カナダのカレッジ留学の種類について

college type

カナダのカレッジに留学する時、留学先のカレッジは公立と私立に大きく分かれます。

公立カレッジのいいところは卒業後に最大3年間のポストグラデュエーション・ワークパーミット(ポスグラ)が取れること。

私立カレッジのいいところは公立カレッジよりも学費が安く、自分が学びたい分野に直結したプログラム(学科)を選べることです。

まとめると、

公立・私立カレッジのいいところ

  • 公立カレッジ
    ポスグラがでる
  • 私立カレッジ
    学びたい分野がプログラムごとに絞られている

となります。

私立カレッジのいいところの裏返しですが、公立カレッジで大変なのは「何を学ぶのか」を自分で決めなければいけないことです。

決めるのは大変ですが、カナダのカレッジ、大学の制度は柔軟なので、入学後に方針を変更することも可能です。

ちょっと安心ですよね。

今回の記事では、バンクーバー近郊の公立カレッジでできる勉強の種類を大きく3つに分けて専門家が徹底的に解説します。

 

公立カレッジの3つのタイプ

バンクーバー近郊の公立カレッジを、勉強できる内容と卒業後のプランで分類すると、大きく3つに分かれます。

公立カレッジの3つのタイプ

  1. ユニバーシティ・トランスファープログラム
  2. 技術、技能に特化したカレッジ(BCIT)のプログラム
  3. 2年間の専門プログラム(Diploma)

ユニバーシティ・トランスファープログラムは、カレッジ卒業後に大学へ編入することを目指すプログラムです。

残りの2タイプは、カレッジで勉強を終えて卒業後にカナダでの就職を目指すプログラムです。

それぞれのタイプに一長一短があり、誰にとっても当てはまる最高のプログラムはありません。

カレッジを卒業した後に、カナダで就職して永住権を取るのか、カナダの大学に進学するのか、日本に帰って就職するのかによって最適なプログラムは変わります。

それでは、公立カレッジでどんなことが学べて、どんな卒業後の進路につながるのか、タイプ別に詳しく解説します。

ユニバーシティ・トランスファープログラム

カナダでは、公立カレッジの単位互換の制度が整備されていて、どこのカレッジで取った科目でも、他のカレッジに単位を移行することができます。

ブリティッシュコロンビア州内では更に細かく制度が整備されていて、州をまたぐよりスムースに単位を移行できます。

大学進学のための準備として、日本の4年制大学の一般教養科目に当たる内容を1年または2年間で学ぶのが、「ユニバーシティ・トランスファー(大学編入準備)」プログラムです。

ユニバーシティ・トランスファープログラムを含めた、カナダの大学進学について、こちらの記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

ユニバーシティ・トランスファープログラムではどんな勉強をするの?

ユニバーシティ・トランスファープログラムでは、日本の大学の1年生、2年生時に学ぶ一般教養に相当する内容を学びます。

社会学、心理学、経済学など、それぞれの学問分野の大学レベルの最初歩の内容を学びます。

英語以外の、新しい外国語を学び始めるのにも、ユニバーシティ・トランスファープログラムはおすすめです。

カナダのカレッジ、大学の制度はとても柔軟で、入学後のプログラム変更は日本の大学よりもずっと自由にできます。

そのため、ユニバーシティ・トランスファープログラムに入学する時点では「カナダの大学を卒業する!」という目標だけを決めておいて、カレッジに通いながら編入する先の大学、プログラムを絞り込んでいくことが可能です。

とは言っても、編入先の大学、プログラムによって編入に必要な科目が異なるので、ユニバーシティ・トランスファープログラムで履修した科目を無駄なく編入先の大学に移行するためには、できるだけ早く編入先の大学、プログラムを決めたほうがいいです。

ユニバーシティ・トランスファープログラムおすすめの学校

バンクーバー近郊では、公立カレッジ、大学と、私立カレッジで州政府に認められた一部のカレッジが、ユニバーシティ・トランスファープログラムを提供しています。

カレッジによって特徴があり、ユニバーシティ・トランスファープログラムがメインの学校と、そうでない学校に大きく分かれます。

コキットラムカレッジは、ユニバーシティ・トランスファープログラムがメインの学校で、カレッジに通う学生の多くが大学編入を目指しています。

そのため、同じ目標を持つ友人を見つけやすいです。また、カレッジのアカデミック・アドバイザーが大学の編入制度に精通していて、編入先の大学、プログラムに合わせた科目受講の計画を立ててくれます。

逆に、ユニバーシティ・トランスファープログラムをメインにしていないカレッジでは、自分と違う目標の学生と一緒に勉強をすることができます。

新しい価値観に触れることで、自分の目標を再確認することにも、新たな目標を見つけることにもつながります。

 

ユニバーシティ・トランスファープログラムでおすすめの学校

技術、技能に特化したカレッジ(BCIT)のプログラム

カナダのカレッジには、技術、技能訓練に特化した、「インスティチュート オブ テクノロジー(Institute of Technology)」という特別なカレッジがあります。

ブリティッシュコロンビア州には、「BCIT(British Columbia Institute of Technology)」というカレッジがあって、就職に直結する、実践的な内容を学ぶことができます。

BCITは単位の仕組みが他のカレッジとやや異なります。

カナダのカレッジ、大学は通常、1年間30単位を履修し、60単位で2年制のディプロマ(Diploma)の学位が、120単位で4年制のバチェラー(Bacholor、学士)の学位が取れます。

BCITの場合、1科目で取得できる単位数が多く、卒業に必要な科目数も多いです。その結果、例えばBusiness Managementの2年制のプログラムの場合、2年間で33科目、116単位を受講することが必要です。

BCITもブリティッシュコロンビア州のカレッジ単位移行制度に入っていますので単位の移行は可能ですが、BCITで取った単位数が移行先の学校で少ない単位数になったり、移行の対象とならない科目があったりします。

抜群の就職率

それでもBCITに通うメリットは、職業に直結した内容が学べるため、就職に強いことです。

BCITは卒業生の卒業後6か月時点の就職率がほぼ100%という就職実績を誇ります。

BCITの卒業生が企業で即戦力として働けることはバンクーバー近郊のビジネスの世界で広く知られています。

自分が学んだ分野での就職できる可能性は、今回ご紹介する3つのタイプの中で、一番高いです。

 

2年制の専門プログラム(Diploma)

大学進学準備プログラムとBCITのプログラムの中間に位置するのが、公立カレッジの2年制の専門プログラム(Diploma)です。

バンクーバー近郊にあるの公立カレッジ、大学では様々な2年制のプログラムを提供しています。

学べるプログラムの例を紹介すると、以下のようなものです。

公立カレッジで学べるプログラムの例

  • ビジネス(会計、マーケティングなど)
  • 映像技術(映画撮影、3Dアニメーションなど)
  • 調理技術(料理、パン職人など)
  • 観光(ツアーマネジメント、レクリエーションなど)
  • 福祉サービス(保育士、看護師など)

カレッジ、プログラムによっては定員が少なかったり留学生を受け入れていなかったりすることがありますが、様々なプログラムの中から自分の希望にあったものを選ぶことができます。

コープで就労経験をゲット!

また、カレッジによっては、コーププログラムという有給インターンが選択可能なプログラムがあります。

公立カレッジのコーププログラムの仕組みは、一つの学期(4か月間)をコープ期間として、フルタイムで働くというもので、カレッジのコープオフィスにコープのための求人が来て、学生は自分の希望と適性にあった求人に申し込みをします。

公立カレッジのコープ向けに来る求人は、一般に募集されているものよりも質が高いものが多いです。

コープで働いた会社に卒業後フルタイムで就職するケースがとても多く、企業側も即戦力を求めてカレッジに求人を出しています。

質の高い求人が集まるといっても、その求人をローカルのカナダ人学生と競って採用される必要があるので、決して簡単ではありませんが、チャレンジして見る価値は十分にあります。

大卒者向けプログラムもおすすめ

日本で既に大学を卒業している人には、大卒者向けプログラムがおすすめです。

これは、バチェラー(学士)とマスター(大学院修士)の中間にある学位です。

4年制大学を既に卒業している人がカナダで2年制のディプロマを取っても、学歴の上乗せにはなりませんが、大卒者向けプログラムであれば、最高学歴として履歴書に書くことができます。

また、一緒に勉強する学生も4年制大学卒業以上の経歴を持っていることから、成熟した大人の環境で勉強することができます。

日本で大学を卒業して、社会人経験を積んでからカナダに留学に来るような場合、一般のディプロマプログラムに入学して高校を卒業したばかりの学生と一緒に勉強するのは辛いものがあります。

日本で大学を卒業して社会人経験があるならば、大卒者向けプログラムも選択肢に入れてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

カナダのカレッジでは何でも学ぶことができます。

選択肢が多いことは嬉しいのですが、選択肢が多すぎると、どこから絞り込んでいいか分からないですよね。

そんな時はまずカナダ留学コンパスにご相談ください。

カナダ留学という未知の大海の道標(コンパス)として、留学の目標までたどり着くお手伝いをします。

カナダ留学コンパスと一緒なら、遭難したりはしませんよ。

一緒にカナダ留学を成功させましょう!

免責

ビザ申請、永住権申請の手続きや規定、ルールはカナダ移民局が予告なく頻繁に変更しています。

そのため、こちらのサイトに記載していある情報を元に何らかの判断を行う際には、弊社にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。

弊社のサイトは、ビザ申請、永住権申請に関する責任を負うものではございません

弊社サイトをご覧になってご自身でお手続きをすすめたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、弊社では一切責任を負いません

college type

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る