【カナダ留学体験談】コロナ禍でも常に最新の情報をアップデートしていただきとても心強い存在でした!

カナダ到着日: 2021年3月17日

コロナパンデミック発生後83人目の渡航者で、14日間隔離期間が終了後にカウンセリングを行いました。

渡航前はどのように事前準備をしましたか?

コンパスさんからいただく情報や、チェックリストをもとに準備し、印刷した方がいいと言われたものは全て印刷し、入念にチェックしました。

日本での搭乗時の様子を教えてください。

乗り継ぎで予期せぬトラブルに見舞われたくなかったので、ANAの直行便にしました。

羽田空港第3ターミナルは、平日の夜だったこともあると思いますがかなり閑散としていました。

換金所やコンビニ(ローソンのみ)は夜遅くでも開いていたので、両替や印刷し忘れた書類のコンビニプリントはできました。

チェックインカウンターで荷物を預けて搭乗手続きをする際に、パスポートやeチケットの提示と併せてビザ承認レターと陰性証明書のチェック、ArriveCANやLifeLAB登録が済んでいるかどうかの口頭確認がありました。

それ以外では特別なことはなかったと思います。

利用者が少ないことで全ての行程が待機時間なくスムーズに通過でき、機内でもゆっくりできました。

(2021.3.17時点)

カナダ到着後の入国審査~ホテル到着時の様子を教えてください。

バンクーバー空港到着後は、入国審査→移民局でビザ発行→荷物受け取り→PCR検査の順で進みました(移民局と荷物受け取りはどちらが先でも良さそうです)。

順路にはスタッフが定期的に配置されていて、指示をもらえたので迷うことなく進むことができました。

お昼の到着でしたが空いていてほとんど待ち時間はありませんでした。


■入国審査
パスポート、ビザ承認レター、陰性証明書の提示を求められました。

加えて、滞在するホテル名やホテルを出た後の滞在先が確保できているかなど、自己隔離をちゃんと行えるかどうかについて口頭で確認されました。


■移民局
特に質問されることはなく、パスポートと承認レターを渡すのみでビザが受け取れました。


■PCR検査
荷物を受け取り、順路に沿って進むとPCR検査の手続きカウンターがありました。

そこで登録済みのLifeLABの画面を見せ、情報の確認が行われ、検査場へと通されました。

検体採取前に再度、住所や電話番号などの情報に相違がないかの確認がありました。

そこで電話番号が全く違うものが入力されてしまっていたことに気づきましたが、すぐにスタッフの方が修正対応してくれました。

その方いわく、こういった情報入力ミスはたまに発生してしまうようでした。

電話番号が間違えていると、検査結果の連絡や、隔離期間中の州からの電話が届かなくなってしまう可能性があるので、この時点で改めてチェックすることをお勧めします。

検体採取後、出口に向かう途中で隔離期間Day10で使用するセルフキットを受け取り、出口付近でホテル名を尋ねられ、待機しているバスの場所を教えてもらえました。

ホテルでの生活の様子を教えてください。

ホテルはCoast Vancouver Airport Hotelに滞在しました。

広くて綺麗で快適でした。

朝昼晩、だいたい決まった時間にドアの前に食事が置かれ、食べ終わったごみなどはドアの前に出しておくと回収してもらえました。

食事はいくつかのメニューの中から選べたので、飽きることはありませんでした(1日分の食べたいものをチェックイン時に聞かれ、その後は前日にアンケート用紙に記入してドア前に出しておくor電話で聞かれました)。

ホームステイ先での隔離期間中の様子を教えてください。

専用のトイレ・洗面・シャワー、小さいキッチンがついていたので、生活に不自由はありませんでした。

ホストマザーとの会話はWhatsAppでやり取りしていました。

用事があるとき以外は部屋で過ごすようにと言われていたのですが、短時間であれば裏庭での日光浴を許可されていました。

Day10に行うセルフキットを用いた検体採取ですが、箱の中の説明書、Switch Health(検査キットのメーカー)のウェブサイト上の動画や、youtubeにやり方動画を載せているyoutuberさんがいるのでそれらを参考に行いました。

オンライン登録後、ナースとテレビ電話しながら検体を採取しなければなりませんが、朝早くログインしないとかなり待たされると聞いたため、朝6:30にログインしたところ300人待ちで、1時間半ほどの待ち時間でした。

ナースの指示に沿って検体を用意し終えると、次は検体を家の前まで回収しに来てくれる配送業者のピックアップ日時を選択できるようになります。

私のDay10は金曜日だったのですが、土日は稼働していないようで、最短のピックアップ日時は月曜日の午後となってしまいました。

48時間以上検体を寝かせて大丈夫なのか不安だったため、SwitchHealthのオペレーターに確認しましたが、冷蔵庫に入れておけば問題ないとのことでした。

ただ、現在かなりPCR検査を行うラボが混み合っているようで、早く隔離期間を終わらせるためにはできる限り早く発送した方がいいと思います。

私の検体は月曜日に回収され、火曜日のお昼頃ラボに届いたようでしたが、検査結果がわかったのは木曜日の午後でしたので、私の隔離期間は16日間となってしまいました。

一方、私と同じスケジュールで自己隔離していた同じ学校の他の生徒さんは、金曜日の早朝4時にログインして検体採取をしたところ、金曜日の午後のピックアップに間に合ったそうで、その方は私より1日早く結果が出たようでした。

最近感染者数が増えてきたためか、検査に時間がかかってきているようです(オペレーターいわく、ラボ到着から結果が出るまで1〜2日だったのが最近は2〜4日要しているとのことです)。

トロント時間の6:00AM(バンクーバー時間の3:00AM)からログインできるので、頑張って早起きすることをお勧めします。

(2021年3月末時点)

渡航前、渡航後のコロナに対する弊社のサービス、対応についてご意見をお聞かせください。

いつも迅速かつ親身にご対応いただきました。

やるべきことを簡潔に順序立てて教えてくださり、とても効率的に留学準備を進めることができました。

また、コロナ禍という不安定な状況のなか、いつも最新の情報をアップデートしていただきとても心強い存在でした。

私はビザ申請を一度リジェクトされてしまい、再申請したことで承認レターを入手できた日から渡航日までがタイトになってしまいましたが、私の渡航希望日を尊重してその後の諸々のお手続きなど全力でサポートいただけました。

さらに渡航直前まで仕事を続けていたこともあり、コンパスさんの手取り足取りのサポートがなければこんなに上手く事が運べていなかったどころか、留学が実現していたのかさえ怪しいですので、本当にお世話になり感謝ばかりです。

どうもありがとうございました。

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!