【カナダ留学体験談】コロナでも留学に踏み切るきっかけを与えてくださりありがとうございました!

カナダ到着日: 2021年5月6日

コロナパンデミック発生後110人目の渡航者で、14日間隔離期間が終了後にカウンセリングを行いました。

渡航前はどのように事前準備をしましたか?

年明けに9月頃の渡航を考え、学校を決めたり申し込みをしたりしていたのですが、最終的に5月初旬の渡航を決めたのが3月に入ってからで、その中でビザ申請の準備やバイオメトリクスの登録、航空券の手配、保険の準備、日本の家を退去する関係の手続き、日本でのPCR検査の予約などをしました。

なので渡航までの約2か月間は毎日やることがてんこ盛りでしたが、2月末に学校を終えて週に2~3日程度のアルバイトをする生活だったので、なんとかなりました。

航空券に関してはできるだけ安く済ませたいと思い、最初は一番安いマニラ経由を購入しましたが、治安の面で後々不安が出てしまい(コンパスさんにもアドバイス頂きました)、キャンセルしてソウルの経由便を購入しました。

しかし、今度は航空会社都合でフライトがキャンセルされてしまい、最後は結局直行便を購入しました。

私の場合は長時間のフライト経験がほぼなく直行便でも途中から疲れてしまったので、最初から直行便を選べば良かったと思いましたが、良い経験にもなりました。

日本での搭乗時の様子を教えてください。

朝の8:30頃空港に着きました。

フライトは18:30で、余裕をもってPCR検査をするため空港のクリニックを9:30~で予約していたので、ターミナル内の施設をひと回りして確認しPCR検査を受け、結果が出るまでの時間でArriveCANやLifeLabのスクリーンショットの印刷をしました。

PCR検査は3時間から3時間半程で結果が出ました。

陰性証明を受け取り、チェックインし、カウンターまで進みました。

やはり人は少なく、ほとんど待ちませんでした。

こではパスポート以外に陰性証明やビザの承認レター、ArriveCANのスクリーンショットの紙、入学許可証を提示しました。

カナダ到着後の入国審査~ホテル到着時の様子を教えてください。

機体から降りてしばらく行くとキオスクがあり、流れに沿って進めていくとすぐに終わりました。

その後イミグレーションに行きビザを発行してもらい、荷物をピックアップしてPCR 検査へ進もうとした時、呼び止められ、荷物検査に案内されました。

荷物検査では、荷物をすべて開けられ、検査されました。

また、通う学校、ホームステイ先、エージェントなどの情報や、日本でどのような仕事をしていたのかや、どのくらい預金があるかなども詳しく聞かれました。

1時間以上かかり、スマートフォンの写真や友達とのラインまでチェックされたので、何かしてしまったんだろうかと不安になりましたがちゃんとおわり、後からコンパスさんがランダムに確認しているらしいと教えてくれたので安心しました。

荷物検査が終わるとPCR検査場に案内されたので、事前に印刷したLifeLabの紙やパスポートなどを見せて登録を確認し(電話番号を間違えて入力していたのでそこで訂正し)、PCR検査を受けました。

そして検査キットを受け取って検査日を確認し、ホテルのシャトルバスの待合に行きました。

待合でホテルに電話をする前に泊まるホテルの名前が呼ばれたので、そのままバスに乗りホテルに向かいました。

ホテルのフロントでは説明書類を読み何か所かサインしてカードキーをもらって、そのまま部屋に向かいました。

ホテルでの生活の様子を教えてください。

私が3日間過ごしたのはラディソンホテルで、広くて綺麗な部屋でした。

食事は電話でオーダーする形で、ランチとディナーは何種類かから選べました。

食事が来なかったり一部だけ来るということもありましたが、電話で問い合わせたら持ってきてくれました。

機内で眠れなかったこともあり、初日は夕食をオーダーして食べ、シャワーを浴びてすぐに寝ました。

幸い時差ボケがほとんどなかったので2日目、3日目は持ってきたリングフィットで運動したり、次の週から始まるオンライン授業の予習をしたり、学校と連絡を取ったりしました。

綿棒、ボールペンなど、日本のホテルではあることが多い物も、コロナのせいもあってか部屋にはなかったので、先に渡航された方のインタビューを見て準備したものが役立ちました。

消耗品として部屋にあったものは、トイレットペーパー、ボディーウォッシュ、シャンプー、コンディショナー、ボディーモイスチャー、固形石鹸、除菌シートとジェルでした。

歯ブラシ、歯磨き粉とティッシュペーパーは部屋にないので自分で持って行ったほうが良いと思います。

また、スリッパがあったらと思うことが多かったです。

ホームステイ先での隔離期間中の様子を教えてください。

ホームステイ先の家族はアジア系で、5人家族です。

ベースメントのお部屋を貸してくれました。同じ階にバスルームがあり、もう一人いるらしい留学生と共有ですが、時間帯が合わないためかまだ会ったことがありません。

トイレとお風呂以外はずっと部屋の中で過ごしました。

食事に蒸したお米が出てくることが多かったのであまりホームシックにならずに済みました。

カナダについて8日目にはコロナ検査キットを使って検査をしました。私はすでにオンラインでの授業が始まっていて、日中の検査は難しかったので、朝3時に起きてログインしました。

そのおかげかスムーズに進み、朝4時には終わりました。

またその日はポリスマンの訪問もあり、生活用品は手に入るかなどいくつか質問をされ、問題なく終了しました。

平日は学校のオンライン授業に参加して、終わったら宿題をやり、残りの時間や土日はは次に住むシェアハウスを探したり、友達と電話したりして過ごしました。

渡航前、渡航後のコロナに対する弊社のサービス、対応についてご意見をお聞かせください。

年始に初めて相談しましたが、コロナの中でも年内の留学に踏み切るきっかけを与えてくださり、その後も学校選択からビザの取得、ホテルの予約、ホームステイ先の手配まで、たくさんサポートしていただいてありがとうございました。

コロナ関係のイレギュラー含め、書類の準備や手続き等、自分でやることももちろん多々ありましたが、優先順位をつけて順番に教えていただいたおかげでスムーズに進めたと思います。

不安な点や変更点など、連絡に早めに対応していただけたので、安心感もありました。

コンパスさんのサポートがなかったら、一人ではここまでたどり着けなかったと思います。

本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!