カナダ留学体験レッスン 【Oxford International(旧Eurocentres)】

語学学校といってもカナダにはたくさんの学校があります。

  • どれが自分に合っているのか
  • 実際の授業はどんな様子なのか

イメージしづらいこともありますよね。

入学して「思っていたのと違った」「なんか私には合わない」と思うようなことが無いようにしたいですよね。

私自身は、SELCという語学学校に通いながら、他の様々な学校の体験授業を受けてきました。

ここでは、実際に授業を体験した内容をお伝えします。

皆さんの学校選びにぜひ参考にしてください。

それでは見ていきましょう!

参加した学校について

今回、体験授業に参加した学校は「Oxford International(旧Eurocentres)」です。

校内の様子

校内の様子もお見せしますね!

こちらは共有で利用できるエリアの様子ですね。

このようなパソコンルームもあるようです。

注意事項

写真は新型コロナウイルス流行前のものになります。

参加したコース・クラスについて

私が体験した授業はこちらのコース・クラスになります。

参加したコース・クラスについて
参加コース General English(一般英語)
クラスレベル Intermediate
授業形式 オンライン授業&対面授業のハイブリッド型

クラスメイトについて

今回私が参加したのは、オンライン授業と対面授業のハイブリッド型になります。

オンライン授業で参加している生徒は、Zoomは先生しかおらず対面授業の様子は先生のZoomから移ったクラスの様子と声だけ聞き取るという感じでした。

ただ、クラスのホワイトボードはPCと連動できるため、対面授業を受けている生徒にも、オンライン授業を受けている生徒にも両方に共有されるのでとても便利な設備ですね!

通常のクラスの雰囲気はこのような感じです。

注意事項

学校のパンフレットなどで、国籍比率や年齢層など情報があるかもしれませんが、コロナウイルス拡大の関係で人数の変動や、国籍の偏りがある場合があるのでご了承ください。

写真は新型コロナウイルス流行前のものになりますのでご了承ください。

人数と国籍バランス

私が参加したクラスには

  • 対面授業:7人(1人以上は日本人)
  • オンライン:1人

で私含めて、合計9人参加していました。

生徒の様子

オンラインと対面授業のハイブリッド型ですが、対面授業の様子は雰囲気と声だけ聞き取るという感じでした。

対面授業側の様子は雰囲気しかわからない部分もありましたが、割と積極的に発言あり、わからないこと質問していたような様子でした。

体験授業の様子について

次に体験授業の様子を詳しくお話しします。

  • 授業の内容や進行
  • わかりやすさ
  • インプットとアウトプットの比重

に分けて話ししますね。

授業の内容や進行

テキストのトピックが「裕福について」でした。

基本は先生独自のドキュメントを使用し、最後はテキストを使用しました。

授業の流れとしてはこのような感じです。

  1. 「裕福であることのメリットやデメリット」「裕福な家庭に生まれた子供のメリットとデメリット」についてそれぞれディスカッションしていきます。
  2. その後それぞれの意見を共有していきます。
  3. 最後は、それに関連する記事を読み、問題を解いていきました。

最初に導入部分として軽いディスカッションがあると、テーマの内容がつかめていいですよね!

わかりやすさ

先生はフレンドリーで解説や説明の時には、ゆっくりはっきりわかりやすい言葉で話してくれたので分かりやすかったです。

質問に対してディスカッションしていく中で、「考える視点」などをアドバイスしてくれたので論点がつかみやすかったです。

問題を解く際も、わかりにくい意味の問題文のあらかじめ解説をしてくれたので、不安なく問題に挑めるるように感じました。

インプットとアウトプットの比重

今回は、ReadingやListeningがメインとなるコンテンツでしたがそれだけでなく、ディスカッションする機会もあったので、インプットだけでなくアウトプットもできると感じました。

テストや宿題について

テストや宿題のことって、あまりパンフレットにも載っていないですよね。

意外と「宿題はしっかり出る学校が良い」とか「小テストをこまめにやってほしい」などそれぞれ思うことがあるでしょう。

ここでは、宿題やテストについて簡単にお話しします。

テストについて

週1回はあります。

スピーキングテストやボキャブラリーテストなども定期的に行われているようです。

1週間ごとにレベル変更は可能なのはフレキシブルですね!

というのも、初回の入学テストは、緊張もあり思ったような結果にならないこともある可能性があると配慮してくださっているみたいです。

宿題について

宿題はレベルにもよりますが、 アカデミックなクラスだと、ReadingやWrittingの宿題も増えてきて、さらにしっかり勉強できる環境が整っているようです。

日本人の生徒の中には、最初は少し宿題が多いと感じる生徒もいるようですが、徐々に慣れてきて、「宿題が多い」というような意見はあまり聞かないようですよ。

まとめ

今回は、「Oxford International(旧Eurocentres)」という学校の授業を体験しました。

語学学校といっても十人十色。

同じ「一般英語」と言うコースでも、それぞれの学校によってテキストから、授業の進め方など異なります。

それこそテストの頻度や宿題の量だって違いますよね。

ぜひ、みなさんの語学学校選びに参考にしてみてください。

 

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!