルのものをよく見かけます。

ネットでよく見る記事タイトル

カナダ留学スペシャリスト直伝! カナダをお勧めしない4つの理由

その中には決まって、こう言うことが書かれています。

よく見かける情報

  1. カナダには外国人や人種に対する差別がある
  2. 学歴は英語圏のものだけが適用される
  3. カナダは街中日本人だらけ
  4. 日本に比べると治安が悪い

これだけ読んでしまうと、カナダに留学するのを躊躇してしまいそうですよね……。

こういった記事は単体で見ると、たしかに一部事実を含んでいます

そのため、知らない人が見たら、あたかもすべて真実であると勘違いしてしまうんです。

その結果、カナダ留学を希望する方にとっては心配や悩みが増えてしまう……という悪循環。

ではどうして、こんなに間違いを多く含む記事をわざわざ書いているのでしょうか?

検索をするときに「悪い評価も見たい」という心理

何かを検索するときをちょっと思い浮かべてみて下さい。

たとえば「Aという洗濯機を買いたい」と思って検索するときに、こんな2つの情報を見てみたいと思いませんか?

購入するときに見たい情報

  • その洗濯機に対する「良い評価」
  • その洗濯機に対する「悪い評価」

「良い評価」と「悪い評価」を比較、検討して決めることが多いのではないでしょうか。

「Amazon」や「楽天」で買い物する時も、他人のレビューを気にされませんか? そして、最終的に購入するものを決めることが多いでしょう。

なぜかというと、もちろん「失敗をしたくないから」です。

つまり、何かを調べるときに、「悪い評価も見たい」という心理があるんです。

「間違いの多い記事」がネット上で続出する理由

その結果、マイナス情報がたくさん集まって購入を控えたことはありませんか?

そして、類似するほかの商品を買ったりする……。

そう、ここがこれらの記事の目的なのです。

「カナダ留学のマイナスイメージ」について検索したユーザーに他のサービスを紹介する

端的に言えばこれが目的です。こんな感じのページを見たことはありませんか?

今回のケースを細かく見てみます。こういう流れです。

ネットマーケティングの手法

  1. カナダ留学について調べた人が「カナダ留学をオススメしない」という記事を読む
  2. 「カナダ留学の前に予算の安いフィリピン留学をした方がいいよ!」と誘われる
  3. じゃあカナダじゃなくフィリピンにしようと、「フィリピン留学」に申し込む

こんな流れを作りたい……という意図があったりするのです。

たしかにマーケティング手法としては効果があり、上手だと言えるかもしれません。

でも、実際にカナダで住んでいて「これはウソばっかり!」と知っている者からすると悲しくてたまりません

(とりあえず、このようなマーケティング手法があるという事実を知っているだけで、だまされる可能性も少なくなるかもしれません)

「カナダ留学をオススメしない」のは本当?

さて、マーケティング手法については理解出来たところで、でも実際にはどうなの?と思うでしょう。

上で挙げたよく見る「カナダ留学をオススメしない理由」について、現地在住15年以上の私が検証してみます。

 カナダには外国人や人種に対する差別がある?

日本にいるとあまりないですが、海外に行くと日本人、アジア人の差別が多いと心配される方は多いようですね。

ウェブサイトで検索すると「良い情報」も「悪い情報」もあるので、いったいどれが正しいのか迷うはず。

端的に言えばカナダに差別はほとんどありません

カナダに15年以上住んでいる私が言っているので間違いありません。

実際に私は、今までにたった一度たりとも「人種的差別」を受けたことはありませんから。

カナダはそもそも、イギリスとフランスからの移民によって形成された多民族国家で、国の方針として、多国籍、多民族な移民を受け入れてきています。

教育の面でも「みんな違うのが当たり前」という方針で、特に若い世代では、肌の色や宗教などの違いで特別な意識をもつ子どもも少ないように思えます。

カナダは毎年25万人以上の移民を受け入れ、トルドー首相はこんなことを言っています。

トルドー首相の言葉

カナダは違いがあって「も」ではなく、「違いがあるからこそ」強くある

言葉だけで言っているのではなく、最近ではシリア難民をたくさん受け入れたことでも話題になりました。

差別について、こんな象徴的な出来事もありました。

ISイスラム国のテロが頻発している時期、平和なバンクーバーでもイスラム教信者の移民に対して反対するデモが企画されたのです。

しかし、フタを開けてみればなんと! デモ参加者はたったの28名。

それに対し、デモ参加者に対して反対する参加者は4000人以上という結果に。

Thousands of people came out to Vancouver City Hall Saturday afternoon in support of an anti-racist demonstration countering a previously planned rally against immigration.

CTV Vancouver Newsより引用しました。

このエピソードだけを見ても、カナダがどれだけ差別に対して敏感か、差別が少ないかが如実に分るでしょう。

 学歴は英語圏のものだけが適用される?

そして、カナダに留学したときの学歴の話です。

「英語圏の学歴しか適応されない!」と書かれることが多いのですが、これはウソです。

まず、カナダで就職する際には、学歴はそもそも重視されません

その人が今までどのようなことをしてきたのか、どんなスキルを持つのかのほうが重要視されます。

日本のように「有名大学卒業 = 優秀」という図式はカナダには存在しないため、履歴書の学歴が英語圏かどうかはまず関係ありません。

逆に言えば、学歴に頼らずに就職活動をしなくてはいけないので、そうそう簡単に就職で来るわけではありません。

例えばUBC(ブリティッシュコロンビア大学:日本の東大よりも世界ランキングが高い)を卒業したカナダ人であっても……。

また、そもそもですが、ワーキングホリデービザで渡航した「英語をかろうじて話せる日本人」は学歴を見られることはまずありません。

そんなことよりも、ワーホリの仕事は接客業が主となることが多い為、こういうことを重視されます。

採用で重視されること

  • あとどれくらいの期間カナダで働けるか
  • どのくらいフレキシブルにシフトに入れるか
  • きちんと仕事に取り組む姿勢があるか

学歴を見て採用、不採用が決まることはほぼないと言っても過言ではありません。

 カナダは日本人だらけ?

ではカナダは日本人だらけという情報は本当でしょうか?

これも全くの誤解です。

かつて、10年以上前は、バンクーバーの特にダウンタウンなどはそれこそ1日に数人の日本人を見ることもありました。

でも、2017年11月現在ですと、ダウンタウンのほんの一部を除いて、日本人とすれ違うことすら少ないです。

これに関しては、バンクーバーは日本人が多い?という記事をご参考に。

 日本より治安が悪い?

では、日本よりも治安が悪いという情報は正しいのでしょうか?

殺人率ランキングでいうと、日本よりは高いです。あくまでデータとしては。

しかしながら、日本でも治安のよい都市、悪い都市は、エリアにより異なると思いますが、これはカナダでも同様です。

詳しくは下記の記事にてカナダの治安についてまとめています。

まとめ

以上、カナダをお勧めしない理由を見てみましたが、どれも的外れな指摘であることが分かったかと思います。

こういった情報に惑わされて留学プランを変えることのないように、正確な情報をもとにしっかりと留学プランを考えられれば良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る