ページトップへ LINEで相談!

【カナダ留学体験談】渡航が5ヶ月間延期になりましたが、モチベーションを保って英語学習に励みました!

カナダ留学 コロナの中でのカナダ到着体験談(222)

カナダ到着日: 2020年9月16日

コロナパンデミック発生後21人目の渡航者で、14日間隔離期間が終了後にカウンセリングを行いました。

渡航前はどのように事前準備をしましたか?

当初は4月に渡航する予定だったので延期になった5ヶ月間は、アルバイトを中心にしていました。

英語の勉強は、モチベーション維持が難しい時期もありましたが、映画を観たりして英語から離れないように心がけました。

出国・入国に関する準備は、御社で事前に教えて頂いた通りに必要書類を印刷して、提示できるよう1冊のファイルにまとめました。

また、入国審査で想定される質問事項は英語で答えられるように練習しました。

日本での搭乗時、カナダ到着後の入国審査の様子を教えてください。

成田空港のチェックインの際に、ビザの承認レター・入国許可証・学校の対面授業再開の通知をカウンターで提示しました。

事前に言われていたCBSA(※Canada Border Services Agency)への確認は行われていないようでした。

カナダの入国審査では、渡航目的と隔離場所の再確認をされました。

入国審査・学生ビザの発行ともにそこまで深い質問はされず、すんなりと終了しました。

バンクーバー空港到着から全ての手続き終了まで1時間以内で終わりました。

14日間の隔離期間中の様子を教えてください。

ホームステイ先は、ホストファミリーとの居住空間がしっかり分かれており、バス・トイレも専用で使用出来たので、ストレスなく生活出来ました。

基本的には部屋で過ごしましたが、時々庭に出て気分転換をしていました。

隔離中は、海外ドラマや映画の視聴(Netflix Canada)、英語学習(オンラインで出来る無料のIELTSの練習問題etc)、読書をして過ごしました。

隔離生活の最初の3日間くらいは、時差ボケの影響もあり辛いと感じていましたが、それ以降は自分のリズムで生活出来ました。

体調維持のため、普段以上に規則正しく生活するように心がけていました。

渡航前、渡航後のコロナに対する弊社のサービス、対応についてご意見をお聞かせください。

初の留学で不安があるうえに、コロナ禍の渡航という特殊な状況になりましたが、渡航前の準備等しっかりフォローして下さるのでとても助かりました。

特に今回の入国審査に関する準備は、丁寧に教えて頂けたので良かったと思います。

渡航後も、バンクーバーの空港到着後からすぐにLINEで連絡を取りながら手続きを進めることが出来たので、とても安心しました。

私の場合、飛行機の到着が予定より4時間以上遅延しましたが、事前にホームステイ先への連絡など対応して頂きとても助かりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る