Aoiのカナダ留学体験レッスン ~ VIC (ブイアイシー)

体験レッスンの様子を紹介第3弾

スピーキングに定評のあるVICの紹介です。

 

学校のロケーション・設備はどうでしたか?

Granville stationから歩いて5分ほどの立地です。
建物に大きくVICと書かれていたので、他の語学学校よりも分かりやすい!

☟こんな感じ

学校に入ると受付がありますが、受付の方は問題なく対応してくれました。
トライアルを受けに来た旨を伝えると、日本人カウンセラーの方がすぐに来て下さり、いくつか質問をされた後、体験する授業の先生と一緒に教室に向かいました。

教室はコの字型に机が配置されています。
この学校はフロア二階分を校舎として使っていますが、生徒数が多く感じたことと、窓のある教室が少ないせいか広々した印象はありませんでした。

昼食をとるラウンジやPCスペースなどの設備はしっかりしています。
更にコピー機も使えるそうなので、ワーホリの方はレジュメ作成時に役立ちそうです!コピー機を自由に使える語学学校って多くはないですよね。

 

体験授業の内容はどうでしたか?

この学校の特徴である「発音矯正」の授業を体験しました。

発音矯正という内容のせいかやはりアジア人が多く、その中でも特に日本人が多かったです。
私が体験したクラスは私含めて9名で日本人6、韓国人2、ブラジル人が1名でした。
この点に関しては事前にカウンセラーの方が、他のクラスも同じ比率というわけではないから安心してくださいねと言ってました。
他のクラスを見ると、アジア以外の生徒もいますが、アジア系が多い印象を受けました。

教室に入り、着席すると隣の韓国人の女の子が鏡持ってきた?と聞いてくれ、鏡を使うことを知りました。
生徒それぞれが貸し出しで用意されている鏡を使って、自分の口の形を確認しながら発音を習っていきます。
「w」や「h」など音ごとに、発音時の口の形やその音を使った例文がプリントにまとめられており、それを元に先生と一緒に発音していきます。
授業内では一人ひとり発音したり、ペアになって何度も読んだりします。
ペアでの練習中も先生が見回っているので、頻繁に指摘してくれます。
クラス終盤にはその日にやった発音の中から、ペアでどれか一つ選び、決まられた時間内読み続けます。
先生が聞き、評価シートにアドバイスをくれます。

この発音矯正クラスにもレベルがあり、上のレベルになるとリンキングや文章全体のリズム、イントネーション等を学ぶことができるので、個人的にはこちらに興味がありました!
授業全体で生徒同士のフリートークなどの自由度は低いですが、比較的穏やかな雰囲気で行われていた印象です。

普通に授業を受けているだけでは確認できない、発音をメインにしている授業は結構珍しいので楽しめました。

 

授業・コースの種類・料金など

授業はすべて選択制になっており、発音矯正のほか、総合英語、スピーキング&リスニング集中、ビジネス英語など様々です。
スピーキングをメインにやりたい方は午前午後の両方でスピーキング系の授業を取ることもできるので、目的によって柔軟に選べる点は良いと思いました。

フルタイムのプログラムの方のみ、月曜~木曜の授業後に行われている1時間15分間の少人数無料レッスンに参加できるそうです!これ面白いですね
他の語学学校でも聞いたことありますが、ここの方が真剣にやっている印象を受けました。
先生もランダムらしく、授業とは違ってリラックスして学べるらしいので、これ含めると学習時間は長くなりますよね。
金額は若干高いくらいで、ほぼ一般的と言えます。

 

まとめ

ここは日本人カウンセラーのサポートが強い学校です。
学校や授業の相談はもちろん、レジュメの添削なども行ってくれます。
また、日本人の弱点でもある発音を矯正するクラスもあるので、やはり他と比べると日本人やアジア出身が集まりやすいと思います。

国際色豊かとは思いませんが、もちろん他国の生徒もしっかりいます。日本人比率を一番に考えている方には向きませんが、安心できる環境の中で勉強していきたい人や発音矯正目当ての方には向いています

VICの詳細ページはこちら

カウンセラーからひとこと

VICは発音矯正をやっている数少ない学校の一つですので、カナダの奇麗な英語を話したい人には発音矯正の授業はお勧めです。
しかし、スピーキングを強化したい=スピーキングが苦手なアジア人が多くなります。
クラスによっては日本人が多くいますが、日本人がいるからこそ授業で理解しきれなかった箇所をクラスメートに助けてもらえる利点もあります^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る