最新のカナダ学校取材その4 ~VGC(ブイジーシー)に直接出向いてカウンセラーにインタビューしてきた~

今回ご紹介するバンクーバーの語学学校は、英語がちょっと不安な人にもおすすめ、基礎からきちんと学べる学校、「VGC International College(ブイジーシー)」をご紹介いたします。

VGCは英語力を上げたい方の中でも、まだちょっと英語力に自信がない、文法が不安、いきなりレベルが高いのはついていけないかも、という方におすすめの学校です。

参考

VGC International Collegeについて

VGCの学校体験談

通っている生徒さんは、南米系の生徒も多いため、遊ぶときは遊ぶ、学ぶときは学ぶというオンとオフの切り替えができる方が多いです。

そのため、授業中は非常に真面目に勉強をしていますし、放課後のアクティビティでは思いっきり楽しく遊ぶことができます。

そんなVGCで今回、カウンセラーのChieさんにインタビューをしてきました!

とっても笑顔がステキなChieさんにVGCの魅力を語ってもらいましょう!

Chieさんよろしくお願いいたします!

 

VGCの学校概要

学校の雰囲気について

Q.VGCの学校内の雰囲気はどのようなものですか?

VGCではアットホームな雰囲気を目指して学校づくりをしています。

授業では講師が一方通行で授業を行わないように、お互いにコミュニケーションを取りながら授業をすすめています。

そのため、講師と生徒様との会話が多く、英語を使いやすい環境を作っています。

英語が苦手、という方でも講師がフォローをしながら話を進めてくれるので、安心して英語を話すことができますよ。

また、クラスメイトの方ともたくさんコミュニケーションを取れるよう、アットホームな雰囲気作りを心がけています。

そういった効果もあるのか、VGCでは仲の良い友達ができた」「日本に帰国後も連絡を取り合う友達がいる」などのお話をいただくこともあります。

全体的に生徒数が非常に多いというわけではないので、皆さん仲良くなっていただける環境が整っています。

Q.友達作りを促進するために工夫されていることがあるということですがどのようなものですか?

他の語学学校にはあまりないシステムだと思いますが、Social timeというものがあります。

Social timeではクラスメイト、そしてその他のクラスの留学生と交流をするための時間で、毎日午前、午後このような時間を設けています。

これは英語を使って会話をしてもらいたいという思いがあるのですが、その他にも友達をたくさん作ってほしいという思いもあります。

英語というのは言語ですので、机の上だけで勉強していても楽しくありません。

やはり覚えた英語は自分が使うことで、使い方を覚えていけます。

また、人から聞いた英語というのも印象にも残りやすく、自分のものにしやすいというメリットもあります。

ですので、たくさんの友達を作って、たくさんの英語に触れてもらうことを目的として、このようなSocial timeというものを設けています。

Q.クラスの平均人数はどのくらいですか?

VGCではクラスの平均人数を抑えており、おおよそ1012で授業を進めています。

少人数で授業を受けられるということは、それだけ英語を話す機会が多いということです。

英語を使って覚えるというコンセプトの元授業を進めているVGCとしては、生徒様の人数を出来る限り少なくして英語を使う機会を増やしています。

クラスには南米系の生徒が多いということもあり、非常に闊達に英語が飛び交っています。

そんな中でも日本人が英語を話せるように、講師が発言回数などを調整して、日本人の生徒さんにも英語を話せるようにしています。

英語力の向上について

Q.英語力はどのくらい向上しますか?

英語力は人によって向上するスピードは異なります。

またどのくらい通学するかによっても異なるため、お伝えするのが難しいところではあります。

しかし、VGCではレベル18までのクラスがあり、それぞれのクラスで英語力の指標を設けています。

例えばレベル5であればIELTSのスコアが5程度、レベル6のクラスは5.5程度としています。

IELTS5というと、550600点程度、IELTS5.5というと、600740点程度のスコアです。

目安としては1ヶ月(4週間)でレベル1上がるように授業を進めているので、それだけの英語力を伸ばしてもらえます。

英語がまだあまり得意ではない、という方であれば、スピーキングももちろん勉強しますが、それ以外の文法やリスニングなど会話で必要な要素を基礎から学べます。

ビギナーレベル、またビギナーから少し抜け出した生徒様にも学んでいただきやすい、Biginner Plusクラスもおすすめですよ。

授業の内容について

Q.どのような選択授業がありますか?

スピーキングを重視して勉強したい方には、Speaking and Error Correction Plusというクラスがおすすめです。

英語を使って間違えた部分を徹底的に修正します。

間違った部分を覚えていく感覚は、もっと英語を覚えたいというモチベーションにもつながっています。

またビジネスクラスもご用意しています。

将来的に英語を使って仕事をしてみたい、という方もいらっしゃいますよね。

そんな方にはこのビジネスコースがおすすめです。

ビジネスシーンで想定される英語をパートごとに勉強していくことができます。

ビジネスコミュニケーションを学ぶことで、外資系企業などを目指している方でも満足して授業を受けていただけます。

そして、発音のクラスもございます。

日本人の英語はアジアンイングリッシュで、ネイティブの方からすると聞きづらい英語であるのは間違いありません。

そこで、英語の発音をきれいにするために、母音の発音の仕方、アクセント、リンキング、イントネーションを学び、よりネイティブが話す英語に近い発音を学んでもらいます。

これで英語を聞き返される心配もなくなりますね。

Q.おすすめの授業はありますか?

どれもおすすめの授業ではあるのですが、VGCとして誇れる授業と言えばIELTSです。

IELTSのクラスは選択授業ではなく、IELTS準備コースというコースになっています。

IELTSというのはTOEICのような英語の技量を計る試験です。

TOEICと異なる点は、リスニング、リーディングの他に、ライティング、スピーキングのテストもあり、スピーキングでは実際に英検の試験のように英語で面接を行います。

それぞれのスコアが算出されるのと、全体で何点というスコアが出る英語の試験です。

このIELTSの授業ではVGCが試験の構成や注意点を独自に分析して、その内容を生徒様へお伝えをしています。

また、スピーキングやライティングに関しては個別に指導を行っているので、スコアアップが早いのも好評です。

IELTSの対策クラスでは2週に1回模擬試験を行い、その方の弱点などを把握し、その方にあった指導を行っています。

結果、「IELTSのスコアが上がった」と多くの生徒様が報告に来てくださっています。

アクティビティについて

Q.VGCはアクティビティも盛んと伺ったのですが。

はい、VGCはアクティビティも他の学校に負けないほど力を入れております。

まず、アクティビティの専任担当がいるので、アクティビティに関してより綿密に計画をしています。

より楽しい、より参加しやすいアクティビティを作り、皆様に参加してもらっています。

生徒様同士でも誘い合ってご参加をいただいているので、参加人数も非常に多く楽しく盛り上がったアクティビティを毎日実施していますよ。

また週末のアクティビティでは、ロッキー山脈にでかけたり、シアトルにでかけるなどの泊りがけのアクティビティもございます。

友達とより濃い時間を過ごしたいという方にはもってこいのアクティビティです。

南米系の生徒さんも多いので、楽しくそしてたくさん英語を使うアクティビティが行われています。

 

Q.最後に一言お願いいたします。

VGCでは楽しく、そして真面目に勉強するというのがコンセプトです。

英語を話せるようになるというのは、一朝一夕でできるものではありません。

継続的に勉強をして、結果的に少しずつ身についてきたものが、自分の言葉で話せるようになっていくものです。

そのためにはやはり楽しいという要素もないとなかなか継続することができません。

そんな楽しい部分も持ち合わせているVGCでぜひ英語を勉強していただきたいです。

また、VGCでは目標をもって勉強することをおすすめしています。

どこに目標を置くのかというのは人それぞれ異なります。

目標を持って、その目標に向けて頑張ることで、あなたの価値も高まります。

ぜひこのような環境で一緒に英語を勉強してみませんか?

 

Chieさん、長々とお時間をいただきましてありがとうございました!

VGCはキャンパスも綺麗でとってもオシャレ。

また学校内ではとにかくいろんな国の生徒さんが、たくさん会話をしていて、とっても楽しそうな雰囲気でした。

あんな環境なら、一人ぼっちになることもないでしょうし、友達も簡単に作れそうです。

ちょっと英語力が不安という方でも、きとっとすぐに友達が作れますよ!

参考

VGC International Collegeについて

VGCの学校体験談

 

学校入り口①

受付

廊下

ラウンジ①

ラウンジ②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る