【カナダ留学体験談】ラジオ局でのインターンで貴重な体験ができました!

experience

杉山 奈緒子さん

Inlingua卒業
Inlinguaについてはこちらから

Gastown Business College卒業
Gastown Business Collegeについてはこちらから

Naoko Sugiyama 体験談

留学しようと思ったきっかけは何ですか?

高校1年生の夏休みに行った、アメリカでの3週間のホームステイが留学をしたいと思ったきっかけです。

その時が初めての海外だったのですが、とても刺激を受けて、大学生になったら留学したいとずっと思っていました。

周りの先輩にも相談したところ、2年生の終わりで休学することを勧められたので、思い切って大学を休学して長期留学することを決心しました。

留学をしてみて、どのような点が良かったと思いますか?

留学中、わたしは2校の学校に通いました。留学で体験したこと、全てが良かったと思います。

語学学校(inlingua)

inlinguaでは、自分が来たくてカナダに留学したはずなのに、入学当初は英語が思うように話せず戸惑ってしまいました。でもそれも今ではいい思い出です。

いろいろな国籍、年齢の人と出会うことができ、当時のクラスメートとの交流は今でも続いています。inlinguaに通って度胸がつきました。

eslclassmate

語学学校の友達と

Gastown Business College

Gastown Business Collegeでは、6ヶ月のプログラム(4.5か月勉強+1.5か月インターン)に通い、inlinguaとは全く違う、年上の学生の雰囲気に刺激を受けました。

韓国人の学生が多く、日本と韓国の共通点、相違点が分かって楽しかったです。

Gastown Business College

Gastown Business Collegeの授業風景

インターン先を見つけるのが大変

でも、インターン先を決めるのが大変でした。わたしは映画産業に興味があったので、学校からはラジオ局を勧められていましたが、映画の制作会社にこだわってインターン先を探していました。

自分で見つけた映画製作会社と面接をし、インターンの受入れをしてもらえることになったのですが、直前になって向こうの都合で開始日を延期してほしいと言われてしまいました。

わたしの都合でインターンの延期ができなかったため、迷った末にその映画製作会社を断り、学校から勧められたラジオ局でインターンをすることにしました。

ラジオ局でのインターン

映画会社の希望を妥協して始めたラジオ局でのインターンでしたが、結果的には大正解でした。

このラジオ局は、大学の構内にあって、一部の有給スタッフと、多数のボランティアスタッフで運営されています。

わたしの仕事は、ラジオ番組で喋ったり、街頭インタビュー(一人で行きました!)をしてそれを放送で使ったりすることでした。

intern

ラジオ局でのインターン

わたしが提案した企画が実現したこともあって、とてもやりがいがありました。

本当にたくさんの貴重な体験ができました

学校の時間以外にも、映画祭に参加したり、日本語ボランティアをしたり、色々なチャレンジをしました。

失敗をしたことも多かったですが、それも含めて、留学して本当に良かったと思います。

カナダ留学コンパスのサービスはいかがでしたか?

銀行口座の開設やビザの申請の際にはたくさん助けていただきました。

ビジネスカレッジに入学した頃には、語学学校とカレッジの違いに悩んでいたことを親身になって聞いていただいて、本当に感謝しています。

今後留学しようとしている方へのメッセージをお願いします

自分で留学したいと思って決めたのなら、途中でどんな困難に出会っても、心から後悔することはないと思います。

何事も、カナダに来てみて初めて分かることなので、とにかくカナダに来てみてください。

周りのことは気にせず、自分で考えて行動するのが何よりも大切だと思います。

カウンセラーからひとこと

木元

上手に自己アピールして、カナダでやりたかったことをどんどん実現している奈緒子さん。
お話していて眩しく感じてしまいました。
そのチャレンジ精神でこれからも頑張ってくださいね。

experience

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る