ページトップへ LINEで相談!

【カナダ留学体験談】人生を左右するカナダ留学を実現してくださり、感謝しかありません!

カナダ留学 コロナの中でのカナダ到着体験談(224)

カナダ到着日: 2020年10月1日

コロナパンデミック発生後26人目の渡航者で、14日間隔離期間が終了後にカウンセリングを行いました。

渡航前はどのように事前準備をしましたか?

家を出てからカナダ(宿泊先)に着くまでの流れを出来るだけ明確に把握できるように準備しました。

諸々の移動内容に関する内容について、ホームステイ先について、出国・入国時の質問、などなど。

幸い、webやtwitterで調べればコロナ下での渡航者の経験談などを確認できましたので、複数の記事を確認していました。

後、必要書類は紙への印刷とiPad、PCに情報を保有してました。(念には念をってやつです)

日本での搭乗時、カナダ到着後の入国審査の様子を教えてください。

日本での搭乗時については、まず人はあまりいませんでした。

それでも10人くらい並んだだけで搭乗手続きに1時間ほど要していた気がします。

日本での搭乗はびっくりするくらいあっけなくすみました。

必要書類をちゃんと印刷して準備していたのが良かったのかと思います。

カナダ到着後については、入国審査の際に質問を受けるのですが、この時聞かれた質問に対して書類を手渡そうとしたのですが、「書類はいいから自分で説明して」的なことを言われました。

少し焦りましたが、どうにか答えました。

ちなみにこれは、ビザ申請時にも同じことを言われました。

14日間の隔離期間中の様子を教えてください。

個人的には英語の勉強などをする時間に当てることができたので、外出出来ないことは別に苦ではありませんでした。

ただ、寒かったです。

日本で取得した情報の中に「カナダの家は暖かいから半袖で過ごせる」との情報があったので、室内用の厚着はあまり持ってきていませんでした。

持ってくることをお勧めします。

渡航前、渡航後のコロナに対する弊社のサービス、対応についてご意見をお聞かせください。

最高です!!!

少し細かな内容としては、まずコロナが発生した際に、語学学校に支払っている授業料を複数の選択肢を設けた上で、預かってくださいました。(語学学校が潰れる可能性もある為)

僕はコロナ前と後で学校が変わった為、預かってくださって助かりました。

ちなみに、この学校の変更もすごく迅速に動いてくださいました。

また、コロナ下での渡航にはどんな事が必要になるのかを丁寧にサポートしてくださいました。

本当に助かりました!

コロナで渡航がダメになりかけた時は「もうなんでもいいからカナダに行かせてくれ」と心から思ってました。

正直、今回のこの渡航は僕の人生を左右する内容である為、どうしても行く必要がありました。

それを実現してくださったんですから、感謝しかありません!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る