カナダデーのイベント~パレード、花火などカナダデーの過ごし方~

7月1日は「カナダデー(Canada Day)」と呼ばれる日です。

簡単に言うと、カナダの「建国記念日」で、つまりカナダのお誕生日なんですね。

 

今回は、カナダデーの由来と、バンクーバーの地元の人たちがカナダデーをどう楽しむのかをご紹介します。
カナダの誕生日をお祝いして、いっぱい楽しみましょう!

カナダデーってどんな日なの?

カナダの誕生日というのは、どういうことでしょうか?それは、1867年7月1日に、カナダ1867年憲法(制定当時はBritish North America Actという名前でした)が施行され、カナダがイギリスから独立した自治国となった日、という意味です。
7月1日は1982年までは「Dominion Day(自治の日)」と呼ばれていましたが、1982年からカナダデーと呼ばれるようになりました。
カナダはイギリスからの独立を、話し合いにより平和的に勝ち取りました。独立戦争を経てイギリスから独立した隣国のアメリカと比較して、このことを誇りに思っているカナダ人はとても多いです。

カナダデーはいつなの?

カナダデーは毎年7月1日です。

もし、7月1日が日曜日の場合は、翌日2日も振り替え休日になります。

バンクーバーはこの時期1年で一番日照時間が長く、快晴の日が多いので、カナダではこの日一日中イベントなどで楽しみます。また、カナダの学校は6月末で学年が終わるので、子どもたちにとっては夏休み初日のワクワクする日です。

また、2017年はカナダの150回目の記念すべき誕生日で、様々な特別イベントが開催され、いつもの年より盛大にお祝いしました。

 

カナダデーは何をする日なの?

カナダの誕生日をお祝いするカナダデー。バンクーバーやその周辺の地元の人達は、何をするのでしょうか?
カナダの多くの市や町では様々なイベントが開催され、カナダ人はカナダのナショナルカラーである赤と白を身につけて参加します。
赤と白は、1921年にイギリスのキング・ジョージ5世によってカナダのナショナルカラーに定められ、赤は勇気と強さを、白は清浄と誠実を表しています。

 

7月1日はカナダ全国の至る所でイベントが開催されますが、その中でバンクーバー近郊のイベントを2つご紹介します。

カナダプレイスのイベント

バンクーバーのダウンタウンには「カナダプレイス」と呼ばれる場所があります。

(「カナダプレイス」は、ウォーターフロント駅のそばにある客船ターミナルです)

そのカナダプレイスでは、7月1日に、様々なアーティストが出演するコンサート、フェイスペイントやバルーンアートなど子ども向けのアトラクション、夜には花火まで、文字通り朝から晩までイベントが開催されます。
カナダプレイスのイベントは、首都オタワに次いで、世界で二番目に大規模なカナダデーのイベントです。

Port of Vancouverホームページより引用

バンクーバーのパレードが2018年は中止に!

カナダプレイスで毎年恒例のパレードが行われていましたが、2018年は残念ながら中止が発表されました。上昇し続ける経費が原因とのことです。主催者側の発表では、「もう続けることができません(no longer host the Canada Day parade)」と書かれているので、ずっとこのまま開催されないかも知れませんが、来年以降パレードの復活に期待したいです。

スティーブストン、サーモンフェスティバル

Steveston Salmon Festival

リッチモンド市ホームページより引用

バンクーバーの南のリッチモンド市の南端にある、スティーブストンという地域で開催される恒例のお祭りです。
ステージイベント、パレード、キッズプログラム、ティーン向けプログラムなどが行われますが、中でも目玉はサーモンのバーベキューです。
毎年1200ポンド以上(500Kg以上)の地元で採れたサーモンを、ハンノキのウッドチップで焼き上げます。朝10時から売り切れまで販売され、一皿$16です。
また、スティーブストンは日系コミュニティの歴史が深く、関連イベントの一つとして、Japanese cultural show(日本文化ショー)が開催され、茶道、華道、剣道などのデモンストレーションが行われます。

上記カナダプレイスのパレードが中止になったため、神輿の会「楽一」の神輿がサーモンフェスティバルのパレードに参加します。神輿を担ぎたい方は、「楽一」ホームページまでお問い合わせください。

まとめ

いかがでしたか?
カナダデーの由来を理解すると、より深くカナダの文化に触れることができます。でも、そんな堅苦しいことは置いておいて、朝から晩までイベントいっぱいのカナダデーを楽しみつくしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る